……結局、澪が持ってきた山のような弁当は、二人ですっかり平らげてしまった。あんなに煩わしく思ってたのに。

「さあ唯、食うもの食ったし、遊ぼうぜ!私、ビーチボール持ってきたし、この先の池にはボートもあるんだよ!」

「……食べた直後に運動したら、お腹痛くなるよ」

唯はふと、去年の夏の合宿の澪を思い出す。誰よりも楽しそうに海で遊んでいた澪。

楽しかったなあ。電車に乗って、紬の別荘へ。電車の窓から、律と二人で海に向かって叫んで……。

胸をチクチクと意地悪くつつき回すような記憶は、不意に訪れた大波のような眠気に阻まれた。

そういえば私、夕べもちゃんと寝れなかったんだっけ……。


……目を覚ました時、唯は自分がどこにいるか分からなかった。何か柔らかいものに頭を預けている。

目の周りに眠りの残骸をベタベタと貼り付けたまま、唯は顔をあげる。空は綺麗なピンク色をしていた。周りにいた家族連れやカップルは綺麗さっぱり消えていた。

……あれ?空がピンク?みんなどこ?あれ?

「目、覚めた?」

澪の声で、唯はすべてを思い出す。……しまった、すっかり寝ちゃってた!

「み、澪ちゃん!今何時!?」

「……五時すぎ」

唯の頭がショックで真っ白になる。ゆっくりと、理解したくない事実を頭が飲み込んでゆく。

……台無しにしてしまった。数少ないお楽しみを。澪の休日を。不覚にも涙が目に浮かぶ。

「澪ちゃん……ごめん。本当にごめん」

「ううん、唯、すっごく気持ちよさそうに寝てたし。いいよ。全然問題なし。……それに、唯に膝枕できて気分最高。足痺れたけど」

膝枕。唯の顔が途端に熱くなる。きっと夕日よりも真っ赤になってるだろう。貴重な休日を奪ったばかりか、膝枕までしてもらったなんて。

澪の柔和な微笑みが涙でぐにゃぐにゃに歪む。……澪はその涙を優しく拭ってくれる。

二人は連れ立って歩く。空のピンク色はすでに藍色に取って代わられていた。

「唯。……今日はどうだった?」

「滅茶苦茶だよ。シートは堅いし、ご飯は非常識な量だし、せっかくのお休みなのに寝てばっかだったし」

「ええー……とほほ」

「……でも、ご飯おいしかったし嬉しかった。だから一応お礼言っとく。……ありがと。また誘ってほしいな」

「どういたしまして。次はたくさん遊ぼう」

何度も何度も断ったのに、澪は家まで送ってくれた。細やかな心遣いがたまらなく嬉しい。唯の心に、小さな金色の蝋燭の火が灯される。

「じゃ、明日学校で」

「うん、また明日」

また明日、学校で。もう「あのヒト達」が何をしてこようと全く平気だ。私は大丈夫だ。一人の親友は、千人の赤の他人に勝る。

泣いたりなんかしない。吐いたりなんかしない。


玄関の戸を開けると、憂が待っていた。何時から待っていたんだろう。唯は少し申し訳ない気分になった。

「ただいま、憂。遅くなってごめんね」

憂は返事を返さない。

「……お姉ちゃん、最近部活出てないんだね」

……あちゃ。バレたか。

憂が携帯電話を取り出す。……その手は心なしか震えて見えた。

「……梓ちゃんが、さっき写メ送ってくれた」

え、何?唯はわざと明るい声を出す。そうすることで、胸の蝋燭を守ろうとする。

憂の携帯電話の画面に写っていたものは……唯の学校の机だった。落書きの光る机。

憂が携帯電話を震える手で操作する。画面には違う写真が現れる。机の上の花瓶、散らばるプリントの山、そして……律と紬が唯の席を蹴倒して笑っている写真。

「……それから、これも届いてた」

憂の震える手に、封筒が握られていた。封筒はすでに開封されている。……感心出来ないなあ、憂。他人の手紙を読むなんて。

封筒の中身は……剃刀の刃やカッターナイフの刃。ご丁寧に「説明書」までついていた。よく切れるように研いであります。顔だろうが手首だろうがご自由にどうぞ。

「ねえ、お姉ちゃん。先生に相談しよ?こんなタチの悪い悪戯……」

憂の頬はすでに涙で濡れ始めていた。……止めて。

「さっき、お父さんとお母さんにも電話で言ったから。二人ともすぐ来てくれるって」

止めて。……嫌。

「もしつらかったら、学校変えてもいいって言ってたから。いい高校、二人で探そう?」

嫌……嫌!

