律「……なんだ?失敗か?」

唯「し、失敗じゃないよ!わざとだよもーっ」モグモグ

唯「おいひい!」

律「ま、味が良ければ全てよしって感じだな」カパ

律「おっ、イカリング入ってる!へへへ」

唯「あぁあいいなぁーっ」

律「ミートボールも入ってるぞー!」

唯「あぁああぁああぁああ」

紬「唯ちゃん私のお弁当にもミートボールあるわよ、いる?」

唯「! いr …げふげふ、いらないよー!サンドイッチあるもんね!」モグモグ


キーンコーンカーンコーン…

唯「終わったったー!」

律「明日は休み!爽快ぃいい!」

紬「二人とも今日は部活どうするの?」

律「」

唯「行くよー」

律「え゛ッ!?」

唯「な、なに?りっちゃん」

律「いや、だって……」

唯「りっちゃんも行こうで!大丈夫だでこれw私今強いんだでw」

律「そ、そうか~?なら行こうかなぁ…」

紬「あらあらあら」

澪「……」

ガチャ

澪「おームギ。おっす」

紬「やーまん♪」

澪「え?」

唯「やーまん!」

澪「あ、唯。来たのか(なんだヤーマンって)」

律「…や、やーまん……」コソッ

澪「! 律っ、お前このっ…!」ガタッ

律「ななななんだよ澪っ」

唯「待ぁーった待ったぁ!何するんだで!」バッ

澪「うっ、なんだ唯…どけ!こいつ部長のくせに黙って休んだんだ、一発ゲンコ入れてやらないと!」

律「ぼ、暴力はんたーい!話し合いで解決すべしー!」

澪「このやろ、唯のカゲに隠れてないで出てこい!だっさい部長だなコラっ!」

律「うぐ…」

唯「いかんで澪ちゃん、りっちゃん叩いたら私が許さへんで!」

澪「なんだと…っていうかお前もさっさと憂ちゃんに謝れよ!一緒に殴るぞこのっ」ブンッ

唯「ふん!」パシッ

澪「!?」

ガチャ

梓「こんていーす」

梓「……何してるんですか」

紬「あら梓ちゃん」

唯「あずにゃんやーまん♪」

梓「YAHMAN♪」

梓「はっ!?」

澪「……なんなのそれ」

梓「しまった…不意をつかれて唯先輩と心を通わせてしまった……うぐ…」

澪「は?」

唯「澪ちゃんいかんで、あいりーで行こうで!私らあいどれんだで!」

澪「い、意味わからないんだよちゃんと日本語話せっ!」

唯「あちゃぁ……じょすくーるだで澪ちゃん、じょすくーる!」

澪「だからぁあああ!!」

梓「落ち着けって意味です」

律澪紬「!?」

澪「な、なんで梓が答えるんだ…」

唯「れげえだで!」

梓「やー。とりあえずお茶にしませんか」

澪「おい」

紬「そうね~、そうしましょう」カチャカチャ

澪「……」

唯「ムギちゃん今日のお菓子なーにー?」

紬「ティラミスよ~」

唯「ティラミスだいすきだよー!」

紬「まずはお茶をどうぞ~♪」カチャ カタ

唯「のふりすぺっく!」

紬「? ふふ、はい梓ちゃんも」コト

梓「ノッフリスペッ!」

紬「???」

澪「お、おい梓まで何唯と一緒になって変な言葉で遊んでんだよ」

梓「変じゃないですよ」

律「ちなみに何て言ったの?」

唯「ありがとうムギちゃんホンマあいしとるで!って感じ!」

紬「えぇええ~…//」

唯「ほじゃいただきまーす!」

唯「にゃむにゃむ」モグモグ

梓「ニャムニャム」モグモグ

唯「おいひー!りっちゃんおいしいね」

律「あ、あぁそうだなーははは」

澪(んん?何か妙な空気だぞ…こいつらは本来反省しているべきなのに……)

