梓「行ってくだっ…ェグッ 早く出て行ってくださいよぉお!!」グスッ

唯「あわ……」

澪「……い、行こう唯。ほら」グイ

唯「でもっ」

紬「唯ちゃん」

唯「わ、分かったよぉ……」

バタン


梓「……」

梓「……ぅう……」


唯「……」トボトボ

紬「……」

澪「…えーっとぉ~……とりあえず見舞いのお菓子でも買いに行くか~?……」

唯「……うん…」

紬「そ、そうねー」

唯「……」

澪「ご、ごめんな唯」

唯「…澪ちゃん達は何も悪くないよ……」

澪「いや、なんていうか……梓が私らのこと良く思ってないのかなーってのは薄々分かってたけどさ…」

紬「まさかそれで唯ちゃんが嫌われる事になるなんて思ってなかったから……」

唯「……違うよぉ、私がだめなだけだよ…それだけだよ……」

澪「あ、後で私が謝ってみるからさぁ。だから元気出せよ」

唯「…ありがとう澪ちゃん……」

―――

梓「……グスッ……」

梓「……」ゴシゴシ

梓「帰ろう…」

ガチャ

バタン


梓「……」

梓「俺は~いつでーもー ムキムキムキムキになるぅ~っ♪」

梓「♪大事なこと尚更…」

梓「はは、まさに今の私って感じ」

梓「感情の~津波がー♪波止場を~襲うよ~♪ ってね…」

梓「ははは……」トボトボ

梓「唯先輩的には、 くだらない♪事でも♪ ってこっちなんだろうな」


梓「私が間違ってるのかなぁ……ぅうっ…」グスン

梓「はぁ……」

憂「あれ、梓ちゃん?部活は?」

梓「えっ。 う、憂……まだ残ってたの?」

憂「掃除当番だったから」

梓「あー…そうだったっけ~……」

憂「あれ、目赤いよ」

梓「そっそんなことないよー!」

憂「……」

梓「ね、寝不足だったからそれでかなぁっ」

憂「でも今朝は普通だったよ…」

梓「うっ」

憂「……泣いてたの?」

梓「……」


憂「部活で何かあったの?」

梓「……」ジワッ

梓「……よく…わかんなくなっちゃってっ……」

梓「ぅう……うう~っ……!」グスン

憂「あわわ、梓ちゃん!?大丈夫!?」

梓「私っ 唯先輩にひどいこと言っちゃったよぉお~…!!」

憂「え!?お、お姉ちゃんに?」

梓「うん゛っ……ヒグッ…ういぃ~……!どうしよう……っ」

憂「梓ちゃん……」

憂「……」


梓「…あのね……グスッ…」


―――

ピンポーン


「…はーい!今出まーす」ガチャ

澪「よっ。聡」

聡「あれ、澪姉じゃん …って、あぁっ!?」

唯「やっほー」

紬「初めまして~。弟くん?私h」
聡「唯さんじゃないですかぁああああああ!!!!お久しゃァーーーっス!!!!」バッ!

紬(……え、無視…?)