「このままじゃ、お姉ちゃんが滅茶苦茶になっちゃう。そんなこと、決して」

「嫌あああああああああああぁぁぁっっ!!!!!」



唯はトイレに駆け出す。
便器をひっつかんだ刹那、彼女の喉は最初の吐瀉物の波に焼き尽くされた。



第二章終わり



雨粒が窓を際限なく叩く。末期の息のような風が嘲笑う。

唯は窓に写る自分の顔を見つめていた。ここ数日で急激にニキビが増えてしまった顔。心なしか顎が尖って見える顔。

不意に彼女は、窓ガラスの自分の顔を激しく殴りつける。だがガラスは割れなかったし、自分の顔は壊れなかった。手に鈍い痛みが広がり、雲散霧消しただけ。

憎しみを爆発させたのは、これで何度目だろう。

憎かった。

変な正義感から妹に自分の「事情」を密告した梓が憎かった。

何の断りもなく親に報告した妹が憎かった。

仕事を放り出して、学校へ乗り込んでいった両親が憎かった。

自分に同情したすべての人間が……憎かった。


朝のホームルームで、律と紬が職員室に呼び出された。

教師が二人の名前を呼んだ瞬間、実体のないねっとりとした矢が一斉に唯に向けられた。

やっぱりね。唯は机に向かってぽつんと呟く。トイレに行ったり床に倒れたり、大忙しの相方。

机の落書きは、すでに全部消した。同情の原料を残しておきたくなかったから。

憂の携帯電話に入ってる写真は消した。家に届いた物騒な刃も、憂のいない間に捨てた。

二人が戻ってきたのは、一限目の授業が終わりを迎える頃だった。ざわざわとしたお喋りが止み、机の下で携帯電話をいじっていた者は顔を上げる。

……先生がいくら注意しても改善されなかったのに。二人ともすごいね。教職の才能あるんじゃない?唯は黙々とノートをとりながら、そんなことを考えていた。

ストイックにノートをとり続けているおかげで、来月の頭にある期末試験は少しいい点が取れるかもしれない。唯はそんなことをおぼろげに考える。

……無理か。私のノート、ページが何枚もなくなってるし落書きだらけだもん。何冊かトイレで泳いでたし。

休み時間になった途端、二人の周りに人垣が出来る。まるで宇宙から帰ってきたかのような好待遇。

「ねえ、どうなった?何か聞かれた?」

「やっぱりアレの件だった?」

「うん、アレの件。参っちゃうよ。しつこいんだもん。いわゆる誘導尋問ってやつ?」

「私ら何にも悪いことしてないのにねー」

「クラスメートを正しい方向に指導してあげてるだけなのにねー」

「被害妄想ってやつだろ?なあ、ムギ」

「……」

「ねえ、平沢さん」

紬が唯の机の前に仁王立ちする。やられるかもしれないな。全身の毛穴がぷつぷつと開き、警告の声をあげる。

「私とりっちゃんさ、来年推薦狙ってるのよ。二人で一緒の大学に通う夢があるのよ」

ざわざわとした話し声が、ぴたりと止む。クラスの全員が、紬に漂う危険な予感に飲まれる。

「それなのに、停学になったらどうなると思ってるの?他人の夢を台無しにしたいの?そんなに他人の不幸が楽しい?」

「……違う。チクったの、私じゃない」

「……はあ?何言ってるか聞こえない。てか臭いからしゃべらないで」

頭に重く鋭い頭が走ったと思ったら、鼻に鈍痛が走る。不覚にも涙が零れ落ちた。紬が唯の髪を鷲掴みにし、顔面を何度も何度も机に叩きつける。

「……鼻、どうしたんだ?」

教師が問いかける。……ある程度の想像はつくくせに。

「階段で転びました」

腫れ上がった唯の鼻は、職員室の臭いに抗議している。昼食と印刷紙が混ざった不快な臭い。

今は昼休み。今度は唯が職員室に呼び出されていた。……覚悟はしていたが、やはり面倒なことになった。

「……それじゃあ、もう一度聞くけど、本当にいじめはないんだな?」

「ありません」

