紬「…」

紬「…だから?」

紬「だからなんなの?どうなるの?わたしたち」

紬「りっちゃんはなにをどうしたいの?」

律「前みたいに時々ふたりで遊びに行きたい」

律「声が聞きたくなったらいつだって電話したい」

律「顔みたくなったらすぐにだってムギのところに駆けつけたい」

紬「…りっちゃん。それがどういうことかわかってるの?」

紬「それじゃまるで…」

紬「恋人同士みたいじゃない…」

律「そうだよ。わたしはムギの恋人になりたい」

紬「ダメ…」

紬「ダメだよ…そんなの」

律「ムギはわたしのこと、嫌いか?」

紬「そうじゃなくて。梓ちゃんが…」

律「今はムギの気持ちが知りたい。ムギはわたしのこと、どう思ってるんだ」

律「もし今のムギがわたしのことを好きじゃなくなってて…」

律「別の誰かを好きだとしても、」

律「ちゃんとこの耳でムギの気持ち、聞いておきたいんだ」

律「だから教えてくれ。ムギ…」

紬「わたし…わたしは…」

紬(忘れるはずだったのに)

紬(たった一晩、一緒に過ごすことができたら、それで全部忘れるつもりだったのに)

紬(忘れられると思ってた)

紬(でもね…)

紬(逆だったわ、りっちゃん)

紬(わたし…前よりもずっと、)




紬「好き。大好きよ、りっちゃん。わたし、りっちゃんのことが、死ぬほど好き」

律「…ムギ」

紬「…りっちゃん」

澪「盛り上がってるとこ悪いけど」ヨッ

律「は?」

紬「え?」

律「な、なんで澪が……」

澪「なんでってわたしが呼んだんだからわたしがここにいるのは当たり前だろ」

律「あ、いや…それはそうなんだけど…」

紬「さっきまでの……もしかして見てた?」

澪「ああ、バッチリ」

澪「おかげで律とムギの本当の気持ちを聞けてよかったよ」

澪「な、梓」

梓「………」

律「うそっ、梓!?なんでここに…!」

紬「梓ちゃん……」

梓「………」

唯「わたしもいるよー」オイーッス

律「澪、おまえ…ハメたな」

澪「あんまり褒められたやり方じゃないのはわかってるよ。でもこうでもしなきゃ、状況は変わんなかっただろ」

澪「困るんだよ。本音を隠して気持ち読み合って、それでお互いをさぐりあって…ギスギスするの」

律「だからってやっていいことと悪いことがあるだろっ」

澪「やっていいこと悪いこと?律、お前にだけは言われたくないな」

律「………」

紬「………」

澪「確かにわたしのやり方はひどいよ。卑怯だった。それは謝る。でもな」

澪「隠していたっていずれわかることだ。傷つくのは変わらないだろ」

律「………」

梓「………」

紬「………」

唯(………空気が重い……来なきゃよかった……かも)

梓「律先輩」

梓「…言い訳の一つでもしたらどうですか」

律「……あずさ」

紬「あ、梓ちゃん…あのね。りっちゃんは悪くないの。元はと言えばわたしが…」

梓「あなたには聞いてません。というか声も聞きたくないので。黙っててもらえますか」

紬「……あ、う。ご、ごめんなさい」

唯(うわぁあずにゃんの声、聞いたことないトーンだ……)

