唯「こんどは殺人事件だよ!あたしがスバッと推理しちゃうんだよ!なんかかっこいいよ~」

憂「お姉ちゃん!頑張ってね!」

梓「私は死体役ですか・・・」



唯「もうここまでだよ、りっちゃん」

律「ち、違う!私はやってない!」

唯「音楽室は密室、鍵を持っていたのは部長のりっちゃんだけ」

律「わ、私じゃ…」

唯「アリバイがないのもりっちゃんだけ。つまり、あずにゃんを殺せたのは…」

唯「りっちゃん、あなただけなんだよ!」

律「し、証拠はあるのかよ!」

唯「もちろんあるよ。それは……えぇと……証拠は………」

唯「……………次の台詞なんだっけ~?」


紬「カットォォォー!!」


律「まーた台詞忘れたのかよ、唯ー」

唯「えへへ、ごめんごめん」

紬「唯ちゃん、ちゃんと真面目にやらなきゃ駄目よ」

紬「私が脚本をやるからには最高の劇をやってもらわないと困るのっ!」

唯「ムギちゃん、キャラが違うよ…」

律「まぁ…やる気があるのはいいけど…」

澪「ロミジュリで脚本をやってハマったらしいな…」

紬「だから台詞を覚えてないなんて初歩的なミスは許されないのよっ!」

唯「だってムギちゃんの台本、難しい言葉が多いんだもん…」

紬「そうかしら?」

澪「いや、そんな覚えられないような難しい言葉はないだろ…」

律「でも演出はいろいろ凝ってるよな」

紬「リアルを追求すると自然にそうなっちゃうのよ」

紬「今回の劇は真に迫るリアリティを目指してるの」

唯「じゃあ私の役を澪ちゃんがやればいいんだよ!澪ちゃんなら台詞全部覚えてるし!」

澪「えぇっ!私に人前で演技なんてもう無理だよ!私は小道具係でいいって!」

律「まーもう澪に演劇は絶対無理だろうなー」

紬「私の脚本はもう唯ちゃんをイメージして書いたの。今更変更は出来ないわ」

唯「なんか今日のムギちゃん怖い…」

律「もうこの際小道具とかに台詞を書いたりしたらどうだ?」

唯「あ、りっちゃんナイスアイデア!」

紬「駄目よ。そんなことしたら目線が不自然になっちゃうわ」

澪「確かに、唯は書いてあるとこばっか見そうだな…」

紬「唯ちゃんが主人公なんだから、ちゃんと台詞は覚えて、ね?」

唯「ションボリ」



紬「…まぁあんまり根詰めるのも効率悪いし、お茶にする?」

唯「ピクッ」

律「そうだな、一旦休憩するかぁ」

唯「わーい!」

紬「もちろん休憩中に台詞も覚えてね」

唯「もちろんだよ~」

澪「全く調子がいいな………って、あれ……?」

唯「どしたの?澪ちゃん」

澪「いや、このバット…私小道具として持って来たっけ……」

唯「この小道具の血のりとかすごいリアルだよね~」

澪「血!?」ビクッ

律「え?澪が血のり用意したのか?」

澪「」フルフル

紬「あ、それを用意したのは私よ~」

紬「死体役の梓ちゃんがリアルな演技をしてくれなかったから」

唯「え」

紬「ならいっそ、演技じゃなくてもいいと思って」

唯「あ……あずにゃん……?」

梓「」

紬「これでリアルな劇に、また一歩近づいたわ~♪」

唯「あずにゃん?あずにゃん!」

紬「うふふふふふ」




おしまい