ガチャ

唯「ふおー!」

紬「あ、唯ちゃんおはよう」

唯「ムギちゃんやーまん♪」

紬「ふふ、やーまん♪」

ガチャッ!

律「おっはよぉおございまァーっスッ!!!」

紬「おはようりっちゃん」

唯「りっちゃん!へへ、私のブラウス見てよ~」クルッ

律「ん?」

律「……普通じゃん。何か違うの?」

唯「普通!?普通に見える!?へんじゃない?」

律「あ、あぁ別に変じゃないよ」

唯「ほんと?wやったね~」

律「……何が?」

唯「へへへ…これ私があいろんかけたんだよ~!」

律「えっ!マジで」

紬「まぁ、凄いじゃない唯ちゃん」

唯「まぁーねぇええ~!ういに教えてもらいながらだけどねぇ~」

律「へぇ」

紬「あらあらあら」

唯「えっへっへぇ~、なんか私おとなってかんじしない?w」

律「ははは、それはどうかなぁ~w」

唯「むむ…… ていうかりっちゃん入ってくる時妙にテンション高かったね」

紬「そういえばそうね」

律「あぁ…むははw」

唯「何~?いいことあったの?」

律「ぷくくっw…いや別にないよ!今日これからあるとは思われるけどな!」

紬「? なぁに?」

律「ヒミツだ!がははは」

唯「え~っ、教えてよぉお!」

律「うはははは!ククッ…wぶははw」

唯紬「……」



ガチャ

憂「おはよ~」

梓「はよ~んす」

憂「ふんふん♪」ガタン

梓「あれぇー機嫌いいね」

憂「そう見える~?へへ」

梓「もうすっかり元に戻ったみたいだね」

憂「それだけじゃないよ~、お姉ちゃん一緒にご飯作ってくれるようになったんだ!」

梓「えっ」

憂「それに昨日は私が食器洗ってる間にお風呂洗ってくれたんだよ♪一緒に入っちゃった~//」

梓「先輩、憂が戻ってきたのに家事続けてるんだ」


憂「うん、それにこれ…」ゴソッ

梓「サンドイッチ?」

憂「今日のお弁当!お姉ちゃんが作ってくれたんだ~//」

梓「へぇえ~!すごいね。良かったね憂」

憂「早く食べたいな~、早弁しちゃおっかな~っ♪」

梓「あははまだ朝のSHRも始まってないよw」

憂「うぅ…眺めてるだけでお腹いっぱい胸いっぱいだよぉー」

梓「またまたぁ~」

憂「お姉ちゃんサンド!プライスレス!」

梓「絶好調だね憂」

憂「うん!へへへ…あ、記念写真撮っとこ」ピロリン♪

梓「あはははは」

憂「よし…… 見て見て~、壁紙にしちゃった!」

梓「あはは あは……」


――放課後――

律「……」ソワソワ

唯「授業終わったぁー!じゃあ部活行こっか!」

律「あっ…あぁ!行くぞッ!!」ガタンッ!

唯「うわっ!…な、何りっちゃん。どしたの?」

律「……」ソワソワ

紬「朝はあんなに楽しそうだったのになんだか今は落ち着かない感じね」

律「そ、そうか~?今も楽しいぜっこーちょーだぜ!い、行こうぜ~っ!」


―音楽室前

唯「きっと私達が一番のりだよー!すぐきたもんね」グッ

律「!! ま、まて唯!一旦深呼吸して落ち着こう…」

唯「え?」ガチャ

律「!……」チラッ

律「あ。まだ来てないな。ふぅーっ…」

唯「?」

唯「それでねムギちゃん、ういったらねー」

紬「ふふふ、そうなんだぁ… あ、唯ちゃんマドレーヌたくさんあるからどんどん食べてね」

唯「うん! …あれ?」

律「……」ソワソワ

唯「りっちゃん全然食べてないね」

律「え? …い、今食べるとこだったんだよ!ははっ…」

ガチャ

律「」ピクッ


梓「おつかれさまでーす」

律(なんだ梓か…ふぅうう……)

