ワイワイ…


澪「ははは、なんだ律のやつそんなことしてたのか?w」

唯「うん、ムービーあるよー。見る?」

紬「見たい♪見せて~」

唯「ちょっと待ってね~… はい、これ」

澪「ぶはっ!アホかw誰かに見られたらどうするんだw」

紬「本人がよければいいと思う~」

澪「」

澪「そ、そういうもんかぁ?」

唯「そうだよー♪私もやりたかったなぁ~っ。また台風こないかなぁ~」

憂「もー、お姉ちゃんったら…風邪ひいてるんだよ?」

澪「あははははw」

梓「……」

梓(何?これ。なんでこんなに仲良しムードなの?……)

澪「ん、もうこんな時間か。じゃあ私そろそろ帰ろうかな」

紬「私も~」

唯「えーもう~?」

澪「だって夕食前って感じだぞ」

唯「うぅ……」

紬「またね唯ちゃん。早く元気になってね~」

唯「うん!」

憂「梓ちゃんは?まだいるの?」

梓「えっ。えーっと……うん」

澪「んじゃお先に。梓またな」

紬「またね~」

梓「あ、はい……」


唯「ふぁー…急に静かになっちゃったねー、あずにゃん」

梓「……」

唯「あずにゃん?」

梓「……分かりません…」

唯「?」

梓「先輩達のせいで風邪ひいたんですよ? なのにお見舞いにきてくれたーなんて素直に喜ぶなんて」

唯「えっ?だってともだちが来てくれたらうれしいよ~」

梓「澪先輩達は友達なんですか?」

唯「そ、そうだよぉ」

梓「……唯先輩はそう思ってるかもしれないですけどっ、向こうはそんな――」


―澪『生クリーム乗ってるやつだぞw好きだろ?』


梓(……)

