律「料理の本とか無いの?」

唯「あると思うよ~。えーっと…」キョロキョロ

律「ここに何かファイルあるぞ」

唯「あ、ほんとだ」

律「新聞の料理記事のスクラップだ」

唯「やったね!これ見て作ろうよ~」

律「何がいいかな」ペラペラ…

唯「……あっ、今の!今のがいい」

律「グラタンん~?だめだめ、時間かかるしめんどくさそうだろ…」

唯「ぶーぅ……あ、じゃあこっちの」

律「ラザニアとかもっとめんどくさそうだろ」

律「だめだどれもこれも時間かかるのばっかりだよ、諦めようぜー」

唯「えぇええじゃあ野菜炒めなのー?」

律「…んじゃ外食べ行こうぜ。その方がいいだろ……」

唯「うぅ、でもそれじゃあ澪ちゃん達の思う壺だよ…」

律「なんだそりゃ」

唯「私が考えなしにお金使いまくってどうにもならなくなると思ってばかにしてるんだ!」

律「ふーん(まぁ正しい読みだと思うけどなぁ)」

律「…まぁでもさ、今日だけならよくない?ほらまだ始まったばっかりだしさ」

唯「うーん……」

律「ゆっくり慣らしていかないといきなりなんて無理だろ?」

唯「そうだねー!そうだよね、じゃあ外食べ行こっかぁ!!」

律「だろー?ははは、行こうぜー」

唯「行こうで!」

唯「マック行こうよマック」

律「えー、晩飯マックぅ?」

唯「だって一番近いんだもん…」

律「しょーがないなぁ~」


唯「えっとー、ハンバーガー二つとみずください」

律「なんだそれ。そんなんでいいのか?」

唯「自炊は諦めたけど節約はしないとね!」

律「ふーん、頑張るねぇ……あ、私テリヤキのセットで。ドリンクはコーラ」

律「あ、あとナゲットもつけちゃおうかな」

唯「ぅぐっ……」

唯律「いただきまーす!」

唯「はむ」モグッ

唯「……」モグモグ…

律「にしても夜でも客多いなぁ~」モグモグ

唯「そうだねぇ、私達みたいなひとが多いのかなぁ」

律「違うだろ」

律「あ、ポテトあげたてだ!うめーっ」モシャモシャ

唯「……」ゴクリッ

律「…なんだ、欲しいのかー?」

唯「欲しい!」

律「しょーがねーなー、分けてしんぜようぞ」バラバラッ

唯「わーい!ありがとうりっちゃーん」モグモグ

律「一本5円ぐらいかなぁ」

唯「え゛ッ!?」ポロッ

律「じょーだんだってwうはは」

律「ふー、そろそろナゲット食べよっと」カパ

唯「……」ゴキュリ

律「ソースにつけてと…」チャプ

唯「うぅ……」じぃーっ

律「もぐ」パクッ

唯「あっ!!!!!」

律「……」モグモグ

律「もひとつ…」ヒョイ チャプ

律「もぐ」パクッ

唯「ん゛ぃ゛い゛ッ!!!!!」

律「…な、なんだよ……」モグモグ

唯「おいしそうだなぁ~って……」ゴクリ

律「だめだ、ナゲットはやらないからな!」

唯「えぇえぇええええ~!?」

律「……なんだその超想定外みたいなリアクション…」

唯「だってぇえ…りっちゃんなのに……」

律「欲しいなら買ってくればいいじゃん(りっちゃんなのにって何だよ)」

唯「…ナゲット一つではんばーがー二つも買えるのにー?今節約中だからそれはさぁ~」

律「私ケータイクーポン持ってるぞ」スッ

唯「買う!買ってくるよぉおりっちゃんケータイ貸して!」

律「ほらよ」ヒョイ

唯「わーい、ありがとうりっちゃん!むはは」タッタッ

律「かわいいよ唯ぃ~、コケるなよー」

……

唯「ただいまぁー」

律「うわ、二つも買ってんじゃん!」

唯「だって一回で二つまで使えますってあったから……」

律「節約するんじゃなかったのかー?」

唯「多く食べた分だけがまんするから大丈夫だよ~ん!」モグモグ

律(……無理だろ…)

唯「むはは、おいひい!」モグモグ

律「っていうか二つともバーベキューなのな」

唯「えっ?」

律「せっかく二つ買ったんだし二種類のソースで食べればよかったのに」

唯「あっ!!!もぉおおりっちゃん早く言ってよぉおお!!」

律(知らんて…)