律「梓…あのな、これは…」

梓「目をつぶってあげます」

律「…梓?」

梓「こういうことになったのはわたしにだって責任あるでしょうし。律先輩一人が全部悪いわけじゃありません」

梓「”ゴメン悪かった、二度とこんなことはしない”そう言ってくれたら許してあげます」

律「……」

梓「…もう。とくべつですよ……だから」

梓「許して…あげますから」

律「……」

梓「…ねえ」

律「……」

紬「…りっちゃん?」

律「……ゴメン」

律「ゴメンな、梓。傷つけちゃって。わたし梓に迷惑かけてばっかだな。ホントゴメン、悪かった」

梓「ううん…。いいです。許してあげます」

律「いや…わたしは許される資格なんてない」

梓「許してあげます」

律「ダメだ。許されない。だってわたし」

律「ムギのことが好きなんだ。本気で好きになっちゃったんだ。ゴメン梓。わたしには許される資格がない」

梓「……」

律「ゴメン」

紬「…りっちゃん」

梓「……それは、」

梓「それはわたしと……別れたい、ってこと………なんですか」

律「……」

梓「……わたしたちもう…おしまい、ってこと……なんですか」

律「……梓、わたしな。本当に自分で自分のこと、サイテーだって思うよ」

律「サイテーだけど…許される資格なんてないけど…それでも、自分の気持ちに正直にしか生きられないみたいなんだ」

律「だからちゃんと自分の気持ち、正直に言うよ。傷つけちゃうかもしれないけど…聞いてほしい」

梓「……待って」

律「…あずさ?」

梓「やっぱりイヤ。聞きたくない」

律「梓…聞いてくれ。お願いだ」

梓「ダメ……だって終わっちゃうもん。聞いたら全部終わっちゃう…」

梓「たいせつにしてたことが、全部終わっちゃうんだもん…イヤ…イヤ!」

律「終わらないよ!終わるわけないだろ!」

梓「ウソ!いまさらそんなウソつかないでよ!」

律「ウソじゃない!本当だ!」

梓「わたしを捨てるくせに!離れてくくせに!」

律「捨てるわけない!離れないよ!これからもずっとそばにいる!」

澪(……ん?)

唯(……あれ?)

律「聞いてくれ梓!わたしは梓のことが好きだ!大好きだ!これからもそばにいてほしい!」

梓「え……な、なにいってるの…さっきその女のこと好きって言ったじゃない!」

唯(あずにゃんがムギちゃんのこと”その女”って言った……)

律「言ったよ。でも梓のことも好きだ、好きなんだ」

澪「……ちょっと待て律。わたしがここで口を挟むのもなんだけど……自分がなに言ってるかわかってるのか……?」

律「ああわかってるとも、つまりわたしは…………」









律「梓のこともムギのことも……ふたりのことがおなじくらい大好きなんだぁぁぁぁぁぁ!!!!!」









唯(りっちゃんクズだねー)


澪「い、」

澪「いやいやいやいやいやいや…」

唯(ろっかい)

澪「律…おまえ……バカだとは思ってたけどそこまでとは思ってなかったぞ」

律「バカだろうがなんだろうがカンケーねぇ。これがわたしの正直な気持ちなんだ」

澪「いや……いくら正直って言ってもだな……正直すぎるだろ!そんなことでムギも梓も納得するわけが…」

梓「そうですよ!納得できません!」

梓「わたしを人の恋人に手を出すようなサイテー女と一緒にしないでください!」

唯(うわぁ…あずにゃん言うねぇ……)

紬「わたしはいいわよ」

澪梓「「!?」」

紬「りっちゃんが梓ちゃんのことが好きでも全然構わないわ。りっちゃんの好きなようにしてくれたらいいの」

紬「わたしは好きな人を縛るようなこと、したくないから」チラ

梓「……」

紬「それでりっちゃんが笑ってくれるなら、わたしはしあわせよ」ニッコリ

澪「お…おいおいムギ…」

梓「…わたしも構いませんよ」

澪「梓まで!?さっきと言ってること変わってるじゃないか!」

梓「いやいや…よく考えたら律先輩がわたしのこと好きなのは変わらないわけじゃないですか」

梓「そりゃあ人間誰しも気の迷いはあるでしょうからね。でも帰ってくる場所はひとつなわけで」

梓「よろしくお願いしますね?”2号さん”」ニッコリ

唯(”2号さん”ってなに?澪ちゃん)ヒソヒソ

澪(愛人さんのことだよ…って当人たちがいるところで聞くなっ)ヒソヒソ

紬「こちらこそ~。梓ちゃんとのお付き合いで疲れたりっちゃんをわたしがちゃ~んと癒してあげるから。安心してね?」ニッコリ

紬「そうそう。近いうちに梓ちゃんに”2号さん”になってもらう予定だから~☆あ、もしかしてすでにそうかも♪」

梓「アハハ…ムギ先輩。だんだんボケがお上手になってきましたね。その頭、今度わたしが叩いてあげましょうか?ハンマーで。ガツンと」

澪(なんだこれは…なんなんだこの空気は…)

律「ゴメンな…わたしの自分勝手だっていうことは百も承知なんだけど…二人とも、できればいつも通り仲良くしてほしいんだ…な?頼むよ。おなじ軽音部なんだし、さ」

紬「りっちゃんがいうならわたし仲良くする!」ハイ!

