唯憂梓「いただきま~す」

唯「はむはふ」モグモグ

唯「モグ… たったってこんなのなんだ」

梓「どんなのだと思ってたんですか?」

唯「え?うーん…そういわれると別にぃ~」


「あれっ、唯!」

唯「ほぁ?」

梓「えっ」クルッ

澪「いよ~。なんだ梓と憂ちゃんまで…3人でおでかけか~?」

唯「あぁっ澪ちゃん!」

梓「」

梓「…と、いうことは……」チラ


律「ふー、澪そっちどうだ~席空いてたか~? …あ」


梓「……」

唯「りっちゃんも!うわーすごいや、偶然だねーっ」

律「おーっす唯。ホントだな偶然だなぁwははは」

憂「お二人ともこんにちは~」

澪「こんにちはー憂ちゃん」

律「はは、お姉ちゃんとデート?wあ、でも梓がいるなぁお邪魔虫ってかーw」

梓(あんたらですよお邪魔なのはっ…)


澪「丁度いいや、一緒に座らせてよ~」

梓「」

唯「いいよぉ~♪」

律「サンキュー!ほら梓ちょっとつめてくれよ」

梓「…はぁ、分かりましたぁー……」ススッ

唯「澪ちゃんこっちきなよー」

澪「うん。いやぁ助かったよーこんなに込んでるとはさぁ……」


律「さて食べよっかな」ガサ

唯「あーっ!りっちゃんもたったにしたのぉ?私と同じだねー♪やったね!」

律「期間限定って言われるとついなー」

憂「あ、そういうのありますよね~w」

律「ははは、そうなんだよね!弱いんだよなぁ私」

唯「私もだよぉ~」モグモグ

澪「……っていうか唯、私もタツタだぞ」

唯「えっ?あ、ごめ~ん… 澪ちゃんも同じだね~!」

澪「ははっ!期間限定って言われるとついなーっ」

憂「あはは、澪さんもなんですか~」

澪「どうもね~、あとほら…これ!スクラッチもついてくるっていうからさ」

憂「あぁ~そっちもですか~wあははは」


梓「……」モグモグ

梓(憂は二人が唯先輩をパシリにしてるの知ってるのかなぁ…)


律「なんか足んないなー、こんなに小さかったっけ?」モグモグ

唯「私はじめて食べるからわかんない」

澪「スクラッチ削ってみれば?もしかしたらもう一個当たるかもな」

律「あ、そうか」

憂「はずれでも4枚あったら一つもらえるみたいですよー」

律「えーホント!? …あ、でも3人しかタツタ頼んでないな。一枚足りない」

唯「あはは残念だったねりっちゃーん」

律「うるせ、まだハズレると決まったわけじゃないだろ」

澪「とりあえず削ってみよっと」カリッ

澪「……あ、これハズレだ。ハって見えちゃった… ほら律、やるよ」

律「唯は?」

唯「あ、じゃあ削ってみるよー。澪ちゃんその10円いいー?」

澪「ほれ」


唯「よーし……」カリカリ

唯「…あーっ、私もはずれだぁ~……はいりっちゃん」

律「なんだよ私が最後の砦かよ~、まぁ部長だし当然かw」

澪「いいからさっさと削れって……」

律「ふんッ!!」ガリッ

律「あぁあああああああ!!!」ガタン

唯「どう~? …あっ!あたりだぁああ!!」

澪「え、ホントか!?うわっ、当たってる!!」

憂「すごーい、おめでとうございます!」

律「がはは!見たか部長の豪運ッ!!」

梓「へー凄いですね(棒)」パチパチ

律「いやー日頃の行いがいいからかなぁーっw嬉しーっ!」

梓「」


律「よーっしゃぁあーんじゃ早速…」

梓(! ……)

律「交換してもらってくるわー」ガタン

梓「えっ」

律「ん?なんだよ。今食べたいから削ったんだし当たり前だろー」

梓「あ、いえ……そ、そうですよねー」

律「? なんだぁ? ……」タッタッ

梓(…唯先輩に取ってこさせるかと思ったけど……あれ?)

