【駅前】



唯(と、帰る前に、ちょっと休憩!)

唯(駅前のベンチに、どっこいしょ!)ドスン♪


唯(いやー、思いの外歩き回ったなー)

唯(若いコはホント元気だわ~)



唯(あのコたち今頃、何してるかなー?)

唯(もう告白とかしちゃってたりして!?)キャー///


唯(ふふふ~)


唯(もし二人が上手くいって、付き合うとか、お嫁にくるとかだったら、大賛成!)

唯(いいコみたいだし、抱き締めたくなるほどカワイイし!)

唯(ほんとにお人形さんみたいだったよね~)

唯(私がこどもの時に一緒に遊んだ、大事なお人形に、ソックリ!)



唯(…………んん?)



唯(待って、私はそういう人形とかは、持ってなかった様な気も?)

唯(あれ、じゃぁ何と勘違いしてるんだろう??)

唯(…………)

唯(金色の、ふわっとした長い髪)



唯(んん。分からないけれど、)

唯(あのコを見てると、なぜだか、懐かしい気分になるんだよね~)

唯(なんでだろ??)

J( 'ー`)し(……)テクテクテク


J( 'ー`)し(……アラ?)




J( 'ー`)し(あそこで座ってる人、昔、どっかで見たような???)

唯(……んん。まぁ、いいや)





唯(きっとこの後、あの二人は平穏なハッピーエンド迎えるんだろうなぁ……)

唯(それで二人、気の合う仲間たちと共に、キラキラした人生を歩んでいく……!)


唯(親元を離れ、自分の行きたい方向へ、自分たちの力で進んでく……!)


唯(そういうのって、いいよね。本当に青春!)

唯(…………)


唯(それに引き換え、大人になったのに、私は散々だなー)



唯(家族サービスはあんまりだけど、家庭を守ろうと仕事熱心な旦那がいてくれるのは、ありがたいことだし

、)

唯(息子の成長してく姿や、いつか家族が増えるかもってのは、ワクワクしちゃうけど……)

唯(それでも私は、私自身は、)


唯(もう、何もできない人間になっちゃった気がするなぁ……)




唯(……この後の人生は、味気ないものになっちゃいそう)


唯(まるで、砂や錆びだらけの、草も生えない不毛な大地を……)


唯(目的もなく、いく宛もなく、乗り物もなく、ゆっくりお婆ちゃんになりながら、)



唯(ただただ、1人裸足で、歩き続けちゃうみたいな)

唯(得意なことも、別にない。好きなことも、できてない……)


唯(家事とかも、そこまで上手くできる訳じゃなし……)

唯(パートのお仕事も、社員さんの言われた指示を聞いてるだけ……)


唯(もし結婚に逃げたりせずに、お仕事を頑張り続けてたり……!)

唯(大学でも、もっと勉強や就職活動をちゃんとしてたり……!!)

唯(バンドとかも、もっともっと一生懸命やり続けてれば…………!!!)




唯(今頃は、アイドルみたいに、キラキラ輝けてる、そんな人生を送れていたかなぁ?)

唯(…………ううん)



唯(いけない、こんな暗いことを考えちゃうのは良くないね!)


唯(そうだ! こういう時は、気分が明るくなって、元気の出る歌を唄っちゃおう!)

唯(鼻唄で! そう、『ふわふわ時間』を!!)



唯(たしか出だしは……えーと)


唯(思い出した! よーし! 久しぶりに歌うぞ~)

唯「 ~ ♪ 」

J( 'ー`)し「!!?」ピクッ







唯「 ~ ♪♪ 」

J( 'ー`)し「!!!!!!」

J( 'ー`)し「あ、あぁ…………!」


唯「~♪」

唯「…………」


唯「…………??」


唯「あれ、2番の出だしはどんなだっけ?」

唯「…………」

唯「もう歌うことも、ギター弾くこともないから、忘れちった……」

唯「とほほほ……」


J( 'ー`)し「うぅぅ、うぅぅぅ」タッタッタッタ!

J( 'ー`)し「唯ちゃん!」


唯「ほえっ!?」


ガバッ!

むぎゅぅぅぅぅぅぅぅ

唯「あわわわわえあわ!?」


唯(い、いきなり見知らぬ人に抱きつかれた!?)

