律「う、憂ちゃんも行くんだ」

唯「だって私場所知らないもん」

律「あ、あぁそっかぁ~」


憂「ここだよー」

唯「あ、ここがそうなんだぁ。いっつも通りがけに見てたけどわかんなかった」

律(どうみても洗濯機なのが並んでんだろ…)

唯「乾燥機ってどれ?」

憂「これだよ」

唯「へぇーっ、これそうだったんだー!」

律「何だと思ってたんだよ」

唯「たいむましんとか……」

律「……」

唯「…中に誰か住んでるのかなって……」

律「ねぇよ」

唯「いれちゃっていいの?」

憂「いいよー」

唯「ほりゃっ!」ガボン! バム

唯「えーっと……」

憂「お金いれるんだよ、ここに」

唯「あ、そっか」

憂「この量だと20分かなぁ」

唯「んと……200円かな?」

憂「そうそう!凄いよお姉ちゃ~ん」

唯「えっへっへぇ~」チャリチャリ

律「はははは」

唯「? なにかおかしかった?」

律「いや別にw」


唯「ふー!できたぞー!あとは待ってればいいんだよね」

憂「うん」

唯「……」

憂「……」

律「……」

律「こ、コンビニ行かない?」

唯「いいのかな」

律「いーんだよ終わるちょっと前に戻ってくれば」

唯「じゃあ15分後ぐらいかなぁ」

律「んや25分ぐらい大丈夫だよ」

唯「えっなんで?200円しか入れてないから20分だよりっちゃん」

憂「終わったあとにクールダウンが10分ぐらいあるんだよ~」

唯「くーる……なに?」

律「と、とりあえず入れた分の時間+10分ぐらいって覚えとけよ」

唯「うん」


唯「あはははwプーッw」

律「ははは、おもれーなこれ」

唯「りっちゃん早く次のページめくってよ~w」

律「まぁまぁちょっと待てよ~、焦るなってぇーw …はっ!?」


憂「……」

律「」


唯「どしたのりっちゃん、はやくはやく~」

律「…なぁ唯、憂ちゃんと読めば?」ヒソヒソ

唯「え?なんで?」

律「い、いいから……」

憂「……」

律(さっきから憂ちゃんの視線が痛いんだよぉお……)

律「何買おっかな~」ガサガサ

律「トップバリュねぇ…あんまり好きじゃないんだよな」

唯「りっちゃん何買うの~?」

律「あれ、憂ちゃんは」

唯「雑誌読んでるよ」

律(……)チラ

憂「……」ペラペラ

律(ほんとだ)