唯「あははは元気いいね聡くん♪相変わらずだね~っ」

聡「えぇえそりゃもうっw」ニタニタ

聡「……あっ?こちらは… …んんっ!?」じぃっ

紬「……初めまして、私お姉さんのお友達で琴b」

聡「あぁっ!もしかして沢庵さんですかッ!!!??」


紬「」


澪「ちょっ、聡おま 何言ってっ……!」

聡「いやぁーいつも姉ちゃんからお話聞いてます!見て一発で分かりましたよーw
  すっごいお嬢様なんですよねェーっ、いいなぁ~っ//」

紬「……」

澪「こ、こら聡っ!」グイ

聡「わっ!何だよ澪姉っ……痛いってっ…!」

澪「お、おま…何沢庵とか呼んでんだよっ…!!」ヒソッ

聡「?だって姉ちゃんはいっつも……ええ?そ、そういう名前じゃないの……?」

唯「む、ムギちゃん大丈夫?」

聡「えっ。む、むぎちゃ……ん…?」

紬「……」

紬「大丈夫よ~♪」

聡「……」


澪「あー…と、とりあえず上がってもいいかなぁ……」

聡「あッ!?う、うんもちろんだよ!お見舞いだよね!?ははっ、姉ちゃん喜ぶよ!」

唯「おじゃましまぁ~す♪」フワッ

聡(ぐぁっ!?相変わらず何かあんめぇええええ~ッ!!!)スハッスハッ

紬「おじゃま し まーす」ズイ

聡「あ゛っ!は、はいぃどうぞぉおお……」


聡「……」


聡(いやっ、よく考えてみたら俺別に悪くねェーし…姉ちゃんが悪いんだし……)

聡(……とりあえずオナニーでもしてるか……)コソコソ


ガチャ

律「ん、聡かぁ?勝手に部屋…」

唯「やっほーりっちゃん!昨日のお礼参りにきたよー!」

律「あっ」

澪「お、お礼参りってオイ」

紬「りっちゃーん♪具合どう~?」

律「なんだなんだ、皆して来たのか~? …あれ、梓はいないか」

唯「お菓子買ってきたよー、はい!」

律「おー、あんがと って…ふ、ふがし……」

澪「ほら、コーヒーゼリー買ってきてやったぞ」

律「おぉサンキュー!へへ…んじゃお次は大本命の……」チラッ


紬「はい♪私、沢庵さんはチーズケーキを持ってきたの~♪」

律「まじでぇえええ!?私の大好b」


律「えっ」


澪(ちょっ!…む、ムギ今……)アワアワ

紬「……」ニコニコ

律「…ぁ……の~……」タラ…

紬「なぁに?」ニコニコ

律「…………」

律(い、今確かに……たくあ…)

律「……」

ざわっ

律「!!」ガバァッ

律(まさかッ……!!)

唯「うわ、りっちゃんだめだよ寝てないとっ」

律「あのガキャアアアアアッ!!!」ダッ! ガチャ

バタン!

―――

聡「ハァハァ……ハァハァッ…」コスコス

聡「だ、だめださっきの気まずい空気引きずって微妙に……“至れない”っ…!」シュゴッシュゴッ

聡「冷静になれっ!唯さんの事だけ思い浮かべるんだッ!!やれるぞ聡、やれるッ……!」

聡「コンセントレーションを高めるンだ聡っ!!!」

聡「ゆい…ゆい… ひらさわゆい……YUI HIRASAWA……Y・U・I……」シコシコ…

聡「ハァッ!ハァッ…! きたきたきたきたきたぁあああああ!!!!」ガシュガシュッ


聡「ゆいさーーーーーn」
律「聡ーーーッッッ!!!!!」バァンッ!

聡「ひっ!?」ビクッ!


ピュル

聡「あっ」


律「てめぇえええちょっといいかぁあああッ!!」ガッ

聡「うわわわわわ何!何!なんなの姉ちゃっ とりあえず精子ふかせてっ」

律「うるせぇえええンな事ァーどーでもいいんじゃああこらぁあーーッッッ!!」グイイイッ

聡「やーめぇええてぇえええーーーッ!!!」ガクガク

律「お前ッ ムギのことまさかたっ…沢庵とか呼んだんじゃねーだろぉーなっ!!?」

聡「え゛っ!?」

律「……」

聡「だ…だって姉ちゃんがそうとしか呼んでなかったしっ…俺っ、悪くねぇーよ!」

律「おまっ お前このっ!!」ベシッ

聡「いたっ! や、八つ当たりかよデコっ!弱体化中デコっ!!」グイ

律「うるせんだよオナニーマシーンが!」ゴンッ!

聡「いだっ!や、やめろよぉおお自分が悪いんじゃないかよぉおおお」


唯「りっちゃーん……? …!! 聡くん!?な、なんで下っ…」

聡「げぇっ」

澪「おい律っ、急に…… ぶぁっ!?」

聡「ひぃ!?澪ねっ…」

紬「……あらあら……」

聡「わぁあああぁあああ!」

聡「みっ、見ないでくだひゃぁああああい!!見ないでぇええええ」

ビキビキッ↑!

