律「うりゃうりゃ!」カチカチ

唯「そこだりっちゃん! …あ、澪ちゃんだ!あそこに澪ちゃんいるよ!」

律「み… こいつか!この七三のスカした奴か!」カチカチッ

律「くらえタックルからのマウント!」カチッ

どたっ!

律「ふんふんふんふんふんッ!!」カチャカチャカチャ…

バシバシビシバシ…

唯「あはははりっちゃんやりすぎ~、おーばきるだよ!」

律「はぁはぁはぁ…つ、つい感情が入りすぎてしまった……」

唯「あ、そろそろ11時だよー」

律「あホント?んじゃそろそろ出るかぁ。セーブしよ」

律「いい天気だなー!気分いいなー」テクテク

唯「うーん……」

律「なんだムズカシい顔して」

唯「何か忘れてるよーな…」

律「何を?」

唯「そ、それがわかんないからもやもやしてるんだよー」

律「なんも忘れてないって、気のせいだ気のせい」

唯「そうかなぁー」

律「そうだって。あんまり考えるなよ知恵熱出るぞw」

唯「で、でないよ~! ……まぁいっかぁー」テクテク


―――

洗濯機「……」


律「ただいまー」ガラッ

律「んじゃちょっと待っててよ、着替えてくるから」

唯「ほーい」

聡「あ゛~喉かわいた… あっ、姉ちゃん」

律「おっ!」

律「プクク…おい聡、なんだこのやろー。文句あんのか~」ズイ

聡「えっ……なんだよいきなり…別に無いよ……」

律「んんん~?んんんんん!?w」

聡「なっ…なんだよぉおお」オドオド

律「肩パンチっ!」ゴスッ!

聡「い゛ッてっ!! 何すんだよぉおおお;;」

律「がははは」

唯「り、りっちゃんがブリー脳に……」


律「お待たせぇ。んじゃとりあえず~…まずは昼飯?」

唯「そうだねー、どこで食べようか」

律「任すわ」

唯「えーっ、りっちゃん決めてよ~」

律「唯が決めろよー」

唯「りっちゃんが決m …うんじゃあ私が決めるよ」

律「あっ!…いや、やっぱり私が決める」

唯「私が決めるよぉおお」

律「いやいや私が決めるから!」

唯律「……」

唯律「むはははは」

律「とりあえず適当に歩いて探すか」

唯「そうだね」


澪「遅いな二人とも…」ソワソワ

梓「まだ待ち合わせ時間3分過ぎただけだよお姉ちゃん」

澪「今日行く予定のパスタ屋さんは人気店なんだぞ、早めに行かないと並ぶかも…」

梓「もし並んでたら他のお店にすればいいよぉ」

澪「や、やだ!今日はあそこで食べるんだから!」

梓「……(パスタ(笑)とか並んでまで食べたくないなー…ラーメンじゃあるまいし)」

紬「澪ちゃ~ん♪」
憂「梓ちゃーん!」

澪「あっ、遅いぞ二人とも!」

梓「やっほー」

紬「ごめんね~」

澪「早く行くぞ、ほら!」

紬梓憂「は~い」


律「あー、そういえばこないだ行きそびれたあそこどうだ?イタリアンの」

唯「え?あぁ~……高そうだからだめ!」

律「ランチあるだろ」

唯「でも安くても800円ぐらいはするんじゃないの?」

律「ま、まぁそれぐらい普通だろ…」

唯「お昼は500円までがいいよー」

律「えーっ、それじゃあマックとか牛丼しかなくない」

唯「いいじゃああん」

律「うーん… あっ、あれなんだ?移動販売の弁当?」

唯「350円!?やすい!!」

律「へー、ボリュームも少ないわけじゃないみたいだな」

唯「ねぇお弁当買って外で食べようよー!きもちいいよー天気いいし!」

律「それもいいかもなー、そうするかー」



カランコロン♪

店員「いらっしゃいませ」

梓(うわ、待ってる人居るや…)

