「律の新たな一面を見る為ならば、
どのような描写があろうと構わない。
他キャラの扱いも問わない。
マニアックな場面があっても許容できる」
このくらい、律に思い入れがある方でない限りは、閲覧を絶対にお控え下さい。
また、読まれて少しでも不快になった場合、すぐにこのスレを閉じて下さい。

それでは以下より、本編です。

 眼前に置かれた鮮やかな黄金色の米飯は、見ているだけでも飽きない。
ただ、見ているだけでは足りなかった。
中野梓は不作法を承知で、鼻を近付けて嗅ぎ込んだ。
蜂蜜の匂いに似た、甘い香りが鼻腔を衝く。

 隣では平沢唯も鼻を近付けているが、行儀を気にする様子はない。
却ってその気取らない仕草が、不作法ではなく可愛らしさを彼女に添えている。
逐一の所作を意識してしまう梓では、こうも自然にはいくまい。

「おー、ススキみたいな色なのに、爽やかな芝の香りがするねー」

 その唯の口からは、梓とは別の感想が漏れていた。
ススキよりは色が濃いと思うものの、香りに関しては唯の言う事にも一理ある気がする。
それは自分の嗅覚に対する不信ではなく、この香りを定義する事の困難の故だろう。
この香りを憂や澪、律はどう表現するのだろうか。
作法に則って前屈みの仕草だけで匂いを嗅ぐ彼女達へと、梓は横目を走らせた。

 澪と憂は、この匂いに顕著な反応を見せていた。
澪は何か思い当たる事でもあるのか、怪訝を表情に浮かべている。
一方の憂は萎縮しきった視線を、料理の提供者である紬へと向かわせていた。

「これ、サフランライス、ですよね?」

 憂の口から放たれた遠慮がちな声が、梓の耳朶を叩く。

「サフランっ?」

 梓の口から、反射的に上擦った声が吐き出される。
その名や特徴は知っていても、匂いを嗅いだ事は初めてだった。

「これが?」

 澪も驚いてはいるようだが、憂や梓とはその種類を異にする声調だった。
拍子抜け、と言いたげな内心が調子の下がった語尾に表れている。

「サフラン?何それ?美味しい物なの?」

 唯は知らないらしく、座に視線を巡らせながら問いかけてきた。

「何言ってるんですかっ。とっても、とっても高価な香辛料なんですよ?
1gで1000円もするんです、1000円っ。
綺麗な黄色い色と、芳しい香りを料理に添える、貴重な香辛料なんですよっ?」

 梓は無知な唯よりも、無感動な澪に言い聞かせてやりたい思いで捲くし立てる。
姉のように慕い尊敬している先輩だけに、風雅を解さない澪の態度には幻滅した思いだった。
その怒りが激する声調となって、奔流のように梓の口から迸っている。

「1gで1000円っ?ふわぁ、高いんだねー。いいの?ムギちゃん」

 唯は口にしている物の価値が分かったらしく、珍しく畏まった様子を見せた。
稀少性や世に通底する評価を啓蒙していては、得られなかった反応だろう。
雅趣に疎い即物的な人間には、換価して示してやった方が価値は伝わり易いものだ。
ただ、梓の本来の目的であった澪には、それでも通じなかったらしい。
澪の顔が動揺に歪むような事はなく、端正な面立ちを保ったままだった。

「家族だけで使うのも勿体なくて。
普段から仲良くして貰ってる皆にも、味わって欲しかったの」

 最初の言葉こそ気を遣わせまいとする配慮だろうが、後の言葉は本心に違いなかった。
紬は家が金持ちである事を鼻に掛けたりするような人間ではない。
自慢したいが為に振る舞ったのではなく、純粋に友情の故なのだ。
梓は価値を伝える便宜の上でこそ換価したが、金銭では量れない紬の厚意を感じ取ってもいた。

