梓「澪先輩、爬虫類は好きですか」

澪「嫌いだ!」

梓「そうですか、じゃあこの子を見てどうか心を静めてください」スッ

澪「うわぁぁぁぁ!!やもりぃぃ!!」

律「さっきこの子の心配してただろ?」

澪「生き物をいじめるなって言ったんだよ!爬虫類は嫌いだよ!」

紬「まぁまぁ、これもあげるから」スッ

澪「尻尾だけとか余計怖いわぁぁぁ!!」ヒィィィ!!

唯「やっだなー。この澪ちゃんの中で頑張ってたんだよー?」

澪「頑張っちゃったのかぁぁぁぁ!!・・・って、え、へ?」

唯「だからー、澪ちゃんの中でウゴウゴルーガだったんだよ。スカートの中、見てみなよ」

梓「ウゴウゴルーガってなんですか」

唯「蠢いてたっていうのをちょっと洒落た言い方にしてみたよ!♪」

澪「・・・」ペラッ

澪「履いてない、だと・・・!?!?」

唯「ね?」ニコニコ

澪「これ、え・・・え?」

律「ごめん、ぶっちゃけ私が入れた」

澪「分かれてくれ」

律「別れるじゃなくて!?私に真っ二つに裂けろって言ってるのか!?」

澪「もう誰も信じられない・・・」

律「澪、ごめんって。やりすぎたよ・・・」

澪「うるさい。話しかけるな、ヤモリあそこに入れちゃうおばさん」

梓「しまっちゃうおじさんをもじったつもりならわかりにくすぎです」

紬「きっと澪ちゃんも混乱してるのよ」

律「で、でも、さっきも見たと思うけど、ちゃんとヤモリはゴムに入れてから澪の中に入れたぞ?」アセアセ

律先輩、それ、ぜんっぜんフォローになってないです。
そういう問題じゃないと思います。

澪「へ?そ、そうだったのか、なぁんだ・・・」ホッ

梓「えっ、何そのリアクション」

澪「生じゃないならいいんだ、生じゃないなら」

律「だ、だよな!?よかったー」

唯「ゴム持っててよかったね」

澪「 な ん て 言 う と 思 っ た か ? 」ニコッ

律「」

唯「ううん、私は思ってないよ。油断したのはりっちゃんだけだよ」

澪「全く、お前ってやつは単純だなー」グリグリ

律「あ、あはっはは・・・」

紬「すごい、さっきまであんなにノリノリだったりっちゃんが・・・」

梓「静かに怒る澪先輩怖すぎです」

紬「でもさっきまで泣いてたのよね」

梓「泣いたり怒ったり、結構忙しそうですよね」

澪「おい、そこの二人。誰のせいでこうなってるかわかってるか?」ニコッ

梓紬「はい、ごめんなさい」

澪「なぁ、ヤモリを入れたのは律なんだろ?」

律「はい、そうです・・・ごめんなさい、もうしません・・・」

澪「じゃあ抜いてくれたのは?」

梓「私ですよ」

澪「そうか、ありがとう。なんか下っ腹がジンジン痛むんだが、これも梓のせいってことでいいか?」ニコッ

梓「」

唯「下っ腹って?さっき思いっきり叩いてたところ?」ジー

澪「叩いてた・・・?いや、私が言ってるのは、その・・・中の話だ」

律「あーぁ、お前もしかして爪立てたのか?」

梓「いえ、そんなつもりはないですけど・・・」

唯「ちょっと爪長かったんじゃない?こういうときのために常に深爪しとかないとっ!備えあれば嬉しいなー!」

梓「そんなときの為に備えたくありません!///あと、憂いなしです!」

紬「それで、澪ちゃん」

澪「なんだ?」

紬「結局、誰に起こされたか・・・覚えてる?」

澪「・・・これ、私を起こした人はどうなるんだ?」

律「簡単、今まで澪にしてきたことをされちゃうんだよ」

唯「太ももに『→』って書かれて、ギターで殴られて、その上からキンカン塗られて、
制服をはだける様に脱がされて乳首に絆創膏貼られて、アソコにヤモリ入れられて、
さらに中を爪で引っ掛かれるって感じかな」

澪「改めて思ったけど私すごい可哀想だな」

唯「ねー」

澪「私の乳首に絆創膏貼ったヤツに同情されたくない。っていうか棒読み上手だな、唯は」アハハ

律「澪、覚えてるのか・・・?」

澪「・・・あぁ」

律紬梓「・・・!?」

唯「へー、誰?」

律「唯、随分余裕なんだな?」

唯「まーね。私、実はなんとなくわかってるから」

紬梓「えっ!?」

唯「ある人が言葉を発した瞬間、澪ちゃんが飛び起きたんだよね」ニコニコ

律「なん、だと・・・?」

唯「最後に確認しておきたいんだけど・・・ゲームのルールは絶対守ってもらうからね?」

律「あ、あぁ。それにしても楽しそうだな、お前」

唯「そう?態度に出ちゃってるのかなー?」

梓「なんか、私も誰が澪先輩を起こしたのかわかってきた気がします」チラッ

律「なっ、こ、こっち見るなよ・・・!」

紬「唯ちゃん、その誰かって・・・?」

唯「それは澪ちゃんに聞きなよ」アハハ

澪「えっと・・・私・・・」

律「・・・」ドキドキドキドキ・・・


澪「唯の声で目が覚めたと思う」


律梓紬「」

唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」唯「」

律「唯、気持ちはわかるから落ち着け」


唯「え、おかしいよ、え、なに?ちょっと待って」

律「おいおい、往生際が悪いぜ?」

唯「私、帰るね」ガチャ、キィィィ・・・

バァァン!!!

