放課後・・・


紬「こんにちはーってあら、澪ちゃんだけ?」

澪「ああ。まだ誰も来てない」

紬「じゃあ先に私たちでお茶しましょうか。」

澪「そんな勝手に・・・」

紬「まあいいじゃない。先にお菓子食べるくらい。皆何も言わないわよ。」

澪「まあ、そうかもな。」

紬「ところで澪ちゃん、チョコって好き?」

澪「ん?チョコ・・・?」

紬「そう、マーブルチョコ。澪ちゃん好き?」

澪「別に嫌いじゃないけど好きでも・・・」

紬「ちょっと親戚からもらってね。家にいっぱい余ってて・・・澪ちゃん食べる?」

澪「そうなのか。」

律「おーす。掃除当番で遅れたぜー!」

唯「こんちはー。そこであずにゃんに会ったよー」

梓「こんにちは。」

紬「・・・」

澪「遅かったな。みんな。」

紬「はい、澪ちゃん。マーブルチョコよ。」

澪「あ、ありがとう・・・」

梓「・・・なんの薬なんですか?」

律「な、何を言ってるんだよ・・・ハハ・・・」

紬「別に隠すことじゃないわ。」

唯「・・・眼球が飛び出る薬だよ。」

梓「え゛」

澪「あれ・・・?眼が痛くなって・・・あれ・・・?」

唯(やっぱり今日見た夢と一緒だ・・・)

澪「やばい・・・もう我慢できなくなってきた・・・マジ冗談じゃないぞ・・・痛・・・」

紬「ぷーっくっくっく・・・」

梓「澪先輩!!ちょっとこっち向いてください!!」

澪「梓か・・・?」

梓「ちょっとそれ・・・!」


唯(ど、どういうこと・・・?)

唯(さっきのりっちゃんすごく焦ってた様に見えた・・・)

唯(やっぱりりっちゃんもグル・・・?)


梓「澪先輩!その眼・・・」

澪「え?なんだ?どうなってるんだ・・・?」

梓「えっと・・・眼が・・・飛び出てます!」


唯(でもまって眼が飛び出るなんて現実ではあり得ないよね・・・?)

唯(じゃあやっぱりこれは夢なんだ。きっと二度寝しちゃんたんだ!)

唯(なーんだ。色々考えて損しちゃったよ!)


唯「あはははははははは!!」




梓「そう言ってる間にもうソフトボールぐらいの大きさに・・・」

唯「もうサッカーボールぐらいだね・・・」

唯(やっぱり他人の見ても気持ち悪いなぁ・・・)

律「そして、ここに来て膨らむ速度が・・・」

紬「もう人一人が入れそうな大きさね。」

梓「澪先輩・・・」

澪「た、助け・・・」

パーン!




ガバッ

唯「やっぱり夢か・・・朝から嫌な夢見ちゃったな・・・」

どたどた

唯「おはよう憂。」

憂「あれ。お姉ちゃん今日は早いね。」

唯「変な夢見ちゃって・・・それで眼が覚めちゃったんだ。」

憂「ははは。朝から災難だったね!」

唯「本当に嫌な夢でさー。ホントに災難でしたわ~」




放課後・・・


紬「こんにちはーってあら、りっちゃんだけ?」

律「ああ。他は当番だと」

紬「じゃあ先に私たちでお茶しましょうか。」

律「さんせー!」

紬「あらあら。じゃあお茶とお菓子持ってくるわね。」

紬「あ、ところでりっちゃん一つ聞きたいんだけどね・・・」

律「ん?なんだームギー?」

紬「チョコって好き?」

律「んー、特別好きってわけでも・・・」

紬「ちょっと親戚からもらってね。家にいっぱい余ってて・・・りっちゃん食べる?」

澪「遅くなったな。掃除当番で遅れちゃってさ。」

唯「こんちはー。そこであずにゃんに会ったよー」

梓「こんにちは。」

律「なんだ、思ったより早かったなー!」

律「もうすこし早かったら私だけ先にお菓子食べれたのによー!」

唯「あー!りっちゃんだけズルイ!!」

律「ズルく無いもん!だって部長だもん!」

紬「まあまあ。はい、りっちゃん。マーブルチョコ。」

唯(えっ・・・?)

律「ラッキー!唯に取られる前にさっさと食ッちまうか!!」

唯(さっきりっちゃんが食べたのって・・・)

唯(また夢・・・?嘘でしょ・・・ありえない・・・ありえないよ・・・)

律「うめー!流石ムギのチョコだ!」

梓「・・・なんの薬なんですか?」

唯「な、何を言ってるのあずにゃん・・・そんな薬なんて・・・」

紬「別に隠すことじゃないわ。」

澪「眼球が飛び出る薬だ。」

梓「え゛」

唯(やっぱりまた夢か・・・あーまたかー。面倒だなー・・・)


律「あ、あれ・・・?眼が痛いんだけど・・・」

紬「さっそく来たわね・・・」

律「ちょっとヤバいってこれ・・・すげー痛いんだけど・・・」

唯(今度はりっちゃんか。あー面倒くさい。早く夢から覚めないかなー)

律「くそっ・・・もう我慢できそうにない・・・痛てぇ・・・!」

紬「ぷーっくっくっく・・・」

梓「律先輩!!ちょっとこっち向いてください!!」

唯(もう知ってるし話聞くのも面倒だなー。適当にあしらって眼が覚めるの待とっと)


律「眼薬!眼薬くれ!早くくれ!」

澪「誰か持ってる人いるか?」

梓「持ってないです・・・」

唯「無いよー」

紬「そんなの持ってないわ・・・」

梓「・・・だそうです。」

唯(いい加減に返事したのばれちゃった・・・?
  もうちょっと真面目に演技した方がいいかも。)

律「じ、じゃあ水でいいから!眼が乾燥して・・・!!」

梓「急いで持ってきます!!」



梓「水汲んできました!!」

澪「律!水届いたぞ!!」

律「じゃあ急いでかけてくれ!早く・・・!水!すぐに!」

唯「今かけてあげるね!りっちゃん!」ジョボジョボ

コツン

律「痛って!!ペットボトルの注ぎ口が眼にあたったぞ!!もうちょっと丁寧に頼む!!」

唯「ご、ごめん!」

唯(まったく面倒くさいなー。夢なんだからどうでもいいじゃん。)

唯(早く夢から覚めてよー。)




澪「もうサッカーボールぐらいだぞ・・・」

唯「ここに来て膨らむ速度が・・・」

唯(そう言えば眼に衝撃与えると膨らむんだった。さっきの私ファインプレーだったね!)

紬「もう人一人が入れそうな大きさね」

梓「律先輩・・・」

唯(あ、もう終わる・・・)

律「嫌だ、死にたくn・・・」

パーン!




唯「ハッ!あれ!?もしかして遅刻!?ってまだこんな時間じゃん・・・」

どたどた

唯「おはよう憂。」

憂「あれ。お姉ちゃん今日は早いね。」

唯「なんか眼が覚めちゃった。」

憂「珍しいね。怖い夢でも見ちゃったんじゃない?」

唯「まさかー。そんな事じゃ起きないって!」

憂「それもそうだね。だってお姉ちゃんだもんね!」

唯「なにそれー!」プンプン


3