【音楽室】

唯「やっほ~」ガチャ

梓「あ、唯先輩」

律「おお、唯来たかー」

紬「お茶にするね~」

唯「あ~ずにゃん♪」ギュッ

梓「ちょ、離してくださいっ」

唯「もーあずにゃんの恥ずかしがりや~」

梓「ま、まったくもう//」

紬「お茶お待たせ~」コト

唯「…」

澪「じゃあ練習始めるか」

唯「え~もっとお茶にしようよ~」

律「そうだそうだー」

梓「練習しましょうよ!」

唯「私は観客Aの練習!」

律「じゃあ私は観客Bだな!」

澪「ちゃんと練習しろ」ゴン

唯律「いたっ」

唯「…」

【帰り道】

梓「唯先輩」

唯「なに~」

梓「唯先輩の中学時代ってどうだったんですか?」

唯「わたしの~?」

梓「はい」

唯「たいしたことないよ~」

梓「ちょっと興味あるんです」

唯「あずにゃん」

梓「は、はい」

唯「ばいばいーい」スタスタ

梓「え、あ、そっかもうここか」

【平沢家】

唯「ただいま~」

憂「おかえりお姉ちゃん」

唯「あづい~」

憂「ジュース飲む?」

唯「のむ~」

……

憂「ねぇお姉ちゃん」

唯「なに~?」

憂「それまだやるの?」

唯「ふぇ?」

憂「その天然キャラ」

唯「…」

憂「別に自分の家ならしなくて良いんじゃないの?」

唯「はぁ…」

唯「天然キャラ疲れるなぁ、正直失敗だったかも…」

憂「ほらやっぱりこうなる…」

唯「…」

憂「言ったよね?大変だって」

唯「うんそうだけどさ」

憂「学校でお姉ちゃんの天然っぷりをアピールするの結構疲れるんだよね」

唯「それ憂が勝手にやってることじゃん」

憂「そうでもしないとすぐにバレちゃうでしょ」

唯「いやバレないね」

憂「バレる」

唯「バレない」

憂「…メンドくさ」

唯「なにそれ」

憂「……えーっと今日の夕飯はっと」

唯「今日は私が作るよ」

【中野家】

梓「っでさぁ、ちょー受けるんだよねー」

梓「うんうん」

梓「あははははははなにそれ」

梓「今日ね学校の先輩に中学時代のこと聞いたんだよね」

梓「そしたらさ、何か隠してるような顔してさ」

梓「『たいしたことないよ~』だってさー」

梓「絶対なにかあったよー」

梓「あはは」

……

【秋山家】

澪「…」

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

澪「…」

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

澪「…」

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

澪「…」

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

澪「…」

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

澪「…」

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

……

【電車内】

紬「…」

男「…」zzz

紬「…」

男「…」zzz

紬「」サッ

男「…」zzz


プシュー


紬「…」スタスタスタスタ

紬「3万6000円……まあまあかな」

……

紬「お母さまただいま~。」

紬母「紬ちゃん、まだそれやるの?」

紬「だって…、中学校のときみたいなことにはなりたくないから…。」

紬母「うちにはもうお金もないのよ…。」

紬「分かってるよ、母ちゃん。」

紬父「でも、勉強とかいろいろ本当にがんばってるよな。」

紬「父ちゃんと母ちゃんを楽させてやりたいから…。」

紬母「ごめんね…。」

紬「じゃあバイト行ってきまーす。私バイトするのが夢だったの~。」

平沢家!

