律「ったく…ったく…」モグモグ

律「うめぇーっwははは」

唯「……」ショボン

梓「…唯先輩、私のモンブランいります?まだ食べてないですから」

唯「えっ。いいの!?」

梓「いいですよ」

唯「…でも~、あずにゃんは……」

梓「えと、実は私モンブラン苦手で~。へへ…」

紬「あら、そうだったの?ごめんね…」

梓「あっ、いえ……」

唯「それじゃもらっちゃうよ~ん♪」

梓「どうぞです」

唯「ありがとあずにゃ~ん!いっただきま~んもす♪」パクッ

唯「んむ… おいひい!おいひいよぉ~っ」モグモグ

梓「あはは、そうですか~?良かったです」


律「じゃあな~唯」

唯「うん、またね~。ごめんねおつかい間違えちゃって…」

律「いいよもう。行こうぜ澪」

澪「あぁ、んじゃな唯。梓は?」

梓「私はこっちです」

唯「あっ、じゃあ私と同じだね!へへへ」


唯「ほっほっ」テクテク

梓「……」テクテク

唯「ねぇあずにゃ~ん」

梓「なんですか?」

唯「あずにゃんってういに誘われて新歓ライブ来てくれたんだよね?」

梓「あっ、はい」

唯「じゃあういのお友達になってくれたの?」

梓「えっと…今日少し話しましたよ」

唯「お友達になって!うい良い子だからきっとすぐ仲良くなれるよ~」

梓「へへ、そうですか~?//」

唯「うん!お友達は大事だもんね~♪」

梓(……)

梓「そうですね~」

唯「そうだよ~♪えへへ、私とあずにゃんもともだちだね!
  せんぱいとかこうはいとか、気にしなくっていいよぉ~」

梓「えぇ、ほんとですかー?いいのかなぁ~…」

梓(……)

―律『先輩後輩とか気にしないでガンガンパシってっていいからなーw』

梓「……」

唯「ともだちだから手を繋ごうよ~」ギュ

梓「ちょっ、先輩~…//」

唯「とーもだ~ちなら手ーをつーなご♪」フリフリ

梓「歌詞微妙に違ってますよ」

唯「間違ってないよ~ん」

梓「も、もぉ~っ…//」




唯「ただいま~っ」ガチャ

憂「お帰り~お姉ちゃん♪…あれ、その袋なに?」

唯「あ、これ?へへ…今日ちょっとどじっちゃって……」ガサガサ

憂「? …わぁ!金目鯛!?」

唯「えっとね、りっちゃんに頼まれたまんがと間違えて買っちゃったんだぁ」

憂「ま、漫画と間違えたの?」

唯「うん。きん…きんま?だったかな」

憂(近代麻雀かな)

