田井中家!

律「ただいま…。」

澪「たのもーーーーwwwwww」

聡「おかえりなさい。あ、澪さん、こんにちは。」

澪「うはwwwwww聡wwwwwwポークビッツ元気か?wwwwww
  元気がなかったらwwwwwwwお姉さんに任せろwwwww
  うはwwwwwww澪たんテラビッチwwwwwwww」

聡「いや、間に合ってますんで…。(うわぁ…、『きれいだけど残念な人』が顕在化しちゃったよ…。)」

律「澪ちゃん、澪ちゃん、こっち見てよ//////」

澪「じゃあ律たんのお豆を元気にしてあげるおwwwwww」

聡「うわぁ…。でも姉ちゃんはやっぱそっちのキャラの方がかわいいし似合ってるよ。
  ははははは。」

律「澪ちゃんの前でやめてよ…。聡///」

澪「姉ちゃんかわいいとかwwwwwwうはwwwwww
  そりゃ律たんはwwwwww世界一かわいいわwwwwwwww
  かわいいかわいい姉ちゃん取られた聡wwwwww涙目wwwwwww
  メシウマwwwwwwww美少女にはwwwwwww
  敵わないwwwwww敵わないwwwwwww」

澪「律たんwwwwwやろうよwwwwwやろうよwwwwww」

律「澪ちゃん/////私そういうの全然したことないし/////」

澪「よいではないかwwwwwwなるほどwwここに入れるんだなwwwww」

律「澪さま/////」

澪「よしwww始めるぞwwwwwwなんか興奮してきたwwwww」はあはあ

律「いやだ///澪さま////なんかたくましい//////」

澪「律たんはwwwガードが固いなwwwwwww」

律「だって///なんか怖いんだもん/////」

聡「姉ちゃん…。」

澪「じゃあこっちはどうだ?wwwww」

律「そこはダメ////んあっ////いや/////」

澪「次はおっぱいモミモミwwwww」

律「え!?そんな////そんなのいっちゃうよ/////」

聡「クソっ!姉ちゃん…。」

澪「ほれほれwwwwどうだい?wwwww」

律「いや、んあっ////ああん///もう無理/////」

澪「じゃあ最後はここをこうしてwwwwwww
  律たん大股開いてるおwwwwwww」

律「きゃあ////いやああ//////いっちゃうう////
んああああああああああっ/////」



聡「姉ちゃん!!」バタン

律「え!なに!?」ビクっ

聡「スト2やってるだけなのに変な声出すのやめてもらえます?」

律「すみません…」ぺこり

澪「サーセンwwww」

K-!O-! ザンギエフ!win!!

澪、ザンギ「ボリショ~イ、パビエーダ!!」

琴吹家!

紬「父ちゃん、母ちゃん、唯ちゃんがお金返してくれたよ…。」

紬母「あら!こんな大金!受け取れないわよ…。」ブルブル

紬「でも唯ちゃんがどうしてもって…。」

紬母「ありがたいね~。」

紬「これで国民保険も払えるし、お薬も買えるね。」

紬父「助かるよ。借金も返さないとだしな。」

紬「それなんだけど、債務整理とかしてくれる良い弁護士さん紹介してくれるって。
  唯ちゃんが概算してみても多く払いすぎてるんだって。」

紬母「唯さんに足向けて寝れないね~。」

紬「それじゃあお父様、お母様、バイト行ってきま~す。」


紬母「紬ちゃんの周りが優しいのも、いじめられてもつらくてもああやって
   紬ちゃんが腐らなかったからね…、きっと。」

紬父「うん…、そうだな。」ゲホゲホ

紬のバイト先!

