梓「え?」

律「梓って何が好きなの?」

梓「好きなものですか? えーっと…」

律「あ、分かった!」

梓「え?」

律「お前キャットフード好きだろ!」

梓「え?」

律「違うのか?」

梓「何がですか?」

律「キャットフード好きじゃない?」

梓「好きですよ?」

律「そうか、それは良かった」

梓「で?」

律「ん?」

梓「キャットフードはどこにあるんですか?」

律「どういうこと?」

梓「え? キャットフードくれるんじゃないんですか?」

律「何で?」

梓「だって…律先輩が…キャットフード…」

律「んん? よく分からないな」

梓「もういいです…」

律「なんてね、キャットフードならここにあるぞ」

梓「え? どこですか?」

律「ほら、ここだよ、見えないか?」

梓「どこ?どこ?」

律「あー見えないかー残念」

梓「おちょくってんのか!」

律「ははは」

梓「ぶち殺すぞ!」

律「はいはいごめんな、ほら、食えよ」パキャ

梓「! 良いんですか?」

律「おう」

梓「やったー! モグモグ」

律「……」

梓「モグモグ」

律「……」

律「う、うまいか?」

梓「モグモグ」

律「……、あの……」

梓「不味いです」

律「だよな」

梓「ていうかキャットフードとか初めて食べますし」

律「だよな」

律「なんかごめんなー」

梓「いえいえ」

ガチャ

紬「こんにちはー」

梓「あ、こんにちは」

紬「……、え、梓ちゃん何食べてんの?」

梓「…えーっと」

律「ごめん、私が悪いんだ」

紬「え?」

梓「私が悪いんです、キャットフードが好きとか言うから」

律「いやいや、私が最初に言ったわけだし」

紬「梓ちゃんキャットフードが好きなの?」

梓「いえ嫌いです」

紬「だよね」

梓「はい」

紬「梓ちゃんが本当に好きなのは猫じゃらしだもんね」

梓「はい」

律「え?」

梓「よく知ってましたね、私が猫じゃらし好きだということを」

紬「ふふふ、私は梓ちゃんのことなら何でもお見通し」

梓「ところで」

紬「はい」

梓「そこまで言うからには」

紬「あるわよ? これが欲しいんでしょ?」フリフリ

梓「あ、あ、ね、猫じゃらし!」

紬「くっくっく、存分に猫じゃらしを堪能しなさい?」フリフリ

梓「ふん! ふんふん!」シュッ!シュッ!

律「梓…」

ガチャ

唯「やっほー」

律「お、唯」

紬「こんにちは」

唯「ムギちゃんどうしたの? 猫じゃらしなんか持って」

紬「これはね、こうやってフリフリして梓ちゃんを……あれ?」


紬「梓ちゃんがいない」

律「ほんとだ、あいつどこ行った?」

紬「さっきまでいたのに、おかしいなぁ」

唯「あ」

律「ん?」

唯「もしかしたらあずにゃんはあそこにいるかもしれない…」

律「え?」

唯「そこの棚の下あたり…私、あれ仕掛けといたんだよね」

律「は?」

唯「あずにゃん、ホイホイに入ってるかも…」

律「ホイホイって、ゴキブリホイホイ?」

唯「うん」

律「ねぇよ」

唯「ちょっと棚の中見てみてよ」

律「やだよ」

唯「お願い! 私怖いよ」

律「しょうがないな」パカッ

梓「あ」

律「え?」

梓「捕まっちゃいました」

唯「やっぱり捕まってたか」

梓「良い匂いがしたんで、つい」

律「え?」

ガチャ

澪「…」

律「お、澪」

澪「うわ!」

律「ん?」

澪「梓だ! 梓がいる!」

梓「うわ人間だ! 人間に見つかった!」オロオロ

澪「えい! えい!」バシバシ

梓「うぎゃ!」

律「おい、澪なにやってんだ! 上履きで殴るな!」

澪「この!」バシ

梓「ぐは」

梓「…」

澪「死んだか」

律「死んだのかよ」

律「梓ー、なにやってんだよ」

梓「 」

律「梓? おい、梓!」

梓「 」

律「本当に死んでる…」

唯「え」

澪「ど、どうしよう! 明日ライブなのに!」

紬「大丈夫よ」

律「え?」

紬「梓ちゃんが1匹居れば最低10匹はこの部室に隠れてるはず」

紬「梓ちゃん、隠れてないで出てらっしゃい」

梓「ばれてちゃしょうがないですね」ヒョコ

紬「ほーら、やっぱりいた」

澪「良かったー」

律「もう何が何だか」

唯「良かった良かった」


………………………………………


律「ハッ」

律「あ、あれ?」キョロキョロ

律「なんだ、夢か……」

梓「どうしたんですか?」

律「変な夢見た」

梓「どんな夢ですか?」

律「うーん、説明しにくいな、私が梓の好きなものは何かって聞くところから始まる夢だ」

梓「ふーん」

梓「私は何が好きって言ったんですか?」

律「キャットフード」

梓「あはは、何ですかそれ」

律「おかしいよな」

梓「おかしすぎですよ、私の好きなものはもっと違うものです」

律「だよな、梓の好きなものってやっぱりギターとかか?」

梓「うーん、ギターも好きですけどもっと好きなものがありますよ」

律「お? ケーキとか?」

梓「違いますよ!」

律「じゃあ何だ」

梓「知りたいですか?」

律「え、うん」

梓「私の好きなものは……」

梓「……」

律「好きなものは?」

梓「り、律先輩です…」

律「え?」

梓「ず、ずっと好きでした…」

律「ええええええええ!?」

……………………………………

律「ハッ」

律「チッ、また夢かよ」

紬「どうしたの?」

律「変な夢見た」

紬「どんな夢?」

律「梓が出てくる夢」

紬「そう」

律「最近、梓の夢ばっかり見るんだ」

紬「そう」

律「私、梓のことが好きかもしれない」

紬「そう」

律「変かな?」

紬「変じゃないわ、応援する」

律「ありがとう、でもこれはムギと私だけの秘密な」

紬「うん」


おしまい