律『は?なんだって?もしもーし』

唯「さっきういにお金貸せ言うたら貸せんて反抗してきよったから腹殴ったったw」

律『えっ……やばくない?』

唯「全然やばないでw腹押さえて台所のスミにうずくまりよったでw」

唯「ほんで今ういの豚さん貯金箱叩き割って中身持ってゲーセンおるでww」

ピューン ガガガガ…

律『うっそ、マジで!?私も行っていい!?』

唯「ええでりっちゃんw遊ぼうでww」

律『しゃっけーい!すぐいくでww』ピッ

律「ゆーい~」

唯「あ、りっちゃーん!こっちこっちぃ」

律「おーっす!遊ぼうぜー」

唯「へへ、たんまり貯めこんどったでw」ジャラジャラ

律「うわっ、全部500円玉じゃん!」

唯「『お姉ちゃんに○○してあげたつもり貯金』らしいでw」

律「うわぁ~」

唯「ほやきん私がつこてもモーマンタイなんだでwこれw」

律(そうかなぁ…でもタダで遊べるんだしなんでもいいか)

唯「なにやろう?何しよ~w」

律「あのエイリアンのガンシューやろうぜw」

唯「ええで!やろうでwこんだけあったらクリアできるでw」ジャラジャラ


―――――

憂「うぅっ、痛い……ハァハァ……」

憂「もうこんな時間…今日のお夕飯の食材買ってないや…」

憂「すぐ買いに行かなくちゃ。今日はお姉ちゃんの好きなハンバーグにしようっと」

憂「あっ、その前にお米セットしてから行こう」

ジャッジャッジャッ…

憂「ふぅー……炊飯器予約っと」ピッ

……

憂「うぅ、歩くたびにお腹が痛む……」トボトボ


梓「あっ、憂~」

憂「? 梓ちゃん!」

澪「やぁ憂ちゃん」

憂「澪さん。どうしたんですか?二人で」

澪「えーっと…」

梓「お姉ちゃんとデートしてるんだ」

憂「えっ?」

澪「へへ……梓今私の妹なんだ」

憂「な、なんですかそれ?」

澪「なんか急にお姉ちゃんになって欲しいって言われてさ」

澪「私も妹欲しかったし丁度いいかなーと思って//」

梓「ごっこ遊びみたいなものだけどね」

憂「そうなんだ~」

澪「それより憂ちゃん大丈夫?お腹おさえてふらふらしてたから声かけてみたんだけど」

憂「あっ、えっと……だ、大丈夫です」

澪「そう?それならいいけど…」

梓「お姉ちゃん行こうよー」

澪「ごめんごめん…それじゃ憂ちゃん、またね。唯によろしく」

憂「あっハイ……またです」

キャッキャッ…ウフフ…


憂「……」

憂「いいなぁ…私もう長いことお姉ちゃんとデートなんかしてないよ……」トボトボ

―――

ピュンピュン… ギャボー

律「あぁ、マシンガンの弾無くなったっ!」

唯「うりゃああああ」バルバルバル

律「仕方ないハンドガンで…」パンパン

ピロン!

律「あ、弾出た!ゲッt」
唯「もーらい♪」バルル

律「あ゛ッ!?」

律「こらあああ唯まだ残ってるんだから私に取らせろよぉお!!」

唯「早いもん勝ちだでこれw」

律「き、協力プレイしてるんだぞこのっ……」

唯「あ、そっかーごめーん。つい」

律「ったく……」

ドバーン!

唯「わぁあああ!?」

律「うてうてー!撃てえええ」パンパンパン

ボギャーン!

唯「びっくりしたー。いきなり飛び出てくるのやめてほしいよ~」

律「やっぱりハンドガンじゃ捌ききれない…かなり体力減っちゃったぞ」

唯「りっちゃん死にそうだでw」

律「次に弾出ても取るなよ!あ、ライフアップも取るなよな!!」

唯「わーかってるよぅ~」

唯「りっちゃんあっこにドラム缶あるよ」

律「おっ!」パンパンッ

ピロン!

律「あ、ライフアップでt」
唯「げっとおおおお」バルルルッ

律「……」

唯「あっ」

律「……あっじゃねえよ…」

唯「…大丈夫だよりっちゃん!死んでもガンガンこんてにゅーしていけるでw」ジャラジャラ

律「まぁそうだよなぁーっw神風スタイルでガンガン行くかw」

唯「いこうでwいのちそまつにでやったろうでw」

ドギャオオオオン!

