ジャー…

ガチャ

唯「ふへへへ」

律「トイレまで一緒に来ることないだろ…」

唯「まぁまぁ~wついでに猫つれて戻ろうよ」

律「そうだな」

唯「この子にしーようっと」ヒョイ

律「それじゃ私は……あ、さっき逃げやがった奴だ!」

猫「……」

猫「ニャー!ニャアア」ジタバタ

律「こら暴れるな!この!」

唯「りっちゃん嫌われてるねーwそれじゃ連れてっても逃げられちゃうよw」

律「うるせ、席戻ってしっかりしつけてやる」


憂「あぁっ!? お、お姉ちゃん!!」

唯「ほぁ!?」

紬「な~に?憂ちゃん… って本物!?」

澪「えっ!? あッ、お前ら!!!」

律「ゲェーッ澪ぉおお!」

梓「あらら。なんだこりゃ」

律「……(やっべェー…つか隣とか……)」

唯「…うい……」

憂「……」

澪「お前らここで何してんだよ…」

律「な、何ってお茶しに来てるだけだしぃい……文句あるのかよぉ…」

紬「まぁまぁまぁまぁ…お店の中なんだから。仲良く仲良く…」

唯「りっちゃん気にすることないで!堂々としてよで!澪ちゃんなんかやっつけちゃえ!」

澪「何がやっつけちゃえだ、律なんかにやられるかっ!」

律「うぐっ……」

唯「りっちゃん言われ放題だよ、いいの!?ブリーで修行した成果見せよで!やってまおで!」

律「……よ、よし…やってやるぞ!」ズイ

澪「おっ、なんだ」

律「澪ぉっ!このやろ…あぁああん!?文句あn」

澪「うるさいんだよこのっ、肩パンチ!」ゴスッ!

律「い゛ってッ!!!!」

律「うぅう…何するんだよぉ~っ;;」

唯「あちゃー」

店員「お待たせしました、アイスティーです」

紬「ほ、ほら皆お茶きたわよ~、落ち着こう?」

澪「けっ」

律「……」

唯「りっちゃん弟くんには勝てたのにね…」

澪「ぷっw内弁慶w」

律「!! …ゆ、唯余計な事言うなよぉ……」

澪「うははw聞いたか梓~」

梓「あははは」

律「…クソみおっ……」ボソッ

澪「ん」

律「……」

唯「りっちゃん気にせんと猫ちゃんとあそぼで!」

律「そ、そうだなーっ。ははは」

唯「おーよしよし…もこもこだね~」ナデナデ

猫「ゴロゴロ…ニャー」

憂「……」チラッ

唯「……」

梓「……」チュー

律(早く帰りてー…)

憂「お、おね」

唯「おぉよしよしよしよし!よーしよしよしよしよし!!」ナデナデ

猫「ゴロゴロ…」

憂「……」


澪「おい唯。憂ちゃんが呼んでるぞ」

唯「……」

憂「お、お姉ちゃ~ん…」

唯「…ふんふん♪おーよしよし…」ナデナデ

澪「こらっ、だから憂ちゃんが呼んでるって言ってるだろ!無視するな!」

唯「澪ちゃん何言ってるの、無視してるのはムギちゃんだよ~」

紬「え」

唯「だってういのお姉ちゃん今ムギちゃんなんでしょ?」

憂「」

紬「ゆ、唯ちゃん…」

澪「お前なぁ……」

唯「なんだよぉ、私まちがってないよ。ういが自分でそう言って出て行ったんだもん」

憂「あぅ…」

澪「いい加減にしろよっ、こっち見ろ!」グイッ

唯「! ……」

澪「な、なんだその目は……」

唯「……別に~」

澪「言いたい事があるならハッキリ言えよ唯」

紬「あ、あのあの…何度も言うけどここお店の中だから~……」ソワソワ

唯「澪ちゃん思ったより私が一人暮らし頑張ってるからっていらいらしてるんでしょ」

澪「何っ!?」

唯「ぜったいそうだよ。どうせ私からうい取り上げればすぐに弱音はいてごめんなさいすると思ってたんでしょ」

澪「……」

唯「なんにも出来ない、なんにもしないだろうってばかにしてたんだ。分かってるんだから」

澪「……だ、だったら何なんだ。唯が悪いことした事実は変わらないだろ…」

唯「ざんねんでした!私なんでもできてるもんね!」

唯「遅刻しないで学校行ってるしご飯だって作れるし洗濯も――」


唯「あぁああっ!!!??」ガタン!

