憂「ううん、まだ残ってるけど…でもお姉ちゃん返してくれないから……」

梓「ひどいよ、ちゃんと強く言ったの?」

憂「い、言ったよー。一生懸命貯めたお金だから返してって」

梓「…ほんと?どうせ憂は先輩に甘いから一言嫌だとか返されてそれであっさり引っ込んじゃったんでしょ?」

憂「うぅ」

梓「やっぱりね。大丈夫、私が今日の部活で先輩にお金返すよう言っておくよ」

憂「だ、大丈夫なの梓ちゃん?後輩なのに」

梓「かんけーないよ。それにこんな曲がった事、他の先輩達が味方してくれるに決まってるよ」

憂「そうかなぁ……律さんはお姉ちゃんと一緒に私のお金で遊んでたみたいだし……」

梓「えっ!?律先輩が?」

憂「うん…」

梓「ゆ、許せない…部長のくせに……」

梓「大丈夫、こっちには澪先輩がいるから!安心してよ憂」

憂「…分かったよ、ありがとう梓ちゃん」

梓「任せといてよ~」

……

ガチャ

律「ぐぁー疲れたぁ!お茶お茶~」

澪「部室来るなりそれかよ」

紬「ふふ、すぐ用意するわね~」

唯「ムギちゃん今日のお菓子な~に~?」

紬「今日は唯ちゃんの大好きな大麦ダグワースよ♪」

唯「うわぁああやったでえええムギちゃん大好きだで!」


ガチャ

梓「こんにちはー」

律「おっす梓」

唯「あずにゃんやっほー!」

梓「……」スタスタ

律「…ん?」


紬「こんにちは梓ちゃん、丁度お茶が入るところよ」

梓「あっ、ムギ先輩どうもです。澪お姉ちゃんやっほーです」

澪「こらこらやめろって恥ずかしいだろー…//」

梓「へへへ」

律「…なぁ梓、お前今私と唯のこと無視しなかった?」

唯「した!したよー、やっほーって言ったのに!」

梓「…はぁ。それが何か?」

律「こ、こいつ……」

梓「お二人は尊敬に値しない先輩なので挨拶はいらないかなって」

唯「えっ?」

律「なんだと!!」

澪「えっ、ちょ…おい梓なんだいきなり。どうしたんだ?」

梓「聞きましたよ憂に」

律(!!)

唯「ほぁ?」

澪「聞いたって何?何の話?」

梓「…唯先輩、憂が一生懸命貯めてたお金を奪ったらしいんです」

澪「は?奪っ…え?」

紬「ほ…本当なの唯ちゃん?」

唯「えぇえ知らないよぉ~、もらったけど奪ってはないよ~」

梓「憂ははっきり“お姉ちゃんにとられた”って言ってましたよ」

唯「違うもん、だってお姉ちゃん貯金だもん…私のだよぉ……」

梓「違わないですよ。憂は自分のために貯金してたんですよ。唯先輩は盗っ人です、強盗なんです」

唯「うぅ…違うよぉ~!あずにゃんのたこなす!変なこと言わないでよっ!」

澪「お、おい唯落ち着けって…っていうかホントにとったのか?ひどいぞそれ……」

律「……(やっべー、この場は静かに離れとこう…)」コソコソ

梓「…あれ?何関係ない風な顔してるんですか律先輩」

律「」ビクッ


梓「先輩も一緒になって憂のお金で遊んだんですよね」

律「ぅ……」

澪「!? ちょ……り、律…お前……」

紬「りっちゃん……」

律「……だって唯が遊ぼうっていうから…」

唯「わ、私のせい!?りっちゃんそこ私のせいにしちゃうの!?」

律「ホントのことじゃんか!唯が電話してこなかったら私家でゴロゴロしてただけだったのに!」

唯「りっちゃんそれありえないよぉー私ういのお金持ってゲーセンに居るってしか言ってないよ! そしたら『行ってもいい?』ってりっちゃんが言ったんじゃん!」

律「覚えてないしぃいいいそんなことぉおお!捏造すんなよー!!」

唯「捏造はりっちゃんだよおおお!!」

ギャアギャア

梓(なんて醜いのだろう…)