聡「ぐぁああ駄目だ何勝手に視線に反応して元気印かましてんだよ愚息がぁああ!!」

澪「お、おい唯ムギっ見るな!見ちゃいけない!!(うわぁあ聡の…ちんっ……)」チラチラ

唯「ひぃいい気持ち悪いよぉおお~っ!!」

聡「!!!!!!!」

紬「何かゲル状っぽいものが床に……」

聡「やめてくださあああい!助けてくださあああああい!!」

律「てめっ聡このっ!!」バシッバシッ

聡「殴らないでくださぁあああああい!!!」



ガチャ

律「……」

澪「……ゴホンッ …」

唯「……」ソワソワ

聡「……」

紬「……」


律「ムギごめんッッッ!!!!!!」ガバッ!


紬「あらあらあら…別にもういいよ~♪顔を上げてりっちゃん」


律「えっ…ホントかムギぃ~……」

紬「あんまり激しく土下座してると生え際後退しちゃうわよ~♪」

律「は、ははははは」

紬「それじゃティータイムにでもしましょうか~」

唯「わ~い♪良かったねりっちゃん!」

聡「あの……」スクッ

紬「あ、聡くん。ケーキ一つ余るし聡くんも一緒にどう?」

聡「え゛……」

唯「……」チラリ

聡「!!」ゾクゾクッ

澪「……」

聡「い、いえ…俺はいいです、部屋戻ります……」ガチャ


バタン

―――


聡「……」

聡「うっ……ぅうっ……」シクシク

聡「唯さんの汚いモノを見る目を思い出すだけで…
  それだけで手を使わずに達せる自信あるなんて……」

聡「なんなんだよぉっ…!俺って一体なんなんだよぉおお……うぅうっ……!」グスッ


聡「あ゛ぁあ゛ぁああ゛ぁあああ゛ぁあーーーッ!!!!」

聡「♪ぬゥーすーんーだ テェーンガーでしィーごーきィーだすぅっ!」

聡「抜きィネタもぉっ!!わっかァらーぬぅままァーッ!!!!!!♪」



聡「ぐわぁあ゛ぁ゛ああ~ん゛!!!うぁ゛あああ゛あ゛ーーッ!!」ガシュッガシュッ!!


             (リタイア)
――田井中 聡  再 起 不 能 ――


―――

澪「な、なンか隣うるさいなぁ!ははっ、なんなんだろうなー」

律「……」

唯「何か歌ってるね」

紬「15の夜じゃない?」

澪「そっそれよりもさぁームギぃ、ほらっ!お菓子お菓子!」

紬「そうね~、お茶は…りっちゃんお茶ある?」

律「あ、うんあるよ……えっと…」ギッ

紬「あぁいいのいいの、りっちゃんは病人なんだからじっとしてて~」

律「うん…ごめん……お皿とか入ってる棚の中にお茶缶あるから…」

紬「は~い」


――
―――

梓「……それでね、私…皆のこと追い出しちゃったんだ…」

憂「……そっかぁ・・・」

梓「…驚かないの?唯先輩、パシリさせられてたんだよ?」

憂「なんとなくね、気付いてたんだ」

梓「え!?」

憂「前にお魚買って帰ってきた時とかにね、なんとなくね」

憂「お姉ちゃんがその…ぱしりっていうか、そういうことしてるんじゃないかって」

梓「し、してるんじゃないよ!させられてるんだよ!」

憂「……」

憂「いじめられてるっていうわけじゃないんでしょ?」

梓「私から見たらいじめと変わらないよっ!憂腹が立たないの!?」

憂「……お姉ちゃんが本当に辛くて、嫌で…やめたいって思ってるならそうだけど…」

梓「お、思ってるよっ、がまんしてるだけ!そうに決まってるよ!」

憂「お姉ちゃんの部屋の写真ね。今はもうほとんど部活のに変わってるんだ」

梓「……」


10