キーンコーンカーンコーン…

律「あー腹減ったー!昼にしよーぜー」

唯「う、うん…」モジモジ

律「ん?どした唯、食べないのか?」

紬「もしかしてお弁当無いの?」

唯「あ、あるよー!」

律「なんだ。んじゃ早く食べようぜ」

唯「……」ゴソッ

律「うわっ!?なんだそれ!!」

唯「な、何ってせろりだよー。りっちゃん見たことないの?」

律「いやあるけどそういう事じゃなくってさぁ~」

唯「……」

紬「そ、それそのまま食べるの?」

唯「違うよ!マヨネーズも持ってきたよ…ほら」ドン

律紬「……」

唯「…健康に気をつかってるんだよー!いいから二人とも気にしないで食べてよぉ」

律「…まぁ別にいいけど…いただきまーす」モグモグ

紬「いただきまーす」

唯「……」シャクシャク

唯(うぅ……おいしくない……)シャクシャク

紬「……唯ちゃん、おかず分けてあげようか?」

唯「えっ!?」

紬「セロリだけじゃ味気ないでしょ?」

唯「う……い、いい!いらないよー」

紬「ほんとに…?無理してない?」

唯「ぜんぜん!セロリおいしいもんねー」シャクシャク

律「はははホントかよ」

紬「……」

唯「おいしいなぁ~♪」シャクシャク


唯(……うぇっ。もういいや……)

唯「ご、ごちそうさまー」

律「あれ、まだセロリ半分しかかじってないじゃん」

唯「い、いいの!もうお腹いっぱいなの!」

律(強がってんなー)


ガチャ

澪「おーっす」

梓「あ、お姉ちゃん!」

澪「こら恥ずかしいだろ// …ってまだ梓だけか」

梓「うん」

ガチャ

澪「おっ、ムギ。おっす」

紬「あらもう二人とも来てたの。すぐお茶の準備しちゃうね」

梓「…あれ、唯先輩はどうしたんですか?律先輩も」

紬「あ……えっと…」

梓「帰ったんですか?」

紬「う、うん……一人暮らしの準備するからって…りっちゃんはよく分からないけど唯ちゃんと一緒に行っちゃったわ」

澪「何!?あのやろ部長のくせして……!」

梓「まーしょうがないですよー。正直予想通りですねー」

澪「でも一応学校には来れたんだな、唯のやつ。 寝過ごしてそのままズル休みとかするかと思った」

紬「結構頑張る気でいるみたい。今朝は朝ごはん作ったって言ってたわ」

澪「えっ、唯が!?」

梓「どうせ冷蔵庫の残りものチンしたとかじゃないですか?」

澪「もしかして弁当とかも作ってきたりしたのか?」

紬「あ、お昼はね……セロリ持ってきてた」

梓「え」

澪「セロリって…あの?」

紬「うん。まるまる一本」

梓「うわぁ~なんですかそれー!ぷぷ…きっとお弁当作れなかったんですよーw」

澪「にしてもなんでそんなもん…無理だったならパンとか買えばいいのに」

梓「節約してやるとか意地張ってるんじゃないですか?w」

澪「あぁ……」

紬「あんまり無理しなければいいんだけど…」カチャカチャ

澪「なんだムギ優しいなー」

紬「だって心配じゃない」コポポ…

澪「いやまぁ大丈夫だろー。とりあえず死ぬとかは無いって。 それよりしっかり反省してもらわないと意味が無いよ」

梓「まぁもって一週間って感じじゃないですか?」

澪「洗濯とかで詰みそうだよなー」

梓「ありそうですね。2,3日したらブラウスくちゃくちゃになってるんじゃないですか?w」

澪「ははははアイロンかけらんないから?w」

紬「はい、お茶入ったわよー」コト

澪「サンキュー」


唯「……」スタスタ

律「なぁー唯ぃ~、どこ行くんだー?」

唯「まずは本屋!」

律「本屋ぁ?漫画でも買うのか」

唯「違うよりっちゃん、おまぬけ!料理の本買うんだよ~」

律「あぁー。え、家に無かったのか?」

唯「一応探したらあったけど…もっと簡単で基本的なことが載ってるのがいいから」

律「なるほどね。へー一応考えてるんじゃん」

唯「当たり前だよ~、へへん♪」

唯「むむ…」パラパラ

律「プハハw……くっくっ……」ペラ

唯「ねーりっちゃん、ついてきたなら漫画読んでないで一緒に探してよぉ」

律「ええー、今いいとこなのに…しょうがないなー」

律「どれどれ…」

唯「ん~……」パラパラ

律「……お、これでいいんじゃないか?」

唯「どれ~?」

律「これ。『一人暮らしのための節約料理集』だってさ」

律「大学行って新らしく一人暮らし始める人向けみたいだし簡単なんじゃね?」

唯「いい!これいいよぉー、流石りっちゃんセンサーが違うね!」

律「へへ、だろ?じゃあそれ買って早く次行こうぜー」

唯「……」パラパラ

律「…おいどした。買わないのか?」

唯「だってこれ1500円もするよ。暗記する」パラパラ

律(いやいや絶対無理だろ……追試食らってたくせに…)