律「はぁはぁ……やった!クリアしたぞ!唯やったなぁ~!」

唯「嬉しいよぉお初めてクリアしたねりっちゃん!」

律「35回コンテニューした甲斐があったってもんだなぁ……ぅう、感動してきた…」

唯「私もだよりっちゃん…諦めなければ努力は報われるんだね……ヒグッ……」グスン

律「んじゃ次ダイナマイト刑事やろうぜw」

唯「ええでwやろうでりっちゃんww」

律「私ブルーノな!」

唯「えええシンディやだよ私がブルーノやる!」

律「唯へったくそだからブルーノがかわいそうだろ…」

唯「お金出すの私だよ?りっちゃん」

律「いや憂ちゃんの金じゃん」

唯「でも取ったの私だからもう私のお金だもん」

律「……しょうがないなぁあじゃあ私シンディでいいよ…もぉおお」

唯「やったでwほじゃお金入れるでww」


……

憂「えーっと、挽き肉挽き肉……お姉ちゃん牛多めの方が好きだから~」ガサガサ

憂「付け合せのお野菜も買って……」

憂「ふー…スープはどうしようかなぁ」

憂「夏だしビシソワーズなんて作ってみたらどうかな♪へへへ」

憂「あ!あとお菓子も買っておかないとね。アイスとか」

憂「ん?」ピタリ

憂「北海道フェアだって。色々あるなぁ…へー」ガサ

憂「サンマの挟み漬け?ふーん…へぇえ~。こっちはなんだろう……」

憂「北海道バニラアイス!おいしそ~。最後の一個だ」

憂(食べてみたいなー……)

憂「……買っちゃおうかな~……うわっ、高い!500円もするよ~」

憂(…どうせお姉ちゃんは今頃私の貯金使って遊んでるんだし、私だってこれぐらい……)


憂「いいや、買っちゃえ!えっへっへぇ~… ふんふん♪……」カラカラ



ドギャゴーン!

律「やった…クリアできたぜ!!凄いなぁお金さえあればどんなゲームでもクリアできる!」

唯「あははそうだねりっちゃん、お金ってすごい!」

律「腹へったなー」

唯「そろそろ晩御飯の時間だよぉ」

律「帰るか?」

唯「うーん……あ、こないだ帰りに見つけたお店いかない?良さそうって話してたいたりあん!」

律「え、ああいうとこって夜は高くないか?私そんなにお金持ってきてないぞ…」

唯「大丈夫大丈夫wういのお金まだたんまりあるで、おごるでw」ジャラジャラ

律「」

律「そ、そっかー!そうだよなぁはははじゃあ行くか~w」

律(しかし全部500円玉で払う気なのかな、ちょっと恥ずかしい……)

