律「よ!掃除当番当たってさ!遅くなったな。」

澪「そこでちょうど梓に会ってさ。」

梓「こんにちは。」

唯「みんな!」

梓「sっと・・・唯先輩今何か食べようとしませんでしたか?」

唯「え?ま、まっさかー!」

梓「怪しいです!何か・・・」

唯「証拠でもあるの?」

梓「女のカンです!」

唯「ありゃりゃ・・・」

梓「ムギ先輩からお菓子でも貰おうとか思ってたんじゃないんですか?」

唯「・・・あーあー。」

澪「どうしたんだ唯?」

唯「もうすこし遅いったら私だけ先にお菓子食べれたのにー!」ガッカリ

梓「やっぱりそうだったんですか・・・」

唯「あずにゃんには全部お見通しみたいだねー!」

紬「まあ、皆で食べればいいんじゃない?はい、唯ちゃん。マーブルチョコよ。」

唯「わーい!」


唯「いっただっきまー・・・」

梓「唯先輩!ちょっと待って下さい!」

唯「待たないy」

バシッ!

唯「痛い!いきなり何するの!あずにゃんったら!」

梓「・・・なんの薬なんですか?」

律「な、何を言ってるんだよ・・・ハハ・・・」

紬「別に隠すことじゃないわ。」

澪「眼球が飛び出る薬だ。」

梓「え゛」

唯「ちょっと待って・・・眼球が飛び出るってどういうこと・・・?」

紬「私にはよく・・・」

梓「でもさっきの言い方・・・3人とも何か知ってるって感じでしたけど。」

梓「澪先輩に至っては薬の効果まで言い当てましたし・・・」

梓「どういうことか説明してください。」

唯「え?え・・・?」



律「あのさ、実は私この流れ見るの3回目なんだ・・・」

梓「3回目・・・ですか?」

律「うん。一回目は自分の眼球が飛び出て。
  実はそれは夢で・・・次は澪の眼が飛び出るんだけどそれも夢で・・・」

澪「ちょっと待て律。実は私さっき自分の眼が飛び出る夢を見たぞ!」

梓「澪先輩もですか!?」

澪「ああ。律の数え方で行くなら私はこの流れを経験するのは2回目だ。」

律「澪・・・お前・・・」

澪「でもさっき、梓はこんな質問はしなかったぞ。」

律「あ、ああ!私も3回感じたけど梓がこんなこと言ったのは初めてだぞ!」

梓「そ、そうなんですか・・・?」

唯「ど、どういうこと・・・?意味がわからないよ・・・」

梓「もしかして、私たち今もまだ夢の中なんですかね?」

律「全員一緒の夢ってか?ありえないって!」

梓「でも記憶の一致とか・・・」

澪「でも梓は覚えてないんだよな?」

梓「はい・・・」

律「その感じじゃムギも覚えてないよな?」

紬「え、ええ・・・」

唯「なになに?今って夢の中なの?」

澪「多分っていう仮定の話をしているんだ。」

唯「さっぱりだー」

紬「でもこのままじゃ埒があかないわね・・・」

梓「じゃあとりあえずこの夢を終わらせましょう。
  夢が終わる条件とか・・・ありませんか?」

澪「私は眼が破裂したところで眼が覚めた・・・」

律「私もだ。2回とも破裂で眼が覚めてる。」

唯「じゃあもう一回破裂しようよ!みんなで夢から覚めよ!」

澪「でもそれじゃあ誰かが犠牲に・・・あんな思いもうしたくないよ・・・」

梓「わ、わたしがやります!」

唯「あずにゃん!?」

梓「これで眼が覚めるならいいです。確かこのマーブルチョコが薬でしたよね?」

律「ああ。多分そうだ。」

梓「じ、じゃあいただきます・・・」スッ

唯「ま、待ってあずにゃん!!」

梓「唯先輩・・・?」

唯「そんなあずにゃんが傷つくことなんかないよ!!だから犠牲になるのなんかやめてよ!」

梓「唯先輩・・・///」

梓「でもいいんです。みんなのためになれるなら喜んで・・・」

紬「ちょっとそのチョコ返して欲しいんだけど・・・」

梓「え?」

唯「ムギちゃん?」

紬「お願い。」

梓「嫌だと言ったら・・・?」



梓「えいっ!」

澪「!?」

唯「澪ちゃん!?」

澪「・・・」モグモグ

紬「な、何を・・・」

梓「返すくらいならこうしますよ。」

唯「あずにゃんうまい!」


澪「痛い痛い痛い!やっぱ痛い痛い痛い痛い!!もう我慢できないくらいヤバい痛い瞼破れそう!!」

律「おい、どうするんだよ!?」

梓「皆さんの話聞いた感じじゃこれは夢だそうじゃないですか。」

澪「痛い痛い!!やっぱり痛いって!!これやばいって!!」

梓「多分眼が破裂したら眼が覚めますよ。きっと夢ですから。」

澪「そんなこと言って夢じゃなかったらどう責任とってくれるんだよ!!」

梓「きっと夢です!大丈夫!!」

澪「やべ・・・外れるぞこれ・・・」


ぼとっ

律「ありゃー澪のやつとうとう外れちゃったかー」

澪「外れた!外れたぞ!!たすけてくれ!!」

唯「どんどん膨らんでもうサッカーボールみたい・・・」

梓「ここに来て膨らむ速度が・・・人一人が入れそうな大きさですね」

唯「澪ちゃん・・・」

澪「だめぇ、弾ける・・・」

パーン!






紬「また無理だったわね・・・」

斉藤「もうそろそろ諦められたら・・・」

紬「いいえ、皆が一つになるまで諦めないわ!もう一回よ!」

斉藤「はい・・・」

紬「私は皆が一つになるまで諦めないわ。」

紬「そうだ、今回は少し変えて見ましょう。」


5