梓「うっわ・・・エロ・・・///」

唯「あずにゃん、気持ちは分かるけど素直すぎだよ」アハハ

律「それじゃー失礼しますわよー」

紬「まさか・・・」

律「おう。・・・よっと」

キュッ

澪「んっ・・・」

梓唯律紬「!?」

澪「・・・」スー・・・

律「あっぶねー」

唯「なんか、見てるこっちがヒヤヒヤするね?」

紬「えぇ。慎重にね?」

律「ん、だな」ソーッ・・・

キュッキュッ・・・

律「出来た!」


澪の太もも『→』


唯紬梓「ちょっ!?」ブッ!

梓「『→』が股間に向かって伸びてる・・・」ドキドキ

紬「こ、これは・・・」

律「な?別にえっちぃことじゃないだろ?」

紬「股間に『→』って意味深過ぎると思うの」

唯「ある意味すごくいやらしいよ、これ」

律「そうかぁ?・・・それにしても、これでも起きないんだな」

梓「っていうか、これ・・・後で澪先輩にバレたらマズイんじゃないですか?」

律「んー?水性だから大丈夫だろ」

紬「そういう問題じゃないと思う」

律「まあまあ。どうせ一発殴られてお終いだから大丈夫だって」

唯「澪ちゃんかわいそう」

律「ゆ、唯までなんだよっ。ほら、次の人いけよ」

紬「はい!」

唯「次、ムギちゃん?」

紬「うんっ♪こういうイタズラ憧れてたのー」

梓「・・・」

なんだろう。
ムギ先輩、とんでもないことをしそうな気がする。
私まで出番が回って来ない予感。


梓「・・・」スッ

律「ん?どうした?手なんてあげちゃって」

梓「あの、私が先でもいいでしょうか」

紬「いいわよっ♪」チッ

梓「今、割とハッキリと舌打ちが聞こえましたごめんなさいごめんなさい」

唯「でもあずにゃんの気持ちわかるよ。ムギちゃんだったらすごいことして起こしちゃいそうだもんね」

梓「は、はい・・・」

紬「そういうことなら仕方がないわ。ただ、私にも出番が回ってくるようにしてね。絶対」

梓「はいっ!」

・・・あ。

そうか、ムギ先輩に絶対に回さなきゃいけないってことは・・・。
あまり過激なことは出来ない、というよりも絶対に起こさなくて済みそうなことしか出来ない。
くっ、不完全燃焼なんて嫌だよ。


律「あずさっ」ボソッ

梓「はい?」ボソッ

律「ムギのことは気にするな。やりたいことやっちゃえよ」

梓「え、でも・・・」

律「いいっていいって。この状態の澪は起こそうと思っても起きないくらいだから」

梓「そうなんですか?」

律「おう。多分、今なら頭叩いても『うーん・・・?』で済むよ」

梓「どんだけですか」

律「まぁ、そういうことだから。好きにやっちゃえよ」

梓「了解です」

律先輩からそんなアドバイスをもらったけど、
正直律先輩がしたことよりひどいイタズラなんてなかなか思いつきません。


梓「よしっ」

律「お、決めたか?」

唯「決まった?」

梓「いいえ!」

律唯紬「決まってないの!?」

梓「とりあえず、私も唯先輩に倣ってギターを出します」ゴソゴソ

唯「う、うん。それで?」

梓「え、えーと・・・いたずらしたいって言ってもその、えっと・・・」

律「どうした?」

梓「ああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ブオン!!

律「待て待て待て待てぇ!!!!」ガシッ

唯「あずにゃん!さすがにそれは危ないよ!」メッ!

紬「そうよ、何がどうなって澪ちゃんをギターで殴るという結論に至ったの?」

梓「わ、私・・・確かに、澪先輩に、イタズラ、したいって、言いました・・・」グスッ

律「え、おい。ちょっと、泣くなよ・・・」ヨシヨシ

梓「でも、唯先輩も律先輩も私の想像してた以上のことするんですもん・・・」

律「うっ」

梓「ムギ先輩もすごいことしそうですし・・・好きなようにしろって言われても、どうしたらいいかわからなくなって」

律「あぁ。ごめんな。プレッシャーかけるつもりはなかったんだよ」

梓「はい・・・」

唯「ちなみに、あずにゃんは澪ちゃんにどんなことしたかったの?」

梓「ほ、ほっぺつんつん、とか」

律唯紬(かわいええぇいえぇ!!)