梓「わ、わかりました律先輩がそう言うなら…」シブシブ

紬「……」ニコニコ

梓「……」ニコニコ

紬「……」ニコニコ

梓「……」ニコニコ

紬「……」ニコニコ

梓「……」ニコニコ

唯「おおっ、この二人思ったよりうまくやれそうだね!澪ちゃん!」

澪「何を見てそう思うんだよ、殺気が充満してるじゃないか」

唯「二人ともいい笑顔じゃん」

澪「そんなわけあるか。梓は笑顔が引きつってるし。ムギは目が笑ってないし」

紬「…」スッ

梓「…」ギュッ

唯「ほらほら!手と手を握り合って……うるわしい友情だね」

澪「梓のやつ、爪立ててるぞ…ムギの手の甲には血管浮き出てるし。どれだけ力入れてるんだ…」

律「よし!じゃあ一件落着したということで、今日はみんなで遊園地でも行くかぁ~!」

澪「どこが一件落着だ!」


澪(あれから一週間)

唯「きょ・お・の・お・か・し・は」

律「なぁ~にかなぁ~っと」

紬「りっちゃん♪今日は宮内庁献上品のバウムクーヘンですよ~、はいあ~ん♪」

律「お、うまそ~いただきm…」

梓「律先輩!手作りのクッキーつくってきました!どうぞ!」ズイッ

律「お、すごいな、手作りか」

梓「はい!最近結構上達してきたんですよ、頑張りました」

紬「バウムクーヘン…」

梓「頑張って手作りしてみたんです!愛情いっぱい込めちゃいました☆」エヘヘ

梓「どんなに高級品でも”親が稼いだお金をつかって取り寄せただけ”のお菓子なんかじゃ、わたしの律先輩へのキモチはこれっぽっちも伝わらないですからね」チラ

紬「……」ギリリ

律「お、おう…じゃあまずは梓のクッキーから……」バリバリ

律「……ん、ちょうどいい食感だ。甘さもいいかんじ」

梓「エヘヘ…律先輩に食べてもらいたくて徹夜で作りました……」

律「そ、そうか…でも梓、あんま無理するなよ」

唯(あずにゃんの目にクマが…)

梓「いえいえこれくらい律先輩のためですから。ちっとも無理じゃありません」

律「あ、ありがと…」

澪(でもあれ、あのクッキー結構パサパサしてそうだな……)

紬「はい、りっちゃん。パッサパサのクッキー食べさせられたせいで喉乾いちゃったでしょ?ミルクティーどうぞ♪」

律「おっ、さんきゅー!ムギ」ゴクゴク

律「うめー!なんつーかすっげーまろやかな気がする…」

紬「喜んでもらえてよかった♪りっちゃんの大好きな北国牛乳使ってるの~」

律「そっか。わざわざありがとな」

紬「ううん。これくらい当然よ。わたしだってりっちゃんが好きなもの、いっぱい覚えたから!」フンス!

紬「親のお金だってなんだって使うわ。りっちゃんが喜んでくれるならわたしなんだってする!」

紬「いくら頑張ってもりっちゃんが喜んでくれなかったらただの自己満足だもんね!」チラ

梓「……」ギリリ

律「あ、ありがと…」ハハ

紬「あれ?梓ちゃん、いたの?梓ちゃんも紅茶飲む?出がらしでよければ?」ニッコリ

梓「……いえ、結構です。飲み物は持参したんで」ドン

律「あっ、それどこで売ってたんだ?今品切れでどこ探しても見つかんなくて…」

梓「これ、ウチの近くのコンビニには置いてるんですよ」

律「”土の味がする”って話題なんだよな。実は最近ハマってて…」

梓「じゃあよかったら飲みます?飲みかけですけど…」

律「えっ、いいのか?」パァァ

紬「りっちゃんミルクティー…」

梓「どうぞどうぞ。最近暑くなってきたのにいつまでもホットミルクティーなんて飲むのがツライですよねー」ニヤ

紬「……」

律「さんきゅーあずさ!」ゴクゴクゴク

梓「もう、律先輩ったら…そんな慌てて飲まなくても…」

梓(フフ…間接キス…間接キス)ニヤニヤ

紬(い、いまさら間接キスなんかで動揺しちゃダメよつむぎ!わたしとりっちゃんは心も身体ももっと深いところで結ばれた……ウンヌン)

澪(…とまぁこんなかんじ)

澪(軽音部の雰囲気はすっかり変わってしまった)

澪(毎日のように繰り返されるムギと梓の女の戦い)

澪(律は律で開き直りつつもうまくやってるようなやってないような)