憂「梓ちゃんどうかしたの?」

梓「えっ、ううん別に。なんでも」

唯「あー、もしかしてあずにゃんうらやましいの~?wりっちゃんが当たったから!」

梓「ち、違いますよ!」

澪「そうなのか~?w意外と食い意地張るタイプか?w」

梓「違うって言ってるですよー!」

憂「あははは」



―翌週、放課後―

ガチャ

梓「おつかれさまでーす」

紬「梓ちゃんこんにちは~」

律「おいーす」

澪「……」ペラ…パラ…

澪「ん。あぁ、おっす」

梓「あれ、唯先輩は」

律「あーおつかい行ってもらってるわ」

梓「」

梓(結局パシってる…こないだのマックではたまたまパシらなかったのかな……)

梓(よく考えたらレジに行って戻るぐらいだしパシるまでも無かったってだけかも…)

梓「あー、じゃあ私m」

ガチャ

唯「買ってきたよりっちゃーん。 あ、あずにゃんやっほー」

梓「唯先輩…」

律「おーサンキュー。ほらお金」

唯「ほいほい、まいどありーっ♪」

紬「唯ちゃんお疲れさまー、はいお茶♪」カチャ

唯「あざーっす!」ゴクゴク

唯「ぅあっちッ!!あちゃっ」

紬「あらあらあらあら、落ち着いて~」

唯「えへへへへへ」

梓(…………)

梓(いいのかなぁ…これで……)



――
―――

こんにちは。中野梓です。

時が経つのは早いもので、私が軽音部の一員になってからもう数ヶ月が過ぎました。
夏をすっ飛ばして季節はすっかり秋モード、学校も二学期に突入です。

そして秋といえば文化祭!そう、ライブが出来るんです~!楽しみ♪

…でも相変わらず部活では律先輩達が唯先輩をパシってて……
唯先輩はずーっと「良いよ~」なんて笑って受け入れてますけど、
はっきり言って気に入りません。

だってパシられて嫌じゃないなんてあるわけないもん。


なんとかできないものかなぁ~……


―――

ガタタタ… ガタガタッ……


唯「スピー……むにゃ……」Zzz...


ガダン!ガダガダッ


唯「んんぁ…ぅるさぃよぉ……なに~?…」パチ

唯「ふあ~っ!んんんー…」ムクッ

ピピピ!

唯「ほっ!?」ビクッ

唯「ちょ、丁度目覚ましが…すごい!」カチ

唯「へへへ、今日は何かいいことありそうだね~♪」

ガチャ

憂「お姉ちゃ~ん、起きたぁ?」

唯「今起きたとこだよぉー」

憂「おはよう♪朝ご飯できてるからね」

唯「うん、すぐ行くよー」

ガダダッ!