唯「そ、そうなんだっ?他には他には?」

律(いや、もうむしろ梓にイタズラしたい)

梓「あ、あとは・・・耳元で『あーあ、おはスタ終わっちゃいますよー?』って言いたかったです」

律唯「」

紬(どうしましょう、急に話についていけなくなったわ)

律「それは、何のために?」

梓「え?私だったら慌てて飛び起きますよ!おはスタ見逃すとか最悪じゃないですか!」

唯「ねぇ、あずにゃん。よかったら私の家に遊びに来ない?もちろん、泊まりで」

律「こら、待て唯」

紬「梓ちゃん、別に背伸びしなくていいのよ?りっちゃんのイタズラも、私のしそうなイタズラも気にしなくていいの」

梓「はい・・・」

紬「だから、もう泣かないで?ね?」

律「なんかいい話っぽく聴こえるけど、私たちみんな加害者だよな」

唯「それ言っちゃダメだよ」

澪「ん・・・」ゴソッ

律唯紬梓「!!?!?」

澪「ふぁ・・・あ、あずさ・・・」ムクッ

唯「なん、で・・・このタイミングで・・・?」

律「今、梓って言ったよな?もしかして、梓が泣いてるから慰めようと・・・?」

紬「そ、そんな・・・!それってつまり澪あz」

梓「私がヤる前に起き上がってんじゃねぇよぉぉ!!!」ガコォォン!!!