澪(最初はどうなることかと思ったけどこれはこれでなんかうまくいってるような…そうでもないような)

澪(前のギスギスした部よりはマシか。でも…)

唯「どうしたの?澪ちゃん」

澪「ん。あ、いや…最近部の雰囲気かわったな、って思ってさ」

唯「澪ちゃんのせいじゃん」

澪「たしかにわたしが仕掛けたことではあるけど…」

唯「こうなるとは思ってなかった?」

澪「そりゃそうだ。こんな結末、予想できるわけないだろ」

唯「まぁね~。じゃあ澪ちゃんはどんな結末を望んでたの?」

澪「わたし?わたしは…」

澪(なにを望んでたんだろう)

澪(律が…梓かムギか、はっきりどっちかを選ぶことか?)

澪(でももし律がどっちか片方を選んでしまっていたら…)

澪(選ばれなかった方は部をやめてしまってたかもしれない)

澪(…とするとこれが正解なのか?……いやでもこんな)

唯「わかんないんだ」

澪「……」

唯「澪ちゃんはさ、わかってるようでわかってないね」

澪「…どういうことだよ」

唯「ううん。まわりのこと、わかった気でいるけどいちばん肝心なことをわかってないってこと」

澪「なんだよ、それ」

唯「わかってるくせに」

澪「……」

唯「ほら、参加してきたら」

澪「…なに言ってんだ」

唯「いいから、行っといでよ。今ならまだ、りっちゃんのこといちばん知ってるのは澪ちゃんなんだから」

唯「まだ遅くないよ、頑張っておいで」

澪「…唯」

唯「素直にならないと身体に毒だよ」

澪「……………」

唯「………ほら」

澪(そうだな……素直に……なろう、わたしも)

澪「唯」

唯「ん」

澪「…ありがと」

唯「ん」

澪(律やムギや梓と同じように。自分の気持ちに正直になろう)

澪「なぁ、律。ちょっと、いいか。伝えたいことがあるんだ」

律「ん。どした、みお?」

紬「りっちゃんはこれからバウムクーヘンを食べるから無理よ、澪ちゃん」

梓「そうです、律先輩は忙しいんです。ほらクッキーもまだ残ってますよ!律先輩!」

澪「じゃあもうここで言うぞ。律、わたし、律のことが……」


愛っていったいなんでしょう。
恋っていったいなんでしょう。
わたしにはよくわかりません。

唯(澪ちゃんもようやく素直になったかぁ)

愛がなにか、恋がなにか、なんて誰か知っているひとはいるのでしょうか。

唯(めでたしめでたし……なのかな)

この世界にたった一人でも、愛や恋が一体なんなのか、知ってる人はいるんでしょうか。

唯(みんなたのしそうだなぁ)

もしかしたら、だーれも知らないのかも。

唯(りっちゃんのカラアゲ、おいしかったな)

…ううん、その反対にみんな知っているのかも。

唯(りっちゃんのコイビトになれば、カラアゲ、いつも食べさせてくれるのかな)

この世界にいるみんな、愛がなにか、恋がなにかを知っている。

唯(うーん毎日カラアゲ食べられるなら、わたしもりっちゃんのコイビトになりたいかも)

もちろんわたしも知っている。

唯(けどそんな理由で”好き”ってゆっちゃ、ダメかなぁ~)

でもね、それに自信が持てなくて、気持ちをうまく伝えられないから大変なんだ。

唯(でもでもっ!これも”好き”って気持ちに変わりないよね…たぶん)

かといって伝えたら伝えたでいまの軽音部みたいなありさま。

唯(…りっちゃんと一緒にいると……たのしーし)

愛ってホント、むずかしい。それでも、ね。

律「ど、どうしたんだ澪…改まって…」

澪「(しまった…いざとなると緊張して…)わわわわわたしは……りりりりりつのことがががが…」

伝えようって頑張ることが大事なのかもねー。わかんないけど。

紬「いまさら出てくるなんて遅いわよ!澪ちゃん!」

みんな、必死でもがいてるんだ。だから。

梓「そうです!幼馴染みだからって調子に乗らないでください!」

わたしも正直になっちゃおう!

唯「りっちゃん!わたしも伝えたいことがあるんだけど!」

律「な、なんだ唯…トートツに…」

唯「ずっと前から好きでした!付き合ってください!!」ドーン!

律「」

澪「」

紬「」

梓「」

けいおん部は今日も 愛がいそがしいのでした。



おしまい。