律子「でもこれで満足だわ、念願のプロデューサーになれたし」

       澪「じゃあもうアイドルはやらないんですか?」

       律子「う~ん、それはわからないわね、ファンからも「またアイドルやってほしい」っていうメールもあるし」

       ゆい「え~、やったほうがいいよ~かわいいのに」

       律子「ふふふ、ありがとう」



          スタッフ「そろそろ本番で~す」

          律子「あっ、みんな、行きなさい」

          亜美「は~い」

          ムギ「わくわくするわね~」

          澪(どきどき)

        亜美「澪ちゃん緊張してるね」

        律「澪は恥ずかしがりやなんだよ」

        澪「だって緊張するものは緊張するんだよぅ・・・」

        あずさ「うふふ、だいじょうぶよ」

        澪「え?」

        律子「何回も練習して、演奏してきたんでしょ?」

        澪「そうですけど・・・」

        律子「だったら大丈夫よ、自信を持ちなさい」

        梓「そうですよ、律子さんの言う通りですよ」

        唯「それに、私たちがいるよ、だから大丈夫!」

        澪「梓・・・唯・・・律子さん・・・あずささん・・・」

        澪「だったら、がんばろう!」

        ムギ「うふふふ・・・」

        伊織「仲がいいわね、うらやましいわ」

        ムギ「こうして仲良く支えあってきたからここまでこれたのよ」

        伊織「なるほどね」

         司会「さあ!今週も始まりました!スーパーミュージック!!」

         司会「今週のゲストはこちら!!!!」

         司会「竜宮小町!!」

         キャー!!ワー!!(観客の声)

         司会「放課後ティータイム!!」

         きゃあああ!! きゃー!!

         司会「きょうはこのゲストでお送りします!!」

         竜・放「よろしくお願いしまーす」

       司会「今回は、2グループとも初登場なんだよね」

       亜美「そうでーす」

       司会「僕、初めてだから、自己紹介してほしいんだけど、おねがいできるかな?
           まずは竜宮小町から」

       亜美「ハイ! 竜宮小町の双海亜美、中学生でーす!」

          カワイーッ!

       伊織「同じく竜宮小町の水瀬伊織です、にひひ」

         イオリーン!

       あずさ「同じく竜宮小町の三浦あずさです」

         アズササ-ン! 

       司会「おし!次は放課後ティータイム!!」


       唯「ギターの平沢唯でーす!」

          ユイチャーン! 

       澪「べっ・・・ベースの秋山澪です」

          ミオチャンカワイー

       律「ドラムの田井中律でーす!」

          リッチャーン!

       ムギ「キーボード担当の琴吹紬です」

         ムギギュウウウ! 

       梓「サイドギターの中野梓です」

         アズニャーン! 

      (カタカナは観客)         



        司会「澪ちゃん、緊張してる?」

        澪「は、はい」

         カワイー! カワイー!

        澪「あ、あはは・・・」

        唯(だ、だいじょうぶかな・・)

        司会「大丈夫だからね」

        澪「は、はいい」

        ミオチャーン!ガンバッテー


     司会「あずさ・・・あっ、あずさって両方いるんだね」

     梓「はい」

     あずさ「うふふふ」

     司会「しかも同い年なんだね」

     梓「そうですね・・・」

     司会「えらくちがうよね」

     あずさ「そうですね~」

     司会「んで、放課後ティータイムのほうの梓ちゃんはあずにゃんって呼ばれてる
        そうだけど、これは・・・」

     唯「はい!私がつけました!」

     司会「これはいったいなんで・・・」

     唯「あずにゃんっぽかったんで」

     司会「な・・・なにそれ」

     あずさ「あらあら~」

     伊織(わけわかんないわ)

     唯「でもカチューシャつけたらもっとかわいいんだよ~」バッ

     梓「い、いつの間に!?」

     唯「ちょっとつけてみて~」

       キャー!!カワイイーーーー!!!カワイイーー!

     亜美「あ~かわいい~」

     あずさ「あらあら~」

     司会「かわいいねぇ~」

     司会「ちょっとこっちのあずささんも・・・」

     あずさ「はいはい~」スチャ

     イイ~ イイ~

     司会「あ~こっちもいいね~」

     澪(なんだろう・・・こう)

     律(エロイ・・・)



  司会「唯ちゃんはギターに名前をつけてるの?」

  唯「はい、ギー太って言うんです」

  司会「へ~」

  唯「あと、澪ちゃんのベースはエリザベス、あずにゃんのギターはむったんって
    言うんです」

  司会「ミオチャンと梓ちゃんも?」

  澪「あっ、はい、エリザベスは唯がつけたんです」

  梓「むったんは私がつけました」

  司会「なんでむったんなの?」

  梓「ギターの種類がマスタングっていう種類なんで・・・」

  司会「へ~、ドラムとキーボードに名前は?」

  律「そ・・・それは・・・」

  ムギ「ないです・・・」

  司会「そうなんだ・・・」


   司会「よしじゃあ竜宮小町」

   亜美、伊織、あずさ「は~い」

   司会「亜美ちゃんは双子らしいね」

   亜美「はい」

   唯「ええっ!じゃあそっくりな子がもう一人いるの!?」

   亜美「そうだよ」

   司会「もう一人は」

   亜美「真美もかつどうしてるよ、同じ事務所で」

   司会「へ~じゃあ姉妹での共演も見てみたいね~」

   唯「私もみてみたいな~」

   司会「すっかり忘れてたけど」

    エー!?   

