1. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:01:47.03 ID:qWjAk7mm0
律「いちご連れてきたぞー」

唯「やったあ!  私の勝ちだよ澪ちゃん!」

澪「やっぱりそっちを選んだのか……」

紬「今お菓子出すわね〜」





いちご「……ちょっと待って」


2. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:02:27.66 ID:qWjAk7mm0
いちご「私、さわ子先生に呼ばれてるって聞いたんだけど」

いちご「どこ?」


澪「……」

律「あれ、そんなこと言ったっけ?」

唯「いちごちゃーんケーキあるよ〜」

紬「お茶しましょ〜」



いちご「帰る」

律「まあ待て」


5. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:04:24.10 ID:qWjAk7mm0

律「どうせな、来ちゃったんだろおい!  楽しんでかなきゃ損だろおーい!」

唯「イエスりっちゃん!  ウェルカムいちごちゃん!」

いちご「やめて。私部活あるから」


律「私達だって部活だぜ!」

いちご「これが?」

澪「これからだよ」




いちご「?」

6. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:05:52.54 ID:qWjAk7mm0
ガチャ

梓「遅くなってすいません。掃除が長引いてしまって……」

いちご「増えた」


唯「ぁぁあああずうぅにぃやぁぅぉああいおjphにじょzsxdcっfvbっhgんじょみぼぼぼ」

梓「ひゃあああゆいせんぱおおじmlzおぱkfんbfはvsdなjばばばばば」


紬「微笑ましいわー」

いちご「けいおん部の後輩」

律「そう、なかのあずさにゃんだ」

いちご「聞いてない」


10. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:08:41.66 ID:qWjAk7mm0

梓「もう、唯先輩ったら……」ハアハア


いちご「……」ジー

梓「……」

梓(何見てんだよ……てか誰)



梓「あ、二年の中野梓です。どうもよろしく……」


梓「パートはギターを担当しています。好きなアーティストは……」

いちご「中野、私を助けなさい」

梓「そりゃできないですね」


11. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:10:35.95 ID:qWjAk7mm0

唯「いちごちゃんぎゅー!」

いちご「やめて」


律「写真撮ろうぜ写真!」

紬「もうカメラまわってるわよ」

唯「ほおらぁ、モンブランだよぉ〜  日本語では栗きんとんだよぉ〜」

澪「それ、たぶん違うぞ」


いちご「もぐもぐ」


澪「普通に食べてるし……」

律「よろしい、喰いおったぞこやつめ」

12. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:13:35.11 ID:qWjAk7mm0
律「それでは本日の放課後ティータイム、インいちごを開始しまーす!」

        「意義なし!」「異議なし!」「異議なし!」


いちご「やめて」


澪「おいおい、ちゃんとクラブの活動を忘れるなよ」

梓「先輩、このモンブランおいしいですよ」

いちご「いま食べた」


紬「お味のほうは〜」

いちご「意外にクリーミー」

唯「ふむ」


14. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:17:36.29 ID:qWjAk7mm0
梓「ていうか、なんでここにいるんですか――先輩?」

いちご「拉致された」


梓「どんくさいですね。名前は?」

いちご「若王子」


梓「じゃあ若先輩、なんでジャージなんですか?」

いちご「部活の途中だった」



梓「ああ、だから汗臭いんですね。納得しました」

いちご「ちょっと」


15. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:20:31.67 ID:qWjAk7mm0

ドンッ

いちご「うあっ」ドサッ

律「今日はさわちゃんがいないから、そこがいちごの席だな」


いちご(痛い……)


いちご「……」

いちご(逃がさないように取り囲んでる……)

いちご(こわい……)


梓「喉が渇きました」ゴクゴク

いちご(私のお茶)


16. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:22:31.90 ID:qWjAk7mm0
唯「いちごちゃん、ほらあ〜ん」

いちご「もぐもぐ」


紬「お茶もあるのよ〜」

いちご「飲まれた」


律「いちご〜!  ほら、ヒゲッ!」

いちご「つまんない」


澪「遠慮しなくてもいいんだぞ……」

いちご「してない」


梓「どうせだから演奏聞いて行ってください!」

いちご「なにこいつ」



いちご「けいおん部に拉致された……」

17. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:24:17.72 ID:qWjAk7mm0
澪「部活は心配しなくてもいいよ。後で話を通しておくから……」

唯「うん、いちごちゃんは一日軽音部員だね!」

いちご「もぐもぐ」

梓「一日じゃすまないかもしれませんけどね!」

律「もう前の部活には参加出来ないかもなー」ケラケラ

紬「うふふ」



いちご「もぐもぐ」

いちご(?)


19. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:27:10.23 ID:qWjAk7mm0

いちご「けいおん部って」モグモグ

唯「?」



いちご「おかしいのね」モグモグ


唯「お菓子いよー!」

律「ムギのおかげだな!」

紬「うふふ、楽しんでもらえてよかったわ」

いちご(太りそう……)





澪「なあ、そろそろ……」


21. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:29:02.17 ID:qWjAk7mm0

律「あ、いく?  いっちゃう?」

澪「じゃあムギ、よろしく」

梓「もぐもぐ」


紬「ふっふっふ……」

紬「実は、いちごちゃんのために用意したお菓子があるの!」


唯「いいなあいちごちゃん!」

いちご「……ありがと?」


25. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:31:53.70 ID:qWjAk7mm0
いちご(もう充分食べたのに……)


唯「ねえねえどんなお菓子!  お菓子!?」

律「焦るな唯!  ここは慎重に隊長の指示を待つんだ!」


紬「そのお菓子とは……」

紬「これよ!」



          1.杏仁豆腐                    2.ミルフィーユ

          3.苺大福                       4.苺ラテ

                                
>>30


                      選択肢によっていちごちゃんの生死が決まります。



30. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:37:31.17 ID:yBvDp6840
3
33. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:38:56.29 ID:qWjAk7mm0





                                  
>>30
『苺大福』

                                【殺人クラブルート】








34. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:41:13.78 ID:qWjAk7mm0
体が硬い。
まるでセメントにでもなったような、冷え冷えとした硬さだ。

足がだるい。こんな日は学校を休み、一日中寝ていたい。

今日の体育は生理だと言って、休んでしまおうか……
いや、たしか先週も同じ理由だった。


肩が痛い。まるで床の上にでも寝ているようだ。

まぶたが重い。私は一体――いつ、布団に入ったのだろう。
昨日はいつ帰宅した――?  お風呂は――?

すぐ近くで話し声が聞こえる。
誰かと、誰か。大勢が会話をしている。

いちご(誰――?)

私は、ゆっくりと瞳を開いた。


そこには

まるで覗き込むようにしている、六つの頭があり、
同時に十二の目との視線があった。

35. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:43:36.83 ID:qWjAk7mm0
いちご「いやっ!」

情けない叫び声をあげ、私は飛び起きた。
とっさに摺り下がった先に壁はなく、私はベッドから地面へと叩き付けられてしまう。

――痛みのあまり息ができない。照明がまぶしい。


「いちごちゃん、大丈夫?」

混乱する私を誰かが抱え上げ、乱暴に近くの椅子へと腰掛けさせた。


唯「テーブルの上で寝返りうっちゃ駄目だよ」

いちご「…唯……?」


平沢唯。同じクラスのけいおん部の少女だ。
彼女の存在のおかげで、辺りの様子をゆっくりと見渡すことが出来た。

36. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:47:11.34 ID:qWjAk7mm0
ここは、けいおん部の部室。
そして先ほどまで私が横たわっていたのはテーブルだ。

田井中律。同じクラスのけいおん部の少女だ。
こっちを見ている。

秋山澪さん。同じクラスのけいおん部の少女だ。
こっちを見ている。

ことぶきつむぎさん。同じクラスのけいおん部の少女だ。
こっちを見ている。

中野あずさ。けいおん部の後輩だ。
こっちを見ている。

知らないけいおん部の後輩がいる。
こっちを見ている。


いちご「な、なに、コレ」

37. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:49:13.17 ID:qWjAk7mm0
律「やっと起きたか。いちご」

律が口を開く。
いつも教室で見る様子とは異なり、ただならぬ殺気を感じる。


澪「みんなさ、待ってたんだよ。お前が起きるのを」

秋山さんだ。
こちらもなぜか、とても溌剌として、別人のようだ。


いちご「なに」

いちご「なんの冗談なの」

私が時計を見ると、二十時を過ぎたところだ。部活などとうに終わっている。
既に日は落ち、窓の外は暗い。教室の白熱灯がやけに明るい。


41. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:53:48.25 ID:qWjAk7mm0
律「冗談なんかじゃないさ」

しばらくの間をおいて、律は口を開いた。


  律「あたしたちはお前に、『復讐』するために集まったんだ」


「復讐……」「復讐だよ」「復讐ね」「復讐です!」「えっと、復讐…?」



部員達が口々に口にする。


復讐……?

復讐だって……?

律はいったい、誰に何を言っているのだろう。

何かの間違い、言い間違いだ。そうに決まっている。

42. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 00:57:07.67 ID:qWjAk7mm0

いちご「私、もう帰る」

いちご「お母さんが心配する」


私は律の目を見て、そう告げてから鞄を探した。


……鞄が無い。

携帯も財布も、全て鞄の中だ。


梓「もしかして、これでも探してるんですか?」

中野がソファーの陰から鞄を取り出し、蹴りよこす。

梓「かえしてあげますよ。中身は棄てましたけど」

43. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/18(月) 01:00:09.84 ID:qWjAk7mm0

律「相変わらず空気読めねえな梓」
   「ここは一旦返さずにおいて焦らせるトコだろうが

梓「あまり無駄口叩かれるとぶっころしますよ」

唯「あずにゃんはそんな汚い言葉つかっちゃ、めっ!」

梓「これでも若い子にしては敬語が上手いって褒められるんですから」



私は落ち着いて先ほどの意味を反芻する。

復讐……彼女たちは復讐するのだ。私に。

連絡手段、逃げ場を断たれた。これから始まることは想像したくもない。

酷く痛い目にあわされるのは明らかだ。逃げ出さないと。




2