ガバッ!

梓「はぁ・・・はぁ・・・ゆ、夢・・・?」

梓「何か嫌な夢を見たような・・・でもどんな内容だっけ?」

梓「まあどうでもいいか!」

梓「早く支度して学校行かなきゃ!」




放課後・・・


紬「こんにちはーってあら、梓ちゃんだけ?」

梓「はい。まだみなさん来てないみたいですね。」

紬「じゃあ先に私たちでお茶しましょうか。」

梓「そ、そんな!私たちだけでなんて!!」

紬「そういうのは気にしなくていいわ!
  梓ちゃんももっと気楽でいていいのよ。お茶とお菓子持ってくるわね。」

梓「あ、ちょっと・・・行っちゃった・・・」


紬「はい。お茶とお菓子。」

梓「わざわざすみません・・・」

紬「ところで梓ちゃん一つ聞きたいんだけど・・・」

梓「はい。なんでしょう、ムギ先輩?」

紬「・・・チョコって好き?」

梓「チョコですか?」

紬「そう、マーブルチョコ!」

梓「うーんチョコですか・・・」

紬「ちょっと親戚からもらってね。家にいっぱい余ってて・・・」

紬「梓ちゃんにも分けてあげようと思って。一箱持ってきてるからお試しに一粒どう?」

梓「じ、じゃあ一粒だけ・・・」



バタッ

律「よ!掃除当番当たってさ!遅くなったな。」

澪「梓はもう来てるんだな!」

梓「こんにちは。」

唯「あずにゃーん!」

梓「ち、ちょっと唯先輩!離れてください!!」

唯「二人でなにしてたのー?」

紬「ちょうどお菓子を食べようとしたところ。みんな食べる?」

紬「ちょうど一箱持ってきたの~。はい、マーブルチョコ!」

律「ラッキー!じゃあ遠慮なく!!」

梓「いただきます。」

唯「ち、ちょっとまt」

澪(唯・・・?)

律「こ、この味は・・・?」

梓「うめー!」

紬「あらあら」

唯「・・・」



律「ムギ!これすげーうまいって!!」

梓「本当においしいです!」

紬「二人が喜んでくれて私も嬉しいわ。」

唯「ねえ。ムギちゃんも食べて見てよ。そのチョコ。」

紬「え?で、でも私まだ家にいっぱいあるから・・・」

澪「いや、ここはみんなで食べるべきだ。ムギが食べたら私たちもいただくからさ。」

唯「澪ちゃん・・・?」

澪「こういうことだろ?唯。」

紬「わ、私はいいから・・・二人で・・・」

澪「食えっつってんだろ!!!」

唯「ほら!早く食べて!!」グイグイ

紬「やめて!!食べたくない!!」

澪「私は知ってるぞ!!これ食べると眼玉が飛び出すんだろっ!!」

梓律「え゛」

澪「律は覚えてないのか!?さっきの夢を!?」

律「夢?夢ってなんだ・・・?」

唯「あんなの二人に飲ませるなんて!!ムギちゃんのバカ!!」グイグイ

紬「ん~ん~!!」

澪「唯コレをムギの口に突っ込め!!」

唯「これってスチール缶?」

澪「ああ!飲み口を下にしてつっこめ!!」

唯「えいっ!」ムギュ

紬「む、むぎゅ~~~~~~~~~~~!!!!」グイグイ

唯「ハマったよ!澪ちゃん!」

澪「じゃあしっかり押さえつけといてくれ。」

澪「えーっと缶切り缶切り・・・」

紬「んー!んー!」

澪「あった!これで底を切り開いてっと・・・」ギコギコ

唯「ここからチョコ(笑)を入れるんだね!」

紬「ん~!んん~ん!!んーーーーーーー!!」

澪「ぽいっと。あとは水で流しこんで・・・」

唯「大丈夫・・・?ムギちゃん・・・苦しく無い・・・?」

紬「んーー!!!んんんーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

唯「全然飲まないねー。マーブルの色が落ちて白くなってきてるし。」

澪「あーいるいる。マーブルを噛まずに着色が取れるまでずっと舐めてる人!」

唯「あー。ムギちゃんってそうなのー?」

紬「んー!げふっ!ごほごほ!ぐふっ!!」

唯「あれ?ムギちゃんむせちゃった?」

澪「水吐き出して・・・はしたない!」

唯「きったなーい♪」

澪「ムギ、あまり私を失望させないでくれ・・・」

紬「んーー!!むぐー!むぐぐーーー!!」

澪「どうしてこんなことするのかって?」

唯「私多分、この夢がループしてると思うんだよね!」

澪「律の事とか考えると、
  多分2回連続で眼球が外れるのを回避したら記憶を無くすような気がするんだ。」

唯「やっぱり澪ちゃんも同じこと思ってたんだ!」

澪「こうやっていつまでもループしているわけにはいかない。
  だから私たちもなりふりかまっていられない。」

唯「多少強引でも、今までと違う流れを作ってループから脱出したい。」

澪「わかるか?こうやってやってるのもムギのためなんだ。」

唯「大丈夫!死んじゃってもすぐに元通りになるから!」



紬「た、食べちゃった・・・」

澪「安心しろ。約束通り私たちも飲むから。」

唯「そうだよ!3人だけ辛い思いなんかさせないよ!!それに記憶を無くしたくないしね!」

紬「澪ちゃん・・・唯ちゃん・・・」

澪「ゴクン・・・ふー!飲んだ飲んだ!」

唯「これで私たちも仲間だよ!!」

梓「唯先輩・・・澪先輩・・・」

律「うっ・・・やべ・・・なんか眼がズキズキしてきた・・・」

唯「あはは。りっちゃん一番乗りだねー」

律「痛いって・・・洒落になんないよこの痛み・・・」

澪「そろそろ梓も来るんじゃないか?」

梓「はい・・・じわじわって来てます・・・眼が熱い・・・」

紬「イヤ・・・私は嫌よ・・・!」

唯「もう諦めなよムギちゃん!!」

澪「運命を受け入れろ。」

梓「痛い・・・熱い・・・痛い・・・熱い・・・」

唯「あ、あずにゃんの眼も飛び出て来たね。」

律「私のももうヤバい・・・外れそうだ・・・」

唯「ははは。澪ちゃんの眼おっかしー!」

澪「そういう唯もなんか変だぞ!見開いた眼をさらに見開いたみたいな!」

唯「ムギちゃんもお顔みーせて!」

紬「イヤッ!こんな顔誰にも見られたくないわ!!」



ぼとっ

律「うわっ・・・外れた。」

梓「地面に落とすの眼に良くないですよ。
  ちゃんと手で受け止め・・・おっと!外れました!」

唯「あずにゃんナイスキャッチ~!」

澪「私らもそろそろ外れる頃かな?」

唯「あ、今眼の奥がゴロッってなった!」

澪「唯はもうすぐだな。さて、ムギ。お前はどうだ?」

紬「イヤよ・・・絶対嫌・・・」

唯「往生際が悪いよムギちゃん!知ってる?眼球に刺激与えると膨らむってこと!!」

紬「え・・・?」

澪「ははは。また唯のいたずら癖がはじまったな。ほどほどにしとけよ唯。」

唯「分かってるって!」


6