Kの訪れ/輝け、少女達

照井「うぐっ…」

亜樹子「竜くん…」

フィリップ「あのドーパントはビート。ありとあらゆるもののリズムを操ることができる力を持っている」

照井「はっ、はっ、はっ…」グググ…

フィリップ「奴は照井竜の心臓の鼓動のリズムを操り、狂わせた」

フィリップ「見たところは鼓動が速くなっているだけ…うんと長い距離を全速力で駆け抜けた後の状態だと考えていいね」

亜樹子「それでも十分辛そうだよっ、竜くんもやられちゃったし…翔太郎くんもあいかわらずだし…はぁ」

翔太郎「おいどうした! なに暗くなってるんだよ? そんなときは…」カチャ

トーンデイーッチャエ

フィリップ・亜樹子「はぁ…」

ガチャリ

唯「さっそく遊びに来ちゃいました!」

澪「ど、どうも」

亜樹子「唯ちゃん、澪ちゃん!」

キミノモトヘーワターシノ ピュアピュアハート

翔太郎「おぉ! また来てくれるなんて感激だぜっ」

唯「えへへ…って私たちの曲だぁ! ほら、澪ちゃんの声だよっ」

澪「…///」

照井「うぐっ…が…」

澪「ど、どうしたんですか!?」

亜樹子「ちょ、ちょっとね。澪ちゃん達は気にしないで!」

唯「う、うわぁ~んっ! お兄さぁ~んっ!!」ガシッ

照井「だ…だいじょ…っぐ…!」

亜樹子「りゅ、竜くん無理しないで」

唯「しんじゃいやだよぉ…」

照井「お…俺は…ふ、ふじみだ…安心して…くれ」ポンポン

澪「も、もう嫌…どうしてこんな…」

翔太郎「お、おいおい! だから暗くなるなって言ってるだろっ」

翔太郎「な? ほら、この曲を聴いて元気出せよ!」

澪「こんな…こんな無理矢理歌わせられたような曲で…元気になれるわけありませんっ…」

翔太郎「!!」

亜樹子「…どうする? フィリップくん」

フィリップ「少し、考えさせてくれ。アキちゃん」

亜樹子「う、うん。…翔太郎くん?」

翔太郎「……」

照井「すまない…フィリップ…こんなときにっ」

フィリップ「仕方がないさ。まさか敵がもう一体いただなんて誰が予測できたんだい?」

唯「私たちのせいでお兄さんたちがぁ…澪ちゃん…」

澪「…うう」

翔太郎「……」

・・・

?「だ、大丈夫だった?」

さわ子「もうっ、無茶しないで! 怪我でもしたら大変だったじゃない!」

さわ子「…お願いよ。汚れ役は私一人だけで十分なのっ、あなたまでそんなものを使う必要はないのよ!」

さわ子「本当に…お願いよ…りっちゃんっ」ギュッ

律「…さ、さわちゃん」

律「やめてよさわちゃん…私、知ってるんだぞ…ここまで私たちが上がってこれたのはさわちゃんのお陰なんだって…知ってるんだぞ…っ」

さわ子「違うわ…私のお陰なんかじゃないっ、全部あなたたちの実力なんだから…」

さわ子「あなたたち、放課後ティータイムはようやく世間に認めてもらえたのよ…そうよ、放課後ティータイムはこんな風都なんて狭い場所で終わってはダメ…もっともっと…大きくなって頂戴…」

律「……」

律(違う…違うよ。さわちゃん…私たちは…)

