唯「あ、家に言ったんだよ!我が城に挨拶したのである!」

律「いや別にいいけどさ……ほら早く運んじゃおうぜ」ガササ

唯「うん」

ドン ゴト…

律「ふぅ」パンパン

唯「りっちゃんありがとー!」

律「んじゃ私帰るぞ」

唯「えぇ!?」

律「…な、なんだよ」

唯「しっ 新婚さんなのに帰るの!?」

律「おい」

唯「てっきり私と新生活ライフまんきつしたいからついてきたのかと思ったのに」

律「いやいや」

唯「それじゃなんでついてきたの?」

律「…ムギはいいけど梓とか澪に会いたくなかったし……」

唯「あー、昨日怒られちゃったもんねー」

律「特に梓だよなぁ…後輩のくせにやたら高圧的なんだよなぁ」

唯「そうだね!でも今は私一人で生活してるからあずにゃんより偉いもんね!」

律「なんだそれ……」

唯「『黙れゼロどもっ……!』」

律「ん」

唯「私は今、私に拠って立っているのだ」

律「あぁ、涯な」

唯「あたりー!へへ」

律(元手が憂ちゃんの金だから何か違うだろ…)

律「んじゃまぁがんばれ。またな」

唯「うんまたねー、料理出来たら写メ送るよー!」

律「へぇい」

唯「さてまずはどうするんだっけ?本読もう」ペラペラ

唯「まずは買ってきた食材をほぞんするためのしたごしらえ…と」

唯「ほうれん草は塩少々を加えたお湯でさっとゆで……」

唯「めんどくさいなー…やるけど……」

カチ ボッ!

唯「とりあえず沸騰するまで続き読もう」

唯「えーと…茹でたら冷水にとって水気を絞って3,4cmに切ってラップする…」

唯「それで冷凍。なるほどねー、これならできるよ!」

唯「ぶろっこりーは花…からい。と茎を切り分けて…」

唯「からいって何?わかんないよ、ちゃんと説明入れてほしいなぁも~!」

唯「……まぁ茎ってあるから茎じゃないほうなんだろうなー。てきとうでいいや」

ボコボコ…

唯「ほっ!沸いた沸いた」

唯「ラップして…と」グルグル

唯「はぁ。うぅ、まだ3分の1も終わってないよぉ」

唯「しかもこれまだ今日の料理と関係ないし……」

ピッポ♪ピッポ♪ピッポ♪…

唯「あっ、もう7時なのかー!そういえばおなかすいた……」

唯「…もういいや。あとは適当に冷蔵庫にいれて明日またやろう」

ガサガサッ ガチャコッ

唯「とりあえず今日のご飯作らないとね!よーし……」

唯「そういえばオイスターソースってうちにあったのかな?」ガラッ

カチャカチャ…

唯「…あ!あった!なんだよぉおお損しちゃったよ~!うぅ……」

唯「……まぁいいや……これも入れとこ」カタン

唯「まず鶏肉…あれ、どこだっけ?」ガサガサ

唯「あぁさっき切って小分けにして冷凍庫に入れたんだったー」ガチャ

唯「あったあった…へへ、ってことはこのまま使えるぞ!やったねー」

唯「じゃがいもピーマンはそれぞれ千切り……と」

唯「んんぅ……」ググッ…

トンッ!

唯「ひっ!」

唯「こ、こ、怖い……手切ったらどうしよう…千切りって怖いよー」

唯「むむ~」チマチマ… トンッ


―20分後―

唯「はぁはぁ、全部切れた…うわ!遅すぎ、こんなに時間かかっちゃったんだ!」

唯「えーっと次は鶏肉に塩こしょうして小麦粉にまぶす…」

唯「小麦粉…あったあった」ドン

唯「そりゃっ!」ガサッ

ぼふっ!

唯「うひゃあああ!?ゴホゴホッ!!!」

唯「ぅぶ…ゴホッ!」

唯「ひぃいい出しすぎちゃったよぉ~……」

唯「あ、横にスプーン入ってたし…うぅ……」

唯「…出し過ぎちゃったの戻していいかな…いいよね……」バササ

唯「ふぅ!おっけおっけー!問題なし!」

唯「よぉおおしやっとメインの工程だよー!焼くぞぉおお」

チチチ… ボッ!

唯「…もういいかなー。あったまってるかな」

唯「どりゃせいっ!」ドバンッ!

ジュウウウウ…

唯「うわーいいにおいがする!わくわくしてきた!」

唯「ほっほっ!」カッチャカッチャ

ジュウジュウ…

唯「これだけでも何かおいしそうだよぉお、凄い!」

唯「ええと…次は?」チラ

唯「んん……2を入れて更に炒める?2てなんだっけ、なんだっけ……」

唯「あ、じゃがいもとピーマンか!ほりゃっ!!」ドザンッ!