澪「二人とも静かにしろッ!!」

唯律「!!」

澪「……どっちが悪いとかどうでもいいだろ。とにかく憂ちゃんにお金返せよ」

唯「……う、うん…」

律「……」

澪「おい律、何黙ってんだお前も使ったんだから二人で返すんだぞ」

律「…分かってるよ……」

澪「使った分もちゃんと足して返せよ」

唯「む、むりだよー!私今月もうお小遣い残ってないもん…だからとったのに」

澪「バイトすればいいだろ。また交通量調査でもしろ」

唯「うぅ……」

ガチャ

憂「あのぉー…」

唯律「!?」


紬「あら、憂ちゃん」


梓「どうしたの憂」

憂「ちょっと心配になって……」

澪「大丈夫だよ憂ちゃん、今二人にちゃんと返すように…」

憂「ち、違うんです」

澪「?」

憂「お姉ちゃん怒られて落ち込んでないかなって…」

唯「すっごい怒られちゃったよ!何あずにゃんにちくってるんだよぉ~っ!!」

憂「ご、ごめんお姉ちゃ…」

唯「ごめんじゃないよっ、私もう帰るからね!皆にあのお金とられたんじゃないって説明しといてね!」

憂「うぅ、分かったよぅ…」

唯「帰ろうでりっちゃん!ういがとられたんじゃ無いって認めたからもういいや」ガチャ

律「あ、あぁそっかー。じゃあ帰ろうかなー。ははは」

澪「こ、こらお前らっ!!」


バタン!

澪「なっ…何てやつらだ……!」

憂「あ、あの…本当にいいんです…それじゃあ私もこれで……」

澪「えっ!?ちょ、ちょっと待って!良くないって」

憂「でもホントに…」

紬「憂ちゃんせっかく来たんだからお茶でも飲んでいって?」

憂「……じゃあいただきます…」

カチャカチャ…

紬「はい、どうぞ~」コト

憂「ありがとうございます」ズズ

憂「おいしい!」

紬「ふふ、お菓子もあるからね」

澪「…でさ、憂ちゃん。やっぱり許しちゃだめだって。結構な額だったんだろ?」

憂「……それはそうですけど…」

梓「よく考えてよ憂、このままじゃ唯先輩のためにもならないよ?」

憂「えっ」

澪「そうだな。このまま甘やかし続けてたら唯ロクな大人にならないよ」

憂「……」

憂「でもお姉ちゃんを怒るなんて出来ないです…」

梓「別に怒る必要なんてないよ、例えば…ほっとくとか」

憂「ほっとくって…」

澪「あ、そうだな。それでいいんじゃない?しばらく唯には何の世話も焼かないでおこうよ」

梓「そうそう、そうすれば唯先輩も少しは憂のありがたみが分かってひどいことしなくなるよ」

憂「でもお姉ちゃん見てたら何かせずにはいられないし…」

紬「じゃ、じゃあこうしない?」

澪「ん、なんだムギ?何か良い案浮かんだの?」

紬「えっとね……」

ガチャ

憂「ただいまー」

唯「うーいー!遅いよ何してたの?あいすごはんあいすごはんんん!!」バタバタ

憂「あ、あのねお姉ちゃん、私着替え取りに帰っただけなの。すぐ出て行くから…」

唯「? 何言ってるのうい、意味わかんないよ。とりあえずごはんんん~!」

憂「えと…私の貯金まだ残ってるでしょ?それで何か買って食べて……」

唯「やだぁあういのご飯がいいよー!」

憂「うぅ……だ、だめ!」

唯「!?」

憂「お姉ちゃんはしばらく私抜きで生活して!えと……」ガサッ

カンペ(私もうお姉ちゃんの傍若無人ぶりに疲れちゃったから出て行く!)