律唯紬「」


澪「だっ・・・!?」


バタンッ


梓「ふぅっ。これで一安心」

澪「」ドクドクドクドク・・・

律「いや、一つも安心できるところがないんだけど。むしろ私は頭から流血してる澪が心配でならないんだけど」

唯「大丈夫大丈夫。ほら、続きしよう?」

律「大丈夫じゃないから。寝てるっていうより気を失ってる状態だろ」

紬「りっちゃん。よく聞いて」

律「へ?」

澪「・・・」スースー

律「寝息、だと・・・!?」

唯「そうだよ。澪ちゃんはまた眠りについたんだよ!」

律「ま、まぁ・・・そういうことなら、ゲーム続行だな」

唯「あ、でも今のであずにゃんのターン終わりね」

梓「えぇ!?勢い余って軽くギターで殴っただけなのに・・・」

律「いや、あのときは別に勢い余ってなかっただろ。しかも全然軽くないし」

梓「ちぇー。じゃあムギ先輩、パスです」

紬「うふふ。やったぁ」

律「で、ムギは何をするんだ?」

紬「本当は他にもしたいことがあったんだけど・・・」

梓「けど、なんですか?」

紬「澪ちゃんの頭の傷が気になるから手当しようと思うの」

唯「ムギちゃん優しい!」

紬「そんな」ウフフ

律「よかったな、澪」

紬「それじゃ救急箱持ってくるわ」スタスタ

唯「・・・」

梓「どうしたんですか?」

唯「澪ちゃんを起こすのって、無理じゃない?」

律「おい、どうしたんだよ。急に」

唯「だってギターで殴られても寝てるんだよ?逆に何をしたら起きるのか想像つかないよ」

律「さっき梓が泣いてたら起きただろ?」

唯「でも今も寝てるじゃん」

紬「お待たせー」

梓「ムギ先輩、すみません」

紬「いいのよ、あまり気にしないで(あまり、だからね。全く気にしないでって言ってるわけじゃないからね)」テキパキ

梓「はい。括弧の中は見えなかったことにします」

律「大丈夫だよ、唯」

唯「え?」

律「一回起きたんだ、きっと眠りが浅くなってると思うぜ」

唯「そうかなぁ・・・」

澪「ん・・・」モゾ

紬「・・・!?」

律「ほらな?」ニシシ

唯「ホントだ、さっきより敏感になってるかも」

紬「もうすぐで終わるからね?」テキパキ

律「なあ唯?」

唯「なあに?」

律「包帯巻いた澪ってどう思う?」

唯「いいと思う」

律「だよな」

梓「私も変なフェチに目覚めそうです」

律「素晴らしい部だな」

紬「終わったわ」ニコニコ

澪「・・・」モゾモゾ

唯「ムギちゃん手馴れてたねー、すごい!」

紬「そんなことないわ?でも澪ちゃんが起きなくてよかった」フゥ

澪「ぁぅ・・・」モゾモゾ

唯「ん?」

律「なんか、澪のやつ・・・痛がってないか?」

梓「傷口のところ、ポリポリしてますね」

澪「ぁぁ・・・ぅ・・・」ポリポリ

紬「うふふふふ」

律「おい、ムギ。澪に何をした」

紬「何もしてないわよーもうっ」プンプン

唯「ねぇ、私さっきから気になってたんだけど・・・」

梓「どうしたんですか?」

唯「このコットンからすごい匂いがする」

律「消毒液がついてるんだろ?」

紬「そうよ、消毒液よ」

唯「なんか夏の匂いがする」

律「言われてみれば・・・」

紬「それキンカンだから」

律唯梓「え゛っ」

律「痛ぇよ!!!」

唯「うわぁ・・・」

梓「なんか私の頭まで痛くなってきました」

紬「消毒液入ってなかったのよねー」

律「私の視界に『キズアワワ』のパッケージが見えるけど気のせいかな」

紬「あら、本当?全く気づかなかったわ」

この確信犯め。
でも痛みに悶えながら眠り続ける澪先輩がどことなくエロいので結果オーライです。

律「そしてこれでも起きないか、澪よ」

澪「ぅぁぁ・・・ぅぅ・・・」ウズウズ

梓「っていうか、負けたらギターで頭殴られるんですよね?」

唯「うん、だね」

律「しかもそのあと傷口にキンカンだからな」

梓「絶対負けられなくなりましたね」

唯「あずにゃん、自分でハードル上げたのわかってる?」

梓「はい・・・」

律「それじゃ、一周したから唯の番、だな?」

唯「へへー。待ってましたー!」

律「で、次は何をするんだ?」

唯「何がいいかなー」

梓「とりあえず、痛い系はやめてあげてください」

澪「ぅぬぬ・・・」モジモジ

梓「このとおり、まだキンカンの痛みに耐えてる最中みたいなんで」

唯「ちぇー、わかったよ」

紬「しばらくは様子見をした方がいいかも」

律「だな。起きちゃったらつまんないし」

唯「じゃあこれでいいや」サッ

梓「シール、ですか?」

律「なんだよ、随分可愛いいたずらだな?」

唯「だってそんなにすぐに思いつかないよー」

紬「私は可愛くて好きよ?」

唯「えへへ、ありがとうっ!それじゃ・・・澪ちゃん、ちょっと脱ごうね」シュルッ

律紬梓「なんで!!?」

唯「え?なんでって、シール貼りたいからだよ?」

梓「どこにシール貼るつもりですか!」

唯「やだなー、乳首に決まってるじゃん」

律「お前が『やだなー』だよ!」

紬「唯ちゃん」

唯「んー?」

紬「私は可愛くて好きよ」

唯「ありがとう!」

律「そのやりとりさっきも見たぞ!」

梓「っていうか乳首は駄目です!」

唯「え?なんで?」

梓「な、なんでって、駄目に決まってるじゃないですかっ!

乳首に・・・ということはつまりブラウスはもちろん、ブラも外さなきゃいけないわけであって。
その、そんなえっちぃこと・・・唯先輩と澪先輩が・・・。正直ちょっと見てみたい気もするけど・・・。いや、でも・・・」

律「梓ー、『」』の位置確認してみ。色々と駄々漏れだから」


唯「そもそもあずにゃんに止める権利はないよ?」

律「そうだぞ。梓が失格になりたいならそれでもいいけどな」

梓「うっ、まぁそうですけど・・・」

紬「とりあえず、成り行きを見守りましょう」ジー

律「ムギの場合、見守るっていうか観察っていうか・・・」

唯「よーし!いっくよー!」プチプチ・・・

唯先輩は澪先輩のブラウスのボタンに手をかけ、次々に外していきます。
ただ脱がせるだけなら上に乗らなくてもいいような気もしますが、官能的なので良しとしました。


3