紬「今日は緑茶と和菓子にしてみました〜」

唯「おお! なんだか渋いねぇ!」

律「たまには良いな」

澪「いつも紅茶と洋菓子だから、たまにはこういうのも良いな」

梓「そういえば私たち日本人でしたね」

澪「え?」

梓「あぁいや何でもないです」

紬「ふふっ………。じゃあいただきましょう」

唯「じゃ、お茶いただきまーす!」ズズッ

律「先にお茶からかよ」

唯「んー?」グチュグチャ

紬「」

澪「」

律「」

梓「」

律「じ…、ジジくせぇなぁおい!」

澪「は、ははは。まぁ唯らしいな」

紬「りょ、緑茶には消臭効果があるし、濯ぐと口の中サッパリするから…ね」

唯「そうそう!だから食前のお茶といえばまずは!」

唯「ズズッ」グチュグチャ

梓「…」

唯「グチュグチャグチュグチャグチュグチャ」

梓「おい池沼ギタリストそれやめろ」

唯「えっ」

澪「あ…梓?」

梓「はい?」

律「今すげーこと言わなかったか?」

梓「何言ってるんですか。何も言ってないですよ?」

紬「き、聞き間違いかしらね?」

唯「だ、だよね!」

梓「皆さん揃ってどうしたんですか?」

澪「い、いや何でもないんだ!」

律「さ、さぁ食べようぜ!」

紬「ええ、そうしましょう!」

唯「ズズッ」グチュグチャグチュグチャ

梓「おいそれやめろって言ってんだろアッパラパーギタリスト」

唯「おい今度は確かに聞いたぞペロられゴキブリ」

梓「ペロられゴキブリ?なんですかそれ」

唯「お前のことに決まってんだろ」

梓「沸点も低ければネーミングセンスも悪い。情けない先輩ですね」

唯「あ?」

律「お、おいやめろよ…」

梓「うるさいなぁホワイトボードでこちゃんは」

澪「ホワイトボード…」

紬「あ、梓ちゃん…」

律「おいふざけんなよないしょのツインテールズこの野郎」

梓「なんですかその名前」

澪「(ないしょのツインテールズ…? ああ、確かこの間まとめサイトのオナホ記事で見たな)」

澪「(どうりで聞き覚えが)」
唯「おいこっち無視してんじゃねーぞ」

紬「や、やめましょ! お茶にしよ! ね!?」

澪「いやもうこれお茶出来る雰囲気じゃない気が…」

紬「でも!」

梓「分度器眉毛も根暗ネラーも煩わしいので少し黙っててくれませんか」

紬「」

澪「」

律「おうてめぇ。私の澪に何てこと言ってくれんだよ」

梓「ああいえ、解説とか丸聞こえでうるさかったんで」

梓「ていうか何ですかこの流れ。何で私が責められてるんですか?」

梓「私はそこの口内滅菌ギタリストの行儀が悪かったから、注意しただけですよ?」

律「それだよそれ」

梓「はい?」

律「いちいち一言、いや二言多いんだよお前」

律「あとホワイトボード訂正しろコラ」

梓「ああすみません。確かにホワイトボードじゃ太陽拳使えそうですもんね。黒板の方が良かったですか?」

律「も う キ レ た」

澪「梓! いい加減に…」

梓「はいはいはい分かりました。じゃあこうしましょう」

梓「私は唯先輩の口ゆすぎが不快だったのであんな事言ってしまいました」

梓「その事に関しては謝ります。先輩後輩としてあれはまずかったですね」

唯「あずにゃん…」

紬「梓ちゃん…」ホッ

梓「でも」

梓「唯先輩の事も注意して欲しいですね。一人の時はまだしも、大勢の中で口をゆすぐのはマナー違反ですよ」

澪「ま、まぁそうだな」

梓「ていうか一人の人間としてまずいですよ。ただでさえネジ8本ぐらい飛んでるのに」

唯「許さん! 許さんぞ中野おおおおおぉぉぉ!」

梓「ていうか緑茶でゆすいだところで大して変わらないと思うんですけど」

梓「唯先輩はそんなに口臭気にしてるんですか?」

唯「べ、別にそういう訳じゃ」

梓「じゃあハーッてやってみてください。飲酒検問のあれみたいに」

唯「や、やだよそんなの!」

梓「何でですか? やっぱり気になってるんじゃないですか」

唯「ち、違うもん…」

唯「…じゃあ、やるよ?」

梓「ドンとこいです!」

唯「ハーッ!」

梓「くっさ!」

梓「え、くっさ! くっさぁ!」

梓「何コレちょっと待ってくっさああああ!」

唯「」

律「ゆ、唯!?」

紬「白目を向いているわ!」

澪「ひ、ひぃ! 口からも何か出てるぞぉ!」

梓「魂出てますね。これは死んじゃったんじゃないですか?」

紬「梓ちゃん!いくら何でも今のは酷いわ!」

澪「悪口はともかく、女の子に臭いなんてあんまりだぞ、梓!」

梓「え、ああはい。すみません」