唯「これ2000円もしたんだよぉ。あっでも本当は2800円だったんだけど!」

憂「そうなの?」

唯「うん、お魚屋さんがういのこと知っててね、2500円しかないって言ったらまけてくれたんだ~」

憂「あー、あの商店街のお魚屋さんかな」

唯「うん、お姉ちゃん価格だって!」

憂「あはは、良かったね~♪」

唯「でもこれであと今月500円しかないや…ぅー」

憂「えっ、お金お姉ちゃんもちだったの?」

唯「間違えちゃったの私だから仕方ないよ~」

憂「……そうかもしれないけど……」

憂「じゃあうちの家計から2000円戻してあげるね」

唯「え、いいの!?」

憂「いいんだよ~お姉ちゃん♪今日のおかずにすれば家のおつかいで買ったことになるから」

唯「そっかー!わーい♪」

憂「ふふっ、じゃあすぐにご飯の準備しちゃうからね。これはお煮付けにしようね~」

唯「うん!やったぁ~なんか得した気分だよー」




唯「おなかすいた~!うーぃい~まだぁ~?」チンチン♪

憂「出来たよ~、はい!キンメの煮付けだよ」ドン

唯「いいにおい!んん~っ」クンクン

憂「天然ものだしきっとおいしいよ!」

唯「いただきま~す♪」パク

唯「おっおいひい!おいひいいいい」

憂「ふふ、本当?良かったぁ~。お姉ちゃんいい買い物したね!」

唯「星、みっ つです!!」モグモグ

憂「あはははは」


唯「モグモグ… …そういえばうい~」

憂「何~?」

唯「あずにゃんとお友達になれそう?」

憂「あずにゃん?」

唯「えっと」

憂「あぁ、梓ちゃんのこと?」

唯「そう!今日お話したんでしょ?」

憂「うん。お姉ちゃん本当にギター高校から始めたのかーって聞かれたよ」

唯「へー!ういの事は?」

憂「どうだったかな~、それぐらいだったかな。後はあんまり話してないや…」

唯「もっとお話しなよー。きっと仲良しになるよ!あずにゃんもいい子だから!」

憂「えへへ、そうかなぁ。なれたら嬉しいなー」

唯「なれるよぉ♪」

憂「そうかな~//」


―――

ザワザワ…

ガチャ

唯「おはよ~っ」

紬「唯ちゃんおはよう」

律「よぉー唯」

唯「るんるん♪」

紬「あらあら嬉しそうね、何かいいことあったの?」

唯「えっ?ううん別にふつうだよ~」

律「ははは、唯はいっつも頭ン中お花畑だもんな~w」

唯「? うん!そうだね~♪」

紬「あらあらあら」

律「プッwははははw」

唯「りっちゃん何で笑ってるの?何かおもしろかった~?」

律「うははwうはははははw」


―――

梓「……」ブーラブーラ

ガチャ

梓「!…」チラッ

生徒「平沢さんおはよ~」

憂「おはよー」


憂「ふぅ~」ガタン

梓「…おはよ~」

憂「! あっ、おはよ~!」

梓「えへへ」

憂「あはは」


憂「…梓ちゃん、昨日は部活どうだったの?」

梓「お茶してばっかりだったよ」

憂「そっかー」

梓「……憂はいいねー」

憂「えっ、何が?」

梓「唯先輩は優しいお姉ちゃんだね」

憂「うん!梓ちゃんは兄弟とかいないの?」

梓「私一人っ子なんだ」

憂「そうなんだ。じゃあ梓ちゃんもお姉ちゃんの妹になってみる~?w」

梓「な、なにそれー//」

憂「お姉ちゃんってあったかいんだよ~♪」

梓「へー、いいなぁ(よくわかんないけど)」

ガチャ

先生「おーし授業始めるぞー」


―――

ワイワイ…


唯「お昼だ~っ!もうおなかぺっこぺこだよぅ」

律「おーっし、んじゃ唯パンお願いなー。お好み焼きパンな」

唯「うん!ひとっとびしてくるよ~」

唯「ぶぅーぃいい~ん♪ばるるるるー!」タッタッタッ

律「うはははw」バンバン

紬「あれ何の真似?」

律「知らねwゼロ戦とかじゃね?w」

紬「そうなんだ~、唯ちゃんったらかーわいぃ♪」

律「両手広げて走るとかw邪魔すぎだろっwむぁはははw」


―――


梓「何にしよっかなーっと」テクテク

唯「ぶぃいい~ん♪」バッ

梓「わぁっ!?」ビクッ

唯「あぁっ、あずにゃん!やっほー!」