憂「美味しい~。お姉ちゃん本当に料理上手いよね。」

唯「憂の料理も美味しいよ。」

憂「まだまだお姉ちゃんにはかなわないよ…。
さっきの話なんだけど、軽音部の人に言っちゃったら?」

唯「うーん、中学校のときみたいなことにはなりたくないからな…。」

憂「和さんみたいにお姉ちゃんのこと尊敬している人も多かったけど、
敵も多かったもんね。」

唯「あれはあれで疲れたよ。私は普通にしてただけなのに。」

憂「(普通にしてて学年トップだからね…。)
でも軽音部の人たちなら分かってくれると思うよ?」

唯「そうかなあ。でも紬ちゃんにお金返さなくちゃだしね。」

憂「お金?」

唯「うん。あの子もなんか無理してるっぽいから。」

憂「お金あるの?」

唯「うん。9月10月は日本株の地合いが悪かったから低位の小型株が仕手化してね。
随分もうけさせてもらったよ。」

憂「アルゴリズム売買、上手く行ったんだね。」

唯「うん。とりあえず明日みんなに言ってみるか、お金だけは返したほうがいいかな。」

憂「紬さん、本当にそうなのかな…。」

憂「久しぶりにお姉ちゃんのギター聴きたいな。」

唯「うん。後でね。今日は8時までは勉強するって決めてるから。」

憂「いつも偉いね。私も勉強教えてもらってもいい?」

唯「うん、いいよ。憂もがんばってるよね。」

憂「私もお姉ちゃんみたいになりたいから。
私も大学行ったら天然キャラやってみようかな?」

唯「大変なだけだからやめたほうがいいよ。それに憂は今でも十分みんなに
受け入れられてるじゃん。」

秋山家!

澪「(りつたんかわいいのぉ/////)」

律「(ジロジロ見られてるよ////)」

澪「なあ律!」

律「ひゃうん!
…。なんだよ!急に太もも触るな!気持ち悪い!(どうしよう////)」

澪「(ひゃうん!だっておwwwww)
もう演じるのやめないか?」

律「なんのことだよ!
(そんな目で見つめないで///)」

紬のバイト先!

紬「よいしょ!これであと2つね。」

店長「いつもがんばるね。こんなの男の我々に任せればいいのに。」

紬「大丈夫で~す。最近力もついてきたし。」

店長「大事な看板娘なんだからあんまり無理しないでね、紬ちゃん。」

紬「ありがとうございま~す。 (父ちゃんと母ちゃんのためならがんばれる!店長さんもみんな良い人だし。
それにしても今さらになって唯ちゃんのギターの25万円が響くな。
もう正直に言っちゃおうかな…。)」


学校の休み時間!

律「澪ー!」

澪「(律たんキタコレwwwwwwwかわいいのぉ、かわいいのぉwwww)
  どうした?」

律「(澪ちゃん今日もかわいいなあ////ずっといっしょにいるのに/////)
  この問題が分からないんだよ。」

澪「(『分からない』だっておwwwwwかわいいのぉww萌え死ぬわwww)
  こんなのも分からないのか?」

律「数学なんて将来絶対使わないし!(また叩いてくれるかな/////)」

澪「でもテストにも入試にも出るからがんばらないとな。
  (叩くと思った?www叩くと思った?wwwかわいいから許すしwwwwwww)」


澪「あれ、本当に結構難しいな。」

律「なんだよ~。澪もできないんじゃんか~。(今度こそ叩いてくれる?/////)」

澪「う~ん…。一般項を求めてnに代入すれば求めれると思うんだけど…。
  (叩くと思った?wwww叩くと思った?wwww今日は叩かないよwwww)」

律「答えだけ教えろよ!(澪ちゃんが私のために真剣に考えてくれてる/////
かっこいいよぉ/////)」

澪「ひいても割っても漸化式求められないし…。
  (上目づかいでみるなwwwwwマジで萌え死ぬwwwwうはwwwww
   ち○こ勃ってきたwwwwwち○こついてないけどwwwwww)」

唯「どうしたの?」

澪「いやあ、この問題が難しくてな。
 (邪魔者キタwwwwwでも唯たんもかわいいからいいおwwww
  黒タイツちょうだいwwww)」

律「唯に分かるわけねーだろ。(いつも失礼なこと言ってごめんなさい…。)」

紬「ああ、それ私も分からなかったの~。(ひもじいなぁ)」

澪「紬でも難しかったか。
  (うはwwwww新ジャンル『眉毛萌え』wwwwww)」

唯「ああ、これね。三項間漸化式だから直接一般項求めようとしてもむりだよ。
  こうやって特性解を求めて…、二項間の漸化式のようにして解けば…、
  ほら、後は等比数列の要領で一般項が求められるよ。」