澪「!?」

唯「あうあ……あわっ…」プルプル

律「ど…どうした唯……」

唯「りっ、りっちゃん帰ろう!!」ダッ

猫「ニャーン」

律「えッ!?ちょちょ、なんだいきなりっ…お、おいてくなよぉお~!」ガタッ

憂「お姉ちゃ…」

澪「おい待てよお前ら!」

バンッ! カランカラーン♪…

紬「…行っちゃった……どうしたのかしら急に」

憂(…………)

梓「さぁ~……そんなことよりもですねぇ~」


梓「あの二人会計してなくないですか?」


澪紬「」


店員「ありがとうございました」

カランカラン…


澪「…結局私らが立て替えって…あいつらぁああ……」プルプル

紬「まぁまぁ…」

澪「ま、まぁまぁで済む話じゃ……」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁまぁ~」

梓(まぁまぁがゲシュタルト崩壊しそうだよ)

憂「……」

憂「…あ、あの~……」

紬「なぁに?憂ちゃん」

憂「えっと……私……」

梓「?」


唯「ひぃいいいい~!」

律「ま、まてよ唯なんなんだよ~っ」

唯「せんたくものっ!」

律「は?」

唯「洗濯機まわしたけどそのあと何もしてなかったんだよぉお!」

律「あっ! あっちゃ~」

唯「あちゃーじゃないよぉおりっちゃん他人事だと思ってえええ」

律「もっかい洗えばいいってぇ、どっちにしろ手遅れなんだから走るなよーー」

唯「そういう問題じゃないよぉお~!」

律「つ、つかれる……はぁはぁ…ぐへぇっ」

ガパッ

モワ…

唯「うぐ……」

律「ま、まぁ勉強になったって感じじゃね?」

唯「……」

律「丁度いい復習になるじゃん、今度は唯が洗剤入れるとこからやってみろよ」

唯「はぁ…めんどくさいなぁ~……」ザララ… バム

唯「ほい」ピッ

ブォーン… ブォーン… ガコッ。  …ジャーーーー……

律「うーんスムーズだな。成長したねェ~」

唯「むはは、どうだい」

律(威張るほどの事でもないけどな)

唯「よっこら…」ペタリ

律「…なにしとるの……」

唯「? 体育座りだよ~」

律「いや見れば分かるけど…何?洗濯機とお喋りでもするの?」

唯「違うよぉ、また忘れるとこまるから終わるまでここで待ってるんだ」

律「あ、そう……」

唯「……」

律「…え、マジで?」

唯「うん」

ブォーン ガタタ… ブォーン ガタタ…

律「……」

律「あ~…ゲームやってていい?」

唯「いいよ~」

律「うははは!このこの…」カチカチ

律「ふん!ふんふんっ! …はは、バーカっ」カチカチ…

ガチャ

律「澪のやろー…このやろ!おらっ」カチカチカチ

憂「……」

律「肩パン食らえ!くそ澪っ!」カチ カチカチ

憂「……」

律「よーし次はあそこのデブを…」

律「」

律「ッ!!?!?」バッ

憂「な、何してるんですか……」

律「うっ う…憂ちゃっ…!?……ひぃいッ!!」

憂「あのー…お姉ちゃんは……」

律「…せ、洗濯機の前で座ってる…と思う……」

憂「あ、そうですか」

憂「えと…それじゃごゆっくり~」ガチャ

憂「あっ、それ二発目長押しでボディブローになりますよ」


バタン

律「……」

律「……」カチカチ

フンッ! ボスッ

律「あらホントだわ。へぇーっ」

律「おもしれ。食らえ澪っ!」カチカチ

律「……」カチカチ…


澪「良かったのかなこれで……」

紬「本人が帰りたいって言うんだもの…止められないわ」

梓「憂のお姉ちゃん大好きっぷりは天井知らずやでーって事ですかねー」

澪「……納得行かないな~…」

紬「仕方ないわよ、本人がいいと思うならやっぱりそれが一番だもの…」

梓「ですね。結局家庭の問題なんだから本人同士で解決するべきだったんですよ」

澪「でもなぁー…」

梓「私達みんな一人っ子ですもんねー」

澪「だから何」

梓「だからぁ…まぁいいや」

澪「何だよ言いかけてやめるなよ~っ!」

梓「ほらー次はムギ先輩の行きたいところですよ~」

紬「…うん……」

紬(……)