紬「…梓ちゃん」

梓「はい?」

紬「私たち…これで本当にいいのかな」

梓「…だめなんですか」

梓「だめなんですか!? これじゃだめなんですか!? 世間に認められて! チヤホヤされて! 出す曲全部がヒットして!」

梓「そ、それじゃだめなんですか…?」

紬「…わからないの。私」

紬「突然こんなにも私たち有名になれて…その…何が何だかわからないの」

紬「正直言うと…何も楽しくないの…面白くないの」

梓「ムギ先輩…」

紬「どうしよう、どうしよう梓ちゃん…私っ、私…」

・・・

翔太郎「フィリップ」

フィリップ「…何だい、翔太郎」

翔太郎「行くぞ」スッ

フィリップ「行くって…いったいどこへ?」

翔太郎「唯ちゃんたちのマネージャー、山中さわ子のところへだ!」

亜樹子「しょ、翔太郎くんどうしたの? とつぜん…」

フィリップ「まさかチャームの効力が取れたのか? いや、まさか…」

翔太郎「ごちゃごちゃ言ってる暇はねぇぞ。フィリップ」

翔太郎「この子たちの涙も拭えないようじゃ、この先俺たちは風都すら守り抜くこともできねぇ」

翔太郎「俺はこの子たちに作り笑顔で演奏なんてしてほしくないし、歌ってほしくない。まだ子供じゃねぇか…輝き続けて欲しいんだよ! 夢を追いかけ続けて欲しいんだよ!」

澪「え…」

唯「…ゆ、夢?」

翔太郎「こんなところで終わらせたくないっ、だから…フィリップ!」

フィリップ「ふっ…ああ。行こう、翔太郎!」

唯「行っちゃったよぉ…」

亜樹子「大丈夫だって! あの二人、結構頼りになるんだよーあれで」

澪「わ、私は信じてます! 二人を! きっとなんとかしてくれるって…」

亜樹子「よしよし、それでよい! うんうん」

唯「うー…澪ちゃん!」

澪「え?」

唯「私たちも行こう!? これってきっと私たちの問題でもあると思うんだ!」

澪「そ、そうだな。そうだよなっ…行こう、唯! 私たちも!」

唯「うんっ!」

ガチャ、バタン

照井「…強いな、彼女たちは」

亜樹子「そうだね」

照井「もちろん、所長…君もだがな」

亜鬼子「竜くん…」

照井「所長…」

律「さわちゃん…あのさ。もうこんなこと」

さわ子「……」

?「チャームドーパント…いや、山中さわ子!」

さわ子・律「!」

翔太郎「どうしてあんたは、彼女たちの輝きが失せた表情に気付いてやれなかった」

フィリップ「妙に臭い台詞だねぇ」翔太郎「…ほうっておけ」

さわ子「なんですって…」

翔太郎「彼女たちから自由を、輝きを奪ったのはあんただ、山中さわ子」

さわ子「そ、そんなはず…ないでしょ? 私はこの子たちの為にと思って…ね、ねぇ…りっちゃん?」

律「さわちゃん…」

フィリップ「自分のワガママを教え子に押しつけるのは感心できないね。あなたは知らないうちに彼女たちの夢を叶えさせるつもりが、逆に夢を奪ったんだ」

さわ子「ち、ちが…ちがうわ…そんな…」

律「こ、これ以上言わないでやってくれよ! さわちゃんをいじめんなよ!」

翔太郎「…君だって薄々気づいていたはずだ。このままじゃいけないんだって」

律「……」

翔太郎「…デビュー前のときのような自分たちが満足できる音楽がない。違うか?」

律「そ、そんなこと…最初から覚悟してたもん…音楽業界ってほら…難しいし…」

翔太郎「やる音楽じゃない、やらされている音楽だ」

律「っ!」

さわ子「り、りっちゃん…? さっきから…何なのよ! あんたたちは私たちとは関係ないでしょ!!」

フィリップ「それがあるみたいだよ、翔太郎には」

翔太郎「この街で泣いている奴がいるのなら…誰だろうと関係ねぇ…救うさ、この仮面ライダーがな!」

さわ子「仮面ライダー? はっ、なにを馬鹿げた事を! どうしても邪魔立てするというのなら…容赦しないから!!」カチッ チャ~ム!