「ありがとー。私、初めて食べたよー。
ん、ねぇ、憂。初めて、だよねぇ?」

「初めてみたいなもの、かな。
強いて言うなら、パエリヤ作った事あったでしょ?
あの時使った市販のパエリヤの素の中に、サフランも原材料として入っていたはずだけど」

 唯の質問に答えていた憂の顔が、紬へと向く。

「でも、入っていた量は僅かなものだったみたいです。
ここまではっきりした風味は感じませんでしたから。
なんか、私まで貴重な体験をさせて頂いて、有難うございます」

「いいのよ。憂ちゃんにだって、お世話になった事あるから。
下級生にチケット撒く時、お手伝いしてくれたじゃない」

 紬に淑やかな顔で返されて、憂も気後れが解れたらしい。
スプーンを繰る手が滑らかになり、自然な笑みの浮かんだ口元にサフランライスが運ばれる。
梓は健啖な憂の食指に、持て成す紬の配慮が齎した和やかな雰囲気を見て取っていた。

 ティータイムのような気安さに、梓も倣って二口三口と口腔に放る。
紬が望んでいたであろう、穏やかで優しい時間が鼻の奥で感じ取れた。

「でもさ、この値段は高いよな。
これならもっと安価で、そっくりな風味も味も作れるよ」

 暖かい雰囲気に冷や水を浴びせるような低い声が、空気を引き裂く。
梓は思わず顔を顰めて、発言者の澪を見遣った。

「そんな事ないと思いますよ。
私だって今まで長い事料理してますけど、こんなに風味のいい香り付けなんてできませんでしたし」

 憂も気分を害したらしく、語気鋭く澪に噛み付いていた。
料理に無縁な澪の審美を、暗に嘲っている事にも梓は気付く。
穏やかな憂にしては珍しい態度だが、梓は驚きよりも共感の念を抱いていた。
紬の配慮を無下にされた怒りは、梓とて同じなのだ。
睥睨で以て憂に与そうと、澪へと向けている双眸に力を込める。

「りっ、りーっ」

 憂の言葉と梓の視線を遮るように、律が澪の前に立って吠えた。
澪が責められている状況を見過ごすつもりはないらしい。
だが、飼い主を守る犬のような仕草も、梓を怯ませるには迫力が欠けていた。
小柄な律では、虚勢を張って吠える子犬にしか見えない。

「分かったよ。論より証拠、だ。明日、それを振る舞うからさ。
それを実際に食べてみて、サフランライスと同等のものが安価に作れるか、皆が判断すればいい」

 憂並びに梓と、対する律の間で険しい視線が行き交う渦中。
当の澪が、声から力を抜いて言った。
憂の剣幕に驚いたのか、律の健気な姿勢に心を打たれたのか。
梓には判断が付かないが、澪に口論する気はないらしい。
ただ、撤回する事もなかった。
だから梓は澪の提案を、挑戦と受け止めて返す。

「そうですね、是非とも実証して頂きたいものです。
口論していても埒が明きませんし。
憂もそれでいいよね?」

「うん。あそこまで言ったんだから、実際に現物を拝ませて貰わないとね」

 梓に返答しつつも、憂の瞳は澪を見据えたままだった。

「じゃ、明日の昼頃、私の家に来てくれ。
皆も予定は大丈夫か?」

 年下の挑戦的な態度に気分を害した風もなく、澪は紬と唯に視線を転じて言った。

「ええ、明日は空いてるの。楽しみにしてるわー」

「私も大丈夫だよー。えへへ、美味しい物を食べられるなんて、楽しみー」

 梓は先に返答した紬の声が、震えを帯びている事に気付く。
紬と唯、二人ともが『楽しみ』と言いつつも、込められたニュアンスには大きな隔たりが感じられた。

「よし。じゃあ、決まりだな」

 澪は紬の微細な変化に気付く風も見せず、サフランライスを掻き込み始めた。
その遠慮のない動作は、希少な食物を味わう態度には見えない。
有り触れた料理を口に入れる無心さそのものだ。