……

憂「……」ソワソワ

斉藤「お嬢様、お食事の用意が出来ました」

紬「ありがとう斉藤」

憂「あっ、ど、どうもです」

カチャカチャ…

紬「さぁ憂ちゃんどんどん食べてね~」

憂「いただきまーす」カチャ

憂「……」モグモグ

憂「おいしい!」

紬「ふふ、お口に合って良かったわ♪」

憂「お姉ちゃんにも食べさせてあげたいな~」

紬「あらあら// それじゃ…あ~ん♪」

憂「!?」

憂(あ…今は紬さんがお姉ちゃんだったんだ)

憂紬「ごちそうさまー」

憂「……」カチャカチャ

紬「何してるの?」

憂「えっ、食器を片付けて…」

紬「あぁいいのよ、そういう事は全部使用人がやってくれるから」

憂「そ、そうなんですか?」

憂(なんか落ち着かないなぁ…いつも自分でしてるから……)ソワソワ

紬「…憂ちゃん、私達姉妹なんだから敬語使わなくていいのよ?」

憂「あっ えと……う、うん分かったよ!おね…お姉ちゃん~//」

紬「ぶっは!!!!(かわうぃいいい!!//)」

憂「えへへへへ…」

紬「それじゃ食後のデザートでも食べよっか」

憂「あ、お茶私がいれま…いれるね!」

紬「いいのよ私が」

憂「ううん私が~」

紬憂「どうぞどうぞ」

紬憂「あはははは」

紬「じゃあ二人で淹れよっか♪」

憂「うん、そうだねー」

紬「ふふ、憂ちゃんかわいい//」

憂「そ、そうでs そうかなぁ~…//」


……

唯「ふー、おなかいっぱいだよー」ポンポン

律「んじゃ帰るか」

唯「うぃい」

唯「夜どうしよ!何して遊ぼっかぁ!!」

律「えっ、私帰るぞ」

唯「え!?」

律「いやだって明日学校だし……なんも用意してきてないもん」

唯「えぇえ~」

律「んじゃあ金曜に泊まってやるからさぁ、それで我慢しろよー」

唯「うぅ…分かったよぉ」

律「じゃなー、私こっちだから。またなぁ」

唯「うん、またねー」

唯「はぁー……」テクテク


ガチャ

唯「ただいまー」

唯「ただいま我が城!返事をせんかー」

シーン……

唯「使えない家だなぁ~もぉお。あるじが帰ってきたのに…」

唯「とりあえずお風呂入ってすっきりしようっと」ドタドタ

ガラッ

唯「あ、お湯入ってない……当然だけど…」

唯「えーっと、沸かすとか色々ボタンあるけどどうすればいいのかなぁ」

唯「……よくわかんないから普通に蛇口からいれよう」キュッ

ドボボボボ…

唯「お湯出てる!やったぁー、勝ったぞ!!へへへへへ」

唯「それじゃテレビでも見て待ってよーっと」

テレビ「とったどー!」

唯「むははは、何がじゃ」ポリポリ

唯「あっ、おふろ!もういいかなー」タッタッ

ガラ

唯「おおー、丁度いい具合だね!入ろうっと」キュ


ザパー

唯「うひぃいきもぢぃいいい!!」

唯「うーーー……ふぅうう」

唯「なんだ私けっこー出来るじゃん!ういいなくても大丈夫そうだね~」チャプチャプ

唯「じゃんじゃんじゃがいも♪さつまいも~っ」

唯「あはははは」チャプチャプ

唯「つ~きの~♪さばーくに~♪ふんふーん ふんふふ~ん♪」チャプチャプ

ガララ

唯「ふー。あれ、バスタオルバスタオル…」

唯「いいや、普通のタオルで。いっぱい使っちゃえ」フキフキ

唯「脱いだ服はぁ…まぁいいか!2,3日ぶんたまってから洗濯しよう!」

唯「はぁー……ひまだ!」

唯「お菓子あったかなぁ…」ゴソゴソ

唯「何も無い」

唯(ムギちゃんちにはおいしいお菓子いっぱいありそうだなぁ~…うい食べてるのかなぁ)ゴクリッ

唯「……」

唯「ジュースでも飲もう」ガチャ

唯「あったあった。でももうあんまり無いなぁ…明日買ってこなくちゃね」チャポチャポ

ゴクゴク…

唯「んはぁー」

唯「よーし寝るぞう!へへ、初日にしては順調なスタートをきれたね!」

唯「この調子で慣れていっちゃおうっと!皆驚くぞぉ……ぷぷぷ」

唯「いくらなんでもばかにしすぎなんだよね。私だってこれぐらい出来るんだもんね~」

