唯「うぃ~」ドサッ

唯「ふー…」ゴロン…

唯「へへへ、はははは♪」ゴンロゴンロ


憂「お姉~ちゃんっ♪」ガチャ

唯「うい!はやかったね~どこ行ってたの?」

憂「えへへ」ガサガサ

憂「はい!プリン買ってきたよ~」

唯「えっ!!ほんと!?ありがとう~いぃい~っ!」

憂「生クリームのってるやつだよ~」

唯「わぁああ流石ういだよ分かってるぅ~っ」

憂「下行って食べよ?」

唯「うん!やったーやったーやったった~♪」トントン

憂「ふふ、お姉ちゃんったらぁ~w」



――
―――

どうも!またまた平沢唯です!

時が経つのは早いもので、二年目の春を迎えました。
私は今年もぶかつを頑張ってま~す☆

そしてそんなぶかつに、なんとびっくりかわいい後輩が!
新歓ライブのおかげかなぁ。やったね~♪

でも驚くのはそれだけじゃないんです。

実はその子、黒髪でツインテールでちっちゃくて……
そう、去年の春に見た夢のまんまだったんです!

もしかして私ってエスパー!?なーんちゃって~w


とにかく、今はとっても嬉しいで~す!


唯「あだ名はあずにゃんに決定~♪」

梓「えっ!?は、恥ずかしいですよぉ…//」

律「ははは、よかったな」

梓「よくないですよぉお~!」

紬「それじゃあ皆、お茶にしましょう♪」

唯「やったぁ~♪今日のお菓子はなぁに~?」

紬「モンブランよ~」

唯「もんぶらん!だいすきだよーっ!!いっただっきま~…」

律「あー唯、その前にさ。ほら」

唯「ほぁ?」

律「ほぁじゃなくって。ほら」ヒラヒラ(ページをめくるジェスチャー)

唯「?」


律「私何も持ってないだろ~?」

唯「えっ…えーっとぉ~(なんだろう…)」

律「…ったくいつまで経っても覚え悪いなぁ…漫画だ漫画っ。 近麻の新号出たからちょいっと買ってきてよ」

梓(ん?)

唯「あっ。うん分かったよぉ~(うぅ~食べたいなぁ……)」ガチャ

澪「唯待って!シャーペンの芯切れそうだからついでにお願~い」

唯「うん」

澪「0.3mmだから」

唯「うっ、うん(れいてんさん…れいてんさん……)」

唯「えとえと…ごめんりっちゃん、まんが何だっけ?き、きん…」

律「近麻」

唯「きんま… うん分かったよー(れいてんさん、きんま……れいてんさん…)」

バタム


梓「……」


梓「……あの~…」

律「ん、何?」

梓「もしかして今のって、パシリですか?」

澪「おいおい、おつかいって言ってくれよ。聞こえが悪いだろ」

律「いやまぁ事実だしいんじゃね?梓はもう軽音部員だしな」

澪「そうかぁ?」

梓「……」

律「梓もさぁ、何か欲しいもんあったらガンガン唯パシってっていいからなー」

梓「えっ」

紬「パシリ先輩って呼んであげたら喜ぶんじゃない?」

澪「ははっ、ムギそれはいくらなんでもだろ~w 本人は未だにパシリじゃなくておつかいって思ってんだからw」

梓「……」


律「まぁそういうわけだから。ホント後輩だからとか気にしなくていーかんなw」

梓「は、はぁ」

律「とりあえずいっただっきゃーす!」パクッ

律「うンめーっw」モグモグ

紬「あらあら、本当?モンブランにして良かったぁ♪」

梓「…唯先輩待たないんですか?」

澪「あーいいのいいの。気にしないで食べていいよ」パク

梓「でも……」

澪「あホントだ、おいしいなぁこれっ!流石ムギチョイス!」モグモグ

紬「ふふっ♪ …ほら梓ちゃんも、お茶冷めちゃうよ?」

梓「……」


―――

唯「れいてんさん、きんま、れいてんさん、きんま、れいてんさん……」ブツブツ

犬「……」トコトコ

唯「! あぁーっ、わんた~ん♪」ナデナデナデナデ

犬「!……」

唯「よーしよしよしよしよしよしよし♪」

犬「……」

唯「よぉおおしよしよしよしy …はっ!!?」ガバッ

唯「あ、あぶないあぶない!こんなことしてたら忘れちゃうよ~」

唯「ごめんねわんたん!またねーっ」タッタッ

犬「……」ショボン…


唯「えと…れい……れんてんさん… …れ……あれっ」

唯「れいてんさん、さん……さん…さんまっ!うわーっ、あぶなかったぁ~…忘れるとこだったぁ」


唯「れいてんさん♪さ~んま♪れいてんさん♪さ~んま♪…」テクテク


ティロリロー♪

店員「しゃっせ」


唯「えーっと、えーっと……なんだっけ。れいてんさん!」

唯「…って何?あ、あれれ……」

唯「まてまてーぃ!冷静に考え直してみよう……『れいてんさん』…」

唯「人のなまえかなぁ。『れいてん』っていう。『れいてん』さん」

唯「うぅ……」チラッ

店員「…?」

唯(なふだには『すずき』って書いてある…この人じゃないや……)

店員(…おいおい、めっちゃ見てきとるやん……も、もしかしてこのコ俺ん事……//)

唯「…あ、あのぅ」モジモジ

店員「!! …なっスかぁ~?」


唯「このおみせに『れいてん』って人いますか?」

店員「…いなァっす……」

唯「そ、そうですか~ごめんなさい//」

唯(そうだよ人のわけないよ~、おつかいなのに…私のどじっ!恥かいちゃったよぉ……)

店員「……」

唯「…あのぅ……」

店員「…なっスかぁ」

唯「れいてんさん…って売ってま……せんよね~^^;」

店員「はぁ?……ちょっつわがァーねっスね……」

唯「あぅ……」シュン


唯(どうしよう、電話して聞こうかなぁ…でも絶対呆れられちゃうよ~……)

唯(もう少し頑張って思い出してみよう…)

唯「むむ…………」

店員「…『れいてんさん』っていう商品なっスかぁ~?」

唯「へっ!?あ、えと…た、多分なまえじゃないかもです。 れいてんさんのなんとかだったかも~……」

店員「はァ~。 …………あー、シャー芯とかっすかぁ?」

唯「えっ?」

店員「0.3mmのシャー芯とかじゃーなァっスかぁ?」

唯「あっ!!!!!そ、それだぁ~!!」

店員「まァじすかぁ?ほんなら売ってァすよ」

唯「ほ、ほんとですかー!?やったぁ~♪」

店員「あっこにありゃースよ」

唯「わ~い」タッタッ


唯「ん~… あったぁ~!」


唯「くーださ~いな♪」

店員「105円になりゃァーす」

唯「ほぃ」チャリ

店員「丁度いただきゃぁーす」

唯「ありがとうございました~、助かりました!」ペコ

店員「あっ、ありあり ありぁたっしァ~//」


唯「よーし、あとはりっちゃんのさんまだー!」タッタッ


唯「お魚屋さんは商店街だよぉ、ちょっと時間かかっちゃうなー。りっちゃん怒っちゃう…」




唯「はぁはぁ」タッタッ

唯「つ、ついたぁ。お魚屋さんは…」キョロキョロ

唯「あった!さんま売ってるかな~っ」タッタッ

魚屋「おっ、憂ちゃんらっしゃい!髪下ろしてイメチェンかい?w」

唯「えっ!?」

魚屋「…?」

唯「お、おじさんういの事知ってるの?」

魚屋「ん?」

唯「ういは私の妹だよ~」

魚屋「なんと! …それじゃ嬢ちゃんが例の『お姉ちゃん』ってワケだ!」

唯「例の?」

魚屋「あッ!いやぁ~っ^^;」

魚屋「それにしても珍しいねぇ、お姉ちゃんの方が買い物なんてなぁ」

唯「へへ、おつかいなんで~す」

魚屋「何探してんだい?」

唯「えっと、さんま!」

魚屋「さ、さんま?さんまは今旬じゃねぇが……憂ちゃんに頼まれたのかい?」

唯「ううん、友達に頼まれたの」

魚屋「そうかぁー。まぁあるにはあるが…何尾いるんだい?」

唯「えぇっと…そういえば聞いてなかった……ちょ、ちょっと待っててくださぃ」ピッピッ

唯「……あ、もしもーし!りっちゃん? …ごめ~ん、今商店街まできたところだから…」

唯「…え?お魚屋さんだよぉ~。それでね、さんまいくついるのか聞いてなかったかr …へ?」

唯「き、きんま?さんまじゃなかったっけ?」

唯「……うん、うん… ……わ、分かったぁ~」ピッ


魚屋「何尾だって?」

唯「あぅ、あの~……」

魚屋「?」

唯「ごっ、ごめんなさい!さんまじゃなくってきんまでした!!」

魚屋「きんま? …あぁ、ひょっとしてキンメの事かい?」

唯「えっ、あるんですかー!?」

魚屋「あるよ!煮付けがウマイねぇ…ちょっと待ってな」

唯「わーい、やったぁ♪」

魚屋「よっと」デンッ!

唯「うわーっ!目おっき~い」

魚屋「深海魚だからねェ」

唯「視力どれぐらいあるんですかー?あふりかの人ぐらい?」

魚屋「ははは、そいつぁちょっと専門外だなぁ」


唯「あぅ、残念… おいくらですか~?」

魚屋「2800円だよ!天然モンだからね」

唯「え゛ッ!!??に、にせんっ……あわ」カパッ ゴソゴソ

唯「……にせんごひゃくえんしかないぃ…」

魚屋「えぇ?困ったなァ~…」

唯「あぅ…」

魚屋「…よッし!じゃあマケて2000円だ、お姉ちゃん価格ってことにしといてあげらぁ!」

唯「ほ、ほんと~!?わ~い、おじさんだいすき!」

魚屋「お、おぉ…// 待ってな今包んであげるから」ガサガサ

魚屋「はいよ!」

唯「ありがとうございましたぁ~!」

魚屋「憂ちゃんによろしくなぁー」

唯「ほ~い」

唯「よぉーし早く戻ってもんぶらん食べるぞぉ~っ♪」タッタッ…


律「…しっかしおっせぇーな唯のヤツ……」イライラ

澪「商店街まで行ってるんだって?」

紬「えぇ?なんでまた…コンビニになかったのかな?」

律「近麻を秋刀魚と聞き間違えただかで魚屋まで行ったんだと。ったく……
  普通に考えて魚なんか頼むかっつうのな。家のおつかいじゃねーんだから」

梓「……」

ガチャ!

唯「はぁはぁ……ただいま~!」

律「唯っ、おっせーぞ!ったくよー」

梓「先輩おかえりなさいです」

唯「ただいまー!あずにゃん!」

澪「シャー芯忘れてない?」

唯「大丈夫、買ってきたよぉ」ガサッ「はい澪ちゃん」

澪「サンキュー。200円だっけな、ほら」ポイッ

唯「うん。まいどー♪」

澪「さて、じゃあ恥ずかしくってむず痒い歌詞の続きでも書くとするか」カリカリ

律「おいさっさと私の近麻もくれ」

唯「へへ…りっちゃんさー、間違えてたよ?wきんまじゃなくてきんめだったよ!もぉ~w」ガサッ

唯「へいおまち!」ドンッ

律「は? …えっ、何この包み」

唯「何ってきんめだよぉ。天然ものまけてもらったんだよ!凄いでしょ~♪」

紬「もう一声~ってやった?唯ちゃん」

唯「あっ、してない!あちゃーっ、すればよかったよぉおお」

紬「ふふふ唯ちゃんまだまだね~w」

律「…天然って何だよ、まさか近麻オリジナルの方買ってきたとかじゃあーないだろな……」

律(そもそも漫画ってまけてもらえるモンなのか?)ガサガサ


キンメ「」グデッ…

律「」


律「……おい唯ッ…何だよこれ……!さ、魚じゃねェ~かッ…」プルプル

唯「? だからきんめだよ」

律「ちげーよ!キンメじゃなくて近麻っ、近代麻雀だっつーの!金目鯛買ってきてどーすんだよ!!!」

唯「えっ?ち、違う魚だったの?あわ…」

律「ちげええ漫画だっ!近代麻雀なんて魚いねェーよどんな新種だよボケも大概にしろこらっ!!」バンッ!

唯「まんが… あぁっ!?」

律「……」

唯「あわわ……ご、ごめ…」オロオロ

澪「ぶふっw」

紬「あらあらあらあら…w」

梓「……」

律「あ゛ぁ!?これヒラキにでもしてめくって読めってか!?中何も書いとらんっちゅうねん!」

唯「そ、そうだよね~… 内臓しかないぞう!なんちゃって~、あはは」

律「つまんねーよ」

唯「」

律「あーっ、くっそ…さんざ待たされた挙句にこれかよっ……」

唯「…あ、あのね……このきんめ2000えn」

律「払うわけないだろ。勝手に買ってきといて」

唯「でっ、でもぉ~……」

律「あぁあもぉおおおーッ!!!」ボリボリ

紬「りっちゃん、とりあえず甘いものでも食べて落ち着いて~」

律「そうだな…くそっ!」バッ

唯「あっ!?私のもんぶ」

バクッ!モグッ…

唯「…らん……あぅ…」

梓「……」


3