「ごちそうさま」

 梓が半分も食べ進めていないうちに、澪はそう言ってスプーンを皿に置いていた。
追随して、律がスプーンを繰る速度も上がる。

「急がなくていいぞ」

 澪が律を気遣って言うが、梓は紬を気遣って欲しかった。
律が澪に遅れた理由は、味わうが故に緩やかに食む梓達とは異なるものだろう。
小柄で口も小さく小食な律は、食を進める速度も必然と遅い。
その体躯に依る制限を除けば、律も澪と同じ側に属しているのだ。
この高価な料理に対する敬意など、幼馴染の二人揃って持ち合わせていないらしい。
流石に気が合っていますね、と。梓は皮肉ってやりたい気持ちだった。
今まで褒め言葉として使っていた表現が、牙となって口を衝かんと梓の胸で燻る。

「りー」

 梓が皮肉の衝動を堪えているうちに、律も食べ終わっていた。
ごちそうさま、に代えて鳴いたのだろうが、その声は紬に向いていない。
顔と共に、澪へと向いている。
紬に対する感謝よりも、澪に食事の終了を伝える事の方が重要らしい。

「食べ終わったか。じゃあ、お暇するよ。明日を楽しみにしててな」

「りーりー」

 食事途中の面々に構う事無く、澪は退室の挨拶と共に席を立っていた。
律も倣って梓達に手を振り、澪の背を追う。

「うん、じゃーねー。明日、楽しみにしてるよー」

 部屋から出て行く二人に応えた者は、唯だけだった。
唯一人の声に押されるようにドアが閉まる。
梓が窺っていた限り、澪と律から無言の抗議に気付いた素振りは見られなかった。

「は、確かに楽しみね。どうせ、バターで炒めたターメリックライス辺りでしょうけど」

 足音が遠のいた後で、紬が嘲りを声に含めて呟いた。

「ターメリック?」

 唯が無邪気に首を傾げる。
普段通りの爛漫な反応でしかないのに、梓は新鮮な印象を受けていた。
初めて知った唯の一面であるかのようにさえ感じられる。
険悪な雰囲気の中の場違いな仕草が、そう思わせているのだろうか。

「ウコンよ」

 唯の疑問を受けて、紬が言葉短く答えた。
まだ怒りが冷めやらぬのか、丁寧な対応をする心の余裕などないらしい。

「ウンコ?」

 唯の首が再び傾いだ。梓は我が耳を疑う事も忘れて、反射的に叫ぶ。

「ゆっ、唯先輩っ」

「おっ、お姉ちゃんっ」

 窘めるような憂の声が続く。
その声を聞き終わった頃には、梓は唯の意図に気付いていた。
考えてみれば、如何に唯とはいえ直接的に品のない発言をした事はない。
驚きのあまりその思考が追い付かず、声が先行してしまっていた。
だが、今なら分かる。

 唯は険悪となった場を和ませようとしていたのだ。
思えば、去りゆく澪と律に一人挨拶を返した者も唯だった。

 だが、気付いたところで、賛同できるかは別問題である。
唯の心意気は買うにせよ、あの二人を許す気にはなれない。

「まぁ、そんな所かしら。サフランに比べたら、そのくらい格が違うもの。
排泄物を振る舞われるくらいに思ってもらって、差し支えないわ」

 言いながら、紬の頬に嘲笑が浮かぶ。紬の怒りは、梓以上らしかった。
唯の品のない表現さえ、澪と律を謗るレトリックへと転用している。

「明日が、楽しみですよね」

 瞳に瞋恚の焔を滾らせ、憂が続いた。
唯だけが、戸惑ったように瞳を右往左往させている。
梓は緊張の緩和に助勢するつもりはなかったが、義憤に駆られない唯を詰る事もしなかった。
梓とて澪と律に対する激しい怒りはあれど、この限りで関係を断とうとまでは思っていない。
そうなると、一人くらいは中立の立場で居てくれた方が有り難い。
関係を修復する役が居るからこそ、梓達は存分に怒る事ができるのだ。

