唯「ほいほい!」ジャカジャカ

唯「ふぅういい」ジャー… ザララ

唯「うわわわお米が!」

唯「……ちょっと足そうっと」ザラ

唯「ほいほいほい」ジャカジャッ

唯「ふぃいい」ジャー… ザラッ

唯「あわわまたっ…」

唯「……まぁいいかこれぐらい。終わり!」

ガチャコ バム

唯「すいっちょん!」ピッ♪

唯「ふー。りっちゃ~ん!手伝ってよぉ~」

ガハハwワハハハ…

唯「……もぉおお」ドタドタ

律「んははwこんにゃろッ!」カチカチ

唯「りっちゃーん!」

律「んん、何?」

唯「ごはん作るから手伝ってよぉ」

律「えぇえ今いいとこなのに」

唯「……」

律「わ、分かったよ怒るなよ唯ぃ…セーブするからちょっと待っててよ」

唯「いいよー」

律「んじゃ寮戻るから…」カチカチ

律「…あっ!いやがったなインテリデブっ、タックルじゃああ」カチカチッ

律「フンフン!フンッ!」カチカチカチ

唯「りっちゃあああん!」

律「」

律「わ、わーかってるってぇ…」

律「で?何作るんだ」

唯「えっとー、今日は豆腐はんばーぐだよ」

律「うわー、何かザ・節約料理って感じだな!」

唯「だって節約料理だもん」

律「へいへい、何すりゃいーの?」

唯「それじゃあはんばーぐこねてよ、もう材料全部入ってるから」ゴト

律「おーっ、混ぜるのか!面白そう!」

唯「私はその間に付け合せの野菜切るよー」

律「おりゃ!」ズボシッ!

律「うひぃいいなんか冷たい!きもちぃ~」グチョグチャ

唯「むむぅ…」ググ…

トンッ

唯「ふぅうう~」

律「ふんふんふん!ふんふん!」ギュッギュッ

律「……んん~?」ペチョペチャ

唯「むぅ~……」グッ…

トン!

唯「ふひぃい」

律「なぁ唯ぃ~」

唯「な、何りっちゃん?今集中してるから…」プルプル…

律「いやなんかヘンなんだよこれ、びっちゃびちゃで……」

唯「ええ?」

律「これ分量とか合ってるのか?」

唯「あ、あってるよちゃんと見て確認したもん……」

律「ほんとか~?ちょっと私も見てみるぞ……」

律「……あっ! …なぁ豆腐の水切ったか?」

唯「えっ」

律「豆腐は先に重し乗せて十分に水気切らないとびちゃびちゃになるって書いてあるぞ…」

唯「……」

唯「ま、まー大丈夫だよ!」

律「そうかぁあ?全然ぺちぺちできないぞこれ…ほら」

ベチャッ!ドロ…

唯「……あ、間違えてた!それはハンバーグじゃなくてもんじゃ!豆腐ひきにくもんじゃだよー」

律「」

律「あ、そう……」ペチャペチャペタペチャ

唯「ふー、やっと全部切れた!包丁つかうのは大変だぁ」

律「なーこれいつまでこねてりゃいいの?こねてるって感じももうしないけど…」ペチャペチャ

唯「あ、もういいよぉ…(わぁ、ぽたーじゅみたいになってる…)えーっと、じゃあ~…」

唯「……にんじん切ってあるからぐらっせ作って~」

律「お、いいぞ!作り方どこだ」

唯「ここだよー」

律「よしよし、任せろ」

唯「私ホットプレート探すね」

律「え。もしかしてマジでもんじゃにするつもりなわけ?」

唯「意外とおいしいかもだよ!失敗は成功のもとだよ!」

律「うーん…あるかぁ?あるかぁああ?」

唯「あるよ!ぽじてぃぶしんきんぐだよ!!」

律「そっかーそうだよなぁああ!はははは」

律(不安だ……)