翔太郎「っ…ふぃ、フィリップ! やってくれ…っ、はやく!」

フィリップ「わかってるよ。…本当にこれで大丈夫なのかな」グルグルグル…ギュッギュツ

律「な、なにやってんだ? …目隠し?」

チャーム「空回りしてイカレちゃったのかしら!? ははっ!」

フィリップ「やれやれ、本当に型破りだよ。君は」ファング!

翔太郎「…貴様のドーパント体に魅了されているってのなら…ようはてめぇの姿が俺の視界に入らなければいいだけだ。いくぜ!」ジョーカー!

チャーム「馬鹿ね、ほんとに馬鹿…どっちにせよ、片方の視界が見えないというのなら随分とやりにくいんじゃないかしらねぇ? 最後に…私たちのことを好き勝手言った罪、大きいわよ。覚悟なさい!」ゴゴゴ

ダブル(FJ)「おっと、俺たちも最後にお前に言うことがあるんだよ。たった一つな」

ダブル「『さぁ、お前の罪を数えろ!』」

チャーム「馬鹿言ってるんじゃないわよぉっ!!」グワッ

ドカーン!

ダブル「ふっ!」『うおっ、とと…くそ、バランスが上手く取れねぇ』「肉体のコントロールは僕に任せてくれればいい。君はできるだけ音で敵を感知するんだ!」『へっ、お前も無茶苦茶言ってくれるぜ』

チャーム「ゴチャゴチャと何を! やあぁっ!!」ズンッ

アームファング!

ダブル「はぁっ!!」ザンッ

チャーム「あうっ!?」

ダブル「やあああぁっ!!」ズバッ!

チャーム「あああぁっ」

ダブル「翔太郎! マキシマムだ! いけるかい!?」『任せとけ、感覚でお前とは連携がとれる』

チャーム「はぁはぁ…っく」

律「さ、さわちゃん…だめだ。やめろ…さわちゃんにこれ以上手を出すな!!」ビート!

ダブル「あのメモリは…」『くそっ、さっきのドーパントはりっちゃんだったのかっ』

ビート(律)「うわああああ!!!」ズンズンズン♪ ゴゴゴ…

ダブル「まずいっ」『フィリップ! ショルダーで牽制だ!』

ショルダーファング!

シュッ、ブゥゥンッ!

ビート「くっ…!」

ダブル「しかし、同時に二体か…いけるかい? 翔太郎」『やってみるだけさ。それにこっちだって二人だろ?』「…まったく君は…」

唯「お兄さ~ん!」

澪「翔太郎さん! フィリップくん!」

ダブル『あいつら…! なんで』

チャーム「唯ちゃん…澪ちゃん…」

ビート「……」

唯「さわちゃんだよね…ううっ」

チャーム「できればこんな醜い姿、見せたくなかったわ」

澪「だったら最初からこんなことっ」

ビート「さわちゃんもさ…色々考えてこうしちゃったんだよ」

唯「り、りっちゃん!?」

澪「う…嘘だろ…律まで…そんな…」

ビート「お前たちはそっち行ってろよ。悪いけど私らはこいつを倒さなきゃいけないみたいなんだ…」

ダブル『本心なんかじゃないだろうに…馬鹿野郎』「…メモリブレイクだ、翔太郎」

チャーム「もう一度、チャームの力を使って完全に溺れさせてあげるわ…今度は視覚に入らなくても飛びついてきちゃうぐらい強力な…」プシュー…

ダブル「翔太郎、次にあれを受けたらアウトだ」『言われなくても分かってる! しかし迂闊に近づけなくなったぞ…どうするんだ』

?「俺が仕留めれば問題ないだろうっっ!!」

エンジン!マキシマムドライブ!

アクセル「…すまんな。振り切るぜ!!」

チャーム「なっ―――――」

アクセル「うおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!」ズウゥッッッン!

チャーム「ああああああ!!?」

ドカーン

ビート「さ、さわちゃんっ!?」

ファング!マキシマムドライブ!

ビート「ひっ――――」

ダブル「『ファングストライザー!!』」シュンシュンシュン…ズオオォォォンンンッッッ!!