唯「うわーなんか料理っぽくなってきたよ~」カッチャカッチャ

唯「結構楽しいかも!これ楽しいかも!」

唯「えっとそれでそれで?あとは何したら終わりかな」

唯「じゃがいもが透き通ったらAを加えて…Aって何!?」

唯「だ、だって他に用意してたのはじゃがいもとピーマンしか…A、A……」

唯「あっ、ソースか!」

唯「なになに…オイスターソース醤油酒中華スープ…ええええオイスターソースと醤油だけじゃないの!?」

唯「どどどどうしよう早く用意しないと!」ドタバタ


ジュウウウー……

唯「なんじゃああ酒ってどこじゃああああ」ガタガチャ

唯「中華スープも見つからんわあああ」ガサッ バサ

ジュウウウ

唯「あっ!?」バッ

唯「わわ、じゃがいも透き通るどころかちょっと焦げ始めてる…!」

唯「だ、だめだもうオイスターソースと醤油だけでいいや!」ドババッ!

バジュウウウ!

唯「ひぃいいあああ跳ねる跳ねるあついぃいいい!!」

唯「わぁあああいいや混ぜろぉおお」ガッチャガッチャ

唯「はぁはぁ……もういいや火とめよう」カチ

唯「……こ、これで完成でいいのかな…」チラ

唯「…仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を回しいれ…」

唯「…………(なんか見本の写真と全然違うなぁ…)」

唯「いいやめんどくさい。これで完成!さぁ食べるぞぉ~!!」

唯「しっかしすごい量だね! …あっ!?」

唯「変だと思ったらこれ4人分のレシピ……」

唯「…………まぁいっか。他におかずも無いし」

唯「ごはんがすすみそうな濃厚なにおいだよ~!ごはん♪ごっはん~♪」カパ

からっ…

唯「あ。ご飯用意するの忘れてた」


唯「……」


唯「まぁいっかー!これだけでもいいかぁー!」

唯「初、自炊ごはん!いっただっきまーす!」モグ

唯「ぶぁっはッ!?」ゴホゴホッ

唯「か、辛ッ!!醤油いれすぎたかな……」


唯「で、でもおいひい!おいひいぞー!」モグモグ

唯「これ私が作ったんだぞー!あははは」モグモグ

唯「……ゲプッ…」カラン

唯「はぁはぁ、ごちそうさまー…水みず…」ゴクゴク

唯「…あ。写真撮るの忘れてた。 …まー失敗作っぽかったしいいか」

唯「ふぁあああお腹いっぱいになっちゃったよー。お風呂でも入ろっと」


唯「昨日のお湯抜いて、と」ゴポポ…

唯「お湯入れて、と」ドボボボボボ


唯「ふぅ、後は溜まるの待つだけ!簡単だねー」

唯「…あ、食器」

唯「……めんどくさいや、お風呂入った後洗おうっと。テレビテレビ~」ポチッ

テレビ「あーもうだめやね!この子もう死んどるで!」

唯「あはははは」

唯「さてそろそろかなー」ガラッ

唯「おーぴったり!丁度いい具合だね」キュ


唯「今日も一日お疲れさまーーー!」ザパーン

ぬるっ

唯「ひ!?」

唯「な、なに?底とか何かぬるぬるするよぉ…」

唯「あれっ?な、なんで?」ヌルヌル

唯「うぅ…なんか気持ち悪い……」

唯「……が、がまんしよう…」ザプー…

唯「ふうぅうういいい……」

ガララ

唯「うー」フキフキ

唯「あ、洗濯どうしよっかなぁ」

唯「……まぁいっか、まだ明日の分のブラウスとかあるし土日でやろう」


唯「あぁ、食器洗ってなかったんだ……めんどくさいなぁ」

唯「まーでも皿一枚だしやっちゃおうか」ジャー

唯「……」キュコキュコ

唯「こんなんでいいか」カチャ

唯「あ、フライパン…まな板に包丁もかぁ……」

唯「はぁー……」ジャー

唯「うぅー」ゴシゴシ

唯「なんだよもぉおお疲れちゃったよー!」ゴシゴシッ

唯「終わり終わり!これでいいやもう」ガチャッ ガタン

唯「アイス食べる気も起きないよ、もう寝よ……はぁ~」


憂「……」ボー

紬「憂ちゃんどうかした?」

憂「…えっ! あ、ううんなんでもないよーつm お姉ちゃん」

紬「そう?……」

憂「……あの、今日は部活には来たんですか?」

紬「唯ちゃんのこと?(また敬語になってる…)」

憂「は、はい」

紬「今日はお休みだったよ。一人暮らしの準備するからって」

憂「えっ」

紬「朝ごはんも自分で作ったって言ってたし結構頑張ってるのかも」

憂「そ、そうなんですかぁ~」

憂(……ほんとに一人でやってくつもりなのかなぁ…お姉ちゃん…)

紬「…それより明日学校行ったら土日が待ってるよ♪デートしようか~」

憂「! そ、そうでs じゃないや、そうだね!お姉ちゃ~ん」

紬「梓ちゃんと澪ちゃんも誘って4人でどこか行こう?」

憂「うん!えへへ」


憂(あんまり考えてても仕方ないや、紬さんにも悪いし楽しもうっと)



ピピピピピピピ…

唯「……ん~…ふぁあ」

唯「うるさいなーーーーっ」ばんっ

ガチャ!