J( 'ー`)し「うぅ……」

唯「ど、どうしたの? アナタ誰? 何があったの??」

J( 'ー`)し「ごめんね、ごめんね。唯ちゃん、ようやく出会えた……」


唯「えっ??」

J( 'ー`)し「あ、これじゃ分からないわよね、変装してるし」

唯「ええっ?」


J( 'ー`)し「こんな姿だけれど……」



J( 'ー`)し「私はムギよ。旧姓、琴吹紬。久しぶりね、唯ちゃん!」


唯「……………………」




唯「どぅええええええええ!!???」

【喫茶店】

紬「それじゃ、再会を記念してかんぱーい!」

唯「か、かんぱーい! カプチーノだけど」


紬「うふふふ~」

唯「…………」

唯「いやー、まさかムギちゃんと会うことになるとは、ビックリだ!」

紬「うんうん、私もビックリ!」


唯「ところで、カーチャン……じゃなくて、ムギちゃんは、さっきまで何してたの?」

紬「あっ、えっと……その、内緒にしてほしいんだけど、」

唯「ふむふむ」

紬「娘が、同じ部の後輩とデートするって言うから、気になってコッソリ追跡を…………///」

唯「…………ほぇ」

紬「相手もちょっと心配なトコあるけど、素敵な男の子で、」

紬「映画見たり、デートもいい雰囲気みたいで一安心だわ~」



唯「…………え、えーと」

唯「ね、ねぇ。ムギちゃん?」

紬「なぁに?」



唯「その娘さんが見た映画って、もしかして、このチケットのヤツ?」

ガサゴソ

紬「あっ、それそれ! 唯ちゃんもこの映画を観に行ってたんだ!」

唯「…………あ、いや、実はね」


唯「その、私も息子が先輩とデートするって言うから、気になって追跡を…………」

紬「へー、そうなんだ。奇遇ね~」



唯「…………」

紬「えっ」


えええええええええええ

唯「ま、まさかさっきの美少女ちゃんが、ムギちゃんの娘とは…………」

紬「そんな、美少女なんて/// ほんと家ではお転婆で困っちゃうもの……///」


紬「それにしても、唯ちゃんがあの素敵な男の子のお母さんだったなんて……凄い運命よね、奇跡みたい!」

唯「まぁ、ちょっとおバカなトコあるけど、いいヤツですよ。自慢の息子です!」エッヘン!

紬「うふふ~」

唯「それに、思わぬ形で、ムギちゃんと引き合わせてくれて、圧倒的感謝!!」

紬「ほんとほんと!」

紬「ね、ねぇ唯ちゃん、最近はどう?」

唯「最近?」

紬「お仕事とか、趣味とか。それにやりたい事とか、ある?」

唯「んーとねー」


唯「お仕事は、近所のお店でパートしてるよ~」

紬「ふんふん」

唯「趣味とかも、家事とかで忙しいし、空いた時間でネット見るくらいかな……」

紬「へー」

唯「そんでね、動画サイトとかで、よくバンドとか個人創作の音楽とか観てるんだけど、」

唯「おなじみの、原点にして頂点みたいな人達だけじゃなく、」

唯「埋もれてるけど、『もっと評価されるべき』みたいな人や曲がたくさんあるんだ~!」

紬「うん……??」


唯「そういうのに、スポットライトを当てるような、まとめサイトとかを作りたいかなーって」

紬「おー……??」


唯「…………まぁでも、私はパソコンとか詳しくないし、既にそういう事してる人やサイトもあるし、」

唯「何より時間もなくて、私じゃできそうにないケド、エヘヘ……」

紬「そっちの方面はよく分からないけれど、いろいろあるみたいね~」

唯「ムギちゃんは? どんな感じ?」

紬「私?」

唯「お仕事とかはしてるの?」

紬「う、うん。ちょっと、会社をしてます……!」


唯「会社してるって、社長さんなの!? す、すごい!!!」

紬「えへへへ////」



唯「流石はムギちゃん、すごい! すごいよムギちゃん!!」


紬「色々と、大変だったんだけど……」

紬「最近ようやく、余裕がでてきたの!」

紬「ねぇ唯ちゃん!」

唯「なぁにムギちゃん?」



紬「さっき歌ってくれて、ありがとね」

紬「歌ってくれたから、唯ちゃんに気づけた。また出会えた!!」


唯「いや、そんな……」




紬「さっぱり連絡取れなかったのに、ここで会えたのも、きっと何かの縁、」

紬「単刀直入に、お願いしたいの!」

唯「……ふぇ?」

紬「昔みたいに、私たちと、りっちゃん、澪ちゃん、梓ちゃんで集まって」

紬「またバンドを、復活できないかしら!!!?」









唯「…………………!!!!!」



6