澪「…………こけた」

梓「す、すみません」

唯「あいたたた」



紬「ちょっと、唯ちゃん大丈夫?」

唯「うぅ、ムギちゃぁん……」

唯「ムギちゃぁぁん……」

紬「どうしたの? 唯ちゃん?」



唯「いやだ。寂しいよ。どこにも行かないでよ。ムギちゃん!」



紬「……唯ちゃん」


唯「こんなに急にお別れを言われるなんて」


唯「いやだ。嫌だよ。あんなにずーっと一緒だったのに、あんまりだよ!」


紬「……」



唯「ヒッグ、エッグ…………」


唯「うぇえええええぇぇぇぇぇぇぇえぇぇぇぇぇ」

紬「ゆ、唯ちゃん」

唯「うぅぅ……」


グシグシッ!

唯「……ねぇ、ムギぢゃん?」

紬「……なぁに?」


唯「ムギちゃんの為に、私ができることって、何かないがなぁ?」

紬「唯ちゃんが、できること……」


唯「私は、大切なムギちゃんのピンチに、大事なお別れの時間に、」

唯「遠くから見てるだけで、何もしてあげられなかった……」

唯「このままお別れするだけとか、辛すぎるからさぁ……」

唯「ここから、私ができることって、ないがなぁ……?」グスッ


紬「唯ちゃん」


唯「できることなら、何でもするから…………!」

紬「じゃぁ、じゃぁね!」

唯「……」

紬「それじゃぁ唯ちゃんは、」

唯「……」





紬「唯ちゃんは、歌い続けてよ!」

唯「歌い、続ける?」

紬「えぇ!」


紬「私ね。唯ちゃんの歌声が大好きなの!」

唯「私の、歌声?」

紬「そっ!」

紬「温かくて、ふわふわしてて、幸せそうに歌う声が響くと」

紬「聴いてる私も、なんだか幸せな気分になってきちゃう、」

紬「そんな唯ちゃんの歌声が、私は大好きで、何度だって聞きたくなるの!」


唯「……」


唯「……い、いやぁ///」テレテレ

紬「……私は、ここでお別れすることになっちゃったけれど」

唯「……ムギちゃん!」


紬「唯ちゃんが歌ってくれるなら、いつの日かきっと、」


紬「それを目印にして、唯ちゃんに、会いにいくから……」

唯「……うん!」

唯「私、歌う。歌い続けるよ」

紬「唯ちゃん……」


唯「ここでお別れだとしても、サヨナラだとしても」

唯「いつかまた、みんなが戻ってこれる、」


唯「この前のキャンプファイヤーみたいな、真っ暗な夜を、遠くまで照らすような」


唯「そんな歌を、そんな歌っていくよ……!」

紬「……すぐには無理だけど」


紬「もし、唯ちゃんの歌声が、この耳に聞こえたなら、」

紬「私はどこにいても、唯ちゃんを抱き締めに飛んで行くわ!」


唯「うん。そんな日が来るのを、待ってる!」

紬「きっと。約束ね!」

「バイバイ」

「また会おうね」


こうしてムギちゃんは、私たちから旅立ちました






けれど、それから今まで、私はムギちゃんに会うことができていません。

そして、『歌い続ける』って約束も、守れていません

……というのも



唯(21)「えっ、海外発の、百年に一度の大不況!?」

唯(21)「どこかに勤めないと、趣味で音楽もできない世の中か……」

唯(21)「うぅ、働かなきゃなのに、就職活動の仕方とか、ゼンゼン分かんないよー」


唯(22)「お、御社の志望動機は……、自己PRは……」

唯(22)「ふぇぇ、またお祈りメールだぁ……」

唯(22)「はぁ、どこにも就職できず、大学を卒業かぁ……」

唯(23)「こんな私でも雇ってくれる会社があった、一生懸命働きます!」

唯(23)「仕事量が多過ぎて、ギー太を弾く暇もないよ……」

唯(23)「ええっ、会社が倒産するかも!? 入ったばっかなのに!」


唯(24)「ま、まさか勤め先が外資系企業に買われるとは」

唯(24)「海外転勤できるなら再雇用……できないならクビ…………」

唯(24)「ここ辞めると就職できる気がしないし、受け入れよう」

唯(25)「今日からここロンドン支社に出向し、お世話になる平沢唯です!よろしくお願いします!」

唯(25)「……まさかこんな形でここに戻ってくるとは」

唯(25)「卒業旅行で来たメンバーとは、今は離ればなれだけど……」


唯(26)「営業成績が『A』! ありがとうございます!」

唯(26)「こう見えても、やれば100点を取れる子なのです!」

唯(26)「はい、これからもロンドンでがんばります!」

唯(26)「……本当は、帰りたいけれど」

唯(27)「メアリー先輩。今までご指導ありがとうございました。お達者で!」

唯(27)「ジョン君は転職かー。新しい職場でも頑張ってね!」

唯(27)「……どうしよう。仕事量は増えてくのに、人は減っていく」


唯(28)「……………………」

唯(28)「はっ!? 寝てたっ!!!」

唯(28)「うー、3日も徹夜なのに、まだ仕事が終わらないよ~」

唯(28)「日本に戻れたはいいけれど、余計に重労働になっちった……」

唯(29)「……つらい、つらいよ。眠れない」

唯(29)「どこまで頑張っても、休める気が、終わりが来る気がしない」


唯(29)「あぁ……」



唯(29)「帰りたい。楽しかった、あの日々に……」

PRRRRR


唯(29)「もしもし? あ、お母さん!」

唯(29)「お見合い? ええっ、私に?? ……うんうん」

唯(29)「そんな、急だよ」




唯(29)「…………うん。でも、お願いしよっかな」



唯(29)「私はもう、ここに居たくはないから……」

こうして、私は結婚し主婦になり、一児の母にもなりました



その後も、色々とあったけど


違うようで同じ、同じようで少しづつ違ってく、繰り返す毎日


家事をこなして、家族の面倒を見て

パートに通い、暇潰しにネットを見て、夜は眠る

レコードみたいに、巡りゆく朝と夜

私のものの筈だった人生は、少しずつ少しずつ、サラサラと世界に溶け込んでいく



何年も何年も、大切な約束を守れずに

若い頃に見てた夢も忘れてしまって

いつかあった私の形が、塩の柱みたいに崩れていって


自分が、かつて何者だったか分からなくなるほどの時間がたって




そうして、今に至ります



ただ生きる。生きるために、今日を、毎日を生きてます



3