紬「唯ちゃんのも触っていい?」

唯「えっとぉ」

紬「やさしくするから、ね」

唯「それならいいかな」

紬「唯ちゃんのここはとっても柔らかいんだね」

唯「むぎちゃん、こしょうがしいよ」

紬「こしょがしいんだ?」

唯「うん」

紬「もう止める?」

唯「ううん。続けて」

紬「じゃあもう少しだけ」

唯「……」

紬「唯ちゃん?」

唯「なんだか変な気分になってきちゃった」

紬「あら」

唯「どうしたの?」

紬「唯ちゃんのここもコリコリしてきたみたい」

唯「お揃いだね!」

紬「うんっ!」

唯「私もまた触ってもいい?」

紬「ええ、いいわよ」

唯「わ~い」

紬「ずっと触ってると変な気分になってくるね」

唯「うん。なんだかお股が切なくなってくきちゃった」

紬「私は濡れてきちゃった」

唯「あっ、私も濡れてる」

紬「後からパンツ変えないといけないね」

唯「予備のパンツなんてあるの?」

紬「ないわ。どうしましょう?」

唯「うーん。あっ、閃いた!」

紬「何か思いついたの?」

唯「パンツが濡れたならパンツを履かなきゃいいんだよ」

紬「唯ちゃんって……」

唯「?」

紬「天才ね!」

唯「そんなに褒められると照れちゃうよ」

紬「そういえば顔が真っ赤ね。照れちゃったの?」

唯「そうかも。ムギちゃんも顔が真っ赤だけど……」

紬「えっ、風邪かしら」

唯「どうだろう。乳首がコリコリしてきたことと関係あるのかなー」

紬「まさか、そんなわけないじゃない」

唯「そうだよねー」

紬「ええ」

唯「えへへ」

紬「あはは」

唯「ムギちゃん、でも風でスカートがめくれちゃったらどうしよう」

紬「ノーパンだと恥ずかしいね」

唯「うん。何か考えないと」

紬「あっ、閃いた!」

唯「なになにー?」

紬「私が唯ちゃんのスカートを抑えながら帰ればいいのよ」

唯「ムギちゃんって……」

紬「?」

唯「ちょっとお馬鹿さんだね」

紬「そ、そんなぁ」

唯「それだと私はいいけど、ムギちゃんのスカートがめくれちゃうじゃん」

紬「そっかぁ」

唯「だからお互いにスカートを抑えて帰ればいいんだよ!」

紬「唯ちゃんってやっぱり天才ね!」

唯「えへへー。よく言われます」

紬「じゃあ互いにスカートを抑えて帰りましょう!」

唯「うん!」


唯(帰り道、沢山の人が私達を見ているけど気にしなかった)

唯(たぶん、ムギちゃんが美人さんだから見てたんだと思う)

唯(次の日、私とムギちゃんが付き合っているという噂が流れた)

唯(私は特に気にしなかったけど、ムギちゃんは気にしてたみたい)

唯(だから私はムギちゃんを付き合うことにした)

唯(そしたら噂じゃなくなるから)


唯「そういうわけだから、付き合おうムギちゃん」

紬「唯ちゃんってやっぱり天才ね!」


HAPPY END。