律「梓・・・?」

梓「・・・隠さないでいいんです」

律「・・・何のこと?」

梓「とぼけないでください。私、ちゃんと知ってます」

梓「律先輩、私のこと 好き なんだって」

律「・・・っ」

律「・・・・・・」

律「・・・うん」

梓「・・・」

梓「私も、好きです」

律「ぇ・・・と そのさ」

梓「律先輩!」

律「梓・・・!」



おわり



澪(ええ~っ!ききき聞いちゃった。どうしよ・・・)

澪(自然に振舞っていれば大丈夫だよな・・・)

澪「や、やあ。」

律・梓「!」

律「み、澪・・・いまの聞いてた?」

澪「え・・・ききき聞いてないよ。」

律(澪に聞かれてしまったか。ムギにばれるといろいろまずいことになるな。)

律「澪?」

澪「は、はいっ。」

律「本当に聞いてないよな。」

澪「聞くわけないだろぉ・・・」

梓「いえ、これは軽音部のみんなが知っておくべきことです。」

律「あ、梓!なんてことを・・・」

梓「じつは律先輩とわたしは・・・」

律「やめろ!」

梓「相思そうあ・・・」

律「梓!それ以上言うな。言うと軽音部はクビだ!」

梓「・・・」

澪(やっぱまずいよな。そういう関係って。)

梓「いいえ、かまいません。」

律「おい。」

梓「かまいません。軽音部をクビになったって。この気持ちはだれにも止められないんです。」

律「ははは。あ、梓のやつなに言ってるんだろうな。」

澪「いいわけないだろ。梓。」

澪「女の子同士が好きになるのも良くないし。部活を辞めるのもよくない!」

律「あ・・・」

梓「あ・・・」

澪「え?」

澪(あれ?空気悪い。なんでだろ?)

澪(まあいいや)

律(うわぁ・・・やっちゃったよ。澪のやつ。)

梓(ばらしちゃいましたね。しかもばらしたことに気づいてない。唯先輩ですか?)

澪「で、なんの話してたんだっけ?」

律(しかも話忘れてるし。)

梓(これはさすがに唯先輩でもないですね。)

澪「練習の話してたんだっけ?」

律「ははは。そうだよ。それそれ。」

梓「いいえ。違います。わたしと律先輩は・・・」

律「だまれ!」

澪「律!後輩にそういう言いかたはないだろ。」

律「いや、その・・・」

律(さっきの話を忘れてくれたのはいいけど、うぜえ。)

梓「だから、わたしと律先輩は・・・」

澪「それがどうしたんだ?」

律「こここ今度一緒に楽器店行こうって話してたんだよな~。澪も来ないか?」

澪「楽器店に行くのか!もちろんわたしも行くぞ。」

律「それは良かった。唯とムギも呼ぼうな~。」

澪「それがいいな。やっぱみんなで行ったほうがいいよな。」

律「な、梓?」

梓「え、いいえ。違います。わたしと律先輩が話してたのは・・・」

律「(空気読め!)」

梓「空気を読む?空気っていう字ぐらい読めますけど?もしかして律先輩は小学生レベルの国語もわからないんですか?」

律「(意味がちがうぅぅぅ)」

澪「ん?空気がどうしたって?」

和「ちょっとー。律いるー?」

律「和か。助かった。」

和「このまえ貸した千円返して。」

律「え・・・」

和「このまえ千円貸したでしょ。それ返して。」

律(話が変わったのはいいけど、和に千円なんて借りた記憶がないぞ。)

澪「律。お金を借りたんなら、早めに返せよ。」

梓「そうですよ。早くしないと人間関係が悪くなりますよ。」

律「え、いや、借りて・・・な・・・」

和「か~え~し~な~さ~い~」

律「さわちゃんみたいな催促するな。」

澪「早く返してやれよ。」ボソッ

梓「そうですよ。」ボソッ

律「わ、わかったよ。」

律「ほら、千円だ。」

和「最初から、だまって出せばいいのよ。じゃあね。」

律「ふ~。やっと行ったか。」

和(あれ?律に千円なんて貸してたっけ?)

和(いや、唯に貸してたんだっけ?違うな・・・・)

和(じゃあ、この千円なんだろう。)

和(・・・)

和(あ、そうか。)

和(わたしが唯に千円借りてたんだ。募金するために)

和(まあいいや。どうせ唯とか律とかだし。)

和「♪」

和「と~んでいっちゃえ~きみのもとへ~わた~しの~♪」

堀込先生「真鍋。ごきげんだな。でも音はずしまくってるぞ。」

和「あ、先生。そういえば先生、最近悩みがあったんですってね。」

堀込先生「そうなんだ。最近仕事でストレスがたまっててな。」

和「なにかあったんですか?」

堀込先生「ああ。生徒が万引きしたんだ。まさかうちからそんな生徒がでるなんてな・・・」

和「そういう生徒に慣れてないですもんね。」

堀込先生「ああ。そうなんだよ。」

和「そう思って校長に先生をクビにするように頼んでおきました。校長も快く了承してくださいまして。」

堀込先生「そうか。それはありがたい。」

堀込先生「・・・」

堀込先生(あれ?)



