唯「あずにゃん、そんなんじゃないみたいだし」

紬「?」


紬「えーっと、なんのことかしら」

唯「こういうこと」ギュ

紬「唯ちゃん、いきなりそんなことされたら困るよ」

唯「え、ムギちゃんこういうことされたいんじゃなかったの」

紬「好きな人にはしてもらいたいけど」

唯「…私のこと好きじゃないってこと?」

紬「勘違いしないで、唯ちゃんのこと嫌いなわけじゃないのよ」

唯「…」



紬「ってことがあったのー」

梓「ほんと節操がないですね、唯先輩って」

紬「梓ちゃん、先輩のことそんな風にいっちゃ駄目よ」

梓「はい、わかりました」

紬「あら、素直なんだね」

梓「だってムギ先輩は絶対ですから」

紬「はいはい、梓ちゃんはこうして欲しいだけでしょ」ギュッ

梓「あふぅ…いい匂い…」

紬「本当梓ちゃんは抱きつかれるのが好きね」

梓「否定はしません」

紬「どうして唯ちゃんを拒絶したの?」

梓「唯先輩は誰でもいいと思ってますから」

紬「私も誰でもいいんだけど」

梓「はい。私もです」

紬「…」

梓「だっ、抱きつきからチョークスリーパーへの移行は禁止です!」

紬「梓ちゃん、誰でも良かったんだ」

梓「ムギ先輩も誰でもいいんでしょ」

紬「…」

梓「だ、だからチョークスリーパーは禁止ですって!」

紬「確かに私には見えるわ」

梓「何がですか?」

紬「唯ちゃんが大学に入っ後、梓ちゃんの代わりを見つけて毎日抱きついてるところ」

梓「ありそうですね」

紬「でも唯ちゃんだって誰でもいいってわけじゃないのよ」

梓「そうは思えませんが…」

紬「私や澪ちゃんにはそれほど抱きついてこないし」

梓「確かに」

紬「だから唯ちゃんは梓ちゃんのこと特別かわいいと思ってるのよ」

梓「はぁ、そうですか」

紬「気のない返事ね」

梓「別にどうだっていいじゃないですか」

紬「…なにが言いたいの?」

梓「別に付き合うわけでもないんですから、抱きつきたいなら抱きつけばいいと思ってます」

紬「うん…」

梓「でも、私の好意を得られないから抱きつかなくなるなら、そこまでの人だってことです」

紬「梓ちゃん意外と冷たいんだね」

梓「手が温かいですから」

紬「私と一緒だ」

梓「嫌なところが揃っちゃいましたね」

紬「本当のことを言うと、私も抱きついて喜んでくれる人なら梓ちゃんじゃなくてもいいかも」

梓「…」

紬「別に唯ちゃんでもいいし、澪ちゃんでも、和ちゃんでも、しずかちゃんでも…」

梓「そうですか…まぁ当然ですね」

紬「…当然?」

梓「私に特別な魅力なんてありませんから」

紬「そうね。可愛くて努力屋さんなぐらいね、梓ちゃんのいいところって」

梓「…私も私に抱きついてくれる人なら誰でもいいです」

紬「…さっき絶対って」

梓「絶対は絶対ですよ。ムギ先輩が自分を選べというなら選びます」

紬「その信仰心はどこから湧いてきたのかしら」

梓「ムギ先輩は私のお母さんになってくれる女性ですから」

紬「お母さん? 私が?」

梓「はい」

紬「梓ちゃんのご両親ってもしかして…」

梓「二人共元気ですよ」

紬「なぁんだ」

梓「な、なんですか。その残念そうな顔は」

紬「本当に梓ちゃんのお母さんになれるかと思ったのに」

梓「なってくださいよ」

紬「でもお母さんが二人もいたら困るでしょ」

梓「困りません」

紬「なら今日から私は梓ちゃんのお母さんね」

梓「ではさっそく母乳を飲ませてください」

紬「…」

梓「な、なんでまたチョークスリーパー」

紬「はぁ…」

梓「落ち込んでます?」

紬「せっかくお母さんになったと思ったのに、娘がただの変態だなんて…」

梓「そんなにお母さんになりたかったんですか」

紬「うん」

梓「理由を聞かせてもらっても…」

紬「だって男の人に興味ないし、子供なんて作れないじゃない」

梓「養子を貰えば」

紬「私が養子を貰うって、どういう意味かわかる?」

梓「え」

紬「その子はきっと琴吹の跡取りになるわ。とてもじゃないけど普通の親子はやれないわ」

梓「…」

紬「まあ、もう諦めてるんだからいいんだけど」

梓「…あきらめないでください」

紬「なんで?」

梓「なんとなくです」

紬「そっかそっか」

梓「私、やっぱりムギ先輩の子供になります」

紬「無理よ。年齢だってひとつしか違わないし」

梓「年齢なんて飾りです。偉い人にはそれがわからないんです」

紬「でも、お父さんも必要でしょ」

梓「それなら唯先輩でいいじゃないですか」

紬「唯ちゃん?」

梓「私、唯先輩のこと嫌いじゃないですから」

紬「私も唯ちゃんのこと嫌いじゃないわ」

梓「決定ですね」

紬「今度話してみましょう」

紬「という話なんだけど、どうかな」

唯「えーっと、そしたら私はあずにゃんやムギちゃんと付き合えるの?」

紬「ええ、家族にもなれるわ」

梓「どうでしょうか?」

唯「うん。それならいいかな」

紬「幸せ家族計画成功ね」

梓「なんかエロゲーのタイトルっぽいですけど」

紬「エロゲー?」

梓「なんでもないです」



おわり。