店員「お客様、何名様でしょうか?」

澪「4人なんですけど……」

店員「申し訳ありません、ただ今満席でしてご案内まで少々おm」

澪「どれぐらい待ちますか?」

店員「20分ほどでご案内出来ると思いますが…」

梓「にじゅっ…」

澪「待ちます」

梓「」


店員「ではこちらにお名前を…」

澪「はーい」カキカキ


澪「これでよし。 …あっ、20分ぐらい待つって。いいよね?」

紬「いいわよ~」

憂「いいですよ~」

梓「……うん…(まぁいいか…)」

澪「ふー!だから言っただろー込むんだよここは」

梓「予約とか出来なかったの?」

澪「あっ」

梓「……」

紬「憂ちゃんしりとりでもしてよっか♪」

憂「へへへへ…梓ちゃんもやる?」

梓「うんやる」


唯「公園ついたぁ」

律「んん…意外と弁当食べてる子供連れ多いなぁ。っていうか人多いな!」

唯「どうしようテーブルあいてないね、ベンチもいっぱいだよ」

律「敷くものないからなぁ~」

唯「ねーねーシーソーに乗って食べようよw」

律「絶対弁当ぶちまけるだろ」

唯「じゃあジャングルジムで食べようよー」

律「なんでそんな変なとこでばっか食べたがるんだよ」

唯「だっておもしろいから…」

律「いーじゃん、あの植え込みんとこのコンクリに座って食べようぜ」

唯「…うぅ、分かったよぉ……」トボトボ

律「……」

律「あーもう、じゃあジャングルジムでいいよ!落としてもしらねーぞ」

唯「ホンマ!?やったでりっちゃん!むはははw」

律唯「いただきまーす」

律「……」モグモグ

唯「おいひい!空があおいね!」モグモグ

律「…なぁ唯~、ケツ痛くない?」

唯「いたい!」

律「だろ?やっぱり下で食べようぜー」

唯「やだ!」

律「……」モグモグ

唯「下界を見渡してごらんよりっちゃん、気持ちいいよ!」

律「そんな事言うほどの高さでもないだろ…」

唯「むはは、神様になった気分だね!」

律「おめでたいなオイ」

唯「人生おめでたいぐらいがちょうどいいよ~!」

律「そんなもんかね…」モグモグ


紬「ゲル♪」

憂「『る』、る……るぅ…ルービックキューブ!」

梓「ブアカーオ・ポー.プラムック」

澪「ははは『く』はいっぱいあるな、楽勝だな!そうだなぁ~……くまのプーさn」

澪「あッ!?」

梓「あははwお姉ちゃんの負け~!w」

紬「澪ちゃんうっかりミスね~」

澪「ま、待てまだ最後まで言ってないぞ! えと…くまのプーだ、プー!」

紬梓憂「えっ」

澪「ほらムギ、プだぞ」

紬「……えと… ぷ……プリn プリン体!(あぶないあぶない…)」

憂「い……あっ、藺草!梓ちゃん『さ』だよ~」

梓「サムゴー・ギャットモンテープ」

澪「……梓なんでさっきからムエタイ選手ばっかなの…」

澪「ウイグル自治区!」

紬「『く』……草刈雅夫♪」

憂「お…お姉ちゃん!」

憂「あっ!?」

紬「あらあらあら…♪」

梓「あははは」

憂「……//」


店員「お待たせしました、4名でお待ちの田井中様~」

澪「あっ、はーい」

梓「えっ?」

澪「……だ、だって自分の名前だと恥ずかしいし…」

店員「お待たせしまた」カチャ

澪「わぁー、見てみろおいしそうだろ!」

梓(え、これだけ?少なっ……)

