/ハ'、'*バ\ヤッテヤルデス/ハ'、'*バ\ヤッテヤルデス/ハ'、'*バ\ヤッテヤルデス



憂「そういう夢を見たよ」

唯「で?」

憂「お姉ちゃん 私の知らない所で変な事してないか心配になっちゃった!」

唯「私は憂のアタマが心配になってきたよ」

憂「家事のいっさい合切を妹に押し付けておいて
よくもそんな事が言えるよね」

唯「ごめん」

憂「いいって」

唯「今日もうご飯いらないや」

憂「えっ、なんで。食べてよ」

唯「なんか食欲なくなったし」

憂「妹に作らせておいて、その上、残すんだ」

唯「わかったよ、食べるよ」

憂「いいよ、無理に食べなくても」

唯「いやいや、食べるから」

憂「嫌々食べるの!?」

唯「そのいやいやじゃないよ」

唯「もういいから うい、お醤油とって」

憂「お姉ちゃん、塩分とりすぎだって~」

唯「お砂糖で中和するからいいもん」

憂「死ぬよ!?」

唯「人はみな、いずれ死ぬよ」

憂「まあ、そうだけど」

唯「あっ、うい!ういい!」

憂「ど、どうしたの、お姉ちゃん。うんち?」

唯「このきんぴらごぼう、ごぼうのクセにうまい」コリコリ

憂「えへへ、でしょ~♪なまいきなごぼうだよね~」

唯「もうキゲン治った」

憂「だって私、お姉ちゃん好きだし」

唯「かわうい!」


憂「ところで夢の続きなんだけど、お姉ちゃんはどんな男の人が好みなの?」

唯「いや、ういの夢なんて知らないから」

憂「いいから」

唯「やけに妹が強気だよ」

憂「悪いけどケンカになったら絶対に私が勝つ自信あるもんね!」

唯「私は大好きなういとケンカなんて絶対にしたくない」

憂「お、お姉ちゃん…///」

唯「う~い♪」

憂「それでどんな男が好きなの?」

唯「こいつマジうざいんだけど」


唯「なんでそんなこと知りたがるの?」

憂「いつもポヤ~っとしてる癒し系の姉が
どんな劣情を内に秘めてるか気になるジャン?」

唯「ジャン?とか言われてもなあ」


唯「じゃあ憂から発表してみてよ」

憂「なにを?」

唯「どんな人のお嫁さんになりたいかをさ」

憂「リヴァイ」

唯「は?」

憂「はい、じゃあ次はお姉ちゃんの番」

唯「待って、ちょっと待って」

憂「じゃあ、ちょっとだけ待つね」

唯「リバイって?」

憂「人類最強だよ!」

憂「あとリバイじゃなくてリヴァイだから」

唯「はぁ」

唯「最強って、格闘技のチャンピョンとか?」

憂「はぁ…お姉ちゃん、ホント、なんッにも知らないんだね…高校生にもなって!!」

唯「くっ…」

憂「はい」

ドサドサ

憂は進撃の巨人1巻~10巻まで唯に手渡した。


唯「あ?もしかして…」

憂「リヴァイ兵士長は人の身でありながら巨人を圧倒するGガンダムでいうマスターアジアのような」

唯「わかったわかった」

憂「じゃあ、お姉ちゃんの番ね」

唯「私、スラダンの桜木花道くんが好き」


憂「ハァアアア!?漫画のキャラじゃん!?バカなの!?死ぬの!?スラムダンクで何回オナニーしたの!?」

唯「キミは学校でもそんな感じなのかい妹よ」

憂「学校ではどこにでもいる普通の女の子風だよ!」

唯「本当かなあ」

憂「そういえば学校といえば」

唯「んー」

憂「クラスに純ちゃんってコがいてね」

唯「んー」

憂「なんか…お兄ちゃんの話ばっかりしてくるんだよね」

唯「んー?」

唯「お兄ちゃんって?」

憂「純ちゃんの血の繋がった実の兄だよ、お姉ちゃん」

唯「ん、まぁいいんじゃないの」

憂「いやー、あれ絶対あれだよ…あやしいよ」