梓「……」

梓「ムギお姉ちゃんどこ行きたいの~?」スリスリ

澪「!?」

紬「あ、梓ちゃん!?…//」

澪「おい梓!お姉ちゃんは私だろ!?」

梓「いいじゃないですかー別にぃ~」

澪「い、いっ…いいわけないだろぉおお~っ!」

梓「も~…空気読んでくださいよ」ヒソヒソ

澪「え? …んん?」

梓「……だめだこりゃ」

ブォーン ガタタ… ブォーン ガタタ…

唯「まだかなぁ~。はぁ……」


憂「……お姉ちゃ~ん」


唯「!?」ビクッ

憂「……ただいまー…」

唯「……」

唯「……なにしてるの?」

憂「えっ」

唯「ういの家はムギちゃんちじゃないの?ムギちゃんの妹なんでしょ」

憂「……ち、違うよぉ…私のお姉ちゃんはお姉ちゃんだけだよー」

唯「ムギちゃんより私の方がいいってこと?」

憂「…う、うんそうだよ……」


唯「ふーん。…なんか私のぼう何とかかんとかに疲れたからとか言ってたのは?いいの?」

憂「あ、あれは梓ちゃんが書いた台本読んだだけだよぉ……私は別に、そんな……」

唯「へー。そーなんだぁ~」

憂「……」

唯「……」

憂「…すごいねお姉ちゃん、お洗濯してるんだ!ほんとになんでも出来るんだね!」

唯「……これ失敗したからやり直してるんだよ」

憂「えっ。 …で、でもえらいよ!」

唯「……」


ブォーン ガタタ… ブォーン…

憂「……えっと…じ、じゃあ私部屋に行ってるね~…」

唯「あ、ういちょっと」ゴソゴソ

憂「! な、何?」

唯「はい」ジャラジャラッ

憂「あっ、お金……」

唯「返すよ」

憂「え?…いいの?」

唯「あはは、『いいの?』だって~!まさにういって感じだよ~w」

憂「……」

唯「うん、もういいや。ごめんねごめんね~っ!」

憂「あっ、今のU字工事?w似てるよぉ~」

唯「当たり~。澪ちゃんがいたらきれとるね!ふざけるなって言われるね!」

憂「そうかも!あははは」

唯「私の部屋にまだあるからそれもいいよ」

憂「ほんと?」

唯「でも隠してあるからね!探してみてよ~」

憂「も~、お姉ちゃんったらー」

ガコ。 ピーッ ピーッ ピーッ

唯「んっ。終わったのかな?」

憂「うんそうだよ~」ガパ

唯「あぁあだめだめ!私がやるんだから」

憂「あぅ、ごめんつい…いつものクセで……」

唯「これ今から干してもいいのかなぁ」

憂「コインランドリーで乾かしたら?」

唯「こいんらんどりー」

憂「うん」

唯「どこにあるか知らないや~」

憂「一緒に行く?」

唯「うん。あっ、これ手伝ってもらうことにはならないよね!」

憂「初めてで場所知らないんだから仕方ないよぉ」

唯「だよね~、へへへ」


律「へへ、インテリ組牛耳ったから爆弾作れるぞ!これで暴れまくって…」カチカチ

ガチャ

唯「りっちゃーん」

律「何?」カチカチ

唯「ちょっとこいんらんどりー行ってくるよ」

律「あホント?私も行こうかな」

唯「いいよー」

律「確か近くにコンビニあったよなー、お菓子買お」


憂「おねえちゃーん、早くー」

律「」


11