店長「紬ちゃん、今日もがんばるね。休憩していいよ。」

紬「大丈夫で~す。」

店長「あ、そう。あんまり無理はしちゃだめだよ。」

ピ~ン ポ~ン

紬「いらっしゃいませ~。あ、唯ちゃん!」

唯「がんばってるんだね。あ、これ差し入れ。ご家族と食べてね。」

紬「いつもありがとう…。」うるうる

唯「それでね、さっきのお話の続きなんだけど…、
  紬ちゃんの学力なら特待制度も受けられるかもしれない。
  それから奨学金もいろいろあって、給付と貸与を組み合わせれば
  ご家族に負担をかけずに大学行けるかも。」

紬「え?そうなの…?」

唯「私もまだいろいろ調べてみるから。
  あきらめないで。ね。いっしょに同じ大学行こ!」

紬「唯ちゃん…。本当にありがとう…。」うるうる



和「うぉーーーー!!閣下ぁーーーーっ!!閣下ぁーーーーーーーっ!!!!」


紬「今天井の方から和ちゃんの声が聞こえなかった?」

唯「気のせいだと思うよ…。たぶん…。」

中野家!

梓父母「いただきます。」

梓「いただきまーす!」

梓「今日はね、律先輩がスィートポテト持ってきてくれたんだけど、
  すごくおいしかったの。」

梓「それでその後ね、暴露大会になっちゃって。
  じつはみんなキャラを演じてたってことが判明して…。」

梓「それで実はあの唯先輩が実はすごくまじめな人だってことが判明したの。
  いつも話してるあの唯先輩がだよ。お母さん信じられる?」

梓「っていうかお父さん、ちゃんと人の話聞いてる?」






梓父「梓、今日はかなりご機嫌だね。」

梓母「うん、そうね。でもなんで玄関で一人で食べてるのかしら…。」

梓父「分からないな…。」


梓「ブツブツブツブツ、ブツブツブツブツ
  メコメコピ~ン!メコメコピ~ン!
  ずっちゃ、ずっちゃ、ずっちゃ、ずっちゃ
  あず♪にゃん♪あず♪にゃん♪
  ゆい♪たん♪ゆい♪たん♪」

学校!

倫理教師「で、あるからこの仏教哲学における梵我一如の思想と言うのは…。」

梓「はははっ!唯識とヴェーダンタをごっちゃにしているとは、話になりませんね!
現代人にとってはヴェーダンタは現象学との比較から説明したほうがわかりやすいのではないでしょうか? 」

先生「え…。」

梓「超越論的な存在や自己を『相対的なもの』として否定する唯識に対して、
ヴェーダンタでは超越論的な判断を一旦停止して、眼前にたちあがる現象のみを問題とします。」

先生「そ、そうなの?」

梓「これは観念論のアンチテーゼとしての現象学に極めて近いスタンスです。」

純「え…、え?」

梓「ヴェーダンタといってもシャンカラのヴェーダンタ思想の話ですがね。」

梓「それからヴェーダンタも現象学も『主体』の存在を否定していないことにも注目しなくてはなりません。」

しーん

梓「『判断停止』した上で眼前に立ち上る現象を検討していくと、
間違いなく『主体』が背理的に現れてくる。
そうするとこの部分だけはサーキャやデカルトの思想と一致する。」

先生「…はい。」

梓「先生はフッサールがデカルトの研究に多くの時間を費やしたことをお忘れなのではないですか?
あはははは!!おかしいや!!」

梓「先生ももしかして『主体なんてない』なんてお考えですか?
あははははははっ!おかしいや!
それは『判断停止』じゃなくて『思考停止』じゃないですか!
あははははっ!
シャンカラの言葉を差し上げます。『ではその主体を否定するお前は何ものぞ!』」

純「梓!戻って来い!」

梓「はっ!すみません…、取り乱してしまいました。」

先生「…。では授業を続けます…。」

憂「梓ちゃん…。(やっぱりお姉ちゃんが言うように、梓ちゃん寂しいのかも…。)」

梓「(コギトギトギト…、コギトギトギト…、
エルゴ!エルゴ!エルゴ!
スンスンスンスン…。)」

梓「ヨーガシ、チッタブルッティ!ニローダハァ!!
タァダ、ドゥリシトラ!ァヌシャーサナン!!」




from:憂
to:唯
題名:☆お誕生日おめでとう☆
本文:
おねえちゃん、お誕生日おめでとう♪
私はお姉ちゃんの妹として生まれてきたことを本当に、本当に
幸せに思うよ。ありがとう。
これからもよろしくね。
☆Happy Birthday☆

