堀込先生「ちょっと待て。おまえらを誘拐して身代金を要求する。教師をクビになって金がないんだ。」

唯「それならしょうがないね。」

紬「誘拐されるとしますか。」

律「え?ええ~!」

堀込先生「桜ヶ丘女子高か?おまえらの生徒は預っている返してほしくば十万円用意しろ!」

律(や、安~!)

和「もしもし~。え~。声が届いてますか~?」

堀込先生「ま、真鍋か。貴様のせいで俺は・・・」

和「あ、先生。じゃなかった。堀込。誘拐犯にまで落ちぶれちゃったんですか?ぷぷぷー。」

堀込先生「だ、だれのせいだと思ってる!」

和「え?普通に自己責任っしょ。」

唯「の、のどかちゃん!」

和「ゆ、唯!」

唯「千円返して。」

和「じゃあ、唯に借りてた千円を堀込にあげるっつーことで解決ね☆」

堀込「おい、おまえ、ちょ、なにを・・・」

紬「じゃあ、開放されましょう。」

唯「そうだねー。じゃあねー。せんせーい。」

堀込「あれ?おまえら。ちょ、待てー!」

紬「で、わたしたち何しようとしてたんだっけ?」

唯「さあ。」

律「澪のおみま・・・」

唯「そういやどうして今日澪ちゃんいないの?」

紬「さあ。」

律(ムギーっ。おまえ知ってるだろーっ。わたしに話したじゃんかーっ。)

唯「まあいいや。お茶でも飲んで澪ちゃんが来るのを待とう。」

紬「そうね。」

唯・紬・律「ほ~げ~。」

律「はっ。こんなことしてる場合じゃない。今日澪、風邪引いてるんだよ。」

紬「いま気づいたの?」

唯「だからさ~、堀込先生に誘拐されるまえにムギちゃんが澪ちゃん、風邪で休んでるって言ってたじゃん。人の話聞きなよ。」

律「うぜ~。」

紬「せっかくだからお見舞いに行こうか。」

唯「そだね。あずにゃんも呼ぼう。」

律(梓・・・)

唯「どしたの?りっちゃん。顔、赤いよ。」

律「ななななんでもないよ。行くぞ。」

唯「待ってよ~。」

律「・・・」

梓「・・・」

唯「どしたの?りっちゃん。あずにゃん。」

梓「ななななんでもないです。唯先輩。」

紬「怪しいわね。」

梓「ムギ先輩まで~!」

律「そんなことより着いたぞ。澪の家。」

唯「そういや澪ちゃんの家に入るの初めてだね~。」

律「そういやいつも集まるときは唯の家だったから、みんな知らないんだっけ?」

紬「これが澪ちゃんの家なのね~。ぷっ。」

律「お、おい。いまのは失礼すぎるぞ。」

梓「みなさん、それよりはやく澪先輩のお見舞いしましょう。」

律(そういや最初に梓が仲良くなったのって澪とだったんだよな。)

律(それでこのまえの海外旅行では唯と仲良くしてた。)

律(でもそんな梓はわたしを選んでくれた。)

紬(梓ちゃんはわたしだけ選んでくれなかったのね・・・)

律(そう。ってあれ?)

律「ムギーっ。わたしの心を読むんじゃねーっ!」

紬「てへっ。」

唯「どしたの?りっちゃん、ムギちゃん。澪ちゃんの家に入るよ。」

律「おじゃましまーす。」

澪「邪魔するなら帰ってくださーい。」

律「はーい。って吉本新喜劇かーい!」

唯「・・・」

紬「・・・」

梓「・・・」

唯「りっちゃん。さぶいよ?」

律「うるさーいっ!」

律「とにかく入るぞ!」

澪「邪魔するなら帰れって言ってるだろ!」

律「うぜぇ!」

純「あ、梓。」

純「お久しぶりです。律先輩、唯先輩、ムギ先輩。」

律「あ、お久しぶり。佐々木さん。いや佐藤さん?いや。え~と、とにかく、さなんとかさん。」

純「鈴木です!」

律「そーそー鈴木さんね。」

梓「純、来てたんだ。」

純「うん。だって澪先輩のこと心配だもん。」

梓「そいうや純、澪先輩に憧れてたもんね。」

澪「みんなありがとう。これで心置きなく死ねるよ。

律「死ぬな。」

澪「そういや梓と律って相思相愛なんだってな。」

律・梓・唯・紬・純・和「!」

律「おまえ、それ、忘れてたんじゃなかったのかよ!」

澪「はあ?忘れるわけないだろ。」

和「そうよ。そんなことだれも忘れないわ。それよりも早く千円返しなさい。」

律「ってなんで和がこんなところにいるんだよ!ってか千円借りてねーっ。」

梓「!」スクッ

タタタッ

律「どこ行くんだ!」

唯「りっちゃん。追いかけなよ。」

紬「梓ちゃんのこと、好きなんでしょ?」

澪「なら追いかけるべきだよ。」

律「う、うん。」

律「待って。梓。」

梓「・・・」

律「でも、どうして急に澪の家から飛び出したんだ?」

梓「びっくりしたんです。澪先輩が急にあんなこと言うから。みんな、わたしたちのこと変に思っちゃったんじゃないかって。」

律「でもみんなに知らせておくべきだって言ったのは梓だぞ。」

梓「でも、あんな言い方されると、困ります!」

律「クスっ。」

律「馬鹿だな。梓は。」

梓「えっ。」

律「だれも気にしてないよ。そんなこと。」

唯「そうだよ。あずにゃん。」

紬「全然おかしくないわ。」

澪「悪かったな。梓。でも、みんな律と梓のことを応援してるよ。」

梓「み、みなさん。」

律「だからさ、涙拭きなよ。」

梓「すみません。律先輩。」

和「・・・みんな、いい後輩持ったわね。」

純「そうですよね。」

卒業式当日

唯「で~もね~あえ~たよ~すて~きな~てん~しに~」

梓「・・・」パチパチ

梓「あんまりうまくないですね。」

唯「え~。」

梓「でも、もっとみなさんと演奏したいです!」

唯「じゃあ、こんどはあずにゃんも一緒にやろ!」

律「・・・」

梓(律先輩・・・)

梓(わたし、絶対律先輩たちと同じ大学に行きます。ですから、それまで待っていてください。)

律(・・・)ニコっ

梓「やりましょう!」

唯「ふわふわタイム!」

梓(だからカミサマ。もう少しだけ律先輩とのドリームタイムをください。)

おしまい