梓「で、でも…律先輩は来ないみたいですね」

唯「あー…あはは」

梓「あの人はやっぱり先輩のことパシリだとしか思ってないんですよ」

唯「……そ、そんなことないよぉ…」

梓「ありますよ。今日購買で会った時もめんどくさいって言ってましたよ。
  唯先輩がいなくて自分で買わなくちゃいけないからって」

唯「…めんどくさいはりっちゃんの口癖だよぉ~……」

梓「! ……」

唯「…ねぇあずにゃん、りっちゃん達のことあんまり悪く言わないで……」

梓「なっ、なんですかそれ…まるで私が悪いみたいじゃないですか……」

唯「そんなこと言ってないよぉ、でも」

梓「む…無理です!だってパシリですよ!?友達ならそんなことさせませんよ普通っ!」

唯「……あずにゃんにはそうなのかもしれないけど~…」

梓「…… すいません、もう帰ります」

唯「えっ」

梓「失礼しました。早く良くなってくださいね。それじゃ」ガチャ

唯「あずにゃ」

バタン

唯「あぅ……」

…ガチャ

憂「お姉ちゃん、晩御飯おじやでいい~?」

憂「あれ、梓ちゃんは?」

唯「帰っちゃった…」

憂「え?そうなんだ。一声かけてくれればいいのに~… …あ、おじやでいい?」

唯「うんいいよ~」

憂「じゃあ部屋に持ってくるからね~」



唯「あふっ!あひゅ」モグモグ

唯「……」モグモグ

唯(あずにゃん怒っちゃったのかなぁ……)カチャカチャ

カンッ

唯「……」モグモグ

コンッ

唯「…ほぁ?」

カンッ

唯「窓? よっと……」ギッ

ガララ

唯「んん~? …あれ、誰もいない」


唯「……」キョロキョロ

唯「…何だったんだろ」スッ


律「…おーい」ガサッ

唯「! りっちゃん!」


律「唯だけか~?」

唯「何してるの~?」

律「なぁ今誰もいない?」

唯「いないよぉ」

律「んじゃそっち行っていいか」

唯「いいよ~っ。…ってどうやって来るのぉ?りっちゃんすぱいだーまんだっけ?」

律「アホか、普通に玄関からだw」

唯「あ、そうかぁwへへへ」



ガチャ

律「よ~……風邪どうだー?」

唯「けーき食べたから今げんきだよ!変な時間に来たねりっちゃん」

律「いや、なんつーか…どうせあれだろ。梓とか来てたんだろ?」

唯「うん」

律「やっぱりな。あんまり顔合わせたくなかったからさぁ…多分キレるもん」

唯「そっかぁー」

律「漫画持ってきてやったけど…なんだ、元気になりそうならもったいないなーw」

唯「えぇええちょうだいよぉおお読むよぉおお」

律「ははは、おすすめだぞwほら」

唯「けんか…ラーメン?ありがとー」

律「ていうか飯食ってたのな」

唯「うん、おじやだよー」モグモグ

律「病人食って感じだなw」

唯「だって風邪だもん」モグモグ

唯「りっちゃん食べてきたの?」

律「うん。あれ、プリンじゃん」

唯「あ、それ澪ちゃんが持ってきてくれたんだ」

律「いらねーの?もらっちゃうぞw」

唯「いるよぉ、あずにゃんとムギちゃんのお菓子食べていっぱいだったからとっといただけだよぉ」

律「えーっ、私もなんか食べたいなぁああ~っ」

唯「憂に何かあるか聞いてみれば?」

律「わ、私がぁ?憂ちゃんにぃ~?」

唯「? だって何か食べたいんでしょ?お菓子」

律「いやまぁそうだけどさぁ~っ。なんつーかほら……なぁ~っ」


ガチャ

憂「お姉ちゃ~ん、食べ終わったぁ?」

律「あ」

憂「え、あれ!?律さん!?(いつの間に…)」

律「い、一応お邪魔しまーすって言ったんだけどさぁ~」

憂「はぁ…お見舞いにきてくれたんですかー?」

唯「そうみたい!」

律「みたいってなんだよ、みたいって」

憂「そうなんですかー、良かったねお姉ちゃん♪」

唯「あっ、りっちゃん何かお菓子ほしいんだってー」

律「ちょぁっ」

憂「そうなんですか?何かあったかなぁ…見てきますね」

律「あホント?ははっ、悪いね~wははは」


憂「チョコバットしかなかったんですけど~」

律「あーいいよ全然、ありがとう」


律「……」モグモグ

唯「んはははw」モグモグ

唯「りっちゃんチョコバットおいしい?」

律「あ、あぁまぁ…普通」モグモグ

唯「そっかぁー」パク

唯「んははははw」モグモグ

律「…プリンいいなーっ」

唯「食べたいの?」

律「うん」

唯「わけてあげようか~w」

律「く、くれ!」

唯「えーっ、どうしようかなぁ~w」

律「いいじゃんくれよー!くれくれ!」

唯「あははは、じゃあ一口ね~。はい!あ~ん」スッ

律「もぐ」

律「うめーっw」モグモグ

唯「…あっ!風邪うつっちゃうんじゃない?」

律「」

律「ま、まぁ大丈夫だろおおこの程度でさぁ~っ」

唯「だよねー、りっちゃん部長だもんね!」

律「そうそう!部長だからなーっ!w」


―――

ザワザワ…


唯「おはよーぅ」ガチャ

紬「あら~唯ちゃん、もう治ったの?」

唯「まぁねー!一応おくすり飲んでるけどね」

紬「良かったわね~」

唯「うん! あのね、昨日あのあとりっちゃんも来てくれたんだー」

紬「へぇ、そうなんだぁ~」

唯「…あれ、りっちゃんは?」

紬「まだみたい」

ガチャ

先生「よーし席つけ席~」

先生「田井中… は風邪で休みか」


唯「」



―放課後―


澪「……」ペラ…パラ…

ガチャ

梓「……」

澪「…ん。梓じゃん、おっす」

梓「…どうも」ガタン

澪「……」ペラ…


ガチャ

唯「げんきですかー!」

澪「お、唯。風邪治ったのか」

唯「うん!」

梓「良かったですね」

紬「でも今度はりっちゃんがね~」

澪「え?」

唯「風邪ひいちゃったんだよー」

澪「は?律がぁ?」

梓(……)

紬「そうみたいなの……あれかしら、水着で外出てたからかなぁ?」

澪「にしてはなんかタイムラグっていうか」

唯「……えーっと、実はぁ~……昨日あのあとりっちゃんがうちに来てね」

梓「!?」

澪「あ、そうなの?」

唯「うん。その時私の食べかけのぷりん食べたから…それでかも……」

梓「へー。じゃあそのプリン取ったバチが当たったんですかね」

唯「えっ、違うよぉ取られたんじゃないよ、一口分けてあげただけだよ」

梓「……」

澪「バカだな~律も」


紬「それじゃお見舞いに行く?」

唯「うん、そうしようよ~」

澪「しょーがないなも~、昨日唯のお見舞いしたばっかなのに」

唯「へへへへへ…」

紬「それじゃ今日はりっちゃんちでティータイムね」

唯「はよう行こう!ムギちゃんはよう!」ユサユサ

澪「んじゃ行くか」ガチャ

梓「……」

澪「ん、どした梓。聞いてたろ?行くぞー」

梓「…わ、私はいいです」


澪「へっ?」


澪「い、いいって……来ないってことか?」

梓「そうです」

紬「何か用事でもあるの梓ちゃん?」

梓「ないです。でも行かないです」

唯「あ……あずにゃーん」

梓「……」

梓「なんですかパシリ先輩」

唯「えっ」

澪「お、おいどうしたんだいきなり……」

梓「ずーっとパシられて“お友達”でもしてもらってればいいです」

唯「わ、私のこと?」

梓「そうですよ。パシリ先輩」

唯「あぅ」


梓「はは、っていうか今私先輩のことパシリって呼んでるんですよ、分かってます?」

唯「えと…」

梓「怒らないんですか?」

唯「え、だってぇ……」

梓「怒ってみてくださいよ。悔しくないんですか?」

唯「ぅう……」

澪「おいあずs ムグッ」
紬「私達は下手に口挟まない方がいいわよ澪ちゃん…」ヒソヒソ

唯「……」

梓「パシリせんぱ~い」

唯「は、は~い」

梓「…何返事してんですかっ!怒ってくださいよっ!! 後輩にパシリって言われても平気なんですか!?」

唯「あ、あずにゃんもともだちだから……」

梓「! ……わ、私はこんな情けない友達なんかいりませんよっ!」

唯「」


澪「おい梓!」

紬「それはいくらなんでも……」

梓「っ……文句あるですか!?何ですかパシらせてたくせに私に説教する資格あるんですか!?」

澪「えっ、いや…それは……」

唯「い、いいよ澪ちゃんムギちゃん……へへ、ごめんねあずにゃん」

梓「いっ…意味が分かりません……なんで謝るんですか」

唯「えっと……な、なさけないせんぱいでごめんねって……」

梓「……お願いだから怒ってくださいよ……」

唯「……」

梓「お願いです……ぅうっ……」グスッ

唯「……ごめんね…」

梓「なんっ……で…そんな……ヒグッ……」

唯「あ、あずにゃん」スッ

梓「やめてくださいっ!」

唯「!!」ビクッ


9