澪「わ、私は律の事が好きだ!」

律「…ごめん」

澪「…駄目、なのか?ほかに好きなやつがいるのか?」

律「いや、いないけど」

澪「だったら私に何か悪いところがあるのか?なら直すからっ」

律「そうじゃなくて、私達女同士だろ?」

澪「だから?」

律「…いや、もちろん女同士ってのもあるし、あっていいと思うぞ、私は!でも残念ながら私にその趣味はない」

澪「つまり」

律「端的に言うと、私は男が好きだ」

澪「男…駄目だ、そんなのおかしいよ」

律「おかしくねーし!私は優しくて紳士な男の人とデートもしたいしキスもしたいし結婚して子供だって生みたい。出来れば背の高いイケメ」

澪「わー!!聞きたくない聞きたくないやめろ!」

律「…てなわけで、悪いけど私は澪の気持ちには答えられないんだ。ごめん」

澪「律!紳士なんて幻想だ!男は野獣なんだぞ!男なんて…」

律「はいはい。じゃあ、明日からまたいつも通りにな」

紬「聞かせてもらったわりっちゃん!」

律「わっムギ!」

紬「りっちゃん、澪ちゃんの言う通りよ。男はみんな野獣なのよ!」

律「はいはい。お前の百合趣味のために考えを変える気はねーから」バタン

紬「ちがっ…りっちゃん…」

澪「うう…うわあーん!律ぅうー!」ダキッ

紬「澪ちゃん…よしよし」ナデナデ

その日、私はムギの家に泊まった。

澪「思えば小さい頃からずっと、私は律が好きだった。その一方で、乱暴で煩くて、中学になれば私を厭らしい目で見てくる男子が嫌いだった」

紬「そう」

澪「私は律以外考えられない。なのに律は、男と…ううっ」

紬「…」

澪「男の野蛮さをわかってもらいたいのに…」

紬「ねえ澪ちゃん、私、澪ちゃんの願いを叶えてあげられると思うの」スッ

澪「何これ?」

紬「これはね、琴吹グループが開発した、『飲んだ人の性別を逆転させる薬』よ。これを飲めば澪ちゃんは男の人になれるわ」

澪「……駄目だ。いくら律と付き合えるとはいえ、私は男になんかなりたくないよ。第一学校はどうするんだ?パパとママにはなんて説明する?」

そう言うと、ムギは首を振った。そしてにっこり笑って、私に耳打ちした。
それは恐ろしい計画だった。だがこれで、私は律を手に入れられる。
私は承諾した。それは律を深く傷つける事だけど、それでも私は、律を手に入れたい。

澪「ありがとうムギ。私のために」

紬「ううん、私の為でもあるもの。作戦がうまくいくよう、祈ってるわ」

あくる日。私は学校を休んだ。
りっちゃんは澪ちゃんがいないのを気にしているみたいで元気がなかった、とムギからメールで聞いた。私を振った罪悪感を覚えているんだろうな。
嬉しいけど、その必要はないぞ律。お前はもうすぐ私の物になるんだからな。
放課後、ムギからメールが来て、私は指定場所で律を待つ。

律「じゃーなー」

唯「ばいばいりっちゃーん!」

いつもは私と帰る、人けのない道を一人で帰る律の背中は、とても小さくて頼りなかった。
ああ、これは私が男になったからかもしれないな。厚い胸板に、筋肉。大きな体に、低い声。ムギにはイケメンさんって言われたな。
…律、男は強くて、危険なんだ。それを、今からわからせてやるよ。


律「…ん?———!!」

私は律を襲った。
抵抗する律を押さえつけ、口を塞ぎ、制服を剥ぎ、大きな手で体中撫で回した。こんな事が、男の身体ではこんなに簡単だなんて。
律、怯えてすっかり抵抗しなくなった。涙に濡れたぐちょぐちょの顔、可愛いね。
興奮して、私のおちんちんがこんなに雄々しく隆起している。これが勃起なんだな。
私はズボンのチャックを外してそれを取り出した。血管が浮き出ていて、自分でもビビるほど凶悪だった。
律、何怯えてるんだよ。お前の欲しかったのはこれなんだろ?
私は律の下着を脱がし、無理矢理足を開いた。初めて見た、律の可愛い可愛い、ピンクの割れ目。私はそこに自分のモノをあてがい、押し込んだ。