ドカーン…

―――……

さわ子「ちょ、ちょっと待ってよ! 解散って…そんないきなり…」

「いい加減私たちも現実見ようってことだよ」

「そうそう。いいじゃん、CDまで出すことできたんだしさ」

さわ子「たった2枚じゃない!? それも全く売れてない!」

「だから現実見ろって言ってんのよ。だいたい今の時代デスメタルなんて流行ると思う?」

さわ子「は、流行るもん!! ほんとよ!? そ、それに…私、頑張るし…」

「キャサリン…ううん、さわ子…あのね、いくら頑張っても、辿り着けないものもあるんだよ?」

さわ子「そんなことないっ!! 全力でやればいつか―――」

「いつかっていつよ! いい加減にして!」

さわ子「…っ」

「そういうことだからDEATH DEVILは今日、ここで解散…じゃあね」

さわ子「ま、待って! みんな行かないで!! 待って!!!」

……――――

さわ子「行かないで……!」バッ

唯「あ、さわちゃん起きた!」

律「さわちゃん!」

澪・紬・梓「さわ子先生っ」

さわ子「みんな…」

翔太郎「あんた、随分とうなされていたぜ。悪い夢でも見てたのか」

さわ子「夢…そうね、馬鹿な女がだだをこねる夢を見ていたわ」

さわ子「無謀と知ってなお、夢を追い続けた馬鹿な女の夢…ふふふ」

フィリップ「それは興味深い…是非詳しく」

翔太郎「フィリップ」

フィリップ「…わかってるよ」

さわ子「ふふ…」

澪「…さわ子先生、どうして先生はここまで私たちの為に尽くしてくれたんですか?」

さわ子「あら、可愛い教え子の為に頑張ったことに理由が欲しいの? …違うわね、本当はあなたたちの為じゃない…私の為だったのかもしれない」

梓「先生のため?」

唯「もしかして有名人になりたかったから? あれ、でも全然さわちゃん表に出てないからそこまで有名人ってわけじゃ…」

さわ子「ふふ、違うわ。唯ちゃん」クスッ

さわ子「…私もね、昔はあなたたちの様にプロを夢見てひたすらギターを弾いていた時代があったの。まぁ、あなたたちとは音楽の方向性は違ったけどね。でも目指したものは同じ…」

紬「それって…前に唯ちゃんが部室で見つけた…」

唯「えぇ~!? あの女の人ってさわちゃんだったのー!?」

律「あ…ああ、あれか」

さわ子「そう、DEATH DEVIL」

さわ子「まぁ、結局夢は叶うことなく終わって、今はこの通りよ。しがないただの一教師」

唯「…でも私、さわちゃんが先生で良かったと思うよ」

さわ子「! …そう、それは良かった。でもね、私今でもすごく後悔してるのよ…どうしてあそこで諦めてしまったんだって」

さわ子「それである日ね、チャームのメモリを見つけたの。メモリを手にしたときこう思ったわ…これは神様がくれた私への最後のチャンスだと」

フィリップ「……」

翔太郎「…なるほどな」

さわ子「あとは知っての通りよ。私はあなたたちをプロの道に連れて行き、頂点に立たせることが全てだと思って行動してきた。どんなことをしてでも上にいかせる…そんな自分が間違ってるだなんて微塵にも思ってなかったわ」