唯「あずにゃんやっほー!」

梓「どうも唯先輩。憂サンドイッチ喜んでましたよ」

唯「ほんと?へへへお姉ちゃんサンドはぷらいすれすだからね!」

梓(プッ!同じこと言ってるよ)

紬「梓ちゃんのカップ出してくるわね、ちょっと待ってて」

梓「どうもです」

律「……」モグモグ

梓「…あれ、なんか律先輩静かですね」

唯「うん」

律(うるさいなー、ほっといてくれ…コンセントレーションを高めてるんだから……)

ガチャ

律「!!!!!」ガタンッ


澪「おーっす」


梓「遅いですよー」モグモグ

紬「澪ちゃんいらっしゃーい」

澪「お、今日はマドレーヌかー。おいしそう」

唯「澪ちゃんやっほー!」

澪「……おっす」

律「……」メラメラ

澪「ん?なんだ律いたのか。静か過ぎるんで今日も無断で帰ったのかと思った」

律「な、なんだとこの……」プルプル

澪「なんだよ。何にらんでんの」

律「うっ、うるさいんだよ!タコ澪!バカにしてんじゃぁ~ないよっ!」

澪「は? …タコは律だろ、でこっ!」グイ

律「!!」

紬「ふ、二人とも仲良く……ほら、お茶でも飲んで~…」オロオロ

律「……唯!一発気合いれてくれっ、応援してくれぇ!!」

唯「え?」

唯「…り、りっちゃんがんば!よくわかんないけど!」

律「おぉおおお!おい澪ぉッ!!」

澪「うるさいな、また肩パンされたいのかっ」

律「してみろってんだこらっ!」

澪「言ったなこの……ふんっ!」ブンッ

律「わひぃっ!!?」バッ!

パンッ!

澪「っ!?」

律「! や、やった!!」

唯「澪ちゃんの肩パンチ捌いた!す、すごい!」

律「できたぁああ!はははははどうだ澪見たか!?がはははは!」

澪「……」

律「なんだオドロいて声も出ないかw 言っておくけど今のは警告に過ぎないからな~っ!」

律「もし次肩パンしてきたら今度は容赦なく捌いたあとにカウンターが走るぞ!」

澪「……」

律「うははは!分かったらすいませんでしたと謝っt」

澪「ダッシャッッッ!!!!」

ズドムッ!!!

律「ンがはッ!!??」

唯「ぼ、ぼでぃ…」

梓(うひゃー!強烈ゥ~っ)モグモグ

律「ぐェエ……ゲホッ! な゛に゛すん゛だよぉお~…;; ぅええ……」

紬「り、りっちゃん大丈夫?」

律「だぃ……じょ ゲホッ!…なわけ……」

澪「大丈夫だろ、部長なんだから」

律「」

唯「り…りっちゃんいいセン行ってたよ!次は勝てるよ!」

律「もぅやだぁあ;;こわいよおおお……やっぱり勝てないよぉお」

梓(ださっ…)

唯「ほらお菓子食べて元気だして!復活してよりっちゃん、まだやれるよ!」

律「うぅぐ……」モグ…

律「げェほ! だ、だめだおなかいたいよぉお……」

唯「りっちゃんいいの!?やられっぱなし大明神でいいの!?」

律「いい……うぅう……;;」

唯「だめだよりっちゃんまだタオルには早いよ!立って!」

唯「がんばれりっちゃん!シャイ!シャイ!シャイ!シャイ!」パン!パン!パン!…

律「む、むりだよぉ~っ……」ヨロヨロ

梓(唯先輩けっこー鬼畜だなぁ。素なんだろうけど)

律「はぁはぁ……はぁっ……」スーハースーハー

唯「どう?回復してきた?」

律「…ング……だ、大分落ち着いた……」

澪「ムギ、お茶おかわりちょうだい」

紬「はい」コポコポ…

澪「サンキュー」ズズ

澪「ん~、うまいねェ~っ」チラ

律「……」

唯「り、りっちゃん!今の澪ちゃんの目みた!?ばかにしてるよ!」

律「うっ……」

澪「はははは」

律「! ……ぐぅう…」プルプル

唯「ほらっ、やっぱりりっちゃん悔しいんでしょ!?」

律(……)

律「…いや、もういいよ……」

澪「はは、諦めたか」

唯「りっちゃん…」

律「悪かったな澪……調子に乗って…」

澪「ははは、そうそう。人間素直が一番だぞ」

律「……仲直りの握手してくれよぉ~…」スッ

澪(……)

澪「いいぞwははは」ギュッ

律「かかったなアホっ!お返しボディd」

ギチギチィッ!