 だからこそ明日は、今日のように我慢はしない。
澪が馬脚を現し次第、存分に罵ってやる積もりだった。

「うん、楽しみ」

 梓も二人に与する発言をしながら、今度唯に甘い物でも奢ってやろうか、と思った。

*

 翌日、梓達を迎えた澪の顔には余裕があった。

「ああ、揃って来たか。準備はもうできてるよ。すぐに食べさせてやるな」

 昨日の澪の態度は、失言を繕う過程で引くに引けなくなったものだろうと。
一晩経てば、泣きを入れてくるだろうと。
そう思って、ここまでの道程を歩んできた梓は拍子抜けの思いがした。

「お邪魔しまーす」

 呆ける梓を余所に、唯が先に立って澪の家の敷居を跨いでいた。

「あ、お邪魔します」

 喧嘩を買いに来たのに、劈頭から闘志を抜かれている訳にもいかない。
梓も唯に倣って、敷居を跨ぎ敵地へと乗り込む。

「お邪魔します」

 後方から憂と紬の声が被って聞こえて、ドアの閉まる音が聞こえた。
その音が梓には、監獄の檻を閉ざす音のように重々しく響く。
啖呵を切って引き返せない者は、澪のはずなのに。

 気を飲まれては負けだ。梓は弱気に傾いた心を努めて奮い立たせると、三和土に靴を揃えて置く。
隣には、見慣れた律のブーツもあった。
役者は揃っているらしい。

「ああ、律も来てるよ。キッチンで皆を待ってる。こっちだ」

 梓の視線に気付いたのか、澪は先導する前に説明を前置きしていた。

「ええ。律先輩も居なければ、話になりませんからね」

 澪の背を追いながら、梓は語勢を強めて言う。
律は昨日、澪の側に立って自分達に牙を向いていた。
彼女も当然、梓にとって裁きの対象である。
直接的に紬の好意を無下に扱っていないとはいえ、澪に与した以上は逃亡を許すつもりなどなかった。

「ああ、そうだな。律が居ないと話にならない。
梓、もしかして、分かってるんじゃないのか?」

 凄む梓とは対照的に、澪の声音は楽しそうに弾んでいた。
その態度も、言葉も、全てが梓の疑念を誘う。

「何を」──分かっているって言うんですか?

 問おうとした時、澪が立ち止まって振り向いた。
キッチンに付いたらしく、澪の顔越しに卓へと付いている律の顔が覗ける。

「さ。好きな席に座ってくれ。すぐに振る舞うから」

 澪は梓達に指示すると、炊飯器へと歩いて行った。
梓は言いそびれた疑問を飲み込んだまま、言われた通りに席へと着く。
憂や唯、紬も卓を囲んで座った。

 澪を見遣ると、炊飯器から黄色い米粒を椀へ盛り付けていた。
匂いを拡散するかのような湯気が立ち昇り、芳しい香りが梓の鼻腔にまで届く。
紛れもなく、昨日味わったサフランの香りだった。

「いい匂いだねー」

 鼻のいい唯が満悦の声を上げる。

「だろう?ほら、味も確かめてみな?」

 トレーから、卓へと。黄色い米飯が盛り付けられた椀を、澪が移してゆく。
梓は各々の席へと、それを回してやった。
最後に自分の分を確保してから、目を眇めて観察する。

 炊飯器を使った以上、バターで炒めたターメリックライス、という紬の予想は外れたらしい。
尤も、昨日のサフランライスと違う点もあった。
昨日のもの以上に、濃い黄金色が映えている。
香りもまた、炊飯器から梓の位置まで届くこちらの方が強い。
後は、味がどうなっているのか。
梓は箸を手に取ると、口に運んでみた。

「美味しいっ」

 意図せず、口から感嘆の声が漏れていた。
品のある味わいは同様だが、昨日のものに甘みが加味されている。
周りを見れば唯は言うに及ばず、紬や憂も顔を蕩けさせていた。
負けを認めたも、同然の顔である。