いじめ、という言葉が酷く滲んで聞こえる。場違いな冗談のように思える。

「お前の妹さんが見せてくれたケータイ画像……あれは何かの間違いだった。本当にそうなのか?」

「はい。あれは三人で悪ふざけしていたのを、私の後輩が勘違いしただけなんです」

「しかし、机に落書きがされていたとか、カッターナイフの刃が送られてきたとか……」

「証拠はお手元にありますか?」

嘘はすらすらと出てきてくれた。教師も本気で問い詰めるつもりなどないのだろう。ありきたりな質問しかよこしてこない。

蛇がゾロゾロ出てくると知りながら藪をつつく間抜けはいない。そういうことだ。

それにしても。唯は胃液でボロボロになった歯を食いしばる。何で私は被害者のような扱いをされなければならないんだ。

被害者には同情が集まり、加害者には非難が殺到する。

私は同情なんかいらないのに。黙って非難を浴びるだけでいいのに。

あずにゃんも憂も、みんなどうしてわかってくれないんだろう。どうしてわかったつもりで行動するんだろう。

教師におざなりな挨拶をし、唯は自分のクラスに戻る。

待ち構えていたように、死ね死ねコールが始まる。

割れるような自分を出迎えてくれる声。どこからかペットボトルが飛んできて、耳元をかすめる。

……先生に聞かれたら、今度こそアウトだよ。

唯は胸の中でぽつんと呟き、席につく。誰かが待ち構えていたかのように机に跳び蹴りをかます。

……澪ちゃんにも聞こえてるだろうな。この死ね死ねコール。どう思って聞いてるのかな。

唯はふと、そんなことを考える。

彼女は結局、私に共感しているかもしれないけど、同情はしていない。そう思うと唯の中で澪の株価が少し上がるのだった。

放課後。唯はズキズキとした鼻の痛みをお供に教室を出る。もうギターのケースは持っていない。憂をごまかす必要がなくなったから。

最も、帰宅が夕暮れ近くになるのは今までと変わらないが。

最近は憂も両親も彼女の顔を見るたびに、あれやこれやと余計なことを言ってくる。死ね死ねコールの方が遥かにましだ。

だから彼女は、わざとゆっくり帰る。

「おい、唯。一緒に帰ろうぜ」

澪が駆けてくる。唯は彼女の端正な顔を見て……すぐに顔を逸らす。だって腫れた鼻を見られたくないし、それに……何でだろ、わかんない。

「別にいいけど」

唯は素っ気なく言う。私、本当にひねくれてて嫌な奴。

「腕、組んでいい?」

「またターゲットにされるよ」

「じゃあ手、繋いでいい?」

「何でハードル上げてくるの?」

澪が強引に唯の腕を掴む。掴まれた腕から、奇妙な感覚が全身に広がる。

澪の長い黒髪が唯の肩を何度も何度もこする。制服ごしだから何も感じないはずなのに、それはたまらなくくすぐったかった。

「そんなにくっつかないで、歩きにくい」

「あ、そのセリフ、どっかで聞いたぞ」

「……澪ちゃんの思考回路って、どうなってんの?」

二人は薄暗いアーケードを抜け、明るい午後の日の光を全身で堪能する。ありがたいことに、今年の梅雨は雨が少ない。

「唯はこの後どういう予定?」

「久々にゲーセンでいおりんと遊んでこようかな。しばらく行ってないし」

「じゃ、二人で河原でも行こう」

いやはや、実に見事なスルースキルだ。

河原の草は湿っぽくて、とても座れたものではない。なのに澪ときたら、草の上に大の字になる。

……本当、猫かぶり。学校じゃ大人ぶってるくせに。胸だって私よりずっと大きいくせに。

「気持ちいいなぁ。いい詞が書けそうな気がするよ」

「……その辺、犬の糞あったよ」

「見えない聞こえない。もし本当なら今から川に頭からダイブする」

「嘘」

いろんな音が耳をくすぐる。野球を楽しむ少年達の歓声、自転車のベル。

「なあ唯。……何でいじめってあるのかな」

