紬「はい、唯ちゃん。マーブルチョコよ。」

唯「わーい!」

梓「・・・なんの薬なんですか?」

律「な、何を言ってるんだよ・・・ハハ・・・」

紬「別に隠すことじゃないわ。」

澪「眼球が飛び出る薬だ。」

梓「え゛」

唯「あ、あれ・・・?眼が痛くなってきたよ・・・?」

紬「さっそく来たわね・・・」

唯「あれ?痛い・・・痛いよ・・・」

澪「・・・」

梓「唯先輩・・・?」

唯「やばい・・・もう我慢できなくなってきたよ・・・痛いよ・・・!」

紬「ぷーっくっくっく・・・」

梓「唯先輩!!ちょっとこっち向いてください!!」

唯「え?」

梓「ちょっとそれ・・・!」

梓「な、なんですかその眼は!?」

唯「え?どうなってるの?あずにゃん?」

澪「プーックックック・・・」

梓「えっと・・・眼が・・・飛び出てます!」

唯「そ、そんなの嘘だよ・・・ね?」

梓「か、鏡・・・ご自分の眼でご確認ください・・・」スッ

唯「うわっ・・・!!」

梓「唯先輩・・・」

紬「ぷ。ぷくく・・・」

唯「いやっ!こんなの嫌だよ!!誰か助けて!」

律「いや、でもくりくりお目目でかわいくなったんじゃないか?」

澪「まるでカエル・・・」

紬「出目金とも言えるわ。」

梓「ムギ先輩!!あの薬が原因なんでしょ!すぐに直してください!!」

紬「わり。便所。」ガタン

梓「ムギイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!」



梓「皆さん変ですよ・・・どうしてこんなことを・・・」

澪「いや、これ全部唯が望んだことだから。」

梓「そ、そうなんですか・・・?」

唯「うん。私眼が大きくなりたいって相談したから・・・」

紬「スッキリした~」ガラ

唯「でもこんな目じゃ外歩けないよ・・・」

梓「唯先輩・・・」

唯「やばい。眼が乾燥してきた。」

梓「ちょっと唯先輩・・・」

澪「また眼が飛び出てるぞ・・・」

唯「え?嘘!?」

律「もう半分ぐらい飛び出てるな。」

紬「これは乾燥するわけね・・・」

唯「誰か!誰か眼薬ちょうだい!!」

唯「眼薬ちょうだい!」

澪「誰か持ってる人いるか?」

梓「持ってないです・・・」

律「無いなー」

紬「そんなの持ってないわ・・・」

梓「・・・だそうです。」

唯「じ、じゃあ水でいいから!水分無いと眼が痛いよ!!」

梓「急いで持ってきます!!」



梓「水汲んできました!!」

澪「唯!水届いたぞ!!」

唯「届いた!?早く・・・!水!水!」

律「今かけてやるからな!」ジョボジョボ

コツン

唯「いったー!!ペットボトルの注ぎ口が眼にあたったよ!!」

律「ご、ごめん!」

ニュッ・・・

澪「うわ!また飛び出て来たぞ!!」

梓「どうやら衝撃を受けるとより飛び出てくるみたいね。」

唯「もう嫌だよ~助けてよ~」エーンエーン

紬「でも一旦飲んじゃったんだからもう治らないわよ・・・」

唯「そ、そんな・・・」

ギュリッ・・・

唯「あれ?まぶたが痛い・・・また飛び出てない・・・?」

律「いや・・・飛び出ては・・・」

澪「眼球が・・・巨大化してる?」

唯「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!もう我慢できないくらいヤバい痛い瞼破れそう!!」

梓「どうするんですか?」

紬「そんなこと言ってもどうしようも無いじゃない!!」

唯「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い」

律「こうしてる間にもどんどん唯の眼は・・・」

澪「ヤバいぞ!もう表面積は2倍近いぞ!!」

唯「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い」

唯「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い」

澪「ヤバいぞ・・・膨らむ速度が速く・・・」

律「それだけじゃない・・・眼球自体が大きくなったせいで・・・」

紬「眼が飛び出て来てる・・・」

唯「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い」

ぽとっ

梓「眼が・・・」

澪「落ちた・・・?」

唯「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

律「眼球は落ちたけど神経はまだ眼の内部とつながってるな」

唯「痛い・・・痛いよ・・・眼球に砂が・・・汚物感バリバリだよぅ・・・」

澪「それでもまだ膨らむのは止まらない・・・」

梓「もう野球ボールぐらいの大きさにまでなってますね・・・」

紬「外れちまった・・・あぁ外れちまった・・・もう、戻らない・・・」

律「そして止まらない・・・」

梓「そう言ってる間にもうソフトボールぐらいの大きさに・・・」

澪「もうサッカーボールぐらいだぞ・・・」

律「ここに来て膨らむ速度が・・・」

紬「もう人一人が入れそうな大きさね」

梓「唯先輩・・・」

唯「あ、ああ・・・」

パーン!






唯「ハッ!ゆ、夢か・・・朝から嫌な夢見ちゃったな・・・」

どたどた

唯「おはよう憂。」

憂「あれ。お姉ちゃん今日は早いね。」

唯「変な夢見ちゃって・・・それで眼が覚めちゃった。」

憂「ははは。朝から災難だったね!」

唯「・・・」




2