憂「私もうお姉ちゃんの傍若無人ぶりに疲れちゃったから出て行く!」

唯「ぼ……何?」

憂「」

唯「だいたい出て行くってうい、どこに行く気なの?」

憂「つ、紬さんの家」

唯「ムギちゃんち!?」

憂「私紬さんの妹になるから……」

唯「えぇぇええええぇ!?」

憂「……」

唯「何言ってるのうい、ういのお姉ちゃんは私だよ~」

憂「そうだけどそうじゃないの!えぇと…」

ガチャ

澪「やーっぱりつかまってたか」

憂「あ…」

唯「澪ちゃん!?」

梓「憂、早く準備してきちゃいなよ。私達が説明しとくから」

憂「う、うん。ごめんね梓ちゃん」タッタッ

唯「二人ともなんなの?どういうこと!?」

澪「どうって…なぁ?」

梓「唯先輩が妹思いのお姉ちゃんになるまで出て行くんですよ」

唯「誰が決めたのそんなの!家庭のもんだいなんだからほっといてよ!」

澪「いやまぁ提案したのはムギだけど…憂ちゃんも同意した事だから」

唯「うそだよ!」

澪「嘘じゃないって」


憂「準備してきたよー」ガチャ

梓「あ、おかえり。じゃあ行こうよ」

唯「うい!」

憂「……」

澪「お前が悪いんだぞ唯、出て行って欲しくなかったらちゃんと謝れ。お金も全部返すって約束しろ」

唯「や…やだ!」

梓「じゃあ仕方ないですね。憂が出て行ったら唯先輩どうなっちゃいますかねー」

唯「どうもならないよっ!…なに?ういがいないと何も出来ないと思ってるの!?」

澪「できないだろ?」

唯「で…できるよ!ばかにしないでよ!」

澪「ふーん、まぁいいけど…じゃあ行こうか憂ちゃん。唯大丈夫って言ってるしさ」

憂「は、はい」

唯「行っちゃえ行っちゃえ!ひとりでできるもんね、ういなんかいらないや!」

憂「!! ……」

澪「唯お前っ!」

梓「お姉ちゃんおさえて!ここで怒っても何にもならないよ」

澪「そ、そうだなごめん……もう行こう」

憂「じゃ、じゃあねお姉ちゃん。えと…蛇口あけっぱなしとか電気つけっぱなしとか気をつk」

梓「ほらいいから行こうって」グイ

憂「あ、うんごめん…」


ガチャ バタン

唯「…………」

唯「……」グゥーッ

唯「ふ、ふん!私だってもう高校生なんだからね!」

唯「とりあえずお金あるしご飯食べに行こうっと」

唯「なんてね!皆の考えてることなんて分かるもんね~」

唯「無茶なお金の使い方させてお金無くなって音を上げるのを待って謝らせようっていうんだ!そうはいくもんか!」

唯「自炊するぞぉー!ういがいなくたってご飯ぐらい作れるよ!」

ガチャコ

唯「ふんふん…冷蔵庫にはまだまだ食材があるぞぉ」

唯「なーんだこれならしばらくお金使わなくても食べられるぞ~♪」


唯「……」ゴロッゴロン

唯「とりあえずてきとうに野菜とか並べてみたけど…ここからどうしようかなぁ」

唯「うーん……」

テレビ「テレテッテッテッテッテッ♪テレテッテッテッテッテッ♪」

唯「!?あ、この音楽はきゅーぴー3分クッキングだ!」

唯「見に行こう」ドタドタ

テレビ「今日の料理はロールキャベツです、まずは材料…」

唯「ろーるきゃべつ!あっ、材料…ま、待ってよぉ台所に戻って確認してこなきゃ」

ドタドタ

唯「えぇっと、きゃべつ…ひきにくは昨日のはんばーぐのが……」

唯「あわあわ、あと何がいるんだろう、また戻って見なきゃ…」ドタバタ

テレビ「…これで完成でーす♪」

唯「」


……

澪「それじゃムギ、憂ちゃんたのんだよ」

憂「よろしくお願いします…//」

紬「あらあらいいのよそんなに畏まらなくって、姉妹なんだから♪」

憂「あっ、えへへ……」

紬(かわうぃいいいいい!!//)

梓「よかったね憂、これで姉妹デートできるよ!」

憂「も、も~梓ちゃんったらー」

紬「ふふ、憂ちゃんそんなのしたかったの?どんとこいよ~♪」

梓「あ、じゃあ今度私達と一緒にダブル姉妹デートしましょうよ!」

澪「おいおい梓…//」

アハハハハ…


憂(お姉ちゃん、ちゃんとご飯食べたかなぁ…)


唯「むぅう……」

唯「……」ピッピッ

唯「…あ、りっちゃん?私だよーん」

唯「あのね、りっちゃん料理とか出来る?……うん。うん…あ、そんな難しいのじゃなくていいんだ。簡単なので…」

唯「…あホント?へへ、じゃあうちきてよ~。なんかうい出て行っちゃって今一人なんだぁ」

唯「うん。待ってるよ~ん!」ピッ

唯「ふー!よーしじゃあテレビでも見てようっと」ゴロンッ

テレビ「ぬぁあにぃいい!?やっちまったなぁーー」

唯「ぷ。別にやってないってーんですよ!ばかだね」ポリポリ

ピンポーン♪

唯「んはっ、りっちゃん来たぁ~」ノソッ


ガチャ

律「おーっす」

唯「おっすおっす!りっちゃん早かったねぇ」

律「憂ちゃん出て行ったって何?どういうこと?」

唯「んー…よくわかんない!とりあえず今ここのあるじは私というわけです!」

唯「ようこそ我が城へ」

律「ぶはっ!窪塚のマネ!?w」

唯「よくわかったねーりっちゃんさっすがぁ♪入って入って」

律「お邪魔しゃーっす」

律「んで何?料理してほしいの?」

唯「うん!りっちゃんおねげーしますよぉお」

律「任せろよー …お、結構揃ってんじゃん」

唯「へへへ…何作ってくれるのー?」

律「野菜炒め!」

唯「えっ」

律「な、なんだよ。簡単なので良いって言ってたろ」

唯「…でもそれぐらい簡単だと私でも作れるよ~……」

律「じゃあ何がいいんだよー」

唯「えと…ろーるきゃべつ!」

律「…ごめん作ったことないわ……」

唯「……」


3