梓「ズタズタのボロボロになるまで痛めつけてやりたいです!」


紬「黙れ幼児体型」


梓「幼児体型なんかじゃないです!」

紬「この胸でよく言うわ」ギッ

梓「痛ッ!」

紬「ふふん。口ほどにもないのね」

梓「だらしない体をしておいてなんて生意気な…」

紬「梓ちゃん。あなたは勘違いしているわ」フン

梓「えっ…腹筋が6つに割れてる」

紬「私は脂肪の下に筋肉を隠しているだけ。だらしない体なのは梓ちゃんのほうよ」

梓「私は脂肪なんてほとんど…」

紬「確かにその胸じゃ…」

梓「うぐッ…」

紬「でも私が言ってるのはそういうことじゃないの。筋肉が全然ないでしょ」

梓「別に筋肉なんてなくても困りません」

紬「レイプされそうになった時困るわよ」

梓「レイプされるような危ない所いきませんから」

紬「あら、ほいほい家まで付いてきておいてよく言えるわ」

梓「えっ」

紬「梓ちゃん。今からあなたレイプされるのよ。私に」

梓「な、なんで」

紬「梓ちゃんが生意気すぎるからいけないの」

梓「い、いやです」

紬「人の体をデブデブボディだとか陵辱したいとか言ってたじゃない」

梓「あ、あれは言葉の綾です」

紬「じゃあ陵辱したくないの?」

梓「べ、別に私は…」

紬「ふぅん」チラリ

梓「…」ゴクリ

紬「うふふ。顔が赤くなってるわよ。梓ちゃん」

梓「む、ムギ先輩がいけないんですッ!」

紬「あら、逆切れ?」

梓「そんなだらしのない体をしてるからッ! 胸だってこんなに」モミモミ

紬「どさくさに紛れて揉んじゃ駄目ッ!」ペシ

梓「あっ…」

紬「世界が終わったような顔しないで。おっぱいから手が離れたぐらいで」

梓「だって…ムギ先輩が悪いんですッ!」

紬「また逆切れ?」

梓「いつもいつも私に優しくしてくれるし、すごくいい匂いがするし、私…私…ムギ先輩のことを考えると好きすぎてどうしようもなくなって」

紬「…」

梓「…ムギ先輩?」

紬「あずさちゃん…」プシュー

梓「ムギ先輩、どうして真っ赤に?」

紬「だって、梓ちゃん、今、私のこと好きって…」

梓「言いましたけど」

紬「そんなの信じられない…」

梓「好きじゃない人を陵辱したいとは思いません」

紬「あずさちゃん、私も好き…」ギュッ

梓「むぎせんぱい、私も大好きです」ギュッ

紬「うふふ。彼女ができちゃった」

梓「じゃあ陵辱してもいいですか」

紬「だーめ。私が梓ちゃんのこと陵辱するんだから」


HAPPY END!!