憂「地元の大学に入って一人暮らししてるそうだけど、近いからって純ちゃん よく遊びにいくんだよ」

唯「兄妹が仲良いのはよいことだよ?」

憂「いや、でも仲良すぎて…」

唯「なに?」

憂「こう、アレをソレにいれて…」スコスコ

唯「その指をやめなさい」

憂「うう…」

憂「もう純ちゃんがお兄ちゃんの話する度にノロケ話に聞こえて
私はどんな顔で接したらいいか分かんないよぉ」

唯「はぁ」

憂「純ちゃんのお兄ちゃんが一人暮らし始めた理由はもしかして…」

唯「んー」

憂「ねえ!お姉ちゃんはなんだと思う!?ねえ!」

唯「知らないよ」

憂「嘘だッッ!!!!」

唯「なんで私、疑われてるんだろう」

唯「というか純ちゃん兄妹の真相を私が知ってたら、そっちの方が不自然だよね」

憂「まあね」

憂「梓ちゃんにも同じこと言われたもん」

唯「もしかしてキミはあずにゃんとも同じ問答をしたのかい?」

憂「した」

唯「……」


唯「ういの学校生活は大丈夫なの?」

憂「純ちゃんと梓ちゃんと私、お友だち3人でつるんでれば、おおむね問題はないよ!」

憂「女子高生ってそんなもんだよ!」

唯「なら、いいけど…」

憂「じゃあ、次はお姉ちゃんの番だねぇ」

唯「違うよ」

憂「違わないもん!」

唯「ごめん、なんの話?」

憂「お姉ちゃんの学校生活はどうなの?」

唯「ああ…そうゆう話?」

憂「そうゆう話!」

唯「りっちゃんや澪ちゃんムギちゃんあずにゃんに囲まれて私は幸せだよ」

唯「近くの席には和ちゃんもいるし、最近は姫子ちゃんってコとも仲良しになったし」

憂「順風満帆だね!」

唯「まあね」

憂「むかつくなあ…」

唯「!?」

唯「ど、どうしたの?」

憂「私の方が人として優れているのは明らかなのに
、なぜ昔からお姉ちゃんの周りにばかり人が寄ってくるのかなあ」

唯「そこはホラ、メロンよりウンコの方がハエがたかる感じで…」

憂「そこまで自らを卑下しなくていいよ!?」

唯「しかも危うく大切な友達をハエ扱いするところだったね」

憂「するところだったというか完全にハエ扱いしてたような」

唯「ふぁあ~、なんだか憂とお話してたら眠たくなってきちゃった」

憂「それ良い意味で言ってる?」

唯「良い意味良い意味」

憂「本当かなあ…」

憂「私なんかと話してても退屈で眠たいって事なんじゃ…」

唯「ドンマイ」

憂「ドンマイってなに!?」

唯「ドントマインドの略」

憂「知ってるよ!?」

唯「眠たいなあ」

唯「スー…スー…」

憂「よっしゃ」

唯「なにが?」パチ

憂「あ、起きてた」

唯「なにが よっしゃなの」

憂「なんでもないよ」

唯「私が眠ったらヒドい事する気だったんだ!」

憂「考えすぎだって」

唯「じゃあアイス買ってきて」

憂「展開がおかしい」

憂「アイスなら冷凍庫にいっぱい入ってるよー」

唯「確かにいっぱい入ってるけど
全てガリガリくんコーンポタージュ味じゃ台無しだよ!」

憂「あれ、噂ほどおいしくなかったよね」

唯「だから最初は一本ずつ買った方がいいとアレほど私が言ったのに…」

憂「じゃあお姉ちゃんが全部処理してください」

唯「展開がおかしいよ」

唯「あっ、でも私は天才肌だから良いことを思いついちゃったよ」

憂「わあ、なになに?」

唯「このガリポタくんを全部、鍋にブチ込んで煮込めばおいしいコーンポタージュになるかも…」

憂「…どうなんだろう」

唯「やってみようよ!失敗は成功の母だよ!」

憂「その格言って、お母さんを失敗作呼ばわりしてるけど大丈夫なのかなあ」

唯「よく考えたらひどい格言だねえ…」

ぐつぐつぐつぐつ