唯「憂~。ありがとう。お姉ちゃんも本当に幸せだよ。」



from:あずにゃん
to:唯
題名:3,5
本文:
lim ζ(s)
s→∞

唯「え…、なんだろう…。あ、いや、ありがとう!あずにゃん!」



和「という訳で、ジュリエット役は田井中さん!!お願いであります!!」

律「そんな///無理だよ…////(でも澪さまと共演//////)」

澪「よしwwww(うはwwwww律たんのジュリエットwwwww
  ち○こ立ってきたおwwwwww)」

紬「澪ちゃんと律ちゃんが主役なら台本がんばらなきゃ!」

澪「うはwwwww頼んだぞwwwwwタクアンwwwwww」

唯「(和ちゃんが言った通りクラスではそんなに問題になることなく、
   みんな控えめに素を出せているね。)」

和「(左様。このように環境を構造化していければ、彼女たちも適応でき、
   どんな場面でも受け入れられるのではないかと…。)」

唯「(そうだね。たいへんなことにつき合わせちゃってごめんね。)」

和「(いえ!閣下の優しさに感動しているところであります!!)」



姫子「フッフッフッフ…。」

放課後!部室!

梓「スンチャッ!スンチャッ!スンチャッ!スンチャッ!
  メケメケポン!メケメケポ~ン!」

澪「ぴゃ~wwwwww
  らまでぃ!らまでぃ!らまでぃ!らまでぃ!
  メケメケポンwwwwwメケメケポ~ンwwwwwww」

梓「ピリピリピリピリ、ピリピリピリピリ、
  ラマらまでぃ!ラマらまでぃ!」

律「も~う!やめてー!!」

梓「んやんめ!んやんめ!んやんめ!んやんめ!
  んぬ~~~~~~ぅ!」

澪梓「ンモウーーーー!!wwwwwww」

ガチャ(ドア)

唯「うわ…。なんかもう始まってるし…。」

紬「……。」



梓「ユイ♪タン♪ユイ♪タン♪」

唯「うん。唯だよ。あずにゃん、よしよし。」

梓「みぃ~。みぃみぃみぃ。」スリスリ

澪「唯wwwwww痰wwwwwww唯wwwww痰wwwwwww
  うん♪たん♪のパクリじゃね?wwwwwww」

梓「ポコペン!ポコペン!プクプクプクプク…。」

澪「あ、ごめんなさい。」

梓「ユイ♪タン♪ユイ♪タン♪」

澪「ゆいwwwwwたんwwwwwゆいwwwwwwたんwwwww
  萌えwwwwww萌えwwwwww」

澪梓「萌え萌えキュン!」

梓「ピクピクピクピク
  めこめこり~ん!めこめこり~ん!」

唯「(よし、私もがんばらなきゃ!)」

唯「ピクピクピクピク
  めこめこり~ん!めこめこり~ん!」

梓「なにやってるんですか?唯先輩。」

唯「え…。」

紬「唯ちゃん…。」

唯「大丈夫。気にしてないから。
  それよりこんな状態でライブできるのかな…。」

紬「心配ね…。」

律「そうね…。」

唯「あ、律ちゃんやっぱりこっち側なの?」

律「失礼ね。」

梓「ミオミオ!ミオミオ!」

澪「ん?どうした?」

梓「1分の1、1分の2、2分の3、3分の5、5分の8、次は?」

澪「え?wwwwwwwわかんねwwwwwww」

梓「んなあな~!んなあなあ~!えぐえぐ。」

梓「りつりつー!
  1分の1、1分の2、2分の3、3分の5、5分の8、8分の13、次は?」

律「わかんないよ…。澪ちゃんにも分かんないのに…。」

唯「あ!13分の21!!」

梓「んにゃ~!ゆい♪たん♪ゆい♪たん♪
  次は?」

唯「21分の34!」

梓「んにゃ~!次は?」

唯「34分の55!」

梓「次は!?」

唯「55分の89!」

梓「ずーっと続くと?ずーっと続くと?」

唯「ずーっと続くと?ずーっと続くと?