唯「わひっ!? …あれ、そういえば何で雨戸しまってるの?」

憂「私が閉めたんだよ、台風接近中ってニュースでやってたから」

唯「たいふーん!?うわぁあああほんまでっかーっ!!」

憂「あはは、お姉ちゃん台風好きだもんね♪」

唯「うん! が、学校は!?らじお聴かなきゃ…」

憂「さっきやってたけど今日は休みにはならないみたいだよ」


唯「えぇ~そんなぁ……こんなに風つよいのに外で遊べないのかぁ~…」

憂「ほら早く下行って食べよ?」

唯「うん、着替えたら行くよ~」ヌギヌギ

憂「!!」

憂「て、手伝おうかお姉ちゃ~ん//」

唯「えっ。いい」

憂「」

憂「じゃあ手伝っちゃうよぉおお姉ちゃぁあああああん!!」ガバァ

唯「ひぁああああ違うよぉおいらないって意味だよぉおお~っ!!」


―――

ガチャ

律「はぁはぁ…うっぐ……」ボロ

紬「おはようりっちゃん。…どうしたの?」

律「いやっどうしたのってこの風!凄かったろ……カチューシャ3回も吹っ飛ばされちった」

紬「あらあらあら…」

律「あらあらって…ムギなんともなかったのか?」

紬「今日は車で送ってもらったから」

律「あ、そぉー……」

ガチャ

唯「ほぁああ~、はぁはぁ……おっはよーっ!!」

紬「おはよう唯ちゃん」

律「おーっす唯、はははボロッボロだなw」

唯「風すごかったよぉー!!」

律「だよなー。これで雨も振ってたら終わってたな」

唯「もうこうふんしっぱなしだったぁああ!!」

紬「えぇ?」

唯「台風のときってどきどきしない?」

律「あー、するかも」

唯「だよね!だよね!水着で外に飛び出したくなるよぉーっ!」

律「あっ、それいいな!やってみてぇーっw」

紬「午後は降るかもしれないってニュースでやってたわ」

律「じゃあ帰ってからやってみっかなー!ははは楽しみw」

唯「へへへへw」

紬「あらあらあらあら♪楽しそうね~(本気なのかなぁ~)」


―――

キーンコーンカーンコーン…


梓「ふー、やっと放課後かぁ。部活だー!」

憂「あれ、梓ちゃん掃除当番じゃなかった?」

梓「あ。そうだった…めんどくさいなー」

憂「だめだよさぼっちゃー」

梓「さぼんないよ、やるよ……はぁー」

ガタタタタタ!!…

梓「ひー、しっかし今日風すごいね。一日中これだね」

憂「台風だもんねー。夕方から雨も混じるかもしれないって」

梓「えー。部活やってる間に降ってきたらやだなーっ。そしたらギター置いてこうかなぁ」

憂「おうちの人に迎えに来てもらえば?」

梓「今日は公演で二人とも夜まで帰ってこないんだ」

憂「そうなんだぁ… 降らないといいね。じゃあね~」

梓「うん、ばいばい」



パンパン…

梓「はぁ、まぁこんなもんでいいかな?」

梓「……」キョロキョロ

梓「誰も見てないしいいや。終わっちゃえ」

ガチャ ガタガタ… バタム

梓「よーし部活行こーっと」


ビュゴォオオオオオ…


梓「……」チラ

梓「雲が厚い。降ってきそうだなぁ」

梓「はぁー……」


ガチャ

梓「お疲れさまでーす」

澪「よー梓、おつかれー」

律「おーっす」

紬「梓ちゃん遅かったわね~」

梓「あ、ちょっと掃除当番で~」

梓(ん、唯先輩は……トイレかな?)

紬「あらあら、お疲れさま♪じゃあお茶でも飲んで一息ついて~」カチャカチャ

梓「どうもですー」

律「にしても唯おせーなぁ。何してんだ」

梓「あれ、まだ来てないんですか?てっきりトイレか何かと」

律「いやちょっとおつかいにね」

梓「え゛ッ!!?」


律「…な、何」

梓「こんな中パシリに行かせたんですかっ!?」ガタンッ!

澪「……あー私は一応、それはどうかな~とは言っといたぞ」

律「あれ、でも澪も結局は雑誌頼んでたじゃん」

澪「」

梓「んなっ…」

澪「ま、まー大丈夫だって!ていうか唯も結構乗り気だったんだよ、
  風強い日に外出るの好きなんだってはしゃいでたぞ」

梓「何言ってるんですか空見てくださいよっ!もう今にも降り出しそうですよ!!」

律「えぇ?そうかー?」チラ


ポツ。ポッ… ペチ …

澪「あ、なんか微妙に窓に雨粒が…」

ペチペチ…ベチ! バチバチベチベチベチベチベチ

ドザアアアアアアアアアア!!!!!

律「ってうわぁああいきなりっ!?」

紬「あらあらあらあらあら……」

梓「ほらあぁああ!!どうするんですかーっ!」

澪「だだ、大丈夫だよ外に居るとは限らないだろ?時間的に戻ってきてもいい頃だし、
  もしまだでも丁度店の中にいて雨宿りできてるかもしれないし……」

梓「ただの憶測じゃないですか!で、電話してみます」ピッピッ

プルルルル… プルルルル… プルルルル…


―――

ピリリリリ… ピリリリ…
ドザアアアアアアーーー

唯「う~、すっごいげりら豪雨だよぉ」

唯「傘持って出てきといて良かったぁ」

バヂバヂボツベチバヂ…

犬「……」

唯「わんたん大丈夫?こまったねーいきなり降ってきちゃったもんね!」

唯「すわってていいよー。やむまで相合傘してようね~」

犬「……」

唯「へへ、よーしよしよしよしよし」ナデナデナデ

唯「…でもいつまでもこうしてたら遅くなっちゃうなぁ。早く戻りたいのに……
  りっちゃん達きっと遅い遅いって待ってるよぉー……」

ビュゴオオオオオ!!!

唯「わぁあああああ!?」


ボバンッ!

唯「あっ!?傘がぁ!!」

唯「うひゃああ逃げろー!!わんたん走って!!」ダッ

犬「ワフッ!」

バチャバチャ…


6