紬「ルールは絶対って確認したばかりだと思うけど?」ニコッ

梓「・・・」

ムギ先輩怖ぇぇ!!
扉が軽く拉げてるんですけど!?

唯「澪ちゃん、嘘だよね・・・!?」

澪「確かに、私は律の声が聞こえた気がして体を起こしたけど、実はその前から目が覚めてたっていうか・・・」

唯「そんな・・・ほら、もしかしたら私じゃなくてりっちゃんの声だったとか!」

澪「『やったね!あずにゃん!』って聞こえたのが夢と現実の境界線かな」

律「『あずにゃん』なんて唯くらいしか言わないもんな。決定じゃん」ニヤニヤ

唯「」

唯「いやぁぁぁぁ!!!!」




澪「唯、そんなに嫌か?」

唯「いやだよぉ!」

澪「でもな。私はそれをされたんだぞ?」ニコッ

唯「・・・でも、寝てたじゃん」

澪「そうか、そういうことを言うのか、お前は」

唯「・・・」

律「いいぜ、唯」

唯「何?」

律澪「寝ろよ」

唯「」

律「寝てたらいいんだろ?」ニヤニヤ

澪「唯、そんなに嫌か?」

唯「いやだよぉ!」

澪「でもな。私はそれをされたんだぞ?」ニコッ

唯「・・・でも、寝てたじゃん」

澪「そうか、そういうことを言うのか、お前は」

唯「・・・」

律「いいぜ、唯」

唯「何?」

律澪「寝ろよ」

唯「」

律「寝てたらいいんだろ?」ニヤニヤ

唯「それはそういう意味じゃ」

澪「じゃあどういう意味だ?」ニコニコ

唯「・・・!」

律「おーけー。そんじゃ、眠らなくていいからベンチに横になれよ」

唯「な、なんで?」

律「なんでって。澪と同じ体勢になるんだよ」

唯「・・・」

紬「唯ちゃん、覚悟決めなさいな」ニコッ

律「ほら、太もも出せよ」

唯「私がやったギターのやつは?やらないの?」

律「あぁ、時間ないし、あんなことしてもうるさいだけだろ」

澪「唯、そうやって時間稼ぎしようとしても無駄だぞ?」

唯「・・・なんか、暗い」

そりゃそうです。
ベンチに横になっている唯先輩を律先輩たちが覗き込むように見下してるんですから。

律「そんじゃ、最初は私からだな?」

唯「・・・!」ガシッ

律「ちょっ、腕掴むなよ・・・!」

唯「なんでだろうね?りっちゃんにだけは本当にこういうところ触られたくないや」アハハ

律「へー?言ってろよ。ムギ、澪」

澪「あぁ」ガシッ

紬「澪ちゃん、そっちよろしくね。私こっち抑えるから」ガシッ

唯「っやぁ・・・はな、してよ・・・!」ジタバタ

律「「はは、流石に澪とムギに抑えられてたら動けないだろ?」

唯「っ・・・!」キッ

律「っていうか太ももに落書きしようとしてるだけなのに、なんで私こんなに嫌がられてんの」

唯「なんとなくりっちゃんが嫌だから」

律「それ結構傷つくぜ?」

唯「そう?でも事実だよ」

律「なんでだよ、友達だろ?私たち。寂しいこと言うなよ」

唯「犯されそう。友達なんだよ?私たち。一線は超えちゃ駄目だと思うなー」

律「ははは、唯は面白いこと言うなー?・・・されたいのか?別にいいけど?」ボソッ

唯「やぁっ・・・ちが、うよ・・・」ビクッ

どうも、こんにちは。というか、もう『おばんです』の時間かな。
中野です。

なんかもう先輩達が凄すぎて正直ついていけません。
っていうかついていきたくありません。
私?私は切断してしまったヤモリの尻尾を治療しているところです、セロテープで。
なんとなく生命力が強そうだし、なんとかなるでしょう。