……

憂「うぅー、買いすぎちゃったかなぁちょっと重い……」ヨタヨタ

憂「でも早く帰って作らなきゃね。お姉ちゃんきっとお腹空かせて帰ってくるもん」

憂「……あっ」


唯「あははは面白かったねりっちゃ~ん」

律「おぉ、久しぶりにゲーセンで金使いまくったなぁ」


憂「お、お姉ちゃん!(と、律さん)」

唯「あれ、ういw」

律「!!(やべ…気まずいぞこれは)」

憂「お姉ちゃんゲームセンターで遊んでたの…?」

唯「うん、ういありがとね~!ういのお金たくさんあったから色んなゲームくりあできたよw」

憂「そ、そっかー……」チラリ

律「……(うっ…めっちゃ見られてる……)」


唯「ういは何してるの?」

憂「あ、夕飯のお買い物…今日はハンバーグだよお姉ちゃん♪」

唯「ほんま!?あーでもごめんご飯いいやwりっちゃんと食べに行くから」

憂「えっ…お、お金あるの?」

唯「あるで!ういのつもり貯金まだたんまり残っとるでw」ジャラジャラ

憂「」

唯「りっちゃんにもおごってあげるんだでw」

律「」

憂「……」


律「は、ははは!なんだマジだったのか唯~!?冗談だと思ってたよ!」

唯「え?りっちゃん何言ってるの?」

律「いやいやいや!私最初っから家で食べるつもりだったし!」

律「じゃあ帰るからな!またなー!!」タッタッタッ…

唯「あ、りっちゃ…」

憂「……」

唯「…うい、食べに行く?」

憂「……家で食べよう?お姉ちゃん」

唯「わ、分かったで」


唯「うーいー、ま~だぁあ?はんばーぐまだー?」チンチン

憂「できたよお姉ちゃ~ん、はい」トン

唯「うわぁあおいしそうだよぉ~!」

憂「待っててね、私の分も持ってくるかr」
唯「いただきま~す!」モグモグ

唯「おいひい!おいひいよぉお~」ガツガツ

憂「……」


憂「ふぅ~、じゃあ私も食べようっと」

憂「いただきまーs」
唯「ういー!」

憂「な、何?お姉ちゃん」

唯「ごはんおかわり!」

憂「…うんすぐよそってくるね、どれぐらいいるの?」

唯「大盛りやで!」


憂「も~、食いしん坊なんだからぁ」

唯「へへへ…はんばーぐおいしすぎるからご飯止まらんのやでw」

憂「お姉ちゃんったら~//」


憂「よっ…と」ペタペタ

憂「はいお姉ちゃん、カチ盛りだよ~♪」ドン

唯「ひゃああすごいよぉお!」

憂「ふー。…いただきまーす」

憂(ちょっと冷めちゃってる…)モグモグ

唯「おいひい!おいひいで~」パクモグ

憂「ふふふ、ほんとー?良かったぁ」

憂「……」モグモグ…

憂「…あのね、お姉ちゃん。お願いがあるんだけど~…」

唯「モグモグ……ングッ。 なに~?」

憂「わ、私のお金まだ残ってるでしょ?返して欲しいな~って」

唯「嫌だでw」

憂「」

憂「で、でも一生懸命貯めたお金だから……」

唯「えぇー……」

憂「……お願いお姉ちゃん、たくさん遊んで楽しんだからもういいでしょ?」

唯「でもー」

憂「…………」ショボン…

唯「分かったよぉ、返すようい……」

憂「! あ、ありがとうお姉ちゃん!」


唯「へへ、ういにションボリされたらかないまへんわ~」

憂「えへへへ」

唯「なーんて嘘だでw」

憂「」

唯「ばんばんつこうたるで、だってこれお姉ちゃん貯金だでw」

憂「ち、違うよお姉ちゃんに何かしてあげたつもり貯金だよぉ……お金は私のだよ」

唯「違うでお姉ちゃん貯金だで!そうだったらそうなんだで!」

憂「うぅ……」

唯「ごちそうさま~、私部屋行ってるね!」

憂「お姉ちゃん待っ」

ガチャ バタン!

憂「おね…………」

憂「……」モグモグ

憂「ごちそうさまー」カチャ

憂「それじゃ食器洗って…終わったらアイス食べよ~っと♪」

憂「えへへ、北海道だもんね!おいしそうだなー楽しみだよ」

ジャバジャバ…

憂「すすいだ瞬間きゅきゅっと落ちて~♪」キュッキュッ

憂「ふん♪ふん♪」

ドタドタドタ… ガチャッ


唯「うぅうういいいい!あいすー!!」


憂「はーい冷蔵庫に入ってるよぉ、私今食器洗ってるからー」

唯「うーぃ、分かったぁ」ガチャコ

憂「♪ふんふん…」キュコキュコ

憂「……あッ!?」バッ

憂「お、お姉ちゃん待ってやっぱり私が取ってあげr」
唯「なんじゃこりゃあああああ!!?北海道アイスだで!!!」

憂「」

唯「ういこれどうしたの!?すごいおいしそうだよぉお~!」

憂「あ、あのねお姉ちゃんそれ……わ、わ……」

唯「いっただっきまーーーす!!」ザスッ!モグ

憂「わた……し…の……」

唯「おいひい!なんじゃこりゃああめっひゃ濃厚だよぉお!!」バクモグ

憂「…………」



ザワザワ…


ガチャ

憂「はぁ~……」

梓「おはよー憂。なんか元気ないね」

憂「あ、おはよう梓ちゃん……えっとね…」

梓「うん」

憂「……やっぱりなんでもないや」

梓「うん?」

憂「梓ちゃん昨日はデート楽しかった?」

梓「楽しかったよ~ん」

憂「いいなぁ~…」

梓「憂もデートすれば?唯先輩と」

憂「したい!けど……」

梓「けど?」

憂「最近お姉ちゃんちょっと変だから…」

梓「えっ、変?」

憂「なんかどんどん荒くれ者になってるっていうか…まるでパイレーツだよ」

梓「ふるーいw古いよ憂w」

憂「え?」

梓「だっちゅーのでしょ?パイレーツって」

憂「ち、違うよそのパイレーツじゃなくて本物の方だよ…」

梓「本物って…え?どういう意味?」

憂「だからぁ、バイキングの方!」

梓「んん…?ご飯食べ放題にしろってわがままいうの?はは、唯先輩らしいねw」

憂「ち、違うよぉそれも……」

梓「えー、じゃあ何なの?よくわかんないよ憂…」

憂「えと…だからその……略奪するやつだよ。海賊!」

梓「?…あぁ~、海賊! ……は?唯先輩が~?」

憂「う、うん…一生懸命貯めてた『つもり貯金』取られちゃったんだ……」

梓「えっ、ひどい!唯先輩そんなことしたの?」

憂「うん……」

梓「全部使われちゃったの?」


2