唯「……むむぅ~…」パラリ…パラ…

唯「ぷは!だめだぁ憶えらんないよぅ…」

律「そりゃな」

唯「よーし…」ゴソゴソ

律「お、おい何してんだ携帯出して。まさか撮るのか?やばいぞそれは」

唯「えっ、そうなの?」

律「そうだって!万引きと変わんねーぞ」

唯「うぅ、じゃあメモ帳にメモする」カチカチカチ…

律(それはいいんだろうか……)

唯「…だめだよぉおめんどくさいよー!」

律「諦めて買えって…」

唯「うぅ…じゃありっちゃんが暗記してよぉおお」

律「できねーよ」

唯「あぅ……」

唯「……じゃあ古本屋行く…」

律「は?」

唯「古本屋でこれと同じの探す…」

律「ええええいいよもうめんどくさいってぇえ~」

唯「だって高いんだもんこれぇー!」

律「いいからここで買っちゃえって!アイスおごってやるから」

唯「ほんま!?じゃあ買うよぉー」

律「あぁ早く買って来いって。めんどくさい」

唯「わーい♪」タッタッ


唯「よーし次は買い物行かないとね!一週間分買うぞー」

律「気合入ってんなー」

唯「とりあえず買った本読んで予習しておこうっと」パラパラ

唯「ふむふむ…鶏もも肉は二種類に切り分けて二枚は下味をつけて冷凍…」フラフラ

律「ちょ、歩きながら読むなって! …おい前っ!!」

唯「え?」

プップーッ!! ブオンッ!

唯「ひぃいい!」バサッ

車「どこ見てんだバカヤローッ!!」ブロロォーー

律「あぶねーなーもう…本落ちたぞ」

唯「す、すいやせん…」

律「スーパーついてから読めよ」

唯「うんそうする……」

ガーッ

律「すずしー! …んぁ。インフルエンザ予防に消毒スプレーかけろだってよ」

唯「へー」

律「そうかぁ、唯今インフルエンザになったらアウトだなw」

唯「ならないよぉ、変な事言わないでよ……」シュッシュッ

律「で何買うんだ?」

唯「えっと…今日はこの鶏肉とじゃがいものオイスターソース炒めっていうのにする」

律「なんだそれ、節約して作れるもんなのか?」

唯「だって書いてあるもん…大丈夫だよー。お肉見に行こう」

律「へぇい」

唯「いっぱいあるよー」

律「すっげーステーキ肉だ!うまそぉーっ」

唯「ほんとだぁああザ・肉って感じだよー」

律「お、見ろ唯!神戸牛だ!すっげー」

唯「ひぃいい凄いよぉおお3500円!!うひゃあー!」

律「で、どれ買うんだ?」

唯「鶏肉だからこっちかなぁ」

律「おぉおお鶏もいっぱいあるなぁ」

唯「一番安いのどれかなぁ…」キョロキョロ

律「これじゃね?ブラジル産。安いぞ」

唯「ぶらじるかぁ…食べたらサッカー上手くなるのかなぁ」

律「なるんじゃね?w」

唯「ほんま!?よーしじゃあこれにしよっと!」バサッ

唯「えと、じゃがいもは確か昨日ういが買ってきてたから…あとピーマンかな」

律「…なー、一週間分買うって言ってたけど他の肉とかいいのか?」

唯「えっ、買うけど…とりあえず一日分ずつかごに入れようかなって」

律「な、なんで」

唯「だって混乱しちゃいそうだから…」

律「じゃあ一日分終わる度にまた肉とかから回りなおすのかー?」

唯「うん」

律(うっわぁ…めんどくせぇーー……)