唯「あれー、どこかなぁ…」ガタゴト

律「えーっとまずにんじんを煮て…」グツグツ

唯「こっちかなぁ…」ガサガサ

律「柔らかくなってきたらバターと砂糖ね、なーんだ簡単だな!」グツグツ

唯「……あ、あったあった」ゴトッ

唯「ふぅふぅ…よいしょー!」ドンッ

唯「りっちゃんどう?できたー?」

律「らくしょーぅ!ブロッコリーも茹でといたぞ」

唯「やるねェ…」

律「戸愚呂かよ」

唯「へへ…それじゃあ完成かな」

律「え、汁ものは?」

唯「な、ない…」

律「……」

律「しかもあれだな、付け合せにグラッセとか作ったけど肝心のメインはもんじゃになってるし」

唯「……な、何りっちゃんもんくあるの~?」

律「いやそういうわけじゃないけどさ~…まぁいっか」

唯「お味噌汁とか欲しかったら確かいんすたんとのその辺にあったからそれ作ってよ」

律「あ、じゃあそうしよ。お湯ある?」

唯「沸かしてないよ」

律「まぁもんじゃ焼いてる間に沸かせるか。とりあえず焼いてみるかもんじゃ」

唯「焼こうで!きっと新発見待ってるで!」

律「だといいけどなー」カチャカチャ…

ジューーー!