   司会「ごめんごめん、唯ちゃんにもいもうとがいるんだよね」

   唯「はい、一般人ですけど、私に似てます」

   亜美「ホント!?亜美見てみたい!!」

   澪「ホントにそっくりだからね」

   律「しかも唯よりできる」

   亜美「へ~」

   あずさ「みてみたいわ~」






   司会「あずささんはよく迷子になるらしいね」

   あずさ「そうですね」

   伊織「ホントによく迷子になるんですよ」

   亜美「だからちゃんといつでも連絡できるようにしてるし、GPSも持たせてあるんです」

   司会「じ、GPSも!?」

   梓(どこまでなんだ・・・)

   ~スタジオ裏側~

   律子「ほんと・・・苦労するのよ・・・」


   司会「伊織ちゃんはお金持ちなんだよね」

   伊織「はい」

   司会「なんでアイドルなんかに?」

   伊織「自分の力で頑張りたかったんです」

   司会「へ~」

   伊織「あと琴吹さんの企業とも仲がいいんです」

   司会「そうなの!?」

   ムギ「そうなんですよね~」

   伊織「ね~にひひっ」

   司会「そうなんだ~」

   律(あれ、ムギがお金持ちってこと説明してないよね?)

   澪(マネージャーが言ってたけど、この司会者、忘れっぽいらしんだよなぁ)

   唯「あれ?司会者さん、ムギちゃんがお金持ちだったこと説明したっけ?」

   司会「あっ・・・」

   エ~!?(若干怒)

   司会「すいません、あまりにみんな可愛かったんでみとれちゃったよ」

   ムギ「あらあら~いいんですよ~」

   伊織「琴吹さん・・・怒ってもいいのよ・・・」


司会「さ・・・さあ気を取り直して次のコーナー行こうか!」

律(こいつ大丈夫か?)

伊織(よく司会ができるわね)

司会「ほかのアーティストにインタビュー!」

ナレーション「このコーナーは、テレビ局内にいるアーティストにインタビューして、メッセージ
       をもらうコーナーです!」

司会「早速、中継に繋ぎましょう!中継の○○さーん!」

中継「は~い、竜宮小町のみなさん、放課後ティータイムのみなさんこんにちは~」

竜、放「こんにちは~」

中継「今回は、Gスタジオで別の番組の収録をしているアーティストさんに突撃インタビューしまーす」

中継「おじゃましま~す、あっ!見てくださいあそこ、今回、インタビューするアーティストです!」

司会「今、だいじょうぶなの?」

中継「いま、休憩中とのことで、大丈夫です」

司会「あ、そうなんだ」

中継「じゃあ、声をかけようと思います」

中継「こんにちは~」


クラウザー「むっ!?」

澪「イイヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアっ!!!!」

澪以外の一同「うおおっ!?」

中継「今回のアーティストはデトロイドメタルシティの皆さんで~す」

司会「こっちで澪ちゃんがすごいびっくりしてるんだけど」

伊織「ってゆうかあの人より、澪の叫びにビビッたんだけど」

ムギ「澪ちゃん、大丈夫だから」

澪「ううううう・・・・」

中継「あれ、隣に叫んでる人が」

HTTマネージャー「ゴートゥDMC!!!ゴートゥDMC!!!」

ゆいあず「あ・・・」

司会「どうしたの?」

梓「な・・・なんでもないです」

唯(私たちのマネージャーだ・・・)

律(何やってるんだよマネージャー)



中継「クラウザーさん、カメラの向こうには、竜宮小町と放課後ティータイムがいますけど、
   何か一言!」

クラウザー「フフフフフ、その二つの話は聞いているぞ、二つとも恐怖のどん底に落としてやろうか」

澪「ひいいいい」ガタガタブルブル

律「み・・・澪・・・」

ハマー「おいちょっと待てYOクラウザー!そのカメラの向こうには竜宮小町と放課後ティータイム
    がいるんだろうが!かわいこちゃんたちを怖がらせるんじゃねーYO!!」

中継「ああっ!浜~さんです!」

伊織(またキモイのがきた・・・)

クラウザー「ヘタレ忍者は黙ってろ!!!!」

ブン!!(ギターを振る音)

亜美「ああっ!!」

クラウザー「な・・・何っ!?」

中継「変わり身の術!?」

ハマー(パンツ一丁)「俺はここだ!!!」

シ~ン・・・

一同(うわあ・・・・)

中継「は・・・ハマーさん何か一言」

ハマー「お、応援してるんでがんばってください」ニマァ

放、竜(うわあ・・・キモイ)