唯「明日は朝ご飯とお弁当も作るから早めに目覚ましをセットして…と」カチカチ

唯「かんぺきだ!おやすみなさーい」パチン


……

紬「それじゃあ憂ちゃん、おやすみ~」

憂「おやすみなさーい」

紬「こっちに来る?」

憂「えっ!だだ大丈夫です!」

紬「敬語になってるよ~」

憂「あっ すいませ……」

紬「ふふ、いいのよ。ゆっくり慣れていこうね~。おやすみ」

憂(……お姉ちゃんもおやすみ~)モゾッ



ピピピピピ…

唯「……んがァ……」

唯「んはッ!?」ガバ

唯「ムニャ…もう朝かぁ~……あれ、ちょっと早いなぁ~間違えてセットしちゃったかな…」

唯「二度寝しよっ」モゾッ

唯「うーいぃ、朝ごはんできたら起こしてねぇええ~!」

唯「……」ゴロンッ…

唯「……あっ!!」ガバッ

唯「そ、そうだ憂いないんだ!あぶないあぶない」


唯「遅刻なんかしたら何言われるかわかんないよ!」

唯「『やっぱりなー』とかなんとか、皆うるさいに決まってるもんね!そうはいかないぞぉ」

唯「朝ごはん~っと」

ガチャコ

唯「うーん…何食べよう」

唯「……パンでいいや、とりあえずお弁当先に作っちゃお」

唯「えーっと…」ゴソゴソ

唯「あっ、冷ご飯あった!これをチンしてつめよう」ガチャ ピッピッ

唯「よーし、じゃあおかずどうしよっかな…」

唯「つけものがある。とりあえずこれ脇に入れとけばいっかぁ」

唯「あれ、ところでお弁当箱はどこかなぁ~」ガラッ

唯「むむ…この棚じゃないや」ガタッ

唯「こっちかな…」ガラ

唯「あったあった~」

チーン!

唯「丁度チンしおわった!完璧だねー」ガパ

唯「ぅあッちちちちちちち!!!」

唯「ふーふー!あっつ……」

唯「ふぅー。もうちょっと冷めてからつめよっと」

唯「さてその間に朝ごはんにしよー!」

ゴソゴソ…

唯「……あれー?パンあると思ったのに無いや…」ガサガサ

唯「どうしよ……」グゥーッ

唯「……このご飯食べちゃおうかなぁ……」ゴクリ

唯(でもそしたらお昼どうしよう……)

唯「…いいや食べちゃえ!まだ冷ご飯あったよね!」モグモグ


唯「おいひいい!昨日の夜ハンバーガーだったしお米がうまひ!」モグモグ

唯「つけものもうまひ!お味噌汁がほしいよー!」シャクシャク

唯「ぷぅ、ごちそうさまー。やっぱり朝はお米だね!日本人だもんねー」


唯「さてもう一つご飯温めないと」ガチャコ

唯「……」ガサガサ

唯「…あれ、無いや……あれぇええ?」

唯「あわわどうしよう…早くしないと遅刻しちゃうよぉおお」

唯「と、とりあえず何か食べられそうなもの持っていかないと……」

唯「あーもうこれでいいや!マヨネーズも持って行けばいいよね」ガバ

唯「行ってきまーす!」ガチャ


……

唯「おはよー」ガチャ

律「おっす唯」

紬「おはよう唯ちゃん」

唯「あ、ムギちゃん……」

紬「……」

唯「……」

紬「…憂ちゃんのこととか聞かないの?」

唯「えっ!?なんでー?聞かないよぉおお」

紬「そう……」

紬「どう?一人だけで頑張れそう?」

唯「だいじょーぶ!今朝なんて朝ごはん作っちゃったもんねー」

律「えぇえマジで?食パンそのまま食べたとかは作ったって言わないんだぞー」

唯「違うもんね、ちゃんと作ったよ!(チンしただけだけど)」

律「ふーん」


ガチャ

梓「あ、おはよー憂」

憂「おはよう梓ちゃん。ふぅー」

梓「どうだったー?新生活」

憂「えと…まだちょっと落ち着かないや…」

梓「あははは」

憂「紬さんには悪いけどお姉ちゃんのことずっと気になっちゃって……」

梓「まぁしょうがないね、憂だもんね」

憂「お姉ちゃんどうしてるかなぁ、ちゃんと学校来てるかなー」

梓「一日二日でだめになるなんて流石に無いんじゃない?唯先輩でも」

憂「そうかなー……」

梓「だめだよ教室に様子見に行ったりとかは。気になるなら私が見てくるから」

憂「わ、分かってるけど~…」


4