梓「り、律先輩。」

律「どした?梓。」

梓「今日、ふたりで帰りませんか?」

律「そうだな。澪、悪いけど、今日梓と帰るわ。」

澪「zzz・・・」

律(寝てる。澪の寝顔もかわいいな。)

梓「・・・」ぷくー

律「あ、いけね。梓、帰るか。」

帰り道

律「なあ、梓。」

梓「なんです?」

律「わたしも梓のことは・・・その・・・悪くないと思ってる。けどな・・・」

律「こういうのはあんまり人に言っちゃいけないと思うんだ。だからな。」

梓「それは違うと思います。」

律「梓・・・」

梓「だってそうじゃないですか。軽音部のみなさんに隠し事なんてよくないです。」

梓「わたしと律先輩が付き合ってるなら、なおさら・・・」

律(そうだよな。メンバー同士が恋愛関係になって人間関係にひびがはいるバンドって多いもんな。)

律(それなら、いっそのことみんなにばらしたほうがいいのかも・・・)

律(でも、なんか違うような気がする。やっぱこういうの良くないよ。)

律「ごめん、梓。やっぱわたし梓と付き合えないや。」

梓「え・・・」

律「その・・・あの・・・あ、梓のことはわたしも好きだよ。でも・・・いっしょのバンドのメンバーなんだし。」

律「その、あの、ほかのメンバーのこと考えると、やっぱわたしと梓だけ特別な関係なんて良くないよ。」

律「女の子同士だしさ。もうすぐ大学生で、この町からも離れるしさ・・・」

梓「なら、わたし、放課後ティータイム辞めます。大学は来年、律先輩と同じ大学に行きます。それなら問題ないですよね。」

律「梓・・・」

律「ははは。なにを言ってるんだ。梓。おまえはいつまでも放課後ティータイムのメンバーだよ。」

律「こんな時間だ。急ぐぞー。」

梓「ま、待ってください。」


田井中家

律(眠れないや。)

律(そういえば。梓って唯一の後輩なんだよな。)

律(いや、ほかにもいたな。憂ちゃんとか、佐々木さん、いや佐藤さんだっけ?まあいいや。さなんとかさん)

律(でも、梓は特別なんだ。だって軽音部に入部してくれたのは梓だけだったから。)

律(最初、すごい生意気だったよな。練習練習って。)

律(いつも練習してるよ。でも、あのときは新歓が終わった開放感を楽しみたかったんだ。)

律(でも梓には関係なかったんだよな。だって梓にはライブのあとの開放感とかわからなかったんだもんな。)

律(だから梓はうちがやる気がない部活と勘違いしたんだよな・・・)

律(でもあの夏の合宿。あれで梓はみんなのことを詳しくわかってくれたんだ。)

律(それで学祭。あのとき初めて今の五人で演奏したんだ。まあなんだかんだ言っていまの五人で演奏できたのは一曲だけだけど。)

律(それでライブハウス。)

律(でもやっぱ今の五人で放課後ティータイムが本格的に活動を始めたのは三年になってからだよな。)

律(それで梓との距離も縮まっていったんだよな。)

律(いつからなんだろう?梓に特別な気持ちを抱くようになったのは・・・)

律(最初はあんなに生意気だったのにさ・・・)

律「zzz・・・」

次の日

唯「でーもね。あえーたよ。すてーきな、きーみにー♪」

唯「ちょっと、ドラム走ってるよ。りっちゃん。」

律「ははは。悪い悪い。」

律(梓のことが頭から離れなくて練習に集中できないや。)

紬「ちょっとお茶にしようか?」

唯「さーんせーい!」

律「・・・」

唯「あれ?りっちゃん?」

律「ははは。悪い悪い。そういや今日、澪いないな。どうしたんだ?」

紬「それが風邪を引いたらしいの。」

律「そうなのか?」

紬「そうなの。一日中、学校で寝ていたらしくて。」

律(げっ。あのあと一晩中、学校で寝てたのかよ。普通起きるだろ。)

律「じゃあ、練習終わったら、みんなで澪のお見舞いでもするか。」

紬「いいわね。」

唯「さーんせーい。あずにゃんも呼ぼうよ。」

律「あ、梓もか?」

唯「なんかあったの?」

律「な、なんでもないぞ~。梓も呼ぶか。」


2