梓「っていう事が昨日あったの」

憂「おいゴキブリてめぇウチの姉に何してんだこら」

梓「ああ、ちゃんと謝ったし仲直りしたから大丈夫」

梓「ね? 唯先輩」

唯「そうだよー憂。もう心配ないんだよーあずにゃんとはまたラブラブなんだよー」

憂「そっかぁ。なら良いや」

梓「ていうか今サラッとすごいこと言ったよね」

唯「え?」

憂「うん? 何のこと?」

梓「…ううん、何でもない」

律澪紬「(さっき憂ちゃんからオーラが出てたけど見なかったことにしよう)」

梓「でも先輩方、本当にすみませんでした。昨日はちょっとイライラしてて…」

律「生理かぁ?」

澪「こら律!」

梓「はい。一昨日、遂に初潮を迎えたんです」

唯「へっ」

憂「えっ」

律「はっ」

澪「へえあっ」

紬「まぁっ」

律「ちょっとまて。初潮だと?」

梓「そうですが?」

澪「えーと、梓は今何歳だ?」

梓「JK2年目の17歳です。来年のことを考えると涙ちょちょぎれます」

澪「ああ、うん。それは素直にありがとう」

紬「初潮ってことは、一昨日が初めての生理だったのよね?」

梓「そうですよ。言葉通りですよ」

唯「あずにゃん、さすがにちょっと遅すぎない?」

梓「何言ってるんですか。唯先輩達はそんなに早くに迎えたんですか?」

唯「私は小学4年生の時だったよ」

澪「ぶっ」

律「はやっ!」

紬「それはそれで…」

憂「あの時は大変だったね」

唯「あははー。お恥ずかしい限りです」

律「何かあったのか?」

唯「なんていうか…」

憂「一悶着あったもんね」

紬「へぇ。聞いてみたいわ!」キラキラ



回想

唯「おトイレおトイレっと…」

唯「ふぅ…」スルスル パサッ

唯「ん?」

唯「お…、おお…?」

唯「おおおおおおおおおお!?」

唯「妹おおおおおお!!! 我が最愛の妹よおおおおおおおおおお!!!」

憂「なにっ!? どうしたのお姉ちゃん!」

唯「血がああああああああ!!! まんこから血が出とるんじゃあああああああああ!!!」

憂「えっ!? わぁ、おめでとうお姉ちゃん!」

唯「何がめでたいんじゃああああああああ」バキッ

憂「ペプシっ!!!」



憂「という事がありました」

唯「いやぁ、お恥ずかしい」

澪「なんていうか」

律「お前ん家すごいな。いろいろと」

紬「仲が良いのね。羨ましいわぁ」

梓「でも、憂がそういう対応したってことは、憂の方が早かったの?」

憂「ううん。お姉ちゃんより後だったけど、お姉ちゃんがそうなった時にちゃんと対応出来るように知識だけは付けておいたの」

唯「ういー!」ガバッ

憂「きゃっ!? ちょっともーお姉ちゃん///」イチャイチャ

梓「チッ」

律「できた妹だな、ほんと」

澪「しかし二人とも何の恥じらいもなくカミングアウトしたな」

紬「(スルーね。スルーで良いのよね?この場合)」

梓「チッチッ! チッ!!!」イライラ

紬「(うん。スルーで)」

梓「ところでリオ先輩」

澪「梓、人の名前をAV女優みたいに呼ぶな。私の名前は秋山澪だ」

梓「失礼、噛みました」

澪「いいや、わざとだ」

梓「潮吹きました」

澪「殴っていいか」

梓「はぁー…。ボケに対してツッコミではなく暴力で返そうとするとは…。澪先輩も落ちぶれましたね」

澪「お前は私に何を期待してるんだよ。ていうか今普通に名前呼んだよな。やっぱりわざとじゃないか」

梓「そうそう。そういうのを求めてるんですよ、私は」

澪「もうやだこいつ」

澪「で、結局なんなんだ?」

梓「ああはい。澪先輩はいつ初潮迎えたのかなーって」

澪「なっ! そんなの言えるわけないだろ!」

梓「えぇー。私も唯先輩も、曖昧ながらも憂も教えましたよ?」

澪「だからって…」

律「まぁまぁ良いじゃねーか澪。減るもんじゃないし」

澪「そういう問題じゃないだろ!」

律「じゃ、私とムギもカミングアウトする。そしたら澪もカミングアウトで良いだろ?」

澪「ム、ムギぃ…」

紬「はぁい。分かったわ〜」

澪「」

梓「で、結局…律先輩が小6。ムギ先輩も小6。澪先輩は中1だったんですね」

澪「もうおよめにいけないもうおよめにいけないもうおよめにいけない」ブツブツ

律「そんな気にすることないだろ」

梓「しかしそうすると、私が年齢、肉体共に一番ピチピチなんですね」

唯「え、なんで?」

梓「この場合、一番早かった唯先輩が一番ババァですね」

唯「」

憂「ちょっと待てゴキブリこら」