梓「ふぁい!!」

唯「φ!」

梓「ファイ!やったーーーー!!!」

唯「やったね!!あずにゃん!!!」抱き抱き

梓「-2分の1、無限、1.6499…、次は?」

唯「え?」

和「あ、1.20205…であります!!」

梓「次は?」

唯「あ、えーと、1.0823…。」

梓「次は?」

唯「1.03692…。」

梓「次は?」

唯「ごめん…。」

梓「1.0173…。次は?1.00834…。次は?1.00407…。
  すーっと続くと?」

唯「……。」

梓「ずーっと続くと?えぐえぐ。」

唯「ずーっと続くと、それは今の人類には分からないんだよ…。」

梓「うえーーーーーん!!!!うえーーーーーーん!!!!!」

唯「ごめんね…、梓ちゃん…。」

帰り道!

唯「梓ちゃんが感じている孤独は、私の想像をはるかに超えるものだったな…。
  私たちより完成された世界の中で…。閉じ込められている感じなのかな…。
  だれともその世界を共有することができずに…。」

唯「やっぱり、中途半端なことをすべきじゃなかったな…。
  結局私は…、人のことをちゃんと考えられてなかった…。」

姫子「唯ー!」ポンッポン(ボール)

ヒュっ

唯「あ!姫ちゃん!」パシィッ

姫子「正拳の形は本当にこれで良いのかって…、いっつも思ってたな…。」シュっ、シュっ

唯「え?」

姫子「それが、違ったんだな…。」ふぅ

唯「……。」

姫子「子供の時、0.999999…と1は違うのかって気になってずっと書き続けた…、
   0.99999…。明けても暮れても99999999…。」

唯「うん…。」

姫子「その時思ったんだ…、近づきはすれど…、届かず…。」

唯「……。」

姫子「でもね、唯、見て!」

唯「え…夕日でまぶしいよ…。」

シュっ、パシィーーーーーーーーン!!

唯「姫ちゃん!」

唯姫子「『1』に!!!!なったんだ!!!!!」

唯「分かったよ!姫ちゃん!ありがとう!!」タタタッ

姫子「唯!」

唯「うん?」

姫子「ライブ!頑張るんだよ!!!」フフッ

唯「うん!がんばる!!!!」フンス!

琴吹家!

紬父「」ゲホゲホ、ゲホゲホ

紬「父ちゃん!大丈夫?」

紬父「大丈夫だよ。紬、落ち着いて聞いてくれ…。」

紬「うん…。」

紬父「人はみんないずれ死ぬ…。だからこそ…、その体温を、情熱を持って
   生きることができる!」ゲホゲホ…

紬「父ちゃん…。」

紬父「『終わり』があるからこそ、この『今』に意味を見出すことができるんだよ。
   分かるかい?紬。」

紬「うん。」シクシク

紬父「父ちゃんが若いころに読んだなんとかっていう人の本に、
   『死は神様がくれた最高のプレゼントだ』って書いてあったよ。
   なんか変だけど、『死』があるから…、生きてることが素晴らしくて、
   『死』があるから…、生きてることが輝いているんだ。
   分かるかな?紬。」

紬「うん、分かる」シクシク

紬父「良い子だ。」

紬父「一期一会っていう言葉があるね…。」

紬「うん…。」

紬父「もとは『今、目の前にいる相手とは二度と会えないかもしれないから、精一杯の真心で
   接しなさい』っていう茶道、いや、禅の言葉だ。」ゲホゲホ…

紬「うん…。」

紬父「人と人はいついかなる時に別れが来るか分からないから…、大切にしなきゃいけないんだよ。」

紬「うん…。」

紬父「友達についてはそんなこと考えたくないかもしれないけれど、
   今日の唯ちゃん達には、明日は会えない。だから、唯ちゃん達といる『今』が素敵なんだよ。」

紬「うん…。」ぐすっ

紬父「そうやって『今』を真心込めて、大切に生きていけば、未来が、人と人の心のつながりが、
   自ずと紬がれて行くんだよ。忘れないでね。」

紬「わかった。父ちゃーん…。」

紬父「大丈夫。父ちゃんは紬の前からいなくなったりしないから…、
   ライブ、がんばるんだよ。」よしよし

紬「うん、がんばる。」



5