唯「ガリガリくんを煮沸することに成功したよー」

ぷあ~ん

憂「わあ、いい匂い」

あの憂ちゃんが死んだ魚のような目をしている


唯「じゃあ憂、まずは一口どうぞ~」

憂「は?」

唯「は?じゃないよ。いい匂いなら、きっと美味しいよ」

憂「いや、でもコレなんか甘ったるくてコーンポタージュに求めるソレとは何かが違う」

唯「そうだね」

憂「分かってて私に食べさせようとしたの?」

唯「まあね」

唯「私はズルい女さ」

憂「それよりコレどうするの?」

唯「……」

憂「捨てちゃうのは抵抗あるよね」

唯「となりんちのおばあちゃん食べないかな」

唯「コーンポタージュ作ってみたんだけど、作り過ぎたからどうぞ!って」

憂「きっと断りづらいね!」

唯「よし、行こう!」

憂「でもお姉ちゃん。とみおばあちゃんは給食センターの豚じゃないんだから」

唯「ダメか…」

憂「さすがにちょっとねえ」

-翌日-

キーンコソカンーコン

純「なんか変なチャイムだなあ」

憂「あっ、純ちゃんおはよう!」

純「おはよ」


憂「?のたでんさはぽんちにたまもうのき」

純「え、なに?今なんて?」

憂「復活の呪文だよ」

純「なんでそんなのいきなり唱え始めたの?」

憂「すべての物事に意味があるとは限らないよ」

純「う~ん、一理あるね!」



梓「」スタスタ

憂「あっ。梓ちゃんおはよー!」

梓「おはよう、憂。今日も朝から元気だね」

憂「梓ちゃん、元気すくないね?」

梓「そう?まあ、まだ6月なのにちょっと暑いなーって…」

純「あー、だよねー。あっちゃんなんか既にガンガン、クーラーつけちゃってさー」


あっちゃんというのは純ちゃんの兄で本名は鈴木あぐりだか敦司だか。



梓「1人暮らしいいねー。こんな時期に家でクーラーつけたら、お母さんに怒られそうだもん」

純「ホントそうだよね。もう今週末は、あっちゃんトコでお泊まりしよっかな♪」

憂「くぅっ」スコスコ

純「え、なに、そのジェスチャー」


rァO←穴



憂「なんだろうね」

梓「ちょっとやめなよ憂///」

純「?」

純「ん、梓は何か分かるの?あのジェスチャー」

梓「知らない」

憂「セで始まってスで終わるアレだよ」

純「セ……ス…」


純「セールス?」


憂「うっほひょおおお売るの!?純ちゅゎんあっちゃんに売ってりゅの!?」

純「え、何を?」

憂「まんこを」

梓「なんでボカすのやめたの!?」

純「……」

梓「じゅ、純」

憂「大丈夫?」

純「そういえば今日は朝から数学とか科学とか、こ難しい教科ばっかり続いて嫌になっちゃうよねー」

梓「はぐらかした!?」

憂「という事はあながち穴ガチ!?」

純「いやいやいやいや」

純「そんなドン引きな話、どう とりあえってのさ」

憂「正直にやったって言えば、それでクラスのみんなも納得するよ」

みんな「……///」ドキドキ

梓「あっ、みんな聞き耳を立てて…」

純「こいつら…」

憂「やったんだよね?」

憂「セールスマン決めちゃったんだよね?」

純「それでも私はやってない」

憂「何を?」

純「う~っ…///」

梓「」スコスコスコスコ

みんな「」スコスコスコスコ

梓「…けど、ぶっちゃけどうなの?」

純「梓までそんな事を!」

梓「いや、その、今やってるかどうかは置いといて」

純「やってません」

憂「私たちが知りたいのは純ちゃんの気持ち」

純「え?」

梓「純がその気なら友達として応援したいしさ」

憂「決して冷やかしやからかいでこんな事言ってるんじゃないよ?」

純「そう言われても…」



4