唯「まずこの音からしてうまそうです!」

律「ま、まぁそれは……でも大体こんな音だろ…」

唯「むぅう……」

律「お湯沸いたぞー」

唯「……」

ジュジュ…フツフツ……

律「なーこれもう食べられるの?」ツンツン

唯「わっかんなぃよぅ…」

律「食べてみるか。って箸じゃ取り辛いな」

唯「すぷーんですくっちゃおう」スクッ

律「…食べまーす……」モグ

律「…んっ!?」

律「マズくない…けしてマズくないぞ!」

唯「ふぃりーる!?」

律「ふぃ…何?」

唯「まじで!?って感じ」

律「ふーん…ほら唯食べてみろよそこそこだぞ」カチャカチャ

唯「では……」モグモグ

唯「…ふ、普通だ!普通の味がする!」

唯「ご飯にかけて醤油をちょっとたらしたらいいかも!」カチャカチャ

律「あーいいかもしれない、やろっと」カチャカチャ

唯「モグモグ… おいひい!これ新メニューだで開発したったで!」モグモグ

律「なかなかジャンクな丼でいいな。マヨネーズある?」モグモグ

唯「あるよぉ。りっちゃんまよらーなの?」

律「べ、別にそこまでのもんじゃないけど…ジャンクにマヨって欠かせないだろ」

唯「ふーん、はい」ドン

律「うへへへ」ブリブリッ

唯「うわーっ、ばりうむうんちみたい!」

律「」

律「そ、そういう事いうなよ食べてるんだから…」

唯「私別にご飯中にうんちの話されてもへいきだよー」モグモグ

律「……」

律「しっかしこのニンジンとかブロッコリーとかほんといらない存在になったな」

唯「ハシやすめ的なかんじで」モグモグ

唯「ん!ぐらっせおいしいよりっちゃん!!」

律「あ、そう~?」モグモグ

律「甘ッ!甘すぎない?」

唯「えぇ、こんなもんじゃない?」

律「そうかー? …そうかも」モグモグ

唯「なんかカボチャの甘さはきらいだけどこういうのは大丈夫なんだよねー」

律「あーなんとなく分かるかも」モグモグ

律「しかし和だか洋だかもよくわからんジャンク丼ににんじんのグラッセに味噌汁!」

律「ちょっと外じゃあ食べられない組み合わせだな~」

唯「普通にはんばーぐ作るよりおもしろくて良かったよ~。やっぱり失敗は成功のもとだね!」

律「おもしろさにポイント置いてるのは唯っぽいよなー」

唯「やっぱりご飯は楽しくないとねー!あいりーな気分じゃないと!」

律「はははは」

律「ごちそーさーん」カランッ

唯「全部食べちゃったね!」

律「なんか思ってたよりよかった」

唯「じゃありっちゃんじゃんけんしよ!」

律「え、何の?」

唯「後片付けのじゃんけん」

律「あー…はいはい。じゃーんけーん」

律「ぽん!」グー
唯「ほい!」チョキ

律「勝ったwやぁったーじゃあ唯よろしくううう」
唯「わーい負けたぁあありっちゃんよろしくうう」

唯律「えっ」

律「…わ、私勝ったぞ」

唯「誰も負けた方がやるなんて言ってないよーん」

律「」

律「先に言えよ!普通は負けた方だろ!!」

唯「“普通”とは何か」

律「は」

唯「常識にとらわれていては何も見えない」

律「……な、なんだ急に…」

唯「そんなことだからばびろんしすてむに取り込まれるんだよりっちゃん」

律「……ばび……」

律「とりあえずもっかいジャンケンしようや」

唯「うん」

律「いくぞ。じゃーんけーん…」

律「ぽん!」パー
唯「ほい!」チョキ

律「負けたwやぁったーじゃあ唯よろしくううう」
唯「わーい勝ったぁあありっちゃんよろしくうう」

律「おい」

唯「二度目も同じルールでやるとは誰も言ってない。 それはりっちゃんの勝手な思い込みであり…」

律「……」

律「分かったよやるよ」カチャカチャ

唯「えっウソりっちゃん怒った?ごめ~ん私もやるよー」カチャカチャ


ジャバジャバ…

律「おりゃ!」ブシューッ

唯「あぶっ りっちゃんまじめに洗ってよおおお」

律「へへへ、つい」

唯「もー……」ゴシゴシ

唯「…そりゃ!」ブシュー

律「甘いわお皿シールド!」バッ

唯律「あはははは」

カチャ…カタ

唯「ふーぃい~終わったぁ」

律「疲れた。お茶ぁー、お茶くれぇ」

唯「ちょっと待ってて」ガサガサ

唯「んー…(いれたことないんだよね…)」

唯「これぐらいかなぁ」パッパッ

唯「……」

唯「もうちょっとかなぁ…」パッ

唯「これでいいや」コポコポ…


律「むははは!うはは…」カチカチ

唯「あーりっちゃんまたやってるのー?」

律「だっておもしれーんだもんこれ… ふんふん!」カチカチ

律「見ろ唯ビー玉撒いて足止め出来るぞ!知ってた?」

唯「知らなかったよー」

律「そしてパチンコで狙い撃つ!フンッ!」バチコ

律「…あ、お茶まだ?」

唯「え? あっ!!」

唯「わ、忘れてた…」ドタドタ

コポポ…

唯「はいりっちゃんお待たへ~」

律「おーサンキューw」ズズッ

律「に゛ッ!!!!」ブホッ!

律「ぅぉ゛お゛おぇえ゛ええっ!!げっほぉッ」

唯「」

律「なん゛っ…むちゃくちゃ苦いっつーの!えぼっ!…」

唯「ご、ごめーんいれたこと無かったからぁ」

律「私が淹れるよもう…」

唯「りっちゃんいれたことあるの?」

律「ないことはない」

唯「なにそれ」

律「うーん…二人分だから軽く二杯ぐらいで」パッパッ

唯「そうなの?」

律「いや勘だ。信じろ」コポコポ…

唯「信じます!」

律「……まぁこれぐらいでいいか」

唯「へぇー、これぐらいなんだ」

律「いや勘だ。信じろ」チョロチョロ…

唯「し、信じます!」

律「…っと。どうだ?」

唯「んん…」ズズ…

唯「おいしい!なんか丁度いい!!」

律「はは、だろー?こんなもん勘だよ勘!」

唯「へぇーっすごいや!勘かぁー!」

律「淹れ終わったあとはふたをずらしとくと次もおいしく飲める」

唯「それも勘?」

律「いやこれはムギ情報」

唯「なーんだぁー」

律「何かお茶請けないの?」

唯「ないや」

律「なんだ…じゃあ後でお菓子買いに行こうぜ」

唯「いいよー」

紬「憂ちゃ~ん」

憂「なに~?お姉ちゃん」

紬「明日のことなんだけどね、憂ちゃんどこか行きたいとこないの?」

憂「えーっと…どこでもいいd いいよ!」

紬「…遊園地とか行きたいんじゃない?」

憂「えっ、どうして?」

紬「な、なんとなく~」

憂「皆が行きたいならいいよぉ」

紬(うーん……)

紬「えと、そう!明日は一人ずつ行きたい場所決めてね、順番に回ろうかなって事になったの~」

紬「だから憂ちゃんも行きたい所考えておいてね!」

憂「そうなんだ…分かったよ~」

憂(私の行きたい所かぁ……)

憂(別に遊園地にはそんなに行きたいってわけじゃないんだよね)

憂(ほんとに皆が楽しかったらなんでもいいんだもん)

憂「う~ん……」

憂「…うーん……」

憂「んんんんんん」バタバタ

憂「どこか行くって想像すると何か…」

憂「スーパーでお買い物してる場面ばっかり浮かんじゃう…」

憂「どうしようかなー。おもしろいお店とかもあんまり知らないし…」

憂「行きたいところ行きたいところ…むむ……」

―唯『う~いぃ~!!』

憂(…結局こうなってしまう……)


8