【そして、とある未来】

【午前9時01分】






唯(45)「おーい、朝だよ~」

唯の息子(15)「う~ん……zzz」

唯「ほら、こーちゃん。今日は大事な日なんじゃないの?」

子「うん……? 大事な日…………」ムニャムニャ


子「あ、やべ! 今日はデートじゃん!」

唯「ほら、さっさと起きる!」


子「うわわわ!」

子「っていうか、イマ何時?!」

唯「9時を少し回ったとこ」

子「よかった、セーフ……」ホッ

唯「でもでも、準備があるから余裕はないよ」

唯「まずは顔洗って、ボサボサ頭を整えて、朝ごはんを食べちゃって!」

子「おー」

唯「お、来た来た。遅いよ~!」

子「やー、なかなかセットが決まんなくて」

唯「まったく。この子はモー……」


唯「ホラ、ごはん用意したげたから、さっさとする!」

子「サンキュー、母ちゃん! いただきまーす!」

子「うめー」モグモグ

唯「うふふふ」


唯「ねーねー、こーちゃん?」

子「ん、何?」


唯「今日のデート相手って、確か同じバンドのベース少女ちゃんだっけ?」

子「や、何べん言わすんだよ。同じ部の先輩。3年生で、担当はドラム!」

唯「あー、そっかそっか。そーだった!」




唯「ねーねー。因みにどんなコ? かわいい??」

子「う、うん。めっちゃいい人だし、すっげーカワイイひと、だよ///」

唯「ほほー、いいですなぁ……///」

唯「ねーねー。今日のデートだけどさぁ……」

子「?」

唯「その、母ちゃんも、一緒に同伴しちゃ、ダメかな???」

子「…………絶体ダメ! なにいってんだアンタ!!」


唯「だったら、こっそり尾行しつつ、記念のビデオ撮影とか…………」

子「……カンベンしてくれよ。付いてくんな!」シッシッ

唯「ヴー、けち~」

子「まったく……」

唯「しかしまー、感慨深いなー」

子「えっ、何が?」


唯「私の子も、自分と同じく高校から軽音部入ってバンド組んだとか。やっぱ遺伝だなーって」

子「……まぁ軽音部っていうか、あれだけど」


子「…………なぁ母ちゃん?」

唯「んー?」

子「その、母ちゃんも昔バンドしてたって言うけど、それは本当の話なん?」

唯「ほんとほんと、大マジだよ~」

子「え~」

唯「『え~』とはなにか(怒)」


子「だってさ、母ちゃんがバンドしてた風とか、練習頑張ってた様には思えねーもん」

唯「このー、言うようになったね~」


唯「あれだよ、こー見えても母ちゃんは、若いときは凄腕バンドマンだったのだからっ」エッヘン!

子「……例えば、どのくらい?」

唯「デビュー曲が、ニ○ニコ動画ランキングで1位取ったり!」

子「……えぇぇ」


唯「文化祭のライブでも、母ちゃん達の演奏を聴きに、めちゃめちゃ人が集まったり……」

子「……んん、どのくらい??」

唯「……ご、五十万人くらい、だったと思う!」

子「それは、ウソでしょ?」

唯「…………すみません、これは嘘でした」

唯「やー、でもね。練習とかは毎日やってたんだから!ほんと!!」

子「へー」


唯「放課後に毎日集まって、みんなで一時間くらい……」

子「一時間くらい……?」

唯「……お茶会をしたり!」

子「……お茶会!?」

唯「その後みんなでまた、一時間くらい、お喋りしたり!」

子「お喋り!??」


唯「そんでそんで、それから練習をね、ちょっとやってた!」

子「……」


唯「……あー何か『そこはもっと練習しようよ』とか思ってるでしょ!」

子「……ん、まぁ少し」

唯「ふーんだ!」

唯「いいんだよ。私たちは楽しい一時を過ごせてたんだから!」

子「うん、まぁね。楽しいのが何より」


唯「……ちなみに、こーちゃんはバンドとか、楽しい?」

子「あ、俺? うん。スッゲー、楽しいよ!」


子「先輩も仲間も、みんないい人でさ。ケンカしたりもするけれど」

唯「うんうん」


子「それでも自分のやりたい事に挑戦できて、上手くいって、」

子「でも本当に本当に大事なトコは、思った通りにはならなくて」

唯「ほうほう」

子「大変な事も多いけど、まぁそれでも、あの場所で、あの皆と頑張っていきたいって、思ってる」

唯「おー、いいね~。私とはゼンゼン違うけど、青春そのものだね~」


唯「ふふふ。いいことだよー。そんな素敵な場所と、出会えた人達を、大切にしてね!」

子「……あぁ」

唯「きっと、きっとね!」

唯「自分が望む場所で頑張れたって思い出と、一緒に過ごした仲間との思い出は、」

唯「この先ずっと、自分を支えてくれる、人生の宝物になるから……」

子「……かーちゃん、いいこと言うなぁ」




唯「あー、でも楽しいコトだけじゃ駄目だよ~」

子「うん?」

唯「しっかり勉強もして、将来できたら、お堅い職業に就きなさい!」

子「あぁ、分かってるよ~」

唯「ま、とにかく今日のデート頑張って!」

子「おっと、そろそろ出発の時間だな」



唯「それじゃ、あーゆーれでぃ?」

子「いえっさー!」



唯「服装や髪形!?」

子「バッチリ!」


唯「ハンカチにティッシュ!?」

子「ポケットに!」


唯「デートプランは!?」

子「一週間、練りに練った計画と、そのメモ帳!」サッ

唯「よろしい!」

唯「最後に、お財布と携帯は?」

子「どっちもココに……って、ああヤベー!」

唯「どしたの?」

子「ケータイの充電が、もう10%もない!」


唯「また!? 寝る前に充電しときなさいって言ったじゃん!」

子「ああああ、どーしよー」

唯「まったくモー、この子ったらホント残念系男子なんだから」ヤレヤレ

子「……母ちゃんには言われたくねーよ」

子「まぁいいや。充電なくても問題ないっしょ」


唯「あれ、もう行くの?」


子「あぁ、帰りはあんまり遅くなんねー様にするから!」


唯「はいはい。気をつけてね。いってらっしゃーい!」ノシ

子「行ってきまーす!」ノシ


ガチャッ バタン!

タッタッタッタッタッ♪



唯(ふふふ、楽しそうな足音を鳴らして走ってった♪)

唯(……さてさて)

唯(それじゃ、私も出掛けますか~)



4