憂「あきらって人みたい、お姉ちゃんたまに電話くれるんだけどすっごくその人の事を嬉しそうに話すんだ」

梓「うそ……私、そんなの聞いた事無いよ」

憂「梓ちゃんだからじゃない?」

梓「え?」

憂「だってほら、お姉ちゃん梓ちゃんの事好きだったと思うし…」

梓「や、で、でも…」

憂「梓ちゃんにはお姉ちゃんも多分、好きな人をころころ変える軽い人だとは思われたくないんだよ、軽いのは音楽だけ、けいおん部なだけにね、なんつって」エヘ

梓「……」

憂「あれ?面白くなかったかな」

梓「う、うん…」


憂「大学生にでもなったら彼氏さんくらい出来てもしょうがないよね、お姉ちゃん可愛いし」

梓「う、うん……そだね」

憂「梓ちゃん元気無いね、やっぱりショックだった?」

梓「え?」キョトン

憂「お姉ちゃんに彼氏さんが出来ちゃった事」

梓「そ、そんな事無いよ!私も……唯先輩は可愛い人だと思うし、彼氏の一人や二人出来ても普通だと思う」

憂「……ふーん……そっかぁ、梓ちゃんはそれでいいんだ」

梓「え?な、何が……?」

憂「えへへ……べっつにー」クスッ

梓「憂?」

憂「私はてっきりー、梓ちゃんもお姉ちゃんの事はそんなに満更でも無いと思ってたから」

梓「……どういう意味?」

憂「あ、ごめーんこっちの話、梓ちゃんはお姉ちゃんの事一度ふってるもんね、そんなワケ無いかー」

梓「へ?」

憂「覚えて無いの?お姉ちゃん言ってたよ?卒業旅行から帰って来た時、あずにゃんはそんなんじゃなかったんだーって泣いてたけど」

梓「え」

憂「……覚えてない?梓ちゃん」

梓「え?あ、えっと、えっと……覚えて……る」

憂「だよね、忘れてたなんて言ったらいくら梓ちゃんでも絶対許さないもん」

梓「や、でもアレはふったも何も告白されたワケでも無いんだけど…」

憂「それは、お姉ちゃんの方からすれば告白すらさせてもらえなかったって事じゃ無いのかな」

梓「へ?」

憂「さっきお姉ちゃんが梓ちゃんの事好きだったって言っても梓ちゃんは否定しなかったじゃない」

梓「う……」

憂「お姉ちゃんの気持ち、知っていたんでしょう?」

梓「あ、あの…」

憂「そう考えるとね、お姉ちゃんが言ってた『そんなんじゃなかったんだー』って言うのはそれしかないと思うんだ」

梓「……」

憂「お姉ちゃんには悪いけどこればっかりはしょうがないよねー梓ちゃんは私やお姉ちゃんとは違ってそんなんじゃないんだもんね」

梓「……」

憂「あ、でもお姉ちゃんももう彼氏さんが出来たから違うか、あーあ、いくら梓ちゃんに相手にされなかったからって男に走っちゃうなんてお姉ちゃんもどうかしてるよ」

梓「あ、相手にしなかった訳じゃないけど……」

憂「別にさ、私も梓ちゃんを責めてる訳じゃないよ、梓ちゃんはしょうがないよ、そんなんじゃないんだから」

梓「……思いっきり責めてるじゃん」

憂「え?そっかな?」

梓「そうだよ」

梓「大体さ、憂はそのあきらって人に会ったことあるの?」

憂「無いよ、お姉ちゃんの彼氏なんて見たくもないもん」

梓「うわぁ……驚いた、会ったことも無いのに勝手な推測だけで唯先輩が、私に相手にされなかったから男に走ったとか言っちゃうんだ」

憂「別に間違ってないと思うよ」

梓「でも……唯先輩の気持ちを完全に無視してるよ」

憂「無視なんかしてない、ずっとお姉ちゃんを見てたんだもん、お姉ちゃんの考えてる事なんてなんでもわかるよ」

梓「それが勝手な思い込みなんだって、唯先輩がその人の事を普通に好きになったとは考えないの?憂の言い方だと会ったことも無いのに、まるでろくでもない人みたいじゃん」

憂「どうだろうね」

梓「どうだろうねって……あのさぁ…」

憂「だって相手の人がどんな人かなんて興味ないから。お姉ちゃんに男、彼氏、コレだけでもう拒否反応ばりばりだよ」

梓「……うわぁ」

憂「引いてる見たいだけどさ、梓ちゃんも少しはそう思ってる癖にね」

梓「お、思ってないよ……私は素直に唯先輩をお祝いして…」

憂「まだ嘘つくの?」

梓「嘘って……」

憂「嘘ついてるよ、じゃあスレタイの梓ちゃんの慌てっぷりは何なのかな?明らかに動揺してるよね?」

梓「あ、あれは……やっぱり彼氏が出来たとか重要な事は報告して欲しいじゃん」

憂「重要?なんで梓ちゃんにとって重要なの?」

梓「そうじゃなくて……私にとってじゃなくて唯先輩にとっては重要な事じゃんか、少なくとも私が唯先輩なら彼氏さんが出来るとか嬉しい事が出来たら報告したくな……あっ」

憂「ん?どうしたの?」

梓「……」

憂「……梓ちゃん?」

梓「……そうだよね、普通は彼氏さんが出来たらみんなに言いたくなるもんだよね……なのに黙ってたなんて……唯先輩は彼氏さんが出来ても嬉しくなかったのかな」

憂「そうだね、そういう事だと思うよ」

梓「なんでなんだろ……」

憂「私が言った通りだからだと思うよ、お姉ちゃんガチレズなのに男なんて絶対おかしいもん」

梓「ガチレズ……やっぱりそうなんだ…」

憂「お姉ちゃんは普段はしっかりしてる時もあるけど少し流されやすい所あるから、きっとまわりの雰囲気に流されちゃっただけだと思うよ」

梓「……」

憂「梓ちゃんがけいおん部の軽いノリにすっかり流されちゃったみたいにね」

梓「よくわからなくなってきた……なんかもうどうでもいいや」

憂「……だね、辛くなるだけだし私ももう考えるのをやめるよ」 

end