――昼休み・屋上――


律「ふぅ・・やっぱ屋上に限るぜー」ゴロンッ

唯「りっちゃーん」ヒョコッ

律「おう唯、どうした?」

唯「あずにゃんが死んでるー」

律「そっか」

唯「うん」

律「あ、今日弁当持ってくるの忘れたわ」

唯「もうりっちゃんったら~、私のを分けてあげよう!」

律「あ、まじ?さんきゅー」

梓憂「言いたいことはそれだけry唯「りっちゃん!ちょっとこっち来て?」

律「ん?今梓と憂ちゃんの声が聞こえたような・・」

唯「気のせいだよ」

律「そうか?」

梓憂「」




――教室――


先生「秋山、田井中知らないか?」

澪「知りません」

先生「まったく田井中は・・・」




――二年教室――


先生「平沢さん、中野さん知らない?」

憂「あぁ、梓ちゃんならきっと今頃地獄を見てるんじゃないでしょうか」

先生「」




――屋上――


梓「ひどい目に遭った、ちょっと唯先輩の胸をいやらしく触っただけなのに」

カツカツ

梓「あー、やっぱり一番上は見晴らしがいいですね」

律「おう、またボロボロだな」

梓「あぁ、どうしてだろう、急に視界が暗く・・・」

律「お前・・」

梓「いえ、本気で視界が暗く」

律「目がすげぇ赤いぞ、なにそれ血?こぇぇよ」

梓「私失明するんでしょうか」

律「はぁ・・見せてみ」

スッ・・

梓「目が、目がぁ(棒読み)」

律「古いから古いから」ジー

梓「あんまり見ないでください感じちゃいます」

律「見えてんじゃん!てか感じるって・・恥ずかしいじゃないのが梓らしいな」

梓「ありがとうございます」

律「けして褒めたわけじゃないんだけどな?」




――廊下――


唯「あ、のどきゃちゃーん」

和「それじゃあ私、生徒会行くわね」

澪「唯今噛んだよな」

唯「きゃんでないよー?」

澪「いや、噛んでるだろ」

和「ところで唯はどこなのかしら?」

澪「いや、唯ならここに」

和「・・・」ジー

唯「ん?」

和「あ、よく見たら唯だったわ、きゃんきゃんいうから犬かと思ってたわ」

澪「・・和、眼鏡のレンズ変えたほうがよくないか?」

和「あぁ、これね、伊達なのよ、こないだ唯だと思って話していた相手が犬だって恥ずかしさのあまり眼鏡叩き割っちゃって」

唯「なんかいろいろごめんね」




――二年教室――


憂「梓ちゃん今頃三途の川渡ってるかなー」

純「さらっと恐ろしいこと言ってるね」

憂「あ、ごめん誰?」

純「」




――放課後・屋上――


律「おい梓」

梓「」スヤスヤ

律「いつまで寝てんだ」

唯「やっほー」

律「おう唯」

唯「あ、お取り込み中?ごめん」

律「いや、違うから」




――休日・ビデオショップ――


梓(休みの日はDVD借りて家で見るのが一番だよね)

梓(あ、あれは律先輩と・・澪先輩)

律「澪澪!ほら!これどうだ?」

澪「ば、馬鹿!そんな怖いの無理だよぉ・・」

律「大丈夫だってー」

澪「私は無理だよ!無理無理!怖い!」


(梓ビジョン)――――――――――

律「澪澪!ほら!これどうだ?」

澪「ば、ばか!そんな怖いの憂だよぉ・・・」

律「大丈夫だってー」

澪「私は憂だよ!憂憂!怖い!

――――――


梓(澪先輩が憂とは・・)

律「なぁ、私がいるだろ?」

澪「で、でも・・」

律「なにかあったら助けてやるから」

澪「律・・」

律「澪・・・」

梓「」ザーーーー




――翌日――


憂「あーずーさーちゃーん」

梓「あ、憂ちゃーん」ニコニコ

憂「お姉ちゃんに触れないでって何回言えば気が済むのかな?あ、ゴキにゃんには脳ないっか」ニコッ

律(ここまで恐ろしい笑顔見た事ないぜ・・逃げよ)ソソクサ

梓「だって唯先輩が「あずにゃん、触って?もう我慢できないよぉ」って言ったんだもん」

憂「う、嘘だ!」

梓「ほんとだし」

唯「その回想が嘘だよあずにゃん」

梓「あ」

憂「・・」ニコッ

バキバキッドカドカバコンガシャーンッ!!!


唯「ふふふ、激しいね」

律「お前趣味悪くね?」

唯「そう?見てて楽しいでしょ?」

律「まぁな」


「嘘つくなぁあああああああああああああ!!」

「ごめんなさぁああああああああああああああああああ!!!!!」

ドカドカバキッバキバキッグシャッガシャーンッ!!


律「今グシャッって鳴らなかった?」

唯「大丈夫だよー、まだじゃれ合ってるし」

律「じゃれ合ってはないだろ」




――二年教室――


梓「」ボロッ

憂「・・」ツヤツヤ

純「ねぇねぇ、それってさ、スキンシップなの?喧嘩なの?」

梓「スキンシップ」憂「喧嘩」

純梓憂「え」

憂「誰がこんな・・・・」

梓「ふっ・・ゴキブリとは言わせないからね憂!」

憂「くそぉ・・・」

ドカッ

純「うわぁ・・梓が血まみれになっていく、私なら即不登校になるわ」

梓「くっ・・」

純「っていうか梓は仕返ししないの?」

梓「あ、そういうこともありなんだ、おりゃぁあああああああああああ!!」

バコンッ

純「結構ストレス溜まってたんだね、すごい憂が飛んでいったよ」

梓「はぁ・・なんかスッキリ」




――数分後――


純「帰ってこないけど」

梓「まさか・・死」

純「私見てくる」

梓「私も」

タッタッタッタ

純「あ、いたいた」

梓「大丈夫?」

憂「酷いよ・・私ここまでしてないのに・・」ウルウル

純(どう考えてもそれ以上してるじゃん)

梓(もえもえ~キュンッ)「あ、ご、ごめんね?つい・・」

純(うわー、落とされてるし梓)

憂「もう・・」

バコンッ


純「今度は梓が向こうの方に飛んでいっちゃった」




――部室前――


澪(また律と唯がいない)

和「チェケラッチョイ」

澪「あ、和」

和「あら澪じゃない、今から部活?」

澪「あぁ」

和「どうしたのよ、浮かない顔して」

澪「いや、なんでもないんだ」

和「そうなんだ、それじゃあ私生徒会行くね」




――部室――


律「待たせたなー、澪!!」

澪「わっ・・・お、遅いぞ」

紬「梓ちゃんは?」

唯「もうすぐ来るんじゃないかな?」


「あ、梓ちゃん部活だよね?」

「うんそうだよ」


紬「あら、ホント、校門にいるわ」

澪「じゃあもうすぐ来るな」

唯「よけといたほうがいいよ」


「歩くの面倒でしょ?」

「いや別に」

「えーっと、音楽室は・・あそこだね、梓ちゃん行っくよー」

「え、なに?」

「セイッ!!!」

バッコーンッ!!

ガシャーンッ!!!


梓「あいたたた」


律「窓ガラス割って入ってきやがった」

澪「憂ちゃんのパンチ吹っ飛びすぎだろ」

唯「あずにゃん大丈夫?」

梓「はい!だから唯先輩、おっぱい触らせてください!」キリッ

律「うわぁ・・血まみれでなに言ってんのこいつ」

澪「ミエナイキコエナイ」


3