紬「『定められた一言』のコーナー」

梓「はい?」

澪「いきなり何だ」

紬「この間オールナイト全時空でやってたよね」

澪「あー、やってたな」

紬「私も一度やってみたかったの」

澪「私達を巻き込んで?」

梓「なぜ私達なんですか…」

紬「指定ワードは梓ちゃんが『やっぱり唯先輩は唯先輩ですね』」

紬「澪ちゃんは『捏造するな』です」

澪「うわー…」

梓「律先輩には使えないじゃないですか」

紬「それじゃ、りっちゃんと唯ちゃんが入ってきたらスタートね」

澪「ちょっと、ムギ?」

梓「どこ行くんですか!」

ガラガラ

律「あー疲れた」

唯「やっぱり掃除って疲れるね」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「あずにゃーん!」ギューッ

唯「私のこと分かってるーっ!」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

律「澪も私のこと分かってるよな?」

澪「捏造するな」

律「うっ」

律「よし!じゃあお茶にしようぜ」

唯「ムギちゃーん」

律「…」

澪「…」

唯「あれ?ムギちゃんは?」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「へ?」

澪「捏造するな」

律「捏造だったのか?!」

唯「ムギちゃん…私、信じてるからね」

唯「ムギちゃんは実在したって」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「何で?」

律「お前ら、なんかおかしいぞ?」

澪「捏造するな」

律「捏造じゃねーよ!」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

律「唯じゃねーよ!」

唯「あずにゃん、唯は私」

澪「捏造するな」

唯「捏造じゃないよ!」

律「梓、どうしたんだ?」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

律「だから唯じゃねーよ!」

唯「あずにゃん…私の顔忘れちゃったの?」

澪「捏造するな」

唯「だよね、そんなわけないよね」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「あずにゃーん…」

澪「捏造するな」

唯「…あれ?」

律「澪ーっ!戻ってこーい!」

唯「澪ちゃーん」

律「みーおちゃん」

唯「この子があずにゃんだよ?」

澪「捏造するな」

唯「…」

律「重症だな」

澪「捏造するな」

律「いや重症だろ」

唯「重症だね」 

律「澪、大丈夫か?」

澪「…」

律「…」

唯「…」

澪「…」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「?」

律「唯、いつまで抱きついてんだ」

唯「あっ」

律「よくそんなに抱きつけるな」

唯「へへ…」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「あずにゃーん」ギューッ

梓「…」

律「澪」

澪「捏造するな」

律「まだ何も言ってないよ!」

律「そういや今日の梓はあんまり抵抗しないな」

唯「そういえばそうだね」

梓「…」

律「どうした?心境の変化でもあったのか?」

梓「…」

律「…」

唯「…」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

律「だから唯じゃねーよ!」

唯「あずにゃん、何があったの?」

律「私達に話してみな?」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「へ?」

律「何言ってんだ?」

梓「…」

唯「あずにゃん、私たち友達でしょ?」

澪「捏造するな」

律「うん、友達じゃねーな。部活の先輩」

澪「捏造するな」

律「へ?」

唯「あれ?私達って軽音部だよね?」

澪「捏造するな」

律「学祭でライブやったよな?」

澪「捏造するな」

唯「えっと…」

梓「…」

唯「あず…にゃん…?」

澪「捏造するな」

梓「やっぱり唯先輩は唯先輩ですね」

唯「うわああああああああん」バターン

律「唯ーーーーーーーーー!」