律「さわちゃん…」

さわ子「今さら言ったってどうしようもないとは思うけど言わせて……ごめんなさい。みんな」

さわ子「ガイアメモリの力で…こんなことであなた達をドブに捨てる様な事をして…謝って許されることではないのに…ごめんなさい、ごめんなさい…」

「……」

梓「それじゃあ今まで私たちがやってきた曲は…そんなぁ…」

律「仕方がないって、私たち…実際そんなに上手い方じゃないし」

紬「はぁ…」

フィリップ「…チャームメモリの魅了能力だけで放課後ティータイムが売れただなんて僕には到底思えないな」

翔太郎「ああ、俺もだ。ファンの中にもちゃんと君たちの良さを理解して好きになってくれた奴がいるはずさ。絶対に」

フィリップ「そのファンの中には僕と翔太郎が入るね」

翔太郎「おいフィリップっ、勝手に…はははっ、参ったな」

唯「…本当?」

フィリップ「ああ、大好きさ。ね、翔太郎?」

翔太郎「まぁ、な」

唯「わあぁ~~♪ 大好きっ! 二人とも大好きぃっ!!」ギュゥゥ

翔太郎・フィリップ「なっ!?」

「唯(ちゃん・先輩)!?」

唯「嬉しいよぉ! やったよぉ~!! うわぁぁ~~んっ」

律「お、おいおい! そんなにはしゃぐなよ~あはははっ」

紬「ふふ…うふふ…あはははは!」

梓「なんだか、いつもの放課後ティータイムに戻れたみたいですね」

澪「ああ…そうだな!」

さわ子「ふふっ」クスッ

さわ子「……あと少しでこの笑顔を私が壊すことになっちゃうところだったのね…」

翔太郎「それに気づくことができたんだ。あんたはもう前のあんたじゃないよ」

翔太郎「…あとは今までの罪を時間を掛けて償うだけだ」

さわ子「…そうね」

澪「…え」

照井「左、署と連絡が取れた。すぐに刃野刑事たちが来る」

翔太郎「ああ」

澪「ま、待ってください! さわ子先生を…逮捕するんですか…?」

照井「…理由はどうあれ、彼女は犯罪を犯した。警察として見逃すわけにはいかない」

紬「そんな…!」

唯「や、やだよぉっ!! さわちゃん逃げてよっ」

律「そ、そうだよ! はやく逃げろ!」

さわ子「酷いことしてきたのに…庇ってくれるっていうの? …本当にあなたたちってば…」

ギュッ

さわ子「…お人好しで、優しくて………」

唯「さわちゃん、やだよぉ…行かないでよぉ…」

翔太郎・フィリップ「……」

さわ子「私もね、あなたたちの…放課後ティータイムのファンの一人だから…ずっと、いつまでもよ………さよならは言わないわ。その代わりに」

さわ子「…お前らにまた会える日をおおおぉぉぉぉ!!! 楽しみに待っているぜえええぇぇぇぇ!!!」

「   」

…こうして、放課後ティータイムを巡る寂しくも温かな事件は幕を閉じた。

今回の事件の犯人、山中さわ子は事件の後、風都署内留置場にて罪を償っているはずだ。彼女はきっとやり直せる。あんなにも素晴らしい教え子たちが待っているんだからな。

放課後ティータイムといえば、突然表から名前が消え、熱狂的人気も薄くなったにも関わらず、彼女たちなりに頑張って活動を続けているらしい。…まぁ、部活という題目でらしいが

なんでもお茶を飲み、菓子を食べ、青春を謳歌しつつ…うんたらかんたら…

翔太郎「軽音楽部ねぇ…」カタカタカタ…

亜樹子「なに? 翔太郎くんも入りたくなったの?」

翔太郎「いや、あんなに有名になった後であいつらが部活なんかで収まるのかどうか…ってな」

亜樹子「もともとあの子たちにはそっちの方が合ってたのかもよ」

フィリップ「ところで翔太郎、彼女たちから新曲のテープが送られて来たよ。ほら」

翔太郎「テープかよっ、…えーと、なになに~……タイトルは…ぷっ、ははは。 見てみろよほら…゛けいおん!゛だとよ。今のあいつららしいぜ」

フィリップ「はは、ここは僕たちも彼女たちに負けずにバンドでも組むとするかい?」

亜樹子「そんなことしちゃったら私の人気がまた上がっちゃうじゃな~い! きゃー」

翔太郎・フィリップ「ないだろ」「ないね」

亜樹子「バッサリだぁ~!!」

お わ り !