澪がぽつんと呟く。唯は草の上に腰を下ろす。スカートが湿っちゃうけど、まあいいか。

「またいつものくだらない冗談?」

「いや、これは意外に、いやかなりマジ」

しばらく二人の間に沈黙の帷が降りる。帷は簡単に破れそうで、意外と丈夫に出来ている。

「……前に、こんな映画見たんだ」

やがて唯がぽつりぽつりと話し始める。

「ある平凡なおじさんが、何気なく追い越したトラックに命を付け狙われる話。けっこう怖かったよ。トラックの運転手の顔が最後まで見えないんだ。

私、それ見て思ったんだ。トラックの運転手がすごく楽しそうだ、って。おじさんの日常を滅茶苦茶にするのが楽しくて楽しくて仕方ない、って感じだった。

りっちゃんもムギちゃんも同じ。誰かの日常を滅茶苦茶にして遊んでるだけなんだよ。日常を壊された人が崖から転落して、遥か下の海でじわじわと溺れ死ぬのを観察したいだけ。

……もちろん、溺れ死ぬ人にしてみればたまったもんじゃないけどね。

私、最近こうも思うんだ。りっちゃんもムギちゃんも、次に崖から落ちるのは自分だって怖がってるんじゃないか、って。だから自分じゃない誰かを生け贄に捧げて助かろとしてるんだよ。きっと。

……本当に馬鹿みたいだよね。いくら生け贄を捧げたって無駄なのに」

唯は話し終えると、喋りすぎたことを恥じるように顔を背ける。

澪は長いこと何も言わなかった。ようやく口を開いた時には、すでに日は沈み始めていた。

「唯も詩人だね。崖だの海だの」

「……もう」

唯は膨れっ面をしてみせるが、胸は清々しさに満ちていた。溜まって淀んでいた言葉を全部解放したせいかもしれない。

……別にいいじゃん。海の上だって。


翌日。

霧のような雨をやり過ごして、いつものように下駄箱を開けた唯は、久しぶりに違和感を感じた。

いつもはこれ見よがしに入っている画鋲がない。紙屑の一つもない。最近は連日のように即席ゴミ捨て場になってたのに。

胸の中をぐるぐると渦巻く違和感と一緒に、自分のクラスに向かう。……座席は全くの手つかずだった。おまけに自分を見つめるクラスメートの視線が変わっている。

試しに机に鞄を置きっぱなしのまま、教室から出てみる。……誰も手出ししない。

あれ?

渦巻く違和感を持て余していたら、和が声をかけてきた。……何年かぶりに彼女の声を聞いた気がする。

「唯、おめでとう」

「……おめでとう、ってどういうこと?」

「だから、ターゲットから解除されたのよ。あなた。よかったわね」

和の言ってる意味が飲み込めない。こんな時に限って、私の頭は飲み込みが悪くなる。

「……じゃあ、そのターゲットとやらは?」

「今は新しいのがいるわ」

和はそう言うと、はっと何かに気がついて唯の後ろに隠れる。……まるで汚いものを避けるように。

ざわり。

唯の胃の内側を、誰かが箒で掃いた。

毛穴が開き、否定の声をあげる。

頭の内側が蒼白く冷たい感覚に襲われる。

嘘だ。

和が逃げた人物。皆が露骨に避ける人物。

嘘だ。

……秋山、澪。

……嘘だ!

心臓が肋骨を破り、喉元で鼓動を打つ。感覚を失った手は小刻みに震えている。足は力を失い、なすすべもなくだらんとしている。

授業中、唯は頭の中のノートに何度も澪の顔を描いては消した。自分の代わりに消しゴムの的になっているであろう澪の顔を。

……私は、何を動揺してるんだ。よかったじゃないか。もう何もひっくり返らないし、何も壊されない。

それにあいつは、猫かぶりの嫌な奴だ。だからあんな目にあって当然なんだ。

だから唯、恐れるな。今日からクラスメートと楽しくおしゃべりするんだ。部活も再開するんだ。

唯は何度も何度も自分にそう言い聞かせる。けれども、心臓はしかるべき場所に帰ってくれなかった。


4