 だが、まだ敗北が決定的となった訳ではない。

「確かに、美味しいです。でも、本当にこれが、サフランよりも安く作れるんですか?」

 味わい続けたい欲求を堪えて、梓は得意気な澪を難じた。
澪は昨日、サフランよりも安価にこの風味を再現してみせる、と豪語していた。
高価な材料で作ったのであれば、澪は約束を履行した事にはならないのだ。
──勿論、等価の材料で作ったとしても。

「なるほど。こうきた訳ね。澪ちゃん、無理したんじゃない?
この濃度を出す程、サフランを注ぎ込んだんだから、相当痛い出費だったんじゃない?」

 加勢してきた紬が、梓の言いたい事を代弁してくれていた。

「サフランなんて使ってないよ」

 澪の顔から、勝ち誇る様子は消えていなかった。
どうせ演技だろう。梓はそう見込むと、追撃の言葉を放つ。

「じゃあ、レシピを公開して下さいよ?材料は何を使ってるんです?
そしてそれは幾らなんですか?」

「そうですよ。澪さんは、サフランより安い、って言っていたじゃないですか。
コストまで明示して、漸く澪さんはそれを証明した事になるんですよ?」

 憂も語勢を強めて、澪に言い寄った。

「安いって言うか、無料だよ。非売品だけど、身近な材料で作れる」

「非売品ですって?」

 紬が声音で澪を嘲った。胡散臭い言葉だという思いが、言外に込められている。
梓も追い討ちを掛けて言い募る。

「それ以前に、どうして完成品だけ食べさせるんですか?
作る所から見たかったです。そうすれば、手早くQEDだったのに」

「早く味わってもらいたかったし、タイミングの問題もあるからな。
いつでも作れるって訳じゃない。作れるタイミングになったら、目の前で実演するよ」

 苦しい言い訳だと、梓は思った。
尤も、苦し紛れの逃げ口上に終始しながらも、なお表情から余裕を消さない澪は大したものだとも思う。
目立つ事を嫌う性格から察して、余裕のない人間だと思っていた。

「あら、それは何年後の話になるのかしらぁ?」

 抑揚の込められた底意地の悪い声で紬が煽る。
聞いている梓まで溜飲が下がるようだった。

 だが、当の澪に神経を逆撫でされたような様子は見当たらない。

「そんな先の話じゃないよ。今日中……そういえば律、例えば今は大丈夫か?」

 紬の皮肉に苦笑で応じた澪の視線が、律へと向く。

「り」

「そっか、そうだよな。結構、時間経ってるもんな」

 律の小さな首肯を受けて、澪が一人納得したように顎を上下させながら言った。

 追い詰められているだけだと、梓は思う。
本当なら、澪は有耶無耶にしてしまいたかったのだろう。
だが、怒りに荒ぶ紬は、その思惑を許しはしなかった。
今から実演すると言ってしまった以上、澪の詰みは近い。

 律の協力を得ているかのような口振りも、哀れな悪足掻きでしかないだろう。
或いは、断罪を目前に、律も共犯だと強調する狙いがあるのか。
もしそうなら、律を売ってまで保身に走る澪へと、梓は渾身の嘲罵を浴びせてやるつもりだった。
このまま顔に嘲笑が貼り付いてしまっても構わないくらい、嘲弄の限りを尽くして蹂躙してやる──

「りっちゃんが作ったの?」

 今まで黙っていた唯が口を挟んできた。

「いや?律の協力が不可欠ってだけだよ。材料にね」

 炊飯器から取り出した内釜に、米を入れながら澪が答えた。
材料に律の協力が必要など、有り得る訳もない。
嘘に嘘を重ねるから、言動に破綻を来してくる。
質問した唯も澪の返答に首を傾げ、怪訝を露わにしていた。

 梓達の冷めた視線に気付いた風もなく、澪はシンクの前に立って米を研いでいる。
憂などは焦れたように、テーブルの上で指を盛んに組み替えていた。
梓は溜息を堪えて、分かり切った結果を待つ。

