唯「そんなら当ててみ?当ててみ?」フンス

梓「え?えっとえっと、急に言われても…」

律「あんら~?どしたどした梓ぁ~?さっきまでの勢いはどこに行っちゃったのかしらん♪」

梓「むっ……わかりました、やってやるです!えっとえっと」ジー

唯「あ、あんまり見つめちゃ照れるよぉ///」エヘヘ

梓「えっとえっと…」アセアセ

唯「可哀想だからヒントをあげるよ、「あ」から始まる言葉だよ!」

梓「あ?……わかりました!正解はアイス食べたいですね!」

唯「ぶっぶっー残念!正解はあずにゃんだーい好きだよ♪」ギュッ

梓「は、はぁ」(そんなのわかるわけ無いです…)

唯「あずにゃん私の事全然わかってないじゃん、めっ!だよ」ギュッギュッ

梓「ひゃわわわわ、す、すいませ~ん」

紬「あらあら♪」クスッ

澪「……」


澪「・・・。」


唯「あずにゃんちゅっちゅ~」ペロペロ
梓「も、もうっ!やめてくださいよ~///」てれっ
唯「またまたそんな事言って~。本当はうれしいクセに~」ペロペロ
梓「まったくもう///なんでもお見通しですね唯先輩は///」


澪「・・・。」

律「はぁ、相変わらずあの二人は仲がよろしいこって」

澪「り、律は、そのっ!」

律「んー?なに?」

澪「律は、私が考えてる事が何となくわかったりするのか?」

律「あー。付き合いも長いし、なんとなくはわかるかな」

澪「ええっ!?///」ドキッ

律「澪はけっこうわかりやすいからなっ」ニッ

澪「そそそっ、そんな事ないっ!」

律「なんなら今何を考えてるか当ててやろうか?」にや~

澪「や、やめっ・・・///」かぁぁ
澪「う、ぁ、いや、それじゃあ、当ててみてくれ///」ドキドキ

律「よっし!それじゃちょっとこっち向いててくれ!」じーーっ

澪(あぅ///)ドキドキドキドキ

律「うーん・・・」じー

澪「・・・///」ドキドキドキドキ

律「んー?」じー

澪「///」ドキドキドキドキ

律「・・・えっ?」ドキッ

澪「!!!」

律「いや、わかるわけないだろ。超能力者じゃあるまいし」

澪「なんでだよっ!」バキィ!

律「へぷっ!?」どさっ

澪「うぁあっ!ごめん律ぅ!!」バッ

律「な、何故・・・だ・・・っ」がくっ

澪「うわあっ!律ーっ!律ぅーー!!」ガクガクガクガク

澪「こうして律は帰らぬ人となった」

澪「今となっては律の気持ちも、あの時の私自身の気持ちさえもわからなくなってしまった」


澪「人の心っていうのは、本当にわからないものだな律!」

律「・・・勝手に殺すな・・・」がくっ


おしまい!