律「——っ!!」

律の荒い息が聞こえる。男の物を初めて受け入れた痛みに、激しく体が跳ねる。私も痛い。律の中、キツイな。それでも構わず推し進める。そのうち防御反応で律の中が潤ってきた。脳天を突き抜けるような快楽が走る。
ああ、私、念願の律を手に入れてる。律と一つになってる。
もっともこれは一方的で、一時的なもの。しかも、本当の私じゃない。ムギの声が私の脳裏に蘇る。

紬『男の澪ちゃんに襲われたりっちゃんは男性不信になる。そこを、慰めて支えてあげるの』

だからこれが終わったら私は女に戻って、律を優しく抱きしめて言うんだ。「だから言っただろう、男は野獣だって」と。
おっと、出る。律を妊娠させるのも捨てがたいけど、さすがにそこまで負担をかけさせるわけにはいかない。私は律から逸物を抜いて、律の腹に白濁液をぶちまけた。
急いでそれを仕舞い、放心状態の律を残して走り去った。
さあ、早く女に戻って、慰めてやらないと。
走ってムギの家に行く。ムギは門の前で待っていてくれた。

紬「澪ちゃん、成功した?」

澪「うん!早く元に戻してくれ、律が待ってる」

そう言うとムギは顔を曇らせた。なんだかすごく答えにくそうだ。どうしたんだろう?

紬「ごめんなさい澪ちゃん。元に戻る薬はないの」

——そんな。

澪「な、なんだよそれ。冗談だろ?あの薬をもう一回飲めば…」

紬「あの薬はあれで最後だったの。今は材料も不足していて、手順も複雑で…もう一度開発しようとすれば、一年近くはかかるわ」

澪「話が違うじゃないかっ!」

紬「違わないわ。元に戻してあげるなんて、私一言も言ってない」

何だよそれ。ムギは私達がうまくいくために協力してくれたんじゃないのか?

澪「言ったじゃないか、願いを叶えてくれるって」

紬「ええ。叶ったでしょ。男の野蛮さを、りっちゃんは骨の髄まで思い知ったでしょうね」

私は、何か重大な思い違いをしている?ムギは一体、何がしたいんだ?

一年。あまりに長い時間。その間、ずっと律に会えないのか。律は今あんなに傷ついているのに。自分が傷付けたにもかかわらず、そう思った。
居ても立っても居られなくて、私はムギに背を向けて走り去る。向かうのは、律を襲った場所。果たして律はそこにいた。ボロボロの酷い恰好で。
私が律にどれだけ残酷なことをしたか、改めて突きつけられる。

澪「律…」

声を掛けると、律は私の姿を見て、怯えた。当たり前だ。自分を襲った男なんだから。

律「ぃ…ぃゃ…」

澪「律、さっきはごめん。私は澪だよ。信じてくれ」

律「くるな…くるなぁ…」

澪「律」

律「ひぃっ!!」

伸ばした手を律は激しく振り払った。

律「いや…助けて…澪…」ポロポロ

泣きながら私の名前を呼ぶ律。律は私を求めている。なのに、抱き締められない。律の求める私は、どこにもいない。
途方に暮れた私の前に、もう一つの人影が現れた。暗闇でもわかる、あの長い金髪は。

紬「りっちゃん」

ムギは、優しく律を抱きしめた。
律も、母親にしがみつく子供のように、ムギを抱きしめ返した。

紬「可哀想なりっちゃん」

律「ムギ…怖かった…怖かったよぉ…」

思い返せば、ムギは一言も、「私が」律を慰めるとは言わなかった。

紬『ううん、私の為でもあるもの』

…まさか。

ムギは私を横目で見て、薄く笑うと、律に語りかける。

紬「だから言ったでしょう、男は野獣だって」


FIN.


あけましておめでとうございます。
新年早々ごめんなさい。