258. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:04:00.30 ID:qWjAk7mm0

いちご「は、はなせ」

私は全力でことぶきさんを押しのけようとした。
しかし、恐ろしい力で両腕を押さえ込まれ、締め上げられてしまう。

いちご「い、やああ」

痛みのあまり悲鳴をあげる。
ことぶきさんは一旦私の手を放すと、本気で私の頬を叩いた。
パン、という渇いた音と共に、頬に焼け付く痛みを感じる。

ことぶきさんは何も喋らず、そのまま私の体を押さえ込む。

私は涙をこらえて抵抗するが、再び頬を叩かれた。


いちご「……い、痛い!」

突然胸に鋭い痛みを感じた。
ことぶきさんが刃物で、私のジャージを切り裂いたのだ。

闇の中で半月沢庵が笑みを浮かべる。


260. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:11:19.08 ID:qWjAk7mm0
ことぶきさんが破れた服に手をかける。

暗闇の中で再び刃物が光った。


このままでは、殺されてしまう!
なんとかして反撃しなくては!


いちご(私は……)


      1.刃物を奪い取ろうとする。

      2.体をよじって抜け出す

      3.ポケットをさぐる

                                
>>265


265. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:14:12.46 ID:UlV/Ydg6O

266. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:19:52.43 ID:qWjAk7mm0
私は、片手をよじって自由にし、ポケットをさぐった。


いちご「キーアイテムは……」

    『割り箸』が入っていた。


私は、割り箸を掴むと、

空中に浮かぶ沢庵の隙間に突き出した!


紬「!!?」

一瞬、体が自由になった。

私はその隙に体の下から抜け出し、ことぶきさんと対峙しする。


268. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:26:43.53 ID:qWjAk7mm0
暗闇の中、二つの沢庵がぽっかりと浮かぶ。

私の手には割り箸。彼女には刃物。
このままでは間違いなく死ぬ。それもマトモじゃない死に方で。

私がゆっくりと近付くと、なぜかことぶきさんは後退った。

いちご「……?」

…………


いちご「そうか」

暗闇。
私には彼女の位置が判るが、彼女には私が見えていないのだ。

彼女は今まさに、電気のスイッチを入れようとしている。

させるか!


私は割り箸を二つに割り、闇に浮かぶ沢庵に向かって夢中で突き刺した。


273. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:36:27.76 ID:qWjAk7mm0
ずぶり。

両手に嫌な感触が響く。

同時にこの世の物とは思えない、恐ろしい絶叫が響き渡る。
私は思わず耳を塞ぎ、後退った。


いちご「うあ……」


むき出しの肩を、銀色に輝く刃物が襲う。

ことぶきさんはめちゃくちゃに刃物を振り回しながら、こちらへと突き進んでくる。

半月沢庵の下から水滴が光をきらきらろ反射させ、
まるで沢庵が泣いているように見える。

私は姿勢を低くして、ことぶきさんに体当たりをくらわせた。

背中にまた痛みを感じる。
私は体育倉庫から飛び出すと、扉を閉め、入り口を封鎖した。


274. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:40:17.98 ID:qWjAk7mm0
体中が痛い。頭もくらくらする。
着ているジャージもズタズタだし、惨めなものだ。

渡り廊下、体育倉庫でアンプルを探すことは出来なかった。
あそこにあったのなら、あきらめよう。

……あきらめるって、何を?


もうそろそろ、刻限が近い。

いちご「……ん」


        1.教室

        2.職員室

        3.トイレ

                      
>>280

280. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:43:35.39 ID:5qqL7Plq0
2
282. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:47:36.36 ID:qWjAk7mm0
【職員室】

再び職員室へと辿り着いた。

扉が開かない。鍵がかかっているのだろうか。
中に入れば、電話などが使えるかもしれないのに……


この扉を開けるには……

いちご「使えるかも知れない」

私は『レスポール』を振りかぶった。



職員室の窓が叩き割れる。

誰か、周囲の人間に聞こえたかもしれない。

私はすばやく職員室に忍び込んだ。

284. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:53:32.10 ID:qWjAk7mm0
教職員のテーブル隙間を、私は慎重に歩く。

職員室は意外にも乱雑で、散らかっている。

これはけいおん部が荒らしたからだろうか。だとすればここに……

アンプルがあるかも知れない。

私は慎重に探し歩いた。



そして………




いちご「あ」



いちご「あった……」

山中先生の机の上。
その小瓶は、置いてあった。

286. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 21:58:19.89 ID:qWjAk7mm0
「うわああああああああああああっっ!!」


同時に、後ろから叫び声が聞こえる。
振り返れば、けいおん部の鈴木が向かってくる。

やはりあの音は聞かれていたのだろう。

鈴木はトイレのモップを振りかぶり、突き進んでくる。


いちご「決断ね」


        1.アンプルを置いて、鈴木を先に倒す。

        2.アンプルを先に飲み干す。

        3.アンプルを持って逃げる。

                          
>>290


290. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 22:01:13.80 ID:4Uwcrekx0
2


299. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 22:07:16.85 ID:qWjAk7mm0
私は素早く、アンプルを飲み干した。

……味がしない。  偽物ならどうしよう。



そんな考えを、突然の頭への一撃が吹き飛ばす。


いちご「……つ」

純「あ、あれ?」


鈴木は再びモップを振り上げ、打ちかかってきた。

私はそれを受けとめると、鈴木の手から奪い取った。



301. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 22:13:50.89 ID:qWjAk7mm0
純「あ、かえせ……」


私はゆっくりとモップを回す。
そして飛び込んできた鈴木の腹に突き立てる!

鈴木「ぐえっ!」

腹をおさえてうずくまる鈴木を蹴り、一回転させる。

私に棒競技で勝てるとでも思っているのか。


鈴木の後頭部にモップを押し当てると、そのまま激しく擦る。

純「い、いだっ、汚、やめてっ」


もう一度鈴木を蹴ると、こんどは仰向けでモップを押し当てる。

純「ひぃ……」

いちご「お顔、磨いてみない?」

305. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 22:21:22.91 ID:qWjAk7mm0
純「お、お願いします!  許してください!」

鈴木は泣き出した。

純「私、クラブになんて入りたくなかったんです!」

   「でも梓が、一年が少ないからどうしてもって……」

   「ほんとは、ジャズ研を続けたかったんです!  ほんとです!」

   「両親を人質にとられてて……しかたなかったんです!」



なんだかけいおん部――いや、殺人クラブにも複雑な事情があるようだ。
もしかしたら、選択によってはだれも傷つかない道があったかもしれない。

まあ……




いちご「私には関係ないけど」

312. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 22:26:17.79 ID:qWjAk7mm0
鈴木の顔が蒼白に変わっていく。

純「見逃してください!  見逃してください!」

純「許して……」




いちご「やだ」

私は鈴木の襟首を掴み、引き起こす。
暴れる体を蹴りつけ脅し、高く吊り上げる。

そして、勢いよく助走をつけ、
扉の割れていない方へと叩き付けた。

絶叫、衝撃、破壊音。


窓ガラスが飛び散り、鈴木の体は廊下へと消える。


私はそれを確認したあと、窓から校庭へと飛び降りた。

314. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 22:31:10.13 ID:qWjAk7mm0
終わった。全て終わったんだ。


夜空には満点の星が輝く。

校庭の時計を見れば、ちょうど三時近くを過ぎた頃だった。


もう、六時間もたった。私は生きている。

ふらつく足と頭、目線。
体のあちらこちらが痛む。

これからどうすればいいんだろう。

警察……病院……?

全てが無意味に感じてくる。


私は、ゆっくりと歩き続ける。




7