澪「なぁ梓」ヒソッ

梓「はい?」

澪「唯のやつ一人暮らし楽しんでるんじゃないか?これ」

梓「うーん…新生活テンションってやつですかね。どーせ長続きしませんってー」モグモグ

澪「そうかなぁ…」

紬「梓ちゃんお茶のおかわりいる?」

梓「ノ モッス」

紬「?」

唯「もちろんって意味だよームギちゃん」

紬「へ、へぇーそうなんだぁ」

唯「れげえだで!」

律「レゲエ聴かないんだろ?」

唯「きくで!」

律「えっ(聴かないって言ってたじゃん…)」

梓「ニャムニャム…」モグモグ

澪「……」

澪「そろそろ練習しないかー?」

梓「そうですね、グットゥゴー!」ガタン

唯「ぐっとぅごーあずにゃん!なはは!」ガタンッ

律「お?楽しそうだなー今の何?」

唯「ほな行こでやろうで!って感じだで!」

律「いいなそれ!グットゥゴー!」ガタン!

紬「ぐっとぅごー♪」ガタッ

澪「お、おいお前ら……」

唯「ほら澪ちゃんもぐっとぅごーだで!元気出してこで!」

澪「ぐ…ぐっ ぐぅっ……」プルプル

唯律梓紬「……」キラキラ

澪「い、言わないっつうの!意味わかんないんだよ!!」

唯律梓紬「はぁあ……」シュン

澪「っ!……」ピクピク

澪「ちゃんと喋れちゃんと!日本人なんだから!」

梓「…あれ、ディスってんですか?」

澪「あ!それ分かるぞ、知ってるぞ!」

梓「なーんだ分かってるんじゃないですか。ならグットゥゴーですよ」

澪「……」

梓「お姉ちゃんお願~い」

澪「!!」

澪「ぐ…ぐっとぅごー」

梓「シズマイニズお姉ちゃん!」

澪「しず…?」

梓「おげ、それじゃ練習しましょー!」

唯律紬「おおー!」

澪「よくわからないけどなんか凄い一体感だ……私も盛り上がってきたぞ!ははは!」

唯「あいりー!あいりーやで、あいりーすたいるで行こで!」

律「はいワン・ツッ!!」カッカッ

ジャカジャーン…♪ ダカッ!

律「はぁはぁ……み、見えたぞ新境地!」

唯「いい!この調子でタパタップうちとろで!」

梓「アイリー!」

澪「あ、あいりー!」

紬「あらあらあら…♪」


律「んじゃ今日はこの辺で終わりにするか」

唯「疲れたよ~」

梓「そうですねー、いやー良かったですよかなり」

澪「あ、あぁそうだな…(何か忘れてるような……)」

紬「…あ、そういえば澪ちゃん梓ちゃん」

梓「はい?」

澪「何?ムギ」

紬「実は土日にね、憂ちゃんと…」


律「」ピク

律「ゆ、唯いこうぜ!はは!」

唯「えっ、うん」

律「じゃあなー!」タッタッ

唯「りこも!」タッタッ


梓「あ、リコモ~」

澪「なんだあいつら急に… …で、ムギなんだって?」

紬「憂ちゃんとデートしようって話してるんだけどね」

梓「あっ、今朝憂から聞きましたよー。4人でどこか行こうって」

紬「そうなの~」

澪「へぇー、いいねー。 …あっ!?」ダッ

バァン!

澪「こらぁああお前ら憂ちゃんに早く金返せよぉおおおーーっ!!」

梓「もういませんよ…」

澪「あ、あいつら……」

紬「まぁまぁまぁ。 …それでどこに行こうかなぁって」

梓「憂は皆で楽しめればどこでもいいって言ってましたよ」

澪「そうなの?行きたいとことかないのかなぁ」

梓「うーん……そういえばおね 澪先輩とはどこ行ってるのかって聞かれた時に遊園地には行ったりしないのかって聞かれたんですよねー」

澪「遊園地行きたいのかな?」

紬「そうなのかしら。今日聞いてみようかなぁ……」

澪「そうしてもらえると助かるよー」

紬「でも憂ちゃんまだどこか遠慮がちなのよね…ちゃんと話してくれるかなぁ」

梓「まぁそこはアイリーな気分になればいけますよ」

紬「あいりー?分かったわ」

澪(いや分かんないだろ…)

梓「メニメニアイリーですよムギ先輩!メニメニ」

紬「メニメニね!任せて梓ちゃん」

澪「……か、帰るか」


唯「んは!気分いいねー今日は!」テクテク

律「絶好調だなー」

唯「りっちゃんが泊まるんだもんねー!」

律「はははそうかー」

唯「土日も遊びまくろで!」

律「おーいいぞー」

唯「どうしよ?そのまま帰ろか?晩御飯の材料はもうあるよ」

律「んー。ゲーセンでも寄ってく?」

唯「!!」ビシッ!

