放課後・・・


紬「こんにちはーってあら、唯ちゃんだけ?」

唯「あ、ムギちゃん。みんなは掃除当番だよ~」

紬「じゃあ先に私たちでお茶しましょうか。」

唯「わーい!」

紬「じゃあお茶とお菓子持ってくるから待っててね。」

唯「りょーかいです!」

紬「あ、ところで唯ちゃん一つ聞きたいんだけど・・・」

唯「なあに、ムギちゃん!」

紬「・・・チョコって好き?」

唯「うん!好きだよ!アイスほどじゃないけどね。」

紬「親戚からたくさんチョコをもらってね。
  家にいっぱい余ってるんだけど唯ちゃん食べたい?」

唯「うん!食べたい!」

律「よ!掃除当番当たってさ!遅くなったな。」

澪「そこでちょうど梓に会ってさ。」

梓「こんにちは。」

唯「みんな!」

唯「あーあー。」

澪「どうしたんだ唯?」

唯「もうすこし遅いったら私だけ先にお菓子食べれたのにー!」ガッカリ

律「はっはっは。そううまくいくかよ!」

唯「お願いムギちゃん!チョコちょうだい!」

紬「あらあら。ほら、唯ちゃん。マーブルチョコよ。」

唯「わーい!誰かに取られる前にさっさと食べちゃおっと!!」


唯「いっただっきまー・・・」

梓「唯先輩!ちょっと待って下さい!」

律「!?」

紬「!?」

澪「!?」

唯「待たないよーだ!」パクッ

唯「おいしー!!」

梓(あれ?私なんであんなこと言ったんだろう・・・?)

紬「あらあら。梓ちゃんも食べたかった?」

梓「・・・なんの薬なんですか?」

律「な、何を言ってるんだよ・・・ハハ・・・」

紬「別に隠すことじゃないわ。」

澪「眼球が飛び出る薬だ。」

梓「え゛」

唯「あ、あれ・・・?眼が痛くなってきたよ・・・?」

紬「さっそく来たわね・・・」

唯「あれ?痛い・・・痛いよ・・・」

澪「・・・」

梓「唯先輩・・・?」

唯「やばい・・・もう我慢できなくなってきたよ・・・痛いよ・・・!」

紬「ぷーっくっくっく・・・」

梓「唯先輩!!ちょっとこっち向いてください!!」

唯「え?」

梓「ちょっとそれ・・・!」

梓「皆さん変ですよ・・・どうしてこんなことを・・・」

澪「いや、これ全部唯が望んだことだから。」

梓「そ、そうなんですか・・・?」

唯「うん。私眼が大きくなりたいって相談したから・・・」

紬「スッキリした~」ガラ

梓(先輩達みんなすごく冷静・・・放っておいても大丈夫なのかな・・・?)

唯「でもこんな目じゃ外歩けないよ・・・」

梓「唯先輩・・・」


澪「もうサッカーボールぐらいだぞ・・・」

律「ここに来て膨らむ速度が・・・」

紬「もう人一人が入れそうな大きさね」

梓「唯先輩・・・」

梓(この状況でも相変わらず・・・もしかしてこれは夢なの・・・?)

梓(よく考えたら眼が飛び出るとかあり得ないもんね・・・)

梓(きっと朝起きたらきれいさっぱり忘れてるはずだよね・・・?)

唯「あ、ああ・・・」


パーン!


(省略)パーン!


(省略)パーン!


唯「ハッ!あれ!?もしかして遅刻!?ってまだこんな時間じゃん・・・」

どたどた

唯「おはよう憂。」

憂「あれ。お姉ちゃん今日は早いね。」

唯「なんか眼が覚めちゃった。」

憂「珍しいね。怖い夢でも見ちゃったんじゃない?」

唯「まさかー。そんな事じゃ起きないって!」

憂「それもそうだね。だってお姉ちゃんだもんね!」

唯「なにそれー!」プンプン




憂「おはよう梓ちゃん。」

純「おっはよー!」

梓「おはよう憂、純・・・はぁ・・・」

純「あれ?どうかしたの梓?」

梓「なんか変な夢見てた様な・・・気がする・・・」

憂「ははは。実は今日お姉ちゃんも早く起きてね。きっと怖い夢でも見たんだと思うんだ。」

梓「唯先輩といっしょかあ・・・」

純「でも梓が夢でテンション低いってそこまでって珍しいよなー」

梓「そうかな・・・?」




放課後

梓(なーんか大事なこと忘れてるような・・・)

憂「どうしたの梓ちゃん?」

梓「ううん、なんでもないよ!」

梓(でも忘れてるって何を・・・?伝え忘れてる?でも一体何を・・・?)

純「じゃあ部活行こっか!きっと先輩達待ってるしさ」

梓「そうだね。」

憂「じゃあ私帰るね。二人とも部活頑張ってね!じゃあまた明日!」

純「ばいばーい」

梓「また明日!」



純「じゃあ私ここだから!」

梓「うん。じゃあまたあとで。」

梓(結構しゃべってたし遅くなっちゃったかなぁ・・・)



律「おっ!梓~」

梓「!?律先輩。それに澪先輩。こんにちは。先輩たちも今から・・・」

澪「ああ。掃除当番で遅くなっっちゃってな。」

律「私的には練習時間が減ってサボれてラッキーって感じだけどなー!」

澪「・・・りーつー!」

律「嘘嘘!冗談だって!冗談!」


梓(まったく・・・)

梓(何か引っかかって仕方がない・・・)

梓(でもこんなわけもわからない状態で先輩たちに話すのも・・・)


澪「ん?どうかしたか梓?」

梓「いえ、なんでも・・・」

律「なんだよー言えってー!相談に乗るぞー!」

梓「いえ、本当に何もないですから・・・」

梓(相談ったって・・・)

澪(梓・・・?)


4