澪律紬「!?」

澪「すいごいなぁ!」

律「どうしたんだ唯、大丈夫か?(唯ちゃんもかっこいい///)」

澪「(大丈夫だwww問題ないwwwwwww)」

紬「本当にすごいわぁ(ひもじいなぁ)」

澪「でもこれまだ習ってないだろ?」

唯「ほら、問題集にやり方載ってるよ。」

澪「(『計算の仕方が決まってるんだから簡単でゲソ!』ってかwwwww)」

律「読んでも全然わからん!」

唯「でも『フィボナッチ数列』って有名だよ。」

澪「そうなんだ。
 (律たんのハートをフィボナッチwwwwwて意味わからんかwwwwww)」

律「(澪ちゃんにフィボナッチされたいな//////)」

紬「(フィボナッチって食べられるのかしら…。)」

唯「(こうやって徐々に素を出してくのがベストかな…。やっぱりみんな大切な
   友達だし、今の自然な関係を壊したくはないな…。)」

次の休み時間!

唯「(紬ちゃん、また昨日とおんなじ靴下履いてるな…、すごくきれいだしかわいいのに、
   相当苦労してるんだろうな…。あんまりもたもたしてられないな…。)」

唯「(て言うか糸のほつれ具合で『おんなじ靴下だ』って分かるって分かるって  
   やっぱ私性格悪いんだろうな…。みんなは本当にいい子達なのに…。)」

遠くで澪と律がはしゃいでいる声がする。

唯「(良い子たちだけどあれは放っておこう…。)」

律「みおちゅあん、今日もかわいいでちゅね~。(ノリでもやっぱはずかしい////)」

澪「だああああっ!うるさい!
  (お前の方が1億光年倍かあいいわwwwwwww)」

律「たこ焼き!ポニーテール!おっぱいぷる~んぷる~ん!!
  (はあ////澪ちゃんのほっぺ//澪ちゃんの髪の毛////胸////////////)」

澪「(総統閣下wwwwwってか体さわるなwww射精るわwwwwww
   そろそろ褒美をあげなきゃなwwwww)

澪「ふざけすぎだ!!!」ゴツン

律「澪がぶった~~。
  (きゃ、なんか漏れた~~////////)」

放課後!

律「よっしゃー!紬ー、今日の今日のおやつはなんだー?
  (いつもながらずうずうしい発言だよね…。)」

紬「今日はおやつ持ってきてないの…。もしかしたらこれからもあまり持って
  来れなくなるかもしれなくて…。
  (唯ちゃんとか『えー?』って言うんだろうな…。)」

唯「(このタイミング…。やっぱりフィボナッチ数は複数の変数が複雑に介在
   する場合の未来予測に有用だっていうことなんだろうか…。)」

唯「え?紬ちゃん、今日私がおやつ持ってきてくることバレてた?」

澪律紬梓「!?」

唯「憂とがんばって作ってみたので~す。」

律「っていうかほとんど憂ちゃんが作ったんだろ。」

唯「バレましたか~。(律ちゃんナイス)」

梓「おやつっていうかこれおこわじゃないですか!」

唯「(そりゃそうだ。紬ちゃんの栄養のことしか考えてないからな。鶏肉も山菜も
   野菜も入ってる。みんなごめんね。今日は天然キャラを貫かせてもらうよ。)」

唯「お隣のおばあちゃんが教えてくれたんだよ。やっぱり秋のおやつはおこわだよね!」

紬「…。じゃあ今日は緑茶煎れるわね。」

梓「おこわと緑茶ってすごく合いますね!」

紬「山菜の香りもよくて、意外と秋らしいティータイムかも。(うんめえ、うんめえ)」

澪「そうだな。結構旨いし。(おこわ、おー怖っwwwwwwww)」

律「確かにこれは本当に旨い。(私の澪さまがおこわ食べてる//////)」

唯「よかったあ。
 (出汁は一番出汁だけ、鶏肉もちゃんと下味をつけたし、山菜も長野から取り寄せた。
  みんなの幸せそうな顔を見たら徹夜して作ったかいがあったよ。
  手伝ってくれた憂いにも感謝だね。)」