梓「せ、先輩両手広げて廊下走るなんて危ないですよっ」

唯「へへ、ごめ~ん!しゅわるべになりきってたから……」

梓「?」

唯「あずにゃんもパン買いにきたの?」

梓「あ、はい」

唯「何買うの?」

梓「てりやきサンドです」

唯「えぇっ、なにそれおいしそう!いいなー!」

梓「えっ…1年以上通ってるのに知らなかったんですか?」


唯「うん、私いっつもあんぱんだから…あっ違うや、たまに焼きそばパンも食べるよ!」

梓「へー、じゃあ今日はどっちです?」

唯「えーっと…そうだ!せっかくだからあずにゃんと同じのにしてみるよ~」ガサッ

梓「ほんとですかぁ、おすすめですよ~」

唯「へへへw …えーっとそれと~……あ、これこれ」ヒョイ

唯「くーださ~いな~♪」

梓「あれ、お好み焼きパンもですか?」

唯「これはりっちゃんのだよー」

梓「……」

梓「あー、そうなんですか~」

唯「うん! それじゃすぐ戻らないと、りっちゃん待ってるから」

梓「はい、また放課後です」

唯「またね~♪」

唯「…あっ、そうだ!あずにゃん!」

梓「はい?」

唯「ういと仲良くなった?」

梓「あぁ、へへ…お昼一緒に食べますよ~。教室で私がパン買ってくるの待ってもらってます」

唯「ほんと!?良かったぁ~♪それじゃあずにゃんも早く戻らないとね!」

梓「は~い」


ガチャ

唯「おまたへ~」

律「おっせー、何してたの」

唯「えぇ、おそかった?ごめーん…あずにゃんに会ったから」

紬「梓ちゃん?」

唯「うん、パン買いにきてたんだ」

律「へぇ。ほら150円」ポイ

唯「まいどー♪はいお好み焼きパン!」

律「ふー、じゃあ食べるか!」

唯紬「いただきま~す」

唯「へへへ、あずにゃんおすすめかぁ~」ガサッ


律「モグ… んっ、唯今日あんぱんじゃねーじゃん。何それ?」

唯「あ、これ?えへへあずにゃんおすすめのてりやきサンドだよー♪」

律「へぇ、そんなんあったんだ(唯パシらせてばっかで知らんかった)」

紬「おいしそうね~」

唯「でしょ~、へへへ……」

律「なー私そっちがいい、取替えっこしよーぜ」

唯「えっ」

律「なぁ~いいだろー?唯お好み焼き好きだろ?」

唯「で、でもぉ……」

律「……けっちーなぁ唯」

唯「あぅ、分かったよぉ……じゃあ半分こにしようよ~」

律「しゃーねーなぁ、じゃそれで。先にそっち食べさせてよ」

唯「うん、いいよ」ヒョイ


律「どら、どんなもんかな」パクッ

律「……」モグモグ

唯「どう?」

律「うめーっ!こりゃうめーや!」

唯「ほんと!?へへ、りっちゃんはやくはやく~♪半分ちょーだいっ」

律「うめっ!うめぇー!!」ガツガツ

唯「あっ」

紬「あらあら、そんなにおいしいのりっちゃん?」

律「ング… うめぇ!ごちそさァーっす!」

唯「」

唯「わ、私のぶん……」

律「へっ? …あぁ、悪ぃーっwうますぎてさぁ!気が付いたら…なっ?はははw」


唯「うぅ、ひどいよりっちゃん…せっかくあずにゃんがおすすめしてくれたのに……」

律「悪かったっていってんじゃんwお好み焼きパンもうめーって、それでがまんしろよw」

唯「……」パクッ

唯「んん~!?おいひい!」

律「ははっ、そうだろー?w」

唯「おいひい~♪」モグモグ

律「ははははw(マジでちょれぇ~っw)」

紬「良かったわね唯ちゃん♪」

唯「うん!」

唯「…あ。そういえばてりやきサンドは200円だったんだけど~……」

律「ん、何て?」

唯「う、ううんなんでもないや~」

唯「……」モグモグ


ガチャ

律「あぁ~っ、だりぃー」

澪「部室着いただけなのにどんだけだよ」

紬「ふふ、お茶にしたらすぐ元気になるわよね~」

律「その通り!いよっ、ムギ様のお茶大明神!」

唯「今日のお菓子なんだろ~♪」

紬「今日はシフォンケーキよ唯ちゃん」

唯「わーっ、ほんと!?紅茶のやつだといいな~」

ガチャ

梓「お疲れ様です」

唯「あずにゃんやっほー!」


4