中継「スタジオにお返ししま~す」


司会「み・・・見苦しいものをみせてすいませんでした」

伊織「ホントですよ」

唯「澪ちゃんなんか終始怯えてたよ」

あずさ「澪ちゃん大丈夫?」

澪「な・・・なんとか・・・」

司会「そういえば澪ちゃん、歌詞を書くのが趣味だって聞いたんだけど」

澪「えっ、あっはい!じつはもってきたんですけど」ワクワク

亜美(復活した・・・)





そして澪は詩を披露した。

しかし、あまりに独特でメルヘンチックだったので、放課後ティータイムをはじめ、竜宮小町、番組司会、スタッフ、観客は
ぜんぜん理解することはできなかったが、とりあえす理解したふりをした。

司会「あ・・・ありがとうございました・・・」

司会「それでは、ゲストの皆さんに曲を披露してもらいましょう!最初は竜宮小町のSMOKY THRILL、二番目に
   放課後ティータイムのふわふわ時間、秋山澪ボーカルバージョンでお送りします!!」

ワアアアアアアアア!!!!


~竜宮小町演奏中~

梓「いや~みんなすごいですね~」

律子「そりゃそうよ、わたしがプロデュースしたんだから」エッヘン

唯「みんなかわいい~」

ムギ「そうね」

律子「そういえば今回は唯ちゃんじゃなくて澪ちゃんがボーカルやるらしいわね」

澪「はい」

律「そういえば、初めて文化祭で演奏したときも澪がボーカルだったんだよな」

律子「そうだったの?」

澪「あのときは、唯が顧問の先生の特訓で声が枯れちゃったんだよ。あのときは怖かったなぁ」

ムギ「そうそう」

澪「でもみんなが励ましてくれたから無事にできたんだよな」

律子「へ~うらやましいわね、あ、そろそろ出番よ」

唯「ああっ、はい」





竜宮小町 演奏終了

ワアアアアアアアア!!!!

ムギ「すごかったわよ~」

あずさ「あら~ありがとう~」

伊織「コレくらい当然よ」フフン

唯「かわいかったよ~」

亜美「んふふっ、ありがと♪唯ちゃんもがんばってね」

唯「うんっ」

スタッフ「放課後ティータイムの皆さん、お願いしまーす!!」

澪「みんな!いくよ!」


この時はなぜか、いつもと違っていた。

マイクの前に立つと、あの時の、初めて文化祭で歌った記憶が蘇ってきた

私が緊張に押し潰されそうになってたとき、唯が声をかけてくれたことも

(みんな、澪ちゃんが練習してたこと、知ってるんだよ)

私の体から緊張が、スーっと、消える感じがした。

これならやれる!

澪「みんな!行くよ!」

唯律ムギ梓「うん!(はい!)」

澪「君をみてると、いつもハートDOKIDOKI♪」


亜美「すごい・・・」

あずさ「そうね~歌がうまいわ~」

伊織「しかも気持ちよさそうに歌ってるわ」

律子「すごいわね、このバージョンでCD出したらまた売れるんじゃない?」

~放課後ティータイム演奏終了後~

唯「ふ~、おわった~」

亜美「澪ちゃんすごかったよ!!ホントきれいだった!!」

澪「ありがとう」

律子「ほんとよ、CD出したら売れるんじゃないかしら」

澪「いやいやそんな・・・//」

唯「でもほんとすごかったよ澪ちゃん」

ムギ「いつもと違ってた」

澪「あの時のことを思いだしたんだよ」

律「あの時の?」

澪「はじめての文化祭のことを思い出したんだよ」

律子「へ~」

澪「それを思い出してくれたのも、律子さんにはじめての文化祭のときのことを話したからかも
  しれないです」

律子「そ・・・そんなことないわよ//」

あずさ「律子さん照れてるわ~」

伊織「それでもほんとにすごかったわよ、ランキングが私らより上だってのも、わかる気がするわ」


~収録終了後 放課後ティータイム~

HTT「お疲れ様でした~」

マネージャー「お疲れ様~」

律「ところでマネージャー」

マネージャー「何かしら」

律「なんでデトロイドメタルシティのスタジオにいたんだよ」

マネージャー「ちょっと迷い込んじゃってぇ~」

律「嘘つけ!ノリノリでゴートゥDMCとか叫んでたじゃん!!!」

マネージャー「げぇっ」

梓「あの件は社長に言いますからね」

マネージャー「え~!!!」


~収録終了後 竜宮小町~

律子「お疲れ様!」

あずさ「お疲れ様~」

亜美「放課後ティータイムの人たち、いい人たちだったね」

伊織「しかも実力もハンパなかったわ、私たちなんてまだまだよ」

律子「そうね、だからこれからもレッスンするしかないわね」


放課後ティータイム「お疲れ様でしたー」

竜宮小町「お疲れ様でしたー」

唯「また一緒に出演できるといいね」

亜美「そうだね」

伊織「今度あったときはもっと実力をあげてるわよ、にひひっ」

律「おおっ、言ってくれるね~」

澪「じゃあ、私たちも負けてられないな」

あずさ「あらあら~やる気まんまんね~」

ムギ「お互い、がんばりましょう!」

梓「こんどは、もっと上のときにですね!」

律子「ほんとね、じゃあみんながんばるわよ!」

一同「おーーー!」



~完~