梓「美味しいけどいっぱい余っちゃいましたね。」

唯「作りすぎた~。」

澪「食器は私が洗うよ。(律たんのお箸ペロペロするおwwwwww)」

律「もったいないな~。」

唯「あ、そうだ。紬ちゃんの家ならいっぱい人がいるよね。おこわとかふだん
  食べないだろうからみんな喜ぶかもよ?」

澪「そうだよ。私たちこんなにたくさん持ち帰っても食べきれないし。
 (今日は律たんの手料理食べさせてもらう約束してるからもて帰れないおwwww)」

律「そうだな。(だって今日は澪さまと//////)」

梓「そうですね。」

紬「そうね。みんな喜ぶと思うわ。(父ちゃん…、母ちゃん…、待っててね)」

唯「あ、今日蒸し器持って来たんだ。これ温めるときに使うと良いよ。
 (もち米は冷えるとかたくなるからな…。)」

澪「(律たんww律たんww私の天然の蒸し器がやばいおwwwwww)」

梓「準備いいですね。」

唯「あずにゃ~ん!てへへ。」

梓「なんで抱きつくんですか~!」

唯「よいではないか~。(梓ちゃんも本性を隠してるはずなんだけど全く読めない。
  私より上手なんだろうか…。」

澪「(おまいらすまないwwwwwそろそろ寝るwwwww







    律たんは俺の嫁wwwwwwwww)」

琴吹家!

紬「お父様お母様ただいま~。今日はお土産貰って来たの~。」

紬母「おかえり。あら、美味しそうなおこわじゃない。」ゲホゲホ

紬「お友達が持ってきてくれたの。父ちゃん、母ちゃん、体調大丈夫?」

紬父「ああ、なんとかな。明日は仕事に行かないとな。」

紬「無理しないでね、父ちゃん。」

紬母「それにしても紬ちゃん、いいお友達に囲まれてるのね。」

紬「本当にそう思う。バイト先のみなさんも良い人たちだし。私って本当に幸せ者だよ。」

紬父「このおこわ旨いな。」ガツガツ

紬「でしょ?いっぱい食べてね。」

紬母「もう無理なこと演じなくても中学校みたいなことにはならないんじゃないかしら。」

紬「確かにそうかも…。みんなには悪いけどとりあえずおやつは買って行かないことにした。」

紬母「紬ちゃんが自分で稼いだお金なんだから自由に使えばいいんだよ。」

紬「父ちゃんと母ちゃんにもっと楽させてやりたいから!」

紬父「紬…。」

紬「お父様、お母様、私そろそろバイト行ってきまーす!」

紬父「行ってらっしゃい。」

紬母「こんなに大変な思いをしてるのに、なんであんな良い子に育ったんだろうね。」

平沢家!

憂「お姉ちゃん/////はあはあ////かわいいよ////」

憂「憂、憂もかわいいよ////」ちゅっちゅ

憂「お姉ちゃん、んはぁ、そんなところ触っちゃ////」

唯「ただいま~。」

憂「!?」

唯「憂、鏡の前でなにやってるの?っていうかその髪型…。」

憂「私もお姉ちゃんみたいになりたくて…。」

唯「私の真似なんかしなくても憂は憂で素敵だよ。」

憂「お姉ちゃん////」

唯「あ、そうそう、昨日作ったおこわ、みんな喜んでくれたよ。憂のおかげだね。」

憂「ほとんどお姉ちゃんが作ったんじゃん。出汁の取り方とか私も勉強になりました。」

唯「でも私のわがままにつき合わせちゃったから。今度からは徹夜にならないようにしないとね。」

憂「私からお願いして手伝ったんじゃん。」

唯「長野の山菜のおばあちゃんにもお礼の手紙書かないとね。料亭に出荷するような山菜を個人に
  送ってくれてるんだからね…。」

憂「お姉ちゃんの人望だよ。」

唯「人望か…。ごはんいっしょに作ろっか。」

憂「うん。」

唯「今日はお風呂いっしょに入る?」

憂「うん/////」



2