紬「おいしそうね、いただきまーす♪」

憂「いただきま~す♪」

澪「……」モグモグ

澪「おいしい!並んだ甲斐があったってもんだな~、ははは」

梓「……(普通なような…)」モグモグ

梓「ねぇ憂、どう?」ヒソッ

憂「えっ、おいしいよ~」

梓「あ、そ~」

カチャカチャ…


律「ごちそうさん……お茶が欲しいなー」

唯「それじゃどっかでお茶しよで!」

律「あれ、節約じゃないの」

唯「お茶は別だよ~ん」

律「あ、そぉ~」

唯「実は行きたいなーと思ってたお店があるんだ」

律「そうなん」

唯「うん、行ったらきっとびっくりするよ!」

律「えぇえホントに?」

唯「ホントだよ~ん、りっちゃん興味あるかな?w」

律「うーん……ほんとにびっくりすんの?」

唯「するする!行こで!」

律「じゃあ行こうかなぁ……」


店員「ありがとうございました」

カランコロン♪

澪「ふー!満足したぁ」

紬「ふふ、よかったわね澪ちゃん♪」

澪「うん」

憂「次はどこ行くんですか~?」

澪「梓カフェ行きたいんじゃない?」

梓「あ、うん」

紬「食後のティータイムね!」

憂「犬猫カフェ?」

澪「あれっ憂ちゃん知ってるの?」

憂「前に梓ちゃんが澪さんとデートする時に行くって言ってたので~」

澪「なんだ梓、憂ちゃんにそんなこと喋ってたのか…恥ずかしいだろ~//」

梓「へへへ」


唯「ここだで!」

カランカラン…

店員「いらっしゃいませー♪お好きな席へどうぞ」

ニャーン…

律「んっ!?なんじゃこりゃああ猫がいるぞ!」

唯「へへ、向こうにはわんちゃんもおるで!」

律「あ、ほんとだ。へーっおもしろいなー」

唯「でしょぉお~?とりあえず座ろうよ~」

猫「ニャーン」カリカリ…

律「おっ!?お、おぉ…」

律「うーん……テーブル席あそこの二つしか空いてないぞ」

唯「どっちにしようかぁああ」

律「並びだから変わらないだろ、どっちでもいいよ」



唯「んんん…じゃあ右!」

律「へいへい……なーこれ猫とか勝手に席に連れてっていいの?」

唯「わかんない。実は私もはじめてなんだー」

律「ひざに乗せてる客とかいるなぁ」

唯「ならいいんじゃないの~?」

律「いや、なんてーか…指名制とかあるのかなーって…はは、キャバクラみたいだけどw」

唯「きゃばくら?」

律「」

律「ま、まぁいいか。だめだったらだめって言われるだろ。とりあえず連れてっちゃお」

律「ほーれほれほれ…こいこい」

猫「フシッ!」

律「……」


カランカラン…

店員「いらっしゃいませー」

ニャーン… ワンワン

憂「すごーいいっぱいいるね、かわい~//」

梓「へへ、そうでしょ」

澪「うわー結構入ってるな。テーブル席空いてるかな」

梓「…あ、あそこ。二つ空いてるよ~」

紬「良かったわね空いてて」

澪「…ん、こっちの席使われてるのか?水置いてある」

梓「じゃあこっちだね。隣だしあんまり変わらないよ」

澪「そうだなー」

店員「ご注文お決まりでしたらどうぞ」

紬「えぇっと、じゃあ……」

澪「あれ、あずさ2号居ないな」

梓「うん、さっきから気になってたんだけど…どこいったのかなぁ」

紬「あずさ2号?」

澪「梓のお気に入りの猫なんだ」

紬「へぇ~」

梓「今日はお休みなのかなぁ~」キョロキョロ

梓「あっ!ほ、他の客についてる…!」

紬「ふふっw」

梓「な、なんですかー何かおかしかったですか?」

紬「何か今の言い方キャバクラみたいだなぁ~って…w」

澪梓「」

紬「えっ、何……?」

澪「いやぁ~別に……」

憂「んっ!?」ピクッ

梓「どうかした?」

憂「う、ううん何でもないよ~」

憂「……」クンクン…

憂(ほのかにお姉ちゃんのにおいがするような……)


10