「このぐらいでいいな。律、出番だぞ」

 研がれた米の入った中釜をキッチンの床に置いて、澪が律に呼び掛けた。
対する律は、顔を俯かせてしまっている。

「律?」

「りぃー」

 再度の澪の呼び掛けに答える律の声は、細く弱い。
澪より先に、律の方が白旗を振ったか。
そう思い瞳に収めた律の顔色は、赤かった。
表情を伏せてはいるが、目元から頬に掛かって走る朱の斜線が確かに覗ける。
断罪を恐れた顔色ではない。羞恥の顔色だ。
負けを認める事が恥ずかしい故、だろうか。
それとも──他の理由で恥じらっているのだろうか。

「ほら、律、恥ずかしがってないで。
皆の見ている前でやらないと、意味が」

「やらないのではなくて、できないんじゃなくって?
こんなのに付き合わされて、りっちゃんもある意味被害者かしら?」

 言い掛けた澪を遮って、紬が言葉を被せた。
澪の無茶な指示に律が戸惑っている、紬は状況をそう読んだのだろう。
ただ、梓には律が躊躇っているようにしか見えなかった。
紬は状況だけ見て、律を見ていないのだ。

「りっ」

 紬に煽られて、律も葛藤に決着が付いたらしい。
覚悟を決めたように短く鳴いて、小さな体を起こしていた。
顔は相変わらず赤いが、進む足取りに迷いは見られない。
その歩みが、中釜の前で止まった。
そして律の手が──

「何をしているのっ?」

 絶句してしまった梓を代弁するように、紬が叫んでいた。
驚いた事に、律はスカートを下ろしたのだ。
そうして、ショーツにも手が掛かる。

「りっ、律先輩、何をっ」

 息も絶え絶えに、梓は叫ぶ。
驚愕のあまり、断続的に言葉を紡ぐ事で精一杯だ。

「まぁ、私達を信じて、静かに見てろよ。サフランに似た風味の材料、見せてやるから」

 澪だけが、冷静な対応を見せていた。
慣れているような揺らぎのない態度が、澪の発言に真実味を添える。

「りっ、りーっ」

 性器を晒して炊飯器に跨った律の尿道から、黄色い液体が噴出した。

「はぁっ?」

 梓の口から、意図せずして頓狂な声が飛び出た。
何をしている、何を。混乱する思考が、それ以上の言葉を編み出させない。
だが、論理ではなく、感覚が理解する。
これは、この匂いは──

「何を自棄になっているんですかっ?
そこまでするくらいなら、嘘だったって、謝ればいいじゃないですかっ」

 憂の放つ悲鳴のような叫び声が、梓の鼓膜を深く衝く。
だが、それ以上に強く衝かれている鼻腔が、憂の言葉を額面通りに受け取らせてはくれない。
見るだけならば、憂の言う通りに自棄になっただけだと思えただろうに。
サフランの香りさえ、漂ってこなければ。

「いや、実際にこれが材料なんだよ。証拠に、匂いを嗅いでみろよ。
この色合いを見てみろよ。
律のコンディションによって違いが出るから、完璧に一致まではしないだろうけれど。
でも、同種のものだってくらい、分かるはずだろ?」

 澪の言う通りだった。憂の言う事を信じたい。だが証拠は全て澪だけが提出している。

「ふざけないで……そんなものが、材料になる訳ないじゃない」

 震えた声で紬が言う。つい先程までとは、心象が逆転してしまっていた。
紬の態度は、強がって悪足掻きをしているようにしか見えない。
その儚い抵抗も、これから澪が実証によって粉砕してしまうのだろう。
律の尿に浸されたライスを炊き、今卓上にある黄色い米飯と同じものを提供する。
以って、澪の口からQEDが宣告されるに違いなかった。

「ちょっ、ちょっと待ってよ。っていう事は……」

 紬よりも一層震えた声で、唯が口火を切る。
気付いてはいけない事に気付いてしまった。その後悔が痛い程に伝わってくる。
だから、黙って欲しかった。梓にとって”それ”はあまりに酷で、突き付けられたくない現実なのだ。



2