唯「はっ!?」

唯「あ、朝かぁ…うぅ」ゴシゴシ

唯「腕いたい…筋肉痛かなぁ」

唯「はー。朝ごはん食べようっと」


唯「へへ、今日はパン買ってるからねー。ジャムもあるし」ペタペタ

唯「いただきまーす!」モシャッ

唯「もぐもぐ」

唯「お弁当はどうしようかなぁ」モグモグ

唯「あ、そうだサンドイッチ作るんだった!へへへへ…」

唯「れたすとハムと…チーズでいいか」ギュッ

唯「四つに切ってと」トントン

唯「じっぷろっく!」ジッ

唯「おわりー!うわーすっごい簡単だった!へへへ」

唯「耳食べちゃおうっと」モグモグ

唯「むはは、おいひい」

唯「まないたと包丁…帰ってからでいっか。ほとんど使ってないみたいなものだし」

唯「ほじゃ行こうかな!なんか今日の朝は順調だなぁ、きもちいぞお!」ガチャ

唯「いってきまーす!」バタン

唯「へへへ、りっちゃん驚くだろうなーw今日はちゃんとしたお弁当だもんねw」タッタッ

ガチャ

唯「ヤーマン♪りっちゃん!」

律「よー唯。…なんだって?」

唯「ヤーマン♪」

律「なんだよそれ」

唯「挨拶だよ~」

律「ふーん…なんか機嫌いいな!昨日は料理上手くいったのか」

唯「えっ。うーん…まぁ味は良かったと思うよ!」

律「へぇ~。じゃあ今日楽しみだな」

唯「あ、今日うち来てくれるんだよねー!へへへ」

ガチャ

紬「おはよう」

律唯「ヤーマン♪」

紬「…え?」

唯「おぉりっちゃん早速だね!」

律「挨拶だってさ、知らんけど」

紬「そうなんだ。ヤーマン♪」

唯「そうそう!」

律「どういう意味なの、挨拶っても」

唯「れげえだよ!」

律「え、唯レゲエ聴くの?」

唯「きかないけど!」

律「……」


梓「はよ~んす」ガチャ

憂「梓ちゃんおはよぉ」

梓「んん?昨日よりスッキリしてるね」

憂「えぇ、そうかな?」

梓「してるよーん」

憂「そうかなぁあああ」

梓「なになに?何かあったの?」

憂「あのね、紬さんが4人で遊びに行こうって!」

梓「おぉー。よいね」

梓(唯先輩はまだ謝ってないか。まぁそうだよね)

憂「えへへ…どこに行こうかなって相談!」

梓「そうだねーどうしよ」

憂「澪さんとはいっつもどういうところ行ってるの?」

梓「犬猫カフェとかかなぁ」

憂「そんなのあるんだ!」

梓「あるある」

梓「あと雑貨屋さんに行ったりとか」

憂「へぇええ~。遊園地とかは行ったりしないの?」

梓「行ったことないかな。映画とかは行くよ」

憂「ふーん」

梓「憂、遊園地行きたいの?」

憂「えっ?ううん別になんでもいいよぉ、皆が楽しめるとこなら」

梓「なにそれー」

憂「えへへへへ」

梓(少しぐらいここ行きたいとかわがまま言えばいいのに)



ザワザワ…

唯「お昼だー!食べようで!」

律「今日はセロリじゃないだろうなw」

唯「違うよー、しっけいだねりっちゃん!ちゃんと作ってきました!」ゴソゴソ

唯「ふん!」バァン

律「あ、サンドイッチじゃん!」

紬「唯ちゃんが作ったの?」

唯「あったりまえだのくらっかーよ!」

律(ふるッ…!)

紬「凄いね唯ちゃん、まだ一人暮らし二日目なのに」

唯「まぁまぁ、妹に出来て私に出来ないはずなどがそもそもなかったのですよ~!」ジッ

べちょ

唯「あれっ!?」

律「ん?なんだパンべちょってるじゃん」

唯「あ、あれ…作った時は普通だったのに……」

紬「…もしかして唯ちゃんマーガリン塗らなかったの?」

唯「えっ?」


6