律「い゛ッ!!??いたたたたたたたた!」

澪「アホはお前だ、バレバレなんだよ」ギュウウウ!!

律「ぃぁああ゛あ゛手ェ離せぇええぇええ~!!!!あぁ゛ああ゛あ゛」

澪「なんだよ仲直りの握手しようって言ったの律だろ~?w遠慮するなよw」ギチチ…ゴリゴリ

律「あああ゛ああ゛~;;」

澪「もういいか」パッ

律「がはぁ!ぐふっ……痛いよぉおお~;;唯ぃいい」

唯「り、りっちゃん…卑怯な手を使っても勝てないなんて……」

律「ひ、卑怯っていうなよぉ……」

唯「きたない手を使っても勝てないなんて!」

律「……」

澪「さてそろそろ練習するか!」

律「…手いたくてスティック握れないから帰る……」

澪「はぁ?」ズイ

律「ひぃっ!や、やるます……」

澪「ぶっ!びびって噛んだぞ梓、聞いたか?w」

梓「は、はぁそうですね~(澪先輩もちょっと大人気ないなぁ~…)」

澪「大体お前まだ憂ちゃんに謝ってないんだろうが。帰るなら謝りに行け。 まぁ帰らなくても謝らなくていいことにはならないけどな!」

律「……わ、分かってるよそんぐらい…」

唯「りっちゃん気にしなくていいよ、ういはもういいってさ~」

澪「は?」

律「えっ…」

唯「りっちゃんが悪かったって思ってるのは分かってるって言ってたよ」

律「ほ、ほんとか?」

唯「ファ○通とトッポで満足してたよ」

澪「……それ憂ちゃんが優しいからなだけだろ…甘えんなよ律、ちゃんと謝れ」

律「ぅぐ」

唯「なんだよぉ、澪ちゃんってめりけんなの?本人がいいって言ってるんだよ~」

澪「はぁ!?」

唯「軽音部のけいさつ気取りだでこれ!」

澪「なっ…なんだと!」

唯「誰もたのんでないのに迷惑せんばんだで!ばびろん!」

澪「」

唯「りっちゃん帰ろ、手痛いんでしょ?」

律「う、うん」

ガチャ バタン

梓「あらら」

澪「……」ブルブル…

澪「……曲がってるッ……」ボソッ

紬「み…澪ちゃん?」

澪「あいつらは醜く捻じ曲がった鉄棒なんだ!まっすぐ伸ばし直すぐらいじゃもうだめな程の!!」

澪「圧倒的火力で完全に融解して型にハメ直すしかない……!素直で無垢な人間の型に…!」

紬「えっ、何言って……」

澪「クホ…!クホ…!ホォホォホォ……」

紬「……」

梓(人間学園ですか)



――数週間後、休日――

唯「今日もいい天気だねりっちゃん!」

律「そうだなぁー、気持ちいいなぁ!」

唯「澪ちゃんが変になってからずっと部活行ってないね」

律「そうだなぁ……私なんか一度監禁されそうになったからな…」

唯「あれは危なかったね~」

律「聡が勘付いて助けてくれたから良かったものの…」

唯「聡くんに感謝だね!映画でも連れて行ってあげれば?」

律「そうだなぁー、そうするか…唯もくる?」

唯「えっ、うーん…今月結構遊んじゃったからあんまりお金が……」

律「えーっ、そうかぁ~……」

唯「……あっ、でもそういえば!」

律「ん?なんだ、へそくりでもあった?」

唯「ううん、違うけど…へへへへへw」

律「何だよ~、言えよぉw」

唯「ういがまたつもり貯金始めたんだでww」

律「」



ありがとうございました!