律「あだっ!?な、何すんだ唯っ」

唯「節約中!」

律「わ、分かったよ…家でゲームするか」

唯「おげ!」


唯「ただいま~」ガチャ

律「ふー」ズイ

唯「あぁー待って待って!」

律「?」

唯「ようこそ我が城へ」

律「……毎回やる気かよ」

唯「むはは」

律「喉かわいたよー唯」

唯「ジュースあるよ!」

律「くれー!くれくれ!」

唯「いいよー、私も飲もうっと。気のぬけたコーラだけどいい?」

律「オッケー」

律「ゲームつけてていい?」

唯「いいよー」トクトク…

律「ぽちっと。 何入ってんのかな」

ぽんっ♪

唯「氷いるー?」

律「いるいる」

唯「へぇい」カラカラン

律「…ん。アサクリじゃんこれ」

唯「おまたー」トン

律「サンキュー。唯お前アサクリやってたの?」

唯「あー、違うよそれういがやってたんだ」

律「え!?憂ちゃんかよ」

唯「私もやってみたけどへたくそだから諦めたよー」

律「ふーん(もしかして憂ちゃんはこれで日頃のストレスを……)」

律「他になんかないの?」

唯「うーん…あ、これも憂がやってたやつだけど結構おもしろかった!」

律「どれどれ」ヒョイ

律「ブリー?知らないなぁ」

唯「学園のタパタップに上り詰めるげーむだよ!」

律「ふーん、やってみようかな」

唯「一人用だから私見てるよー。あ、お菓子もってこよ」

律「おー」

唯「行けりっちゃんそこだよ!そのぼっちゃんデブ後から転がして!」

律「こうか!うりゃああああ!」

どたっ!

唯「いけいけりっちゃんマウントポジションだよ!パンチンパンチン!」

律「ふんふんふん!」カチカチカチカチ…

バシッ!ボスッ!

オーゥウ…

唯「あっ、風紀委員に見つかった!りっちゃん逃げて!」

律「ぬぁああ」カチカチカチ

唯「もっと連打してもっとー!メニメニダッシュ!」

律「ふぬぅうう!」カチカチカチカチカチ

律「あっ、ゴミ箱だ!隠れろっ!」ガボン

唯「あはははは」

律「ははは、おもろいなこれ」

律「しかしさっきからぼっちゃん学生ばっかりボコボコにしてるけどいいのかこれ」

唯「仕方ないよー、やんきーとか体育会系の生徒には返り討ちにされちゃうもん」

律「いやそうじゃなくて、ストーリーとか…」

唯「あー、いいよいいよ。どうせ今日しかやらないし」

律「まぁそれもそうだけど」

唯「あっ、ほらりっちゃんそこの七三今わるぐち言ってきたよ!」

律「何っ!」カチカチカチ

唯「いけいけりっちゃん、肩パンだー肩パン!」

律「ふんふん!」カチカチッ

ボスボスッ!

唯「りっちゃんうまーい」

律「そうかー?」

律「ハン?ユートーキニンミー?ハン!?」カチカチッ

律「パンツ出しの刑じゃいっ!」カチ

グィイッ!

アハハァハーン;;

律「HAHA!ダッノゥメイキッ!」

唯「りっちゃん大分入り込んできたね~」

律「そ、そうかぁ~?照れるなぁ~」

唯「あ、そろそろご飯の用意しないと…お米といでくるよー」

律「へぇい」カチカチ

キーンコーンカーンコーン…

律「あっ、そろそろ体育の授業だ!技覚えたいから出るぞー」カチカチ


7