律「えーと…どういう意味だ?」

梓「いえ、これは持論なんですがね。女の子は初潮を境に女性へとランクアップすると思っているんですよ」

梓「すると私はまだ女性になって一週間も経っていない訳で、言ってしまえば垢抜けない女の子みたいなものなんです」

律「ふむふむ」

梓「それに比べたら女性になって数年経ってる先輩方はババァ同然なんですよ。ていうか量産型なんですよ」

律「はぁ!? 量産型ってどういう意味だ!」

梓「分かりませんか? 私は希少価値の高い存在なんです。レアなんですよ、レア」

梓「初潮を迎えたばかりの黒髪貧乳低身長且つツインテール。おまけにパイパン」

梓「スペック高すぎだとは思いませんか?」

律「自分で言ったよこいつ」

梓「皆さんは私に感謝してほしいですね」

梓「私みたいな生まれたての小鹿のような存在が居るからこそ、この軽音部は栄えるんですよ」

梓「チラッ」

澪「(こ、こっちを見た? アイコンタクトか?)」

澪「(あ、ああ! そういうことか)」

澪「う、生まれたての小鹿の割にはプルプルしてないな」

澪「(決まった! これは完璧なツッコミだ!)」

梓「人が真面目に話してる時に変な茶々いれないでもらえますか」

澪「こいつホント腹立つわ」

澪「そろそろ帰るか」

律「お、もうこんな時間か」

唯「今日も楽しかったねー」

梓「とても女子高生とは思えない会話内容でしたけどね」

紬「そう? 私は新鮮で楽しかったわ〜」

唯「でもさー、最近あずにゃん冷たいよね。なんで?」

梓「冷たい? 今まで一度も温かい会話をした覚えがないのですが? 自意識過剰ですか?」

唯「お前ちょっと屋上こいこら」

唯「さて、今日という今日はさすがにお説教だよ! あずにゃん」

唯「まずは謝ることがあるでしょ! 特に私に!」

梓「…」

唯「黙ってちゃ分かんないよ! ほら!」

梓「…やっと、二人きりになれましたね」

唯「えっ?」

梓「冷たくしてたのはすみません」

唯「えっ何。いきなりどうしたの?」

梓「唯先輩は、ツンデレって言葉知ってますよね?」

唯「うん…」

梓「だったら、気付いて、下さいよ…」

唯「…」

梓「今日はかなりアピールしたのに…」

唯「アピール? してたっけ?」

梓「してたじゃないですか。ほら、私はピチピチだとか何とか必死に熱弁してたじゃないですか」

唯「え、あれアピールのつもりだったの」

梓「そうですよ」

唯「ごめん。気付いてって言われても普通に無理だわ」

梓「つまりですね、今まで冷たくしてたのは愛情の裏返しだったんですよ」

唯「えぇ!? それってつまり…」

梓「好き、ってことです」

梓「もちろん、ライクじゃなくてラブです」

唯「い、いきなりすぎて何が何だか…」

梓「唯先輩」

唯「は、はいぃ」

梓「答えを、聴かせて頂けますか?」

唯「うぅ…」

梓「待って、なんて女々しいこと言わないで下さいね?」

唯「いや私女の子だから。ウーマンだから」

唯「(私もあずにゃんの事大好きだったけど…)」

唯「(いざ言われてみると、嬉しい以上に恥ずかしい!)」

唯「(どうしよう…ドキドキしすぎて上手く話せないよ…)」

梓「唯先輩…」ウワメヅカイ

唯「(ドキューン!)」

唯「(あずにゃんが待ってる!早く言ってあげなきゃ!伝えなきゃ!)」

唯「あ、ああず、あずにゃん」

梓「え、裸の大将のモノマネですか?」

唯「お前たまに本気で絞めたくなるわ」

唯「すー…、はー…」

唯「(よしっ!)」

唯「あずにゃんっ!」ガバッ

梓「にゃっ!?」

唯「私も…。私もね…」

唯「ずっとあずにゃんの事大好きだったの…」

梓「唯…先輩…」

唯「ごめんね、あずにゃんに言わせちゃって」

唯「私もずっと言いたかったんだけど、なかなか言えなくて…」

唯「いっぱい考えたよね。いっぱい緊張したよね」

梓「…そうですよ。今だって緊張のしすぎで倒れそうです」

唯「ごめんね。そしてありがとね、あずにゃん」

唯「ねぇ、あずにゃん。ちょっとだけ目瞑って、顔をほんの少し上に向けてくれる?」

梓「え…。こ、こうですか」

唯「うん。ちょっとだけそのままね」

梓「は、はい」

唯「(あずにゃん…。たくさん頑張ったご褒美を)」

唯「(あげるねっ!!!)」

唯「(ドキドキドキドキ)」

唯「(ドキドキドキドキドキドキドキドキ)」

唯「(あ、あと数mm!!!)」






ちゅっ










梓「くっさ」

唯「」

—完—