放課後のこと。
生徒がみな帰り、また部活に向かう時間。

私はあのトイレにいる。そう…唯のお願いは、ここで近くで感じたい、というもので。

私は今、トイレの個室にいる。


しばらくして、唯も来た。私のすぐとなりのトイレに入った。


「…天使ちゃん、いる?」

「…うん、唯」

「…天使ちゃん……」

「…ごめん、ね……本当に、ごめ、ねぇ…」

「泣かないでよぉ…私、泣かないって決めてきたのに…」

「…ぐすっ、ごめん。…じゃあ、最後のお客様…」

「…はいっ」

「今日はね…私も、唯と一緒に感じるから」

「え?どういう…」

「唯にも私にも力を使う。全力で、多分最後の力になると思う」

「…そっか…。ありがとう。天使ちゃんと一緒に感じられて、嬉しいよ」

仕切り越しに会話する。唯は多分こっちを向いていて、私も唯の方を向いている。

仕切りはトイレによくある壁で、上は繋がっている。
下もわずかながら、隙間が開いている。


私はイメージを始める。
唯の柔らかな身体を想像する。そして、私自身を想像する。

天使と唯が、一糸纏わぬ姿で向かい合う。

私は唯にキスをした。

「ん……」

「あっ……んん…っ」

舌をねじ込む。甘い唾液が交換される。

「ん、んむ…」

「はっ、すごい…天使ちゃん、キスしてる…んっ…」

「ぷはっ、唯…唇に届いてる?」

「ん…気持ちいいよ…」

私の右手が、唯の髪にふれる。艶やかな髪。
左手は唯の胸にふれ、ゆっくり、優しく揉みしだく。

「あっ……」

「…唯…」

「…天使ちゃぁん……っ」

感触はない。ただ、イメージするだけだった。
だけど……次第に、手に唯の胸の柔らかさが伝わってくるのがわかった。

なんで…?

…今、私は壁に背中をつけている。
もしかして…唯も。

理屈はわからない。でも、繋がっている。感覚が、どんどん冴えてきている。

私は唯の胸の先に口づける。

「ひゃぁ…っ!」

「ごめん…痛い?」

「ちが…っ、やばい、気持ちいいよ…っ」

唯の乳首は堅くて、舌で転がしていじり回す。

「…あぁん…、ああ…」

「…唯…」

「てんし、ちゃん…んっ」

唯が甘い声をあげる。じかに、耳に響く。

「…天使ちゃん…」

私の指が唯の下腹部、そして秘所にふれる。

「んんっ…」

「…もう、こんなに濡れてる…」

「…だってぇ…き、気持ちよすぎるよぉ…」

私の親指が唯の陰核にふれた。

「あああっ…!」

人差し指と中指が、びしょ濡れの唯の中に入っていく。

「あああっ……」

「唯……唯…」

「いいよう、いいよぉ……っ」

「あああ…イっちゃう…っ」

「イって、唯…」

「う、うん…っ、あっ……あああっ」

唯が大きく跳ねた。

「はぁ、はぁ、はぁっ……」

「…唯……」

「てんし、ちゃん…」

「ね、唯…聞いて。数学教師と2人で闘ったときのこと、覚えてる?」

「…え?う、うん…」

「私ね…やつに会うの怖かった。何かされちゃうと思うと、怖かった」

「…誰だって怖いよ」

「でも…唯は違ったね」

「え…?」

「唯は、自分からあんな案を言い出した。唯は…妹に扮して、私の身代わりになった」

「あれは…天使ちゃんが守ってくれるって信じてたから」

「…凄く、嬉しかった…本当に…」

「……天使ちゃん。私も、天使ちゃんに言わなきゃならないことがあるんだ」

「…なぁに?」

「…天使ちゃんは親友だよ。でもね…私ね、いつからか…」

――恋していたんだよ。天使ちゃんに。

「唯……」

「今まで、本当にありがとうね…こんなに幸せな気持ち、初めてだったよ…」

「……ゆい…」

「親友で、大好きな天使ちゃん。ありがとう…」


下の隙間から、手をつないだ。繋ぐといっても、指が軽く触れるだけ。

でも頭の中には、手をつないだ姿があった。

「最後…2人で、気持ちよくなろう」

「…うん…」

そう。ついに、最後の力。自分用にとっておいた力だ。


私の場所を、唯の場所に触れさせる。
甘い唇が、互いに重なり合う。

「ああっ…」

互いに触れあうなら、唯も私も感覚を得られる。

「…ひゃ…あっ」

触れ合った唯の指に、力が入る。
私のにも力がこもる。

もっと、唯を感じたいよ。もっと、もっと…唯と繋がってみたいよ。

「はっ、はっ、はっ…」

「はぁ、はっ…あっ…」

腰が動く。ギシギシと壁が響く。

「ゆい…ゆい…っ」

「て、てんし…ちゃんっ」

「も、だめ…いやぁ、イきたくない…」

「イっちゃやだよぉ…っ、ああっ…」

「やだぁ…やだぁっ、あああああああ…っっっ」

「イっちゃ…ああっ……んんんんっっ」


こうして、私の最後の力は失われたのだった。


「…天使ちゃん。気持ちよかった」

「私も、すごくよかった」

「天使ちゃん…もう、会えないんだね」

「…うん。でも、私はすぐそばにいるよ」

「天使ちゃん…今まで楽しかった。思えば変な関係だったね」

「そうだね……最初はただのお客様だったね」

「実はうちの高校だったなんて、ね!」

「不思議な運命、だったね」

「……ありがとう。じゃあ、私、行くね!」

「…唯…!」

「ばいばい、天使ちゃん」

ドアが開いて、唯が去る音がした。

「ゆい!!」

私の叫び声は、虚しく響いた。



「ゆい…ゆい…っ」


私は泣いた。泣いて、泣いて、むせび泣いた。


思えば本当に奇妙な関係だった。本当に、大親友だった。


…本当に、大好きだった。



唯。



…いや、お姉ちゃん。



今、私は携帯電話の電話帳を開いている。
もちろん、例の店の携帯だ。
電話帳にあった会員を一つずつ消していった。
一人ずつ。本当に、ありがとう。楽しかったよ。
最初はお金目的で始めたけど、いつしかそんなのどうでもよくなっていった電話クラブ。
最初は私の声に興奮していたけど、いつしか性サービス抜きでお話をしに来てくれたみんな。


全員が消された。
最後はヤ行。

唯にカーソルを合わせて。

「ばいばい、唯…」

―――削除した。


後日、携帯電話は解約した。



夢のような時間だった。貴重な、時間だった。人の優しさを知れる時間だった。

事実上、電話の天使は消えていった。

都市伝説が、新しく流行っている。なにやら天使が昇天したとかなんとか。


私の日常はいつも通りに戻った。力に目覚める前の状態。


「うい、今日のお弁当はー?」

「ハンバーグだよ、お姉ちゃん」

「ハンバーグ…か…」

「……やだった?」

「…ううん。違うの」


―――大切な友達と初めて身近になった日のおかずだったんだよ。


そう、お姉ちゃんは言った。



おしまい