律「いやーどれにしようかなー。唯何買うんだ?」

唯「アイスでいいや」

律「アイスなに?」

唯「ぱぴこ!りっちゃん二人で分けようよぉ~」

憂「」ピク

律「い、いいって私は!ははっ、憂ちゃんとわけたらどうだ~?wははは」

律「そろそろ時間じゃないか?」

唯「ほんとだ! うーいぃ~」

憂「何~?」ペラ…

唯「もう戻るよ~、お菓子買うけどういは?」

憂「あ、うんじゃあ何か買おうかなー」サッ

唯「あれ、その雑誌買うの?」

憂「うん、まだ全部読んでないから買っちゃう」

唯「ふーん。りっちゃん待ってるから早く選んで~。 雑誌はとりあえずかご入れちゃいなよ」

憂「うん」ガサ

憂「ちょっと待っててね~」タッタッ

唯「りっちゃーん選んだよ~」

律「ん、おぉ。んじゃレジ行くか」

律「あれファ○通じゃん。唯買うの?」

憂「あっ、それ私のです…」

律「え。あ、あぁ~そうなんだぁ」

憂「あとトッポも私のなので…」ガサガサ

律「あーいいよ!わ、私がまとめて払っちゃうからさ~!」

憂「えっ?…で、でも……」

律「いいからいいから~!」

唯「りっちゃんふとっぱら!」

律「はははは!」チラッ

憂「……」

律「……」


唯「ふー、これで無事洗濯もおわったぞ~っ」ガチャ

憂「おめでとうお姉ちゃん!」

唯「へへへへへ」

律「ゴキゲンだな。んじゃ私帰るからー」

唯「えっ!?」

律「な、なんだよ」

唯「今日も泊まってくんじゃないのぉお!?」

律「…だ、だって憂ちゃん帰ってきたしもういいだろ……」チラッ

憂「……」

唯「えぇえ~っ…」

律「じゃ、じゃあなー!」タッタッタッ…


澪「今日は楽しかったな~!帰ったら梓に電話しよーっと」テクテク

澪「…んっ?」


律「はぁはぁ…あぶねぇえ~!泊まったらどうなるか……」タッタッ


澪「おい律っ!」


律「!? み゛っ…」

澪「なにしてんだ」

律「な、何って…家帰るとこだよ!じゃあな」

澪「こら待てッ」ガシ

律「うわっ!なんだよぉおお帰るって言ってるだろ!」

澪「昼のお茶代払え!」

律「は?」

澪「お前ら慌てて金払わないで出てっただろ!私が立て替えたんだぞ……」

律「あっ」


澪「500円な」

律「うぅ……」チャリ

澪「ったく…」

律「んじゃこれで…」

澪「あぁー待て待て!まだだ」グイ

律「なんだよぉもおお!しつこいよぉおお」

澪「肩パンチっ!」ゴスゴスッ

律「い゛ッ!?いってェっ!!!」

澪「はい帰っていいぞー」

律「何すんだよぉおおおお;;」

澪「当然の報いだバカ律」

律「くっそぉおおお~っ!;;」タッタッタッ…

澪「ははは!w」


ガチャ

律「ただいまー…」

聡「あ、姉ちゃん。お帰り」

律「……」

聡「な、何?」

律「…あぁああん!?」ガシッ

聡「うわっ!なんだよぉおおお…」

律「文句あんのか聡っ!」グイグイ

聡「な、無いよ…お帰りって言っただけじゃん、離してくれよぉお」

律「うるせ!」ゴスッ!

聡「いだッ!!何するんだよぉおお;;」

律「恨むなら澪恨めっ、たこすけ!」

聡「うぅ……なんなんだよぉおお;;」


憂「さてそろそろご飯作らなくっちゃね~」

憂「…あ、でもそういえば買い物してない……冷凍もの何かあったかなぁ」

ガチャコ

憂「あれ?こんなお肉入れてたかな。小分けにしてある… あ、野菜も」

憂「…お姉ちゃ~ん!」

唯「何~?」

憂「これお姉ちゃんがやったの?」

唯「どれ? …あぁー、そうだよー!節約料理用だよぉ~」

憂「すごい!よくできたねこんなの」

唯「本見ながらやったんだ」

憂「へぇええ~」

唯「ういご飯作るの?私も手伝うよ~」

憂「えっ、ほんと!?」

唯「やってみたら結構たのしかったからね!」

憂「ふんふん♪」トントントントン…

唯「おぉ…早い……」

憂「はい切れた。お姉ちゃんこれ炒めといて~」

唯「ほいきた!」ジュウウー

唯「肉は野菜をしたいつつ~ 野菜は肉をしたいつつゥ~♪」ジャッジャッ

唯「はぁ~ペンペン!」カチャカンッ

憂「あはは、お姉ちゃんうまいよ~♪」

唯「ほうか、お姉ちゃんうまいんか!むはははw」カッチャカッチャ

憂「うまいうまい!鉄人みたいだよぉ~!」

唯「ういも鉄人だでこれ、鉄人姉妹だでw」

憂「もぉ~っ//」

唯「ほいほいほい~」

憂(楽しいなぁ~、お姉ちゃんと一緒に料理してるなんて夢みたいだよぉお//)


律「……」イライラ

律「…聡ーッ!」ドンッ!


ガチャ

聡「な、何?壁蹴んないでよ……」

律「肩パンしてみろ」

聡「え!?」

律「いいから。ほら、ここ」パンパン

聡「な…なんで?」

律「なんでもいいから。早くしろって」

聡「……倍返しとかすんの?」

律「しないから」

聡「……えいっ!」ポス

律「……なんだそりゃ。女かお前は」

聡「だ、だって強くやったら痛いよ」

律「意味ないんだよそれじゃ…本気でやれよ」

聡「……でも……」

律「いいからやれって、弱くやったら倍返しするぞ」

聡「うぅ… ふんっ!」ブンッ

律「はっ!!」バッ

ベシッ

律「いッて!!」

聡「だ、大丈夫!?姉ちゃん…」

律「今のじゃだめか……」

聡「え?」

律「もっかいだ聡!今みたいにだぞ」

聡「ひぃ… ふんっ!」ブンッ

律「ここか!!」バッ

ボスッ!

律「いぎっ!?」

律「ま、まだちょっと遅いか…いッて~」

聡「あわわ…なんの意味があるんだよぉこんなの……」

律「いいから!ほら次!」

聡「うぅ…… ふんっ!」ブンッ!

律「こうかっ!!」バッ

パシ

聡「あ」

律「! できた!!」

律「よしいいぞ、どんどんこい!ほらっ」


12