唯「ってことで野菜見に行こうよー」

律「へぃへぃ」

唯「ぴーまんどこかなぁ……」

律「ここにあるじゃん」ポンポン

唯「おぉ~」ガサ

唯「5個入ってて118円……んんん」

律「何悩んでんだよ」

唯「ねぇりっちゃんこれって高いのかな?安いのかな?」

律「野菜の値段なんか知らねーって」

唯「だよねぇ……」

律「でもそれ以外ないしそれにするしかないだろ」

唯「他のスーパーの値段も見て…」

律「あーもうめんどくせーから買えって!どうせちょっとしか変わらないって!」

唯「そうかなぁ…」ガサ

律「っていうか今思ったんだけどオイスターソース家にあんのか?」

唯「あっ」

律「……」

唯「うーん…あったかなぁああ」

律「微妙なとこだよな。どうするんだ?」

唯「……とりあえず見てみる」タッタッ

唯「どこにあるんだろ」

律「あそこじゃね?」

唯「あ、ほんとだ。りっちゃんすごいねー見つけるのうまいね!」

律「へっへっへ」

唯「どれどれ」スッ

唯「ふーん…348円!意外と安い?のかなぁ?」

律「さぁ知らんけど…」

唯「んんん、どうしよう…もし無かったらかわりに醤油でもいいのかな」

律「でもこれの材料にはソースの他に醤油もあるぞ」

唯「えぇ、じゃあだめなのかなぁ……どうしよう」

律「憂ちゃんに電話してあるかどうか聞けば?」

唯「だ、だめ!それはむり! …仕方ないや、買おうっと」ゴト

律「それで終わりなの?一品目の分」

唯「うん。次はこれにしようかな、たらのトマト煮!」

律「さっきっからなんか微妙に豪華っぽい聞こえのメニューだな」

唯「書いてあるんだからしょうがないよー、お魚コーナーに行こう」タッタッ

唯「たらたら…たら……」キョロキョロ

律「お。 …へっへへへ」ギュウー

律「吐けこのやろう!仲間の居場所はどこだっ!」ギュウギュウ

唯「? りっちゃん何してるの?」

律「アジの目玉を押して拷問しているのだ」ギュー

唯「私もやる!目潰しっ!」ギュウー

店員「……あの、お客様…」

律「へっへ… …はっ!?」

律「あ、あははははどうもスイマセン…」

唯「へっへっへぇ~」ギュウギュウ

店員「……」

律「お、おい唯っ!」ヒソッ

唯「へ?」

店員「……」

唯「あっ。す、すいません…」

律「た、タラ探そうぜ~」イソイソ

店員「タラはこちらですが」

律「あ……どうも……ほ、ほら唯タラこれだってよ」

唯「へ、へぇええこれがタラなんですかぁ~!」

店員「……」

唯「ひ、一切れください…」

店員「……」ガサガサ

店員「どうぞ」

唯「どうも~……」

律「しかしこうやって二人でスーパーで買い物ってなんか新婚さんみたいだなーw」

唯「あ、ほんとだねー!」

唯「やっぱりりっちゃんが旦那さんかなぁ~」

律「おいそれ私が男ってことかよ!ていうかやっぱりって何だよ!」

唯「えぇ、だって~…どっちかって言ったらぁ……」

律「無い無い!私がお嫁さんだから!」

唯「そうかなぁー、私だと思うけどなー」

律「違うって私だよ!私がお嫁さん!」

ヒソヒソ…ざわっ……

律「あっ!?…//」

唯「どしたのりっちゃん」

律「うるせ、周りの客に聞かれてるぞ//」ヒソッ

唯「え? あっ!!」

唯律「……」

唯律「あははははは」


唯「ふぅううーー」ドンッ

律「随分買ったな」

唯「一週間分だからねー。りっちゃん袋詰め手伝ってよぉ」

律「はいはい」ガサ

唯「ほっほっ」ポイポイ

律「おい随分てきとーだなぁ」

唯「え、そうかなぁ」

律「別にいいけどね」ポイポイ

唯「ふぅ…3袋もできちゃった……りっちゃん一つ持ってよぉ」

律「いいぞ」ガサ

唯「お、おもっ……もう一つ持ってよ~」

律「…いいけど……」ガサ

唯「…うっぐぅ……だ、だめだぁこれも持っt」

律「おい」

唯「ふぅふぅ……」ヨタヨタ

唯「…はぁーやっとついたぁああ!」グデッ

律「ゆ、指いてぇ……」

唯「ういいっつもこれやってるのかなぁ…腕ぱんぱんだよー」

律「いや唯がまとめ買いしすぎなんだろ……」

唯「そうかなー」ガチャ

唯「たっだいまー」

シーン…

律「……」


5