唯「いやぁ・・・!澪ちゃ・・・!」

澪「どうして私の名前を呼ぶんだ?」

唯「澪ちゃん、は・・・いいの!?」

澪「・・・」

律「・・・」ククッ

澪「唯、何言ってるんだ?」クスクス

唯「へ・・・?」

澪「無理矢理される唯も可愛いよ」

律「だろー?」

駄目だ、このカップル色々と駄目だ。
怖くて絶対口には出来ませんけどね。


唯「・・・!」チラッ

紬「私が、唯ちゃんを助けると思う?」

唯「思わない」

紬「ちょっと傷ついちゃった」

律「まぁ、ムギは普段の言動からして、な・・・」

澪「あぁ。ちょっとな」

唯「はぁー・・・もう、するなら早くしてよ」

律「んー?なんだよ、急に」

唯「私の反応込みで楽しんでるんでしょ?趣味悪いよ」

律「へー?まぁ、強がってる唯も可愛くて好きだぞ?」

澪「・・・」ガスッ

律「っでぇ!?」

澪「好きとか言ってるなよ」

律「あ、ごめ・・・」

唯「二人とも、痴話喧嘩してる暇あるなら早くしなって。下校時間になるよ?」

律「へー、その強がり・・・いつまで続くか見物だな」

澪「律、早いところやってやれよ」

紬「唯ちゃん、膝立てて?」

唯「・・・」スッ

律「おー、こりゃ書きやすいな」ニヤニヤ

唯「早くしてよ」

はい私空気。
完全に空気、気体、ガス。

ヤモリ「キューキュー・・・」トコトコ

いいんだ、私はヤモリの命救ったし。
奪いかけたのも私だけど。

あんなアブノーマルな世界、私には関係ないんだ。

律「梓!」

梓「ひゃい!?」

律澪「手伝ってくれ」キリッ

はい。不覚にもかっこいいとときめいてしまったので手伝います。こんにちは、アブノーマルな世界。

梓「で、何をすればいいんですか?」

唯「あずにゃんまで、酷いよ・・・!」

梓「そんなこと言ったって、罰ゲームじゃないですか、これ」

律「おー、いいこと言うなー」

澪「梓は唯の足を掴んでてくれ」

唯「ふんふんふんふん!!」シュシュシュシュシュ!

梓「ものすごいスピードで足を動かさないでください。掴めません」

唯「ふんふんふっあああぁぁぁぁぁああああ足つったぁ・・・!!」ピクピク

梓「言わんこっちゃない」ガシッ

律「よっしゃ、そんじゃ。いくぞ?」

梓「って、あれ?もう太ももに落書きしてあるじゃないでs」

律「しー!」

梓「え?」

律「いいから。ただ澪にしたこと繰り返すだけならつまらないだろ?」

梓「この部にはもっと平和的な考え方が出来る先輩はいないんですか、マジで」

澪「いいから。私は何もしてないんだ。私がしたいことが追加されてもいいだろ?」

梓「ま、まぁ。それなら、まだわかります」

紬「うふふ、そういうことね。唯ちゃんには内緒だからね」

唯「さっきから思いっきり聞こえてるよ」イライラ

律「あっれー?ごめんごめん」

澪「めんごめんご」

唯「うわ、澪ちゃんがそれ言うと結構腹立つね?」

澪「めんごめんご」

唯「・・・」イラッ

律「ほーんと唯はいじりがいがあるなー?かーわい」ペロッ

唯「ほっぺ舐めるのやめてくれるかな」

澪「ほら、じゃれてないで始めような」

律「あぁ、ごめんごめん」

好きって言うのは駄目で、可愛いって言いながらほっぺ舐めるのは許せるのか。
私には澪先輩の境界線がわからないです。

澪「それじゃ始めるか」

梓「えと・・・?」

律「あぁ、梓は唯の足を掴んでてくれればそれでいいよ」

澪「あぁ、あとは私たちがやるから」

紬「私も精一杯おさえてるからね!!」

唯「やめて、ムギちゃんが本気出したら手首折れそうで怖い」

紬「そういう趣味はないかしら」ウフフ・・・

唯「じゃあその意味深な笑顔やめて」

律「いっくぞー」

唯「!!?」

澪「ふでぺーんふっふーん」コショコショ・・・

唯「きゃははは、や、やめ、やめっ、て、あ、あは・・・やぁぁ・・・!」アハハハハ!!

梓「筆ペンじゃなくて筆ですから、まだよかったじゃないですか」

律「そうだぞー?筆ペンだったら今頃唯の太もも真っ黒だぞー?」

唯「う、ううははは!!う、うるっさい、よははは!」

紬「あらあら。澪ちゃんちょっとズレてるわ」

澪「へ?ズレてる?」ピタッ

紬「そうよ、駄目じゃないっ」プンプンッ

唯「はぁ・・・ちょっ、ちょっと・・・ホント、に・・・もう、やめ・・・」ゼェハァ

梓「先輩、大丈夫でした?」

唯「ん・・・なんとか・・・っていうか、よゆー・・・だよ」ヘヘッ

律「へー?澪、続行だ。唯はまだまだ大丈夫だってさ」ニヤニヤ

唯「」

澪「そうか。ごめんなー唯。こんなんじゃまだまだ物足りなかったよなー」アハハ

唯「え、いや、ちょっと」

澪「ここはどうだ?」コショコショ

唯「!!?」

筆はゆっくりと唯先輩